A Look Inside Bangladesh’s Ship Breaking Yards Reveal The Brutal Conditions Workers Are Subjected To Everyday


Jan Moller Hansen/Barcroft Images

Between 300 and 500 workers can spend up to four months dismantling a single ship in Sitakunda Beach, Bangladesh, February 2012. The taskforce work 12-14 hours a day of manual labour for approximately $1.9 in pay. The ship breaking industry began in the 1960s and 70s after a ship washed up on Sitakunda beach and was later sold for scrap, now Bangladesh is one of the world’s leaders in ship breaking. After living in Dhaka, Bangladesh for five years, photographer Jan Møller Hansen (previously) flew to the port city of Chittagong to document the ship breaking industry.

Approximately 90% of each ship is recycled including machinery and even toilet roll:

Jan Moller Hansen/Barcroft Images

Half of a ship waits to be recycled after workers gutted the vessel in Sitakunda Beach:

Jan Moller Hansen/Barcroft Images


Jan Moller Hansen/Barcroft Images

A ship breaking workertakes a breather amongst the water logged sandy beach:

Jan Moller Hansen/Barcroft Images

Ship breaking has become a lucrative and over 100 shipyards are on the beach:

Jan Moller Hansen/Barcroft Images

Anything not recycled in industry is sold on stalls along the neighbouring highway:

Jan Moller Hansen/Barcroft Images

Workers earn about two and four dollars per day of work:

Jan Moller Hansen/Barcroft Images

A ship breaking worker poses for a portrait during one of his long 12-14 hour shifts in Sitakunda Beach, Bangladesh:

Jan Moller Hansen/Barcroft Images

Conditions are dangerous for ship breakers and death and permanent injury are not uncommon:

Jan Moller Hansen/Barcroft Images


Jan Moller Hansen/Barcroft Images


Jan Moller Hansen/Barcroft Images


Jan Moller Hansen/Barcroft Images

SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/dyt/~3/5ZxJibzs9iY/

[ このページを翻訳 ]

野良犬のピットブル、迷子の子供を発見し自らボディーガード役となり親と再会するまで守り抜く(アメリカ)

野良のピットブルが迷子の子供を守っていた

野良のピットブルが迷子の子供を守っていた image credit: youtube

 ピットブルは闘犬として交配された犬種で、力が強く身体能力が高い犬だ。その力が人間に向けられると致命的ダメージとなり「危険な犬」とレッテルを張られている一方で、忠誠心と服従心が強く、忠実なペットとしての人気もある。

 他の全ての犬と一緒で、育て方や環境が左右し、個体差もあるということだ。

 アメリカのミズーリ州にいた野良犬のピットブルは、人間に飼われたことも訓練を受けたこともなかったが、人懐こくやさしい性格をしていた。

 ある朝、家からふらりと外に出て通りをさまよっていた男の子を見かけると、そのピットブルはすぐさまボディガード役を引き受け、男の子が親と再会するまで完全警護をし続けたという。『Go Animals』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295746.html

中国企業に情報漏洩容疑の積水化学社員、ファーウェイに再就職していたことが判明

12
積水化学工業の男性元社員(45)が自社技術の機密情報を中国企業に漏洩したとして、大阪府警が不正競争防止法違反(営業秘密侵害)容疑で書類送検した事件で・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10303914.html

Caroline Polachek – The Gate (Extended Mix)



Caroline Polachek - The Gate (Extended Mix)

SOURCE: https://motioncollector.com/post/632635734189277184

アニメ「鬼滅の刃」を午後7時からのゴールデン枠で放送決定 「快傑えみちゃんねる」の後釜に

fre
人気アニメ「鬼滅の刃」が、関西テレビでレギュラー放送されることが21日、同局から発表された。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10303902.html

オランダ政府、不治の病に苦しむ12歳未満の子供に対する安楽死を認める方針

angel-4372989_640_e

● / Pixabay

 オランダ政府は、数ヶ月渡る与党内の議論の末、12歳未満の不治かつ末期の病を抱えた子どもに対しても安楽死を認める法案をまとめた。

 保健省のヒューゴ・デ・ヨンゲ大臣は、絶望的かつ耐えがたい苦しみをともなう不治の病に冒された末期の子どもを救うには、法規の変更が必要だとした。

 この新たな法律が成立した場合、適用される可能性がある子供は、年間5~10人ほどになると政府は見積もっている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295801.html

【動画】 「ミヤネ屋」中継で女性リポーターが叱責され・・ 視聴者「胸が痛くなった・・」

r434
現在、国営ひたち海浜公園では「コキア」が紅葉のピークを迎えており、女性リポーターがコキアに関する様々な情報を事細かに解説。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10303568.html

「99人の壁」鬼滅の刃問題でヤラセ疑惑勃発 「ブロッカー押さなすぎ」「小学生だから」「鬼滅だし」

njj
鬼滅、小学生が挑戦、ってことでやらせ感。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10303005.html

【動画】 「鬼滅の刃」のパロディ大人ビデオが登場し話題に 鬼滅人気に便乗し気合の入った売場が作られてしまう

vgt
こちらも大ヒットの予感。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10303685.html

千鳥の発言は「完全アウト」 有村架純を揉んだ!? セクハラえぐいと批判噴出 「ノブがぶっちぎりで気持ち悪い・・」

free
番組では、私服のセンスに自信が持てないという有村のために、値が張らない衣装を多数用意。『千鳥』と『博多華丸・大吉』、『ぺこぱ』シュウペイの5人がコーディネートを提案することに。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10303573.html

【画像】 セブンイレブン、今度はフルーツサンドが酷すぎると物議 「もはやサンドすらされてない・・」

bg66
もはや芸術。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10303810.html