大きなブランドロゴのついた服を着用する男性は浮気しやすい傾向がある(アメリカ研究)

大きなブランドロゴを着ている男性は浮気しやすいという研究結果
image credit:poloralphlauren/Instagram

 ブランドはある種の価値のようなものだ。名の知れた一流ファッションブランドともなると、ブランドのロゴが入っているだけで売れる。

 そこに至るまでは、そのブランドの品質やデザインなどが認知され、高く評価されるための企業努力があったわけで、ロゴはいわば、ブランドの歴史を背負ってきた重要なシグネチャーでもある。

 ロゴが入っている服は各ブランドで販売されているが、アメリカの最新研究によると、大きなブランドのロゴのついた服を着る男性ほど良いイメージをもたれておらず、浮気をしやすい傾向があることがわかったという。

 この研究は『Personality and Social Psychology Bulletin』に掲載された。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301714.html

[ このページを翻訳 ]

ちょうどいいタイミング!思い出に残る動物たちの決定的瞬間をとらえた12の写真

ベストタイミング写真

credit: iklegemma/reddit

 それはいつ何時やってくるかわからない。だが図らずも、思い出に残るであろういい感じの瞬間が撮影できると、うれしくてみんなに共有したくなる。

 これらの写真は海外掲示板でシェアされた「お気に入りフォルダ」に入れてある素敵で意外で楽しい一コマである。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301349.html

ゴージャスな巣作りの為、うたた寝中のキツネの目を盗み、毛を引っこ抜くシジュウカラ

うたた寝中のキツネから毛を引っこ抜くシジュウカラ
 キツネの毛皮はふわふわ、モフモフの上質素材なので、人間世界でもコートやマフラーに使用されることがあるが、その毛を欲しがるのは人間だけではなかったようだ。

 巣穴から出て日向ぼっこをしながらうたた寝をしているキツネに近づいてきたのは1羽のシジュウカラ。狙いはこの毛皮にあったようだ。

 キツネが寝ているのをいいことに、くちばしでその毛を引っこ抜いていく。途中キツネが目を覚ますと、さっと逃げるも、すぐにまた戻り、既定の量を集めるまでは何度も何度でも抜きに来る。
  続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301839.html

ロボットにボディータッチされると、ポジティブな感情が芽生えるという研究結果

人は、ロボットにやさしく触られるとポジティブな感情が芽生えるという研究

photo by Pixabay

 人と人が触れ合うスキンシップは、基本的に相手に対し好意を示す行為であり、海外では挨拶代わりにも使用されている。触れることでシンパシーを感じるというのは人間が持って生まれた特性のようなものだ。

 そしてその相手は人間に限ってのことではないようだ。例えそれがロボットであっても、優しく触れられれば、心が癒される思いがするという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301914.html

ドアの隙間から忍び寄る小さな肉球の数々。ドアを開けた瞬間、湧き出る子猫爆弾

ドアに忍び寄る小さな肉球、その正体は子猫の大群!


 その小さな肉球は開けてほしそうにドアの隙間からガサゴソを繰り返している。それだけでお茶椀1杯分くらいのブロッコリー飯が食べられそうだ。

 だがクライマックスはその後だ。猫がでてくることは予想できていたが、その数にうれしいびっくり!飼い主に甘えるその仕草にうらやまびっくりなのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301778.html

“Client Error”: The Superb Digital Artworks of RETOKA

“We are Retoka, Toni López and Zara Castellanos, designers and digital artists from Barcelona. We love to experiment with colors, light effects, shapes and movement. We try to create a visual language that gives meaning and personality to our work.”

More: Instagram, Behance, Foundation, Shop








































































































SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/client-error-the-superb-digital-artworks-of-retoka/

Beautiful ’60s Fashion Photography by Henry Clarke

Model in pink dress, 1960

Born in Los Angeles in 1918, Henry Clarke, a renowned fashion photographer, discovered his calling in 1945 whilst working as an accessorist at Condé Nast in New York. During an encounter with the Cecil Beaton during a photography session at Vogue’s studio, Clarke was entranced by the photographic image. He promptly abandoned his fashion job, borrowed a Rolleiflex camera and began taking pictures.

h/t: vintag.es

Tamara Nyman, 1962

Deciding to try his luck abroad, Clarke moved to Paris in 1949. There his friend, Robert Randall, reintroduced him to the fashion world. He quickly found work at Fémina, L’Album de Figaro and Harper’s Bazaar.

Vogue, October 1962

The next year, Clarke began a collaboration with the French, English and American editions of Vogue that would last more than a quarter-century. With the help of women like Suzy Parker, Ann Sainte Marie and Bettina who were the most glamorous models of the day, he captured the elegance of the modern woman: young, lively, carefree and seductive.

Veruschka, 1964

In the 1960s, Diana Vreeland, the formidable editor of Vogue, sent him to such exotic locations as Syria, Iran, India and Mexico to create exciting fashion layouts.

Wilhelmina wearing a crêpe evening dress by Gustave Tassell, 1964

Upon his death in 1996, it was revealed that Henry Clarke had named the Institut Pasteur as universal legatee of his estate. He bequeathed his historical collection of photographs to the Musée de la Mode et du Costume in Paris.

These stunning photos are part of his work that Henry Clarke took portraits of classic beauties in the 1960s.

Verushka wearing an Emilio Pucci bikini top with a long wrapped skirt, the print is Egyptian inspired in purples, greens, yellows and white, Brazil, 1965

Editha Dussler wearing a brown and white Persian print jibba by Chombert, Valley Göreme, Turkey 1966

Editha Dussler wearing a dress by B.H. Wragge, 1966

Editha Dussler wearing a full skirted striped silk evening dress by Tiziani, 1966

Editha Dussler wearing Anne Fogarty, Valley Göreme, Turkey, 1966

Editha Dussler wearing Ellen Brooke, 1966

Editha Dussler wearing Hannah Troy, 1966

Editha Dussler, 1966

Model wearing a gown of sky-blue chiffon and a crystal beaded top by Pat Sandler, 1966

Model wearing a short silver sequined dress by Joan Arkin in the Valley Göreme, Turkey, Vogue, December 1, 1966

Model wearing orange Christian Dior dress, Istanbul, Turkey, Vogue, December 1966

Model wearing pants and top by Bill Blass, Turkey, 1966

Susan Murray wearing a slit print skirt and thin-strapped top by Emilio Pucci, 1966

Vogue, December 1966

Benedetta Barzini at Santa Maria di Gesu in Sicily, wearing a turquoise dress with a matching drawstring shaping a high waist by Leslie Fay and a wide brimmed turquoise hat by Till, 1967

Benedetta Barzini, 1967

Marisa Berenson, 1967

Model is standing between statues at the Villa Palagonia, Bagheria, Sicily, 1967

Samantha Jones in a caftan-inspired dress in colorful hand printed zigzag by Livio de Simone, rings and bracelets by Tiziani, India, Vogue, 1967

Samantha Jones, 1967

Simone D’Aillencourt in Emilio Pucci, 1967

Simone D’Aillencourt in Tiffeau, 1967

Simone D’Aillencourt, 1967

Sue Murray, Vogue summer look, Palermo, Italy, 1967

Maria Schiano in Revillion, 1968

Marina Schiano wearing a transparent evening chiffon pullover and pants in fuchsia by Adolfo, at Chichén Itzá, Mexico, outside the Temple of Warriors, 1968

Model wearing a blue coat with a circular pattern and a matching hat by Mila Schoen, 1968

Françoise Leroy, 1969

Marina Schiano, 1969

Marisa Berenson in Halston, 1969

Mary Ann Restivo, 1969

Model in a Bill Blass silk organza dress, 1969

Moyra Swan, 1969

Moyra Swan, 1969

Moyra Swan, 1969

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/beautiful-60s-fashion-photography-by-henry-clarke/

“Self-Portraits 2050”: Stunning 3D Series by Omar Aqil

Omar Aqil is an illustrator & art director based in Lahore, Pakistan. With this new series titled: ‘Self-Portraits 2050’, we follow Omar through this experimental journey and I totally dig them. It’s playful, filled with details and easter eggs of some sort. Overall it’s just an ‘assemble’ of beautiful and stunning pieces.

More: Instagram, Foundation h/t: abduzeedo





SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/self-portraits-2050-stunning-3d-series-by-omar-aqil/

ある意味最強の生物兵器。犯罪組織が台湾の飲食店内に千匹以上のゴキブリを放つ(※ゴキブリ出演中)

台湾の飲食店に暴力組織が千匹以上のゴキブリを放つ


 ゴキブリだけは絶対に嫌!という人は多いだろう。飲食店にとって店内にゴキブリがいるとしたら、それは店の存続の危機に関わるほど重大な事態だ。使い方によってテロを起こすほどができるほど、ゴキブリはある種の生物兵器となりうるのである。

 で、実際にゴキブリを使用した恐ろしいテロが行われていたようだ。

 台湾の飲食店に、千匹以上のゴキブリが犯罪組織によってばらまかれたという。その背景には、金銭トラブルがあったようだ。「Focus Taiwan」などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301840.html

【音量注意】猫たちにとある音声を聞かせてみた。猫まっしぐらに飛んでくるらしい?

tiktokcats5_640


 TikTokでトレンドになっていたらしいのが、この音声を猫たちに聞かせてみたら、みんな猫まっしぐらに飛んできた!っていうシリーズだ。

 それをまとめた映像を紹介するので、良かったら一度見てみてね。なお、結構ボリュームが大きいので、音量注意でお願いするよ! 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301909.html

世界滅亡後、人類が存続するのに必要な最低人数はどのくらいか?

もしも世界が滅亡した後、人類が存続するのに必要な人数は?
photo by iStock
 核戦争から小惑星の衝突まで、人類の文明が突然終わりを迎える場面を想像するのはそう難しいことではない。だが、どんなに過酷な状況であっても、おそらくは災厄を生き延びる人たちがいく人かはいるだろう。

 人類という種を存続させるには、そうした最後の生き残りが何人いればいいのだろうか?

 その答えは世界終焉後の地球の状況によって違ってくるだろう。例えば核戦争によって幕が降りたのなら、生き残った人々は放射線だけでなく、核の冬がもたらす寒さと飢饉に耐えねばならない。

 だが、そうした諸々の条件はひとまず置いておくとして、必要な人数についてだけ考えてみるとしよう。人類学者の出した回答はこうだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301822.html