愛情ビーム!飼い主をうっとり見つめる犬や猫たちの写真

愛情たっぷりに飼い主を見つめるペットたち
credit:reva_r

 犬や猫たちの視線の先には飼い主がいる。一点の曇りもない澄んだ目で見つめられる飼い主の、半分くらいはつま先からくるぶしあたりまでとろけてしまいそうになるだろう。

 海外掲示板人気のスレッド「r / Catsmirin」と「r/DogsMirin」には、ペットに見つめられている飼い主たちのが次々とシェアされている。その視線の先を自分と置き換えてみることで究極の癒し効果を得てみようじゃないか。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52300951.html

[ このページを翻訳 ]

ダーウィンの性淘汰説に矛盾。むしろメスが多い時の方が進化が進むことが明らかに(英研究)

iStock-1214625182_e
 生物は「自然淘汰(自然選択)」によって進化すると考えたチャールズ・ダーウィンだったが、それでは説明できない事象を目の当たりにしていた。

 豪華な尾で美しく身を飾るクジャクのオスや、勇ましいツノを誇らしげに誇示するシカなど、一部の種ではなぜだかオスとメスがかなり違う特徴を備えている。

 そこで彼は、もう1つの理論として「性淘汰(性選択)」を考案した。大きなツノや牙、あるいは飾りなど、交配相手を引きつけ、子孫を残すチャンスを上げるための特徴が進化するという考えだ。

 ダーウィンの考えでは、性淘汰が進むのはオスとメスの個体数の比率が不均衡であるときだ。たとえばオス1匹に対してメスが少ない状況では、オス同士のメスをめぐる競争が激化し、それだけオスにメスを魅了するための特徴が発達することだろう。

 だが英シェフィールド大学などの研究グループが『Evolution』(5月22日付)に掲載した研究によれば、どうもダーウィンの予想とは逆であることが明らかになったそうだ。つまり、メスが多いときの方が性淘汰が目立ってくるというのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303325.html

怖い怖い、排水溝が怖い。なぜか排水溝の上を歩けない馬

排水溝が怖い馬、避けて歩く
 人にはそれぞれ怖いものがあるように、馬にもそれぞれに怖いものがあるようだ。

 で、この馬の場合、排水溝がNGのようで、どうしても尻込みしてしまう。騎乗しているお姉さんに促されても怖いものは怖いのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302910.html

都市伝説なのか?実在したのか?巨大な怪鳥「トゥームストーンの翼竜」の謎

アメリカ先住民の間に伝わる伝説の神鳥、サンダーバードは実在するのか?
 かつて銀産業で栄えたアリゾナ州のトゥームストーンという町は、巨大な未確認生物で物議をかもした場所でもある。

 1890年4月26日、地元の新聞『Tombstone Epitaph』誌に奇妙な記事が載った。ウィットストーンとワチュカ山の間の砂漠地帯で、大きな翼を持つ巨大な怪鳥が発見されたというのだ。今から約130年前のことだ。

 この怪鳥は長い尾と巨大な羽毛のないコウモリのような翼をもち、その顔はワニに似ていたという。のちに「トゥームストーンの翼竜」と名付けられたこの怪鳥は発見時、かなり衰弱していて、ほとんど飛ぶこともできなかったらしい。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303236.html

子猫のうとうとこくんがかわいくてやめられない止まらない。子猫、腕に抱かれて眠りに落ちる

dropped14
image credit:YouTube
 ストレス社会、続くパンデミック。こんな時勢を生き延びて「一週間お疲れ様」、という気持ちを込めて自分自身に癒しの時間を作ってあげるのはどうだろう?マランダーが子猫のうとうとこくん動画をお届けするよ。手のひらに乗っかった子猫は安心しているのか一日の冒険の名残か、気が付くと夢の世界に旅立ってしまうみたいだ。

続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303329.html

カリブの海賊の根城から古代エジプトの港町まで、世界8の水没都市

世界10の水没都市
 水は人類が文明を営む上でも重要な資源だ。水路としての利用価値もあるため、海岸や川沿いには歴史的に重要な都市がいくつも存在する。

 しかしときに自然は人間に牙をむく。津波や嵐、洪水などの水の襲撃がはじまれば、いかに栄えた都市であってもあっけなく水没してしまうこともある。

 水の中を覗いてみれば、失われた文明が今も当時の姿を残したまま佇んでいる。ここでは歴史に刻まれた、世界の水没都市と見ていこう。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303277.html

ゲーミングデバイスメーカーがサイバーパンクなゲーマー用スマートマスクを販売予定、LEDライト、マイク付き

ゲーマー向けのサイバーパンクなスマートマスクが販売予定
image credit:RAZER
 アメリカに拠点を置くゲーミングデバイスメーカー『Razer』が、今年1月、ゲーマー用スマートマスクのプロトタイプを発表して注目を集めていた。ついにそれが商品化され、2021年10~12月に発売予定であるという発表を行った。

 サイバーパンクなデザイン性はもちろん、換気機能、マイクやLEDライトなど、様々な機能が備わっているこのスマートマスク「Project Hazel」は、事前に発売通知を受け取る登録をした者に限定販売するという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303260.html

いつ何が起こるかわからないので、生き残りに役立つ12のサバイバル術を覚えておこう【ライフハック】

生き残れる確率を上げるためのサバイバル・ライフハック
 人生、いつどこで何が起こるかはわからない。特にコロナのパンデミックを経験し、それを実感した人も多いのではないだろうか。

 しかしだからといって、人生を楽しむことを止めなければならないというわけではない。人生をいかに上手くコントロールできるかが重要であり、起こりうる全ての変化球に備えておく必要がある。

 最近では「備えあればうれいなし」のサバイバルスキルをSNSで伝授してくれている人も多い。今回も、知っていれば役立つ時がくるかもしれない、生き残れる確率が少しアップするサバイバル術をみていくことにしよう、そうしよう。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302977.html

カメラマン最強説。100m競走で出場選手のよりもカメラマンの方が速かった件

大学の100メートル走、出場選手よりカメラマンが一番速かった
 大学生選手による100m競走で、誰よりも一番先頭を走り続けゴールしたのは、それを撮影していたカメラマンだったという驚愕のオチがネットで話題となっている。

 スタート地点は選手らよりも前だったが、カメラマンは重さ4kg以上あるカメラリグを持ちながらの出走なので十分なハンデである。

 誰よりもびっくりしたのは競技に出場していた選手だったかもしれない。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303265.html

湖で溺れそうになっていた子鹿を救った犬の元へ、母鹿と子鹿が会いに来た!

溺れそうな子鹿を救った犬の元へ、母鹿と子鹿が会いに来る
 アメリカで、溺れそうになっている子鹿を発見した犬が、咄嗟に湖に飛び込み、子鹿を救出した。とても心温まる話だが、それだけでは終わらなかった。

 その翌日、助けた子鹿が母鹿と一緒に犬に会いにやってきたのだ。もしかしたら感謝の気持ちを伝えたかったのかもしれない。

 感動した犬の飼い主はこの出来事をFacebookに投稿したところ、多くのユーザーらから感動の声が寄せられた。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303275.html

謎の減光で人類を惑わす恒星「ベテルギウス」その原因がついに判明

ベテルギウス減光の謎がついに判明
 2019年9月から20年初頭にかけて、オリオン座の一角にある赤色超巨星「ベテルギウス」の明るさが35%も陰るという原因不明の減光現象が観察された。ベテルギウスはすでに最盛期を過ぎた星だ。そのため爆発して超新星になる予兆ではと大きな話題になった。

 だがその原因がついに判明したようだ。

 このほど、ヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡VLTによってとらえられた一連の鮮明な画像の分析結果が、『Nature』(6月16日付)で発表された。

 それによると、これまで予測されていた通り、ベテルギウスが放出したガスが固まって塵となり光を遮ったという説明がもっとも妥当であるという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303271.html