Photo



SOURCE: http://gifak-net.tumblr.com/post/109674086749

Skylon Aircraft Uses SABRE Engine System, Takes You Anywhere in the World Within 4-Hours

Skylon

The Skylon C2 is a new type of aircraft that uses the SABRE engine system, which relies on a device called the precooler - technology that cools down the air entering the engineer system by more than 1,000° C in a mere .01-seconds, resulting in an unheard-of cooling rate of 400 megawatts, enabling the plane to 'breathe' oxygen. SKYLON will also be able to take passengers into outer space, taking off and landing horizontally like a normal plane. SABRE will also be used in the LAPCAT A2. Continue reading for another video and more information.

SOURCE:

絵になるふたり。大きなテディベアとふさふさの猫のコンビネーションは破壊力抜群だった

no title


 大きなテディベアが大好きそうにしていたので、飼い主ったらいつも猫のそばに運んできてあげてるようで、そんな大きなテディベアにもたれかかりながら、日がな一日暮らす猫。この光景、絵になるなあ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183694.html

Old Mine Gets Transformed Into the World’s Largest Underground Trampoline

Bounce Below Trampoline

Adventure company Bounce Below installed three giant trampolines inside the Llechwedd Slate Caverns. They are all safely suspended from the cave walls and ceilings, and offer vibrant LED lights illuminate the subterranean playground. These caverns were originally created to mine slate in the 18th and 19th Centuries, and were later used to hide precious art works from the Germans during World War II. Continue reading for an incredible video, more pictures and additional information.

SOURCE:

映画裏事情:本当は死ぬはずだったが、諸事情により生きながらえた14の登場人物

0_e19


 映画において、脚本段階では死ぬはずだった登場人物が生きながらえるというケースがある。感情移入した登場人物が死なれたら、そりゃもう後味悪いだろうし、ハッピーエンドが好まれるハリウッド映画界においてはことさらだ。

 あたしだって漫画”ワンピース”でエースが死んじゃった時、「うそでしょ?生き返るよね?白ひげは百歩譲ってしょうがないとしても、エースだけは生き返ってくれなきゃやだ、絶対!」と思って、エースが死んだ回以降、生き返るまでは読まないと心に決めちゃったくらいだ。

 でもって、いまだに続きを読んでいないのでどんな展開になっているのかまったくわからないわけだが、映画業界の場合、いろんな人が絡んで来たり、続編の関係があったり、大人の事情があったりで、死ぬはずの人が死なない場合があるのだ。ってことで、ここでは本当は死ぬ設定だった14の映画の登場人物たちを見ていくことにしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183732.html

ぎゃ、逆に?「私は毛虫です。鳥のヒナとかじゃありません」。毒毛虫に成りすますハイイロモンキタイランチョウのヒナ

0_e1


 動物の擬態ってやつは実に面白い。身を守るため、あるいは捕食活動の為にほかの動物たちの目をうまく欺く。アマゾンに住むハイイロモンキタイランチョウのヒナは、毛むくじゃらな毒毛虫に擬態するという。上の写真を見る限り、確かにオレンジ色した毛虫にしか見えないね。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183505.html

Bob Eggleton – Aliens with big heads



Bob Eggleton - Aliens with big heads

SOURCE: http://sciencefictiongallery.tumblr.com/post/109654608313

偉人たちもこんなにお茶目だった。10人の偉人たちがしでかした、いたずらエピソード

0_e0


 ノーベル賞を受賞した初めての女性はそう、マリー・キュリーのである。我々が良く目にする。まじめくさったフランクリン・D・ルーズベルトもそうとうやんちゃだったらしい。彼らの成し遂げた偉業からは想像もつかな、いたずらエピソードが特集されていた。真面目一辺倒だと思われていた歴史上の人物が、こんないたずらをしていたというのだから逆に親近感がもてるね。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183513.html

Armand, 1950s.



Armand, 1950s.

SOURCE: http://sciencefictiongallery.tumblr.com/post/109653631758

Anthony Sini – Tales of the Flying Mountains, 1971.



Anthony Sini - Tales of the Flying Mountains, 1971.

SOURCE: http://sciencefictiongallery.tumblr.com/post/109652575436