絶滅したタスマニアタイガー(フクロオオカミ)の皮膚DNAから種を救い出せるかもしれない

0_e11
image credit:Baker; E.J. Keller./wikimedia commons

 オーストラリアに生息していたタスマニアタイガーは、有袋類でありながら大型の肉食獣で、日本では「袋を持つオオカミ」という意味のフクロオオカミという名で呼ばれている。

 大航海時代、ヨーロッパから入植者らは家畜を襲うタスマニアタイガーを目の敵にした。次々と大量虐殺し、1930年代、唯一の生き残りと思われる野生個体が射殺される。その後飼育下にあった個体が亡くなり、1936年ついに絶滅したとされている。

 その後たびたび目撃情報はあるものの、正式な再発見にはいたっていない。
 
 だが今後、フクロオオカミが再生される可能性があるかもしれない。

 近年、ある人物が1923年から所持していたフクロオオカミの皮膚が発見され、そのDNAサンプルが、オーストラリアの固有種を復活させる活動を行っているラザラスプロジェクトのメンバーの手に渡ったのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52272312.html

[ このページを翻訳 ]

Gorgeous Photos Of Classic Beauties Taken From Between The 1940s And 1960s By Philippe Halsman

Marilyn Monroe, photo by Philippe Halsman, variant used for cover of LIFE, November 9, 1959 Philippe Halsman (2 May 1906 – 25 June 1979) was born in Riga and began to take photographs in Paris in the 1930s. He opened a portrait studio in Montparnasse in 1934, where he photographed André Gide, Marc Chagall, André Malraux, Le Corbusier and other writers and artists, using an innovative twin-lens...

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2019/08/gorgeous-photos-of-classic-beauties-taken-from-between-the-1940s-and-1960s-by-philippe-halsman/

【動画】 立花孝志氏と高須院長がニコ生討論で舌戦! 「太田光を相手にしないのは・・」

fre
高須クリニックの高須克弥院長(74)と、NHKから国民を守る党(N国)代表の立花孝志参院議員(52)が24日午後、ニコニコ生放送で討論した・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10104292.html

Photographs Of ‘El Segundo Barrio’ Of El Paso In 1972 By Danny Lyon

Documerica was a program sponsored by the United States Environmental Protection Agency to “photographically document subjects of environmental concern” in the United States from about 1972 to 1977. These particular photos shot in Kodachrome by Danny Lyon are all of El Paso and in particular the Second Ward which was described as a classic ‘Barrio’ on the Mexican border. More: Flickr...

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2019/08/photographs-of-el-segundo-barrio-of-el-paso-in-1972-by-danny-lyon/

【動画】 韓国で日本人女性が暴行された事件、韓国人の男を確保

tt5
韓国人の男を確保。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10104272.html

何これおいしそう、アイスクリーム?いいえ違います。ゴルフボールの断面です。

ice1

image credit:James Friedman

 めったに見る機会はないけれど、あんなものやこんなものの断面はけっこうおもしろかったりする(関連記事)。

 真っ二つに切断されることを想定してデザインされているわけではないんだけど、そこにはなぜか美しさや予想以上の複雑さがあるんだ。

 それにしてもこれってそうなの?と驚いてしまったのが、ゴルフボールの断面である。なんだかアイスクリームみたいでやたらとおいしそうなんだけど! 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52274965.html

「全裸監督」で話題の村西とおる氏、「セクハラ訴える女に美人なし」発言で炎上

367
有吉弘行や氣志團・綾小路翔など数多くの著名人が絶賛しているNetflixドラマ『全裸監督』。主演の山田孝之が演じた“帝王”こと村西とおる氏が、過去のTwitterでの発言が原因で炎上している・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10104162.html

中川翔子、教師にいじめを相談したら・・ 「信じられない一言」に絶望

tg
いじめ、ひきこもりの経験がある中川は、最終的に学校に行かなくなった理由を明かす・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10104140.html

プラグ充電不要。世界最大の電動ダンプカーは重さは45トン、高さ4.2メートル(スイス)

top

image credit:Kuhn Schweitz AG.

 ダンプカーといえばたくさんの土砂をどんどん運ぶ頼もしいトラックの一種だが、スイスにある巨大ダンプカーが反響を呼んでいる。
 
 採石場で活躍するeDumperは、世界最大の電動ダンプカーだ。重さは45トン、高さ4.2メートルもあり、荷台を完全に上げると8.5メートルにもなる。

 確かに大きくて迫力満点。でも充電とか大変なんでしょ?と思きや、なんとここで働くeDumperは運搬作業のみでフルチャージできちゃうためプラグでの充電が不要だという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52278459.html

ヴァニラ、「ブスが生きづらい日本」で感じてきた違和感・・ 「全身2億円整形」の真相を激白

31
ヴァニラさんの“本当の顔を取り戻す半生”。その原点は小学生時代にさかのぼる。両親が家を建てたのをきっかけに転校、そこでひどいいじめが始まったのだ・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10104116.html

知的障害者がマンション階段で管理人を突き飛ばし死なせる、親に損害賠償求めるも棄却判決

hn
大分市のマンション階段で2014年、知的障害のある無職男性=当時(42)=から突き飛ばされ死亡した男性管理人=同(62)=の遺族が、監督義務違反を理由に男性の両親に計約5364万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、大分地裁であった・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10104167.html