パティシエ「一番不味いチョコて何だと思います?」 意外な正解に驚きww

9768201その愛情、プライスレス。 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9768201.html

[ このページを翻訳 ]

性的暴行被害を訴えた女性、出廷直前に火をつけられ重体 = インド

de
レ・・害を訴えていた女性(23)が5日、インド北部ウッタル・プラデシュ州の裁判所へ向かう際に体に火をつけられた。女性は病院へ搬送されたが、重度のやけどを負い、重体という・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10156410.html

全力疾走ハムスター、回し車で華麗に障害ハムを避けるの巻

1912hmst00

image credit:imgur

 ハムスターと回し車といえば、誰もが走るその姿を思い描けるほど定番の組み合わせだ。ひたすら走っているハムスターを見ていると、うっかり悟りを開いているのではないか?と思ってしまうほど、彼らは無心で車を回しているように見える。

 ところがどっこい、ハムスターたちは意外と、目の前の障害物などをしっかりと認識しているようなんだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52285387.html

紅白初出場のKing Gnuに文春砲か 「紅白取り消しレベル?」とファン騒然

re
King Gnuに文春砲か。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10156395.html

いつも不安をかかえているあなたへ、音楽セラピストが推薦する心が落ち着く8つの曲

iStock-871346592_e

littlehenrabi/iStock

 心配事やストレスがそこかしこに溢れている。絶えず不安をかかえているのはあなただけではない。我々は不安の時代を生きているのかもしれない。

 ひとつ覚えておいて欲しいのは、不安とはある状況に対する人間の自然な反応であるということだ。だが、いかに自然な反応であれ、それが不意に襲ってくればあなたの感情はかき乱され、生活に暗い影を落とすことだろう。不安は軽いものであっても、日々の暮らしを楽しめなくさせてしまう。

 不安を感じると、心臓の鼓動が速まり、体のさまざまな機能がオーバーロードする。それは感情だけではなく、身体の健康にまで悪影響を及ぼすのだ。

 そんなときは、心が落ち着く音楽を聴いて、心身をリラックスさせてあげるといいかもしれない。こおでは、アメリカの音楽セラピストがおすすめする8つの曲を紹介しよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52285235.html

【画像】 岡村隆史、千原ジュニアと「共演NG説」の真相を激白 「かかわったらアカンと・・」

re43
お笑いコンビ・千原兄弟が7日、関西テレビ「おかべろ」に出演した・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10156373.html

上司の前でゴールドカードを出したら「見せつけんじゃねーよ!ゆとり!」と激怒され・・ 若手社会人のお悩み相談が話題に

fr
いまや暮らしに欠かせないクレジットカード。しかし「ゴールドカード」を持っているだけで、妙な感情をぶつけられる場合もあるようだ。ヤフー知恵袋に11月下旬、「上司の前でゴールドカードを使ったら怒られました。私が悪いのでしょうか?」という相談があった・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10156350.html

電池革命。従来のリチウムイオン電池の2倍のエネルギー密度を実現する固体電池が開発される(オーストラリア研究)

iStock-1001840700_e

Image by Rick_Jo/iStock

 今やリチウムイオン電池がない生活など考えられないだろう。自分は関係ないよ? いやいや、そんなはずはない。あなたが今握りしめているスマホだってそのおかげで動いているのだから。

 2019年、「リチウムイオン電池の父」と呼ばれる吉野彰さんらが栄えあるノーベル化学賞を受賞したことからも、いかに偉大な発明であるかわかるはずだ。

 そんな偉大な発明であっても問題がまったくないわけではない。それは本格的な電気自動車の登場を阻んでいると言われるくらいの大問題だ。

 しかしオーストラリア、ディーキン大学の研究グループが、一般的な産業用ポリマーを利用することでそれを克服する固体電解質の開発に成功したそうだ。

 従来のリチウムイオン電池の2倍のエネルギー密度を持ち、それでいて爆発も発火もしない安全な全固体電池の扉を開く発明であるという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52285356.html

【動画】 田原総一朗氏、「朝まで生テレビ」で下村博文議員の名誉を毀損するとんでもない嘘発言 番組が訂正し謝罪

fsdf
テレビ朝日の看板討論番組「朝まで生テレビ!」(毎月最終金曜深夜1・25)は6日、11月29日深夜の放送で司会のジャーナリスト・田原総一朗氏(85)が・・




続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10156331.html

神田沙也加に降りかかる「ジャニタレに手を出した」ことへの制裁

6e3214ce
『セブン』によれば今年10月に沙也加が家を出たというが、同誌の直撃に対し村田は別居も離婚も否定していた。一方、沙也加の事務所は同誌にコメントを寄せて、すでに離婚は成立していることを明かしている・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10156163.html

2019年、世界に影響を与えた科学研究論文引用率で、中国がイギリスを追い抜く

papers-3819540_640_e

JerzyGorecki/pixabay

 科学には研究論文がつきものだ。科学の中にもそれぞれの分野があり、世界中の研究者たちが自身の研究成果を伝えるために論文を執筆しているが、個々の論文が世間に対してどの程度の影響を与えるのかを知ることが、研究者らにとって非常に重要なこととなる。

 アメリカに拠点を置く国際情報サービス会社「クラリベイト・アナリティクス社」の事業部門であるWeb of Science Groupは、「世界高被引用論文著書(Highly Cited Researchers)」リストの2019年度版を11月19日に発表した。

 2014年から毎年恒例となっているこの発表では、引用された論文の数の多さから、世界中で強い影響力のある研究者や所属国または機関などを割り出している。

 今回注目されているのが、去年3位だった中国がイギリスを追い抜いて2位になったことだ。1位は前年同様アメリカとなっている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52285315.html