ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

二度とスイスに帰れない片道切符をホームレスに無料提供するスイスの都市
pixabay

 世界屈指の富裕国家と言われたスイスは、近年貧困率が上昇している。かつて目にすることのなかったホームレスの人々の姿が、路上に頻繁に見られるようになったのは、2008年の世界金融危機以降だという。

 現在、スイスの北西部に位置する都市で、路上のホームレスを減らす政策プログラムが実施されている。ヨーロッパの他の都市への片道切符を彼らに無料で提供し、スイスから出て行くことを契約させるというものだ。
続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301671.html

[ このページを翻訳 ]

大分県は、アジア初の宇宙港になる!?

本日も最新衛星ニュース!

空港“再浮上”の一手を模索、小型衛星の打ち上げ拠点化も 大分県が米企業と提携「宇宙港化」計画


続きをみる

SOURCE: https://note.com/team_building/n/n96bc1f00f94f

“So Many Tons of Democracy Waiting to Get Delivered”: The Superb Sci-Fi Concept Artworks of Ronan Le Fur

Ronan Le Fur aka Dofresh, is freelance concept artist and illustrator currently based in Rennes, France.

“I used 3ds Max for the modelling and V-Ray for the rendering. A bit of ZBrush for some creatures. There was also a massive use of Photoshop in order to get the final result. I did not face any particular difficulty during the process. It allowed me to concentrate on lighting, composition and colors,” he said.

More: Instagram, Artstation, Twitter








































































































SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/so-many-tons-of-democracy-waiting-to-get-delivered-the-superb-sci-fi-concept-artworks-of-ronan-le-fur/

“One Day with Salvador Dalí”: A Surreal Photo Shoot of Salvador Dalì in His Seaside Villa, 1955


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images

In 1955, photographer Charles Hewitt visited Salvador Dalí and his wife (and muse) Gala at their home to shoot photos for a British editorial magazine called Picture Post. The famous artist posed up showing his surreal personality and didn’t miss this opportunity to shock his audience. Hewitt ended up titling the photoshoot simply as “One day with Salvador Dalí”.

h/t: rarehistoricalphotos


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images

In 1930, a few months after his father threw him out of the house, unable to stand his strange personality, Salvador Dalí purchased a former fisherman’s shack. The property was paid with some of the 20,000 francs that the Viscount of Noailles had given him as an advance for a painting that would later become The Old Age of William Tell.


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images

Dalí lived and worked in this house starting in 1930 and until Gala’s death in 1982. Since then the house has become a museum and everything kept just as it was when the couple lived there, complete with its phallic-shaped swimming pool and yellow Sempervivum adornments, Gala’s favorite flowers.


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/one-day-with-salvador-dali-a-surreal-photo-shoot-of-salvador-dali-in-his-seaside-villa-1955/

伝説のUMA、スキンウォーカーがカナダに出現か!?SNSに投稿された暗闇に出現する謎の人影

伝説のUMA、スカイウォーカーらしき人型物体の映像が波紋を呼ぶ

pixabay

 TikTokで、暗闇の中を歩く謎の二足歩行の生命体らしきものの動画が複数投稿され話題となっている。

 カナダで撮影されたというそれらの映像の詳細がは明らかにされていないが、アメリカ先住民の間に伝わるUMA「スキンウォーカー」ではないか?という声も上がっている。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301925.html

子猫?ボブキャット?小さな子猫がサボテンに登って困ってた…。子猫を拾ったReddit民が画像を投稿。みんなが知識を持ち寄って一件落着

dropped55

image credit:Reddit


 猫との出会いはいつどんな時に起きるか分からない。人間側の心の準備はおかまいなしに、ある日ある時やってくるのだ。

 海外掲示板Redditで「ある晩、森に行く道すがらこの子と出会ったんだ。一匹ぽっちだった。」と投稿したところ、そのかわいさに注目が集まっていた模様。


  続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301955.html

融解が進むのイタリアの雪山の氷の中で発見された第一次世界大戦の遺物

地球温暖化で融解が進んだイタリヤの雪山から第一次世界大戦の遺物を発見

credit:White War Museum

 気候変動による地球温暖化によって解けつつある世界の氷河からは、そこに閉じ込めらていたさまざまな興味深いものが見つかっている。

 それはたとえば登山家の遺体古代のウイルス、そして今回発見された、第一次世界大戦期に繰り広げられた雪山での戦いの記憶といったものだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301854.html

米陸軍、生物の筋肉組織を装備したバイオハイブリッド・ロボットを開発中

生物の筋肉組織を装備したロボットを開発中の米陸軍

photo by iStock

 アメリカ陸軍研究所が目指すロボットは、重厚感あふれるロボットなどではなく、生物のよう俊敏に動き回ることができるロボットだ。

 そのために研究されているのが生きた筋肉で動くロボット、「バイオハイブリッド・ロボット」である。

 米軍が利用している現在の最新ロボットは、4つの車輪を利用しているが、ディーン・カルヴァ博士によると、メインの駆動機関としての車輪や集中動力システムとしてのバッテリーは、設計を工夫して改善することが難しくなりつつあるのだという。

 生体の筋肉が組み込まれたロボットなら、人間にとって危険である地域に到達することが可能となる。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301922.html

間違いを探せ!釣りの映像を撮影していた男性、大物を釣り上げそれを見せるまでの行動でおかしい点があります

初めての釣竿で大物を釣った男性のこの後すぐ!


 父の日に、家族から釣竿をプレゼントされたという男性は、その釣竿で魚を釣りに出かけた。ボートに乗って、カメラをセットし、魚を釣る様子を撮影していた。

 すると魚がかかったようで、男性は釣り糸を引き上げていく。結構大物だ!男性は魚を引き上げ針を外してその魚を持ってカメラでドヤ顔。

 とだけ聞くと、別に不審な点はないだろう。だがこの男性は大きな間違いを犯していたのだ。さあ、その間違いを探してみよう。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301934.html

BOWERS & WILKINS TRUE WIRELESS HEADPHONES



British audio brand Bowers & Wilkins has presented two new true wireless headphones equipped with active noise canceling. The PI7 includes more advanced features, including 24-bit processing, Dual Hybrid Drive units in each earbud, Qualcomm aptX Adaptive technology, and adaptive noise cancellation with six microphones. There is also a smart charging case, IP54 water resistance, plus a battery life of up to 4 hours (an additional 16 hours from the charging case). The PI5 model is slightly less powerful, but still offers noise cancellation and up to 4.5 hours of battery life.

Learn more from Bowers & Wilkins, or grab a pair from B&H Photo Video

SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/BlessThisStuff/~3/IjKASPeeS28/

TOPO DESIGNS HERITAGE CANVAS COLLECTION



Apparel and Accessories brand Topo Designs have introduced the Heritage Canvas Collection, a line of products that reimagines the timeless, outdoor-inspired styles with American-made premium materials. The products feature mountain-inspired durability and city-ready styling, and are made with cotton canvas paired with premium Horween leather and custom hardware. The stylish collection includes five of their most popular styles, the Rover Pack, the Commuter Briefcase, the Klettersack, the Daypack, and the Dopp Kit.

SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/BlessThisStuff/~3/EZDRersfs-Y/