アメリカの大手経済紙「フォーブス」が記事の草案を考えるAI(人工知能)ツールを導入

iStock-949223230_e

 アメリカの経済誌『フォーブス』は編集室の人工知能化を推し進めている。

 ここ10年で最大の利益を上げた同社は、昨年夏に新しいコンテンツ管理AIツール「バーティ(Bertie)」を導入した。
 
 これは過去の実績に基づいて寄稿者にテーマを提案したり、記事や画像への感想に基づいてタイトルを考案したりするAIだ。

 さらに同誌では原稿の下書きを書くツールの検証も行っている。これが実用化された場合、寄稿者は最初から最後まで記事を書くのではなく、ツールが書いた原稿の手直しが仕事になる。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52269613.html

[ このページを翻訳 ]

Russian Artist Transforms Google Map Landscapes And Boring Russian Cities Into The Future Outworlds

Andrey Tobolyakov, a digital artist from Samara, Russia, takes pictures of roads, cities and Google map locations. Remakes them, with the help of Photoshop, into the worlds of a distant future. Perfect! More:

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2019/03/russian-artist-transforms-google-map-landscapes-and-boring-russian-cities-into-the-future-outworlds/

【動画】 車に乗ろうとしたら中に野生のコアラ、「涼しいのでまだ出たくない」とダッシュボードにへばりつく

fdt7
エアコンが利いた車の中で涼んでいたのはコアラでした・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10013721.html

今年も活発?ネス湖で5日間に2度、ネッシーらしき物体が目撃される

0_e10

photo by istock

 2017年に引き続き、2018年も目撃情報が多かったというスコットランド北部ハイランド地方にあるネス湖の未確認生物(UMA) ネッシー。

 その経済効果も馬鹿にできないもので、毎年50万人がネッシーを見るべくネス湖に訪れていると言われており、ネッシーに関連する検索数は毎月20万件以上にのぼるという。

 そしてついに今年も、ネッシーらしき生物が出没していたようだ。

 2月23日と2月27日、5日間で2度の目撃情報がその写真とともに公開されていた。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52272309.html

多摩動物公園の雄ライオン、雌のライオンたちに襲われ大変な姿に・・ 投稿写真に衝撃走る

21
多摩動物公園で騒動が。





続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10013903.html

そろそろ眠くにゃっちゃった。ふかふかゴールデンをベッドにしておやすみなさいの猫

catngolden0_e


 昼は春を感じるよう気になってきた地方も多い今日この頃、しかしやっぱり夜は冷え込むこともあるよね。ぬくぬくとあったまりながら夢の世界へ行きたいのは、動物もニンゲンも同じみたいだ。

 今日はふわモコのゴールデンレトリバーをベッド代わりにしている猫を見つけたので、ぜひみんなにもシェアしたいんだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52272366.html

イチロー引退 メジャー公式サイトが速報、試合後に会見へ

532
メジャーリーグの公式サイトが21日、マリナーズのイチロー外野手が引退すると伝えた・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10013895.html

7人に1人は経験する。パニック発作(不安発作)が起きた時の対処法

iStock-665093266_e

photo by istock

 通常、パニック発作(不安発作)はストレスによって生じる。そうしたストレスは、車にひかれてしまったような肉体的なものの場合も、生活の大きな変化といった精神的なものの場合もある。

 これは7人に1人が1度は経験する、かなり一般的な症状だ。そして、パニック発作が生じたことのある人の半数以上は、繰り返し経験している。

 間違えやすいのだが、パニック発作=パニック障害ではない。

 パニック発作がまた起きたらどうしようと、常に不安を感じ心配している状態が長く、あるいは頻繁に続くと、パニック障害に発展してしまう可能性がある。

 パニック発作を理解する上で大切なことは、それが不安の生理的な発露なのであって、本質的には危険ではないということだ。

 察知した脅威に対応するための体の自然な反応であると理解することでパニック障害に発展してしまうのを防ぐことができるかもしれない。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52272292.html

JR横須賀線で人身事故 「目の前で人身事故」 運転見合わせで騒然

77
JR横須賀線で騒動が。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10013856.html

残ったおかずを持ち帰る、市立保育所の調理員3人を処分 牛肉200グラムや肉じゃがなど

89
京都府舞鶴市立中保育所で、一部の女性調理員が牛肉を不必要に追加発注し調理した肉じゃがを自宅に持ち帰ったとされる問題で、追加発注を指示して持ち帰った1人を戒告の懲戒処分、指示を受けて追加発注した1人と持ち帰った別の1人の計2人を文書訓告にした・・

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10013656.html

13歳で史上最年少の心理学者となったメキシコの天才少女。17歳でハーバード大学、大学院に進学

mexico1

image credit:Facebook

 メキシコには推定100万人の天才児がいるそうだが、ダフネ・アルマサンさん(17歳)は間違いなくその一人である。

 6歳で読み書きを覚え、10歳で高校を卒業し、メキシコでは最優良大学といわれるモンテレイ工科大学(ITESM)で学士号を取得した後、13歳で世界最年少の心理学者となった。

 さらに17歳でハーバード大学の大学院教育課程に進み、現在は数学教育の修士課程を学んでいるのだという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52272256.html