Amazing Illustrations by John Bauer in the Early 20th Century

Dag and Daga, and the Flying Troll of Sky Mountain, 1907

Born 1882 in Jönköping, Swedish painter and illustrator traveled throughout Lappland, Germany and Italy early in his career, and these cultures deeply informed his work. He painted and illustrated in a romantic nationalistic style, in part influenced by the Italian Renaissance and Sami cultures.

h/t: vintag.es

Dag and Daga, and the Flying Troll of Sky Mountain, 1907

Bauer’s work is concerned with landscape and mythology, but he also composed portraits. He is best known for his illustrations of early editions of Bland tomtar och troll (Among Gnomes and Trolls), an anthology of Swedish folklore and fairy tales.

Dag and Daga, and the Flying Troll of Sky Mountain, 1907

Most of Bauer’s works are watercolors or prints in monochrome or muted colours; he also produced oil paintings and frescos. His illustrations and paintings broadened the understanding and appreciation of Swedish folklore, fairy tales and landscape.

Dag and Daga, and the Flying Troll of Sky Mountain, 1907

When Bauer was 36, he drowned, together with his wife Ester and their son Bengt, in a shipwreck on Lake Vättern in southern Sweden in 1918.

A set of amazing illustrations is part of his work that John Bauer painted in the 1900s and 1910s.

Dag and Daga, and the Flying Troll of Sky Mountain, 1907

The Seven Wishes, 1907

Giant, 1909

The Giant Who Slept for Ten Thousand Years, circa 1910s

The Old Troll of Big Mountain, circa 1910s

The Prince Without a Shadow, 1910

The Troll Ride, 1910

The Maiden in the Castle of Rosy Clouds, 1911

Bella’s Glorious Adventure, 1912

Here is a piece of magic herb for you. Something only I can find. The boy who was never afraid, 1912

Humpe climbed up on his lap, 1912

Little boy and Troll, 1912

She Kissed the Bear on the Nose, 1912

The Boy Who Was Never Afraid, 1912

The Magician’s Cape, 1912

A Forest Troll, 1913

Humpe in the Woods, 1913

Leap the Elk and Little Princess Cottongrass, 1913

Leap the Elk and Little Princess Cottongrass, 1913

Leap the Elk and Little Princess Cottongrass, 1913

The Changelings, 1913

The Changelings, 1913

The Changelings, 1913

The Magician’s Cape, 1914

The Queen’s Pearl Necklace, 1914

The Queen’s Pearl Necklace, 1914

The Ring, 1914

The Ring, 1914

When Mother Troll Took in the King’s Washing, 1914

When Mother Troll Took in the King’s Washing, 1914

Bland Tomtar och Troll-2, 1915

Bland Tomtar och Troll-2, 1915

Bland Tomtar och Troll-2, 1915

Bland Tomtar och Troll-2, 1915

Bland Tomtar och Troll-2, 1915

Trolls and princess, 1915

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/amazing-illustrations-by-john-bauer-in-the-early-20th-century/

[ このページを翻訳 ]

【RIP】世界で最も有名なライオン「スカーフェイス」が14歳で天命を全うする(ケニア)

世界でもっとも有名なライオンが、天命を全うしこの世を去る
 6月11日、アフリカ・ケニアのマサイマラ国立保護区で、長きにわたりプライド(ライオンの群れ)の王座に君臨し、世界で最も有名なライオンと呼ばれる「スカーフェイス」が、14歳の生涯を閉じた。

 死因は、野生のライオンには珍しい自然死だったという。誇り高く雄大なスカーフェイスの姿は、最期には痩せ細り弱っていたが、自然に生まれたスカーフェイスは、自然の中で自由に生き続け、そして自然へと還って行った。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303292.html

ダーウィンの性淘汰説に矛盾。むしろメスが多い時の方が進化が進むことが明らかに(英研究)

iStock-1214625182_e
 生物は「自然淘汰(自然選択)」によって進化すると考えたチャールズ・ダーウィンだったが、それでは説明できない事象を目の当たりにしていた。

 豪華な尾で美しく身を飾るクジャクのオスや、勇ましいツノを誇らしげに誇示するシカなど、一部の種ではなぜだかオスとメスがかなり違う特徴を備えている。

 そこで彼は、もう1つの理論として「性淘汰(性選択)」を考案した。大きなツノや牙、あるいは飾りなど、交配相手を引きつけ、子孫を残すチャンスを上げるための特徴が進化するという考えだ。

 ダーウィンの考えでは、性淘汰が進むのはオスとメスの個体数の比率が不均衡であるときだ。たとえばオス1匹に対してメスが少ない状況では、オス同士のメスをめぐる競争が激化し、それだけオスにメスを魅了するための特徴が発達することだろう。

 だが英シェフィールド大学などの研究グループが『Evolution』(5月22日付)に掲載した研究によれば、どうもダーウィンの予想とは逆であることが明らかになったそうだ。つまり、メスが多いときの方が性淘汰が目立ってくるというのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303325.html

怖い怖い、排水溝が怖い。なぜか排水溝の上を歩けない馬

排水溝が怖い馬、避けて歩く
 人にはそれぞれ怖いものがあるように、馬にもそれぞれに怖いものがあるようだ。

 で、この馬の場合、排水溝がNGのようで、どうしても尻込みしてしまう。騎乗しているお姉さんに促されても怖いものは怖いのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302910.html

都市伝説なのか?実在したのか?巨大な怪鳥「トゥームストーンの翼竜」の謎

アメリカ先住民の間に伝わる伝説の神鳥、サンダーバードは実在するのか?
 かつて銀産業で栄えたアリゾナ州のトゥームストーンという町は、巨大な未確認生物で物議をかもした場所でもある。

 1890年4月26日、地元の新聞『Tombstone Epitaph』誌に奇妙な記事が載った。ウィットストーンとワチュカ山の間の砂漠地帯で、大きな翼を持つ巨大な怪鳥が発見されたというのだ。今から約130年前のことだ。

 この怪鳥は長い尾と巨大な羽毛のないコウモリのような翼をもち、その顔はワニに似ていたという。のちに「トゥームストーンの翼竜」と名付けられたこの怪鳥は発見時、かなり衰弱していて、ほとんど飛ぶこともできなかったらしい。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303236.html

子猫のうとうとこくんがかわいくてやめられない止まらない。子猫、腕に抱かれて眠りに落ちる

dropped14
image credit:YouTube
 ストレス社会、続くパンデミック。こんな時勢を生き延びて「一週間お疲れ様」、という気持ちを込めて自分自身に癒しの時間を作ってあげるのはどうだろう?マランダーが子猫のうとうとこくん動画をお届けするよ。手のひらに乗っかった子猫は安心しているのか一日の冒険の名残か、気が付くと夢の世界に旅立ってしまうみたいだ。

続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303329.html

カリブの海賊の根城から古代エジプトの港町まで、世界8の水没都市

世界10の水没都市
 水は人類が文明を営む上でも重要な資源だ。水路としての利用価値もあるため、海岸や川沿いには歴史的に重要な都市がいくつも存在する。

 しかしときに自然は人間に牙をむく。津波や嵐、洪水などの水の襲撃がはじまれば、いかに栄えた都市であってもあっけなく水没してしまうこともある。

 水の中を覗いてみれば、失われた文明が今も当時の姿を残したまま佇んでいる。ここでは歴史に刻まれた、世界の水没都市と見ていこう。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303277.html

ゲーミングデバイスメーカーがサイバーパンクなゲーマー用スマートマスクを販売予定、LEDライト、マイク付き

ゲーマー向けのサイバーパンクなスマートマスクが販売予定
image credit:RAZER
 アメリカに拠点を置くゲーミングデバイスメーカー『Razer』が、今年1月、ゲーマー用スマートマスクのプロトタイプを発表して注目を集めていた。ついにそれが商品化され、2021年10~12月に発売予定であるという発表を行った。

 サイバーパンクなデザイン性はもちろん、換気機能、マイクやLEDライトなど、様々な機能が備わっているこのスマートマスク「Project Hazel」は、事前に発売通知を受け取る登録をした者に限定販売するという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303260.html

いつ何が起こるかわからないので、生き残りに役立つ12のサバイバル術を覚えておこう【ライフハック】

生き残れる確率を上げるためのサバイバル・ライフハック
 人生、いつどこで何が起こるかはわからない。特にコロナのパンデミックを経験し、それを実感した人も多いのではないだろうか。

 しかしだからといって、人生を楽しむことを止めなければならないというわけではない。人生をいかに上手くコントロールできるかが重要であり、起こりうる全ての変化球に備えておく必要がある。

 最近では「備えあればうれいなし」のサバイバルスキルをSNSで伝授してくれている人も多い。今回も、知っていれば役立つ時がくるかもしれない、生き残れる確率が少しアップするサバイバル術をみていくことにしよう、そうしよう。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302977.html

カメラマン最強説。100m競走で出場選手のよりもカメラマンの方が速かった件

大学の100メートル走、出場選手よりカメラマンが一番速かった
 大学生選手による100m競走で、誰よりも一番先頭を走り続けゴールしたのは、それを撮影していたカメラマンだったという驚愕のオチがネットで話題となっている。

 スタート地点は選手らよりも前だったが、カメラマンは重さ4kg以上あるカメラリグを持ちながらの出走なので十分なハンデである。

 誰よりもびっくりしたのは競技に出場していた選手だったかもしれない。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303265.html

湖で溺れそうになっていた子鹿を救った犬の元へ、母鹿と子鹿が会いに来た!

溺れそうな子鹿を救った犬の元へ、母鹿と子鹿が会いに来る
 アメリカで、溺れそうになっている子鹿を発見した犬が、咄嗟に湖に飛び込み、子鹿を救出した。とても心温まる話だが、それだけでは終わらなかった。

 その翌日、助けた子鹿が母鹿と一緒に犬に会いにやってきたのだ。もしかしたら感謝の気持ちを伝えたかったのかもしれない。

 感動した犬の飼い主はこの出来事をFacebookに投稿したところ、多くのユーザーらから感動の声が寄せられた。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303275.html