BEATS STUDIO BUDS



The new Beats Studio Buds are here! With features similar to the AirPods Pro, the company?s new headphones have been seen over the past few weeks in the ears of many famous sports stars. Engineered to deliver powerful, balanced sound in a compact design, the compact earphones are equipped with a proprietary, dual-element diaphragm driver that resides within a two-chamber housing, resulting in clear sound with outstanding stereo separation. They also offer both Active Noise Cancelling and Transparency modes for cutting out or letting in outside noise. The Studio Buds have up to 8 hours of listening time with two additional charges provided by its pocket-sized charging case. Available now in black, white, or red.

SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/BlessThisStuff/~3/eiZfvi_ZoDg/

[ このページを翻訳 ]

気温50度の猛暑を克服する為、ドローンで人工雨を降らせたドバイ。効きすぎて大雨警報発令

猛暑のドバイ、ドローンで人工雨。効きすぎて大雨警報発令
 日本でも連日猛暑が続くが、アラブ首長国連邦(UAE)は50度もの超猛暑に見舞われており、その上雨がほとんど降らない過酷な状況にある。

 そこで登場したのが、ドローンを利用した人工降雨だ。その効果はテキメンで、人工雨が作られたドバイの一部地域では効きすぎて警報まで発令されてしまったようだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304318.html

攻撃性を抑制する効果があると世界の刑務所で採用されているピンク色の独房。受刑者は「屈辱的」と不満の声

no title

Youtube / Atlas Obscura

 色が、私たちの気分に大きな影響を与えることは周知の事実だ。例えば、赤色は食欲を刺激する効果があるため飲食店に使用されたり、青色は生産性が上がるためオフィスなどに使用される(関連記事)。

 では、ピンク色はどうだろう?この色は心理的に人に安らぎや幸福をもたらす色とされている。

 専門家によると、ピンク色が受刑者たちの攻撃を抑制する効果があるとして、スイスやドイツ、アメリカなど複数の国の刑務所内の独房の壁などがピンク色に塗られているという。だが、受刑者らには不評のようだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52278634.html

7月の満月は今日!月に一度は夜空を見上げて宇宙を感じよう

2021年7月24日は満月
 満月情報の時間です。カラパイアの満月情報を見て、ああ、今日は満月か?と空を見上げてくれる人が一人でもいてくれたらとてもうれしいのだ。

 毎日下を向いて歩いている人も、家の中にこもっている人も、一年のほとんど月のことなんか忘れている人も、満月の時だけは、何時も地球のそばで見守ってくれていてありがとうと、感謝の気持ちを投げかけるのもいいじゃない。それってもしかして、メンタルヘルスが向上するかもしれないじゃない。

 本日7月24日、午前11時37分に月は満ちる。

 幸い天候にも恵まれる地域が多いので、日が沈むころにはまん丸のお月様を見られそうだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304330.html

難病で歩けなかった少女が犬と出会う。愛という名の絆が奇跡を起こすまでの物語

1人の少女が大きな犬と出会い奇跡を起こすまでの物語
 生まれつきの難病を抱え歩くこともできなかった少女が、犬と出会った。ジョージという名のグレート・デーンは少女の3倍もある大きな犬だが、その愛情も大きかった。

 ジョージは少女の脚代わりとなり、歩行のお手伝いをしていたのだが、2人の間に芽生えた愛と言う名の絆はいつしか軌跡を起こした。

 少女は1人で歩くことができるようになった。ついには自転車に乗れるようにもなったのだ。現在は水泳を学べるようになったという。

 これは、歩くことをあきらめなかった小さな少女と、少女を支え続けることに使命を見出した大きな犬が幸せを紡いでいく物語である。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304249.html

人種差別の懸念から「アジア鯉」の名前が変更になる可能性(アメリカ)

アジア鯉(アジアゴイ)の名前が人種差別的だとして名称の変更を検討するミネソタ州
 最近アメリカでは、新型コロナウイルスの影響からか、アジアに対する「ヘイトクライム」が急増しているが、その問題が鯉にまで発展しているようだ。

 アメリカ国内で、アジア鯉(アジアンカープ:Asian Carp)は外来種であり防除対象となっている。その外見も良く思われていないことから、ネガティブなイメージが「アジア」という特定の人種を想起させる言葉と結びつくとして、アジア系コミュニティが鯉の名称の変更を強く求めていた。

 そこでミネソタ州では、2014年、公文書に「アジア鯉」と表記することを禁止し、代わりに「侵略鯉(インベイシブカープ:invasive carp)」と明記すること決定された。

 ところが近年の人種差別問題が懸念され「侵略鯉」という名前すらも不適切であるとして、全米で更なる名称の変更が検討中であることが報じられた。
続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304277.html

ノアの箱舟計画!

本日も最新おもしろニュース!

月にノアの箱舟建設を、地球滅亡に備えて670万種の生命を保管


続きをみる

SOURCE: https://note.com/team_building/n/n088a68f63874

子だくさんのリカオンはどのように子供たちに餌を分け与えているのか?その瞬間をとらえた貴重な映像

リカオンが子供たちに餌を与える貴重な映像
 アフリカを代表するイヌ科の動物「リカオン」はゾウやキリン、ライオンなどに比べて知名度は低いが高度な社会性と身体能力を持つ魅力的な生き物だ。

 リカオンは複数のオスと複数のメス、その子供たちで「パック」と呼ばれる群れをつくり、オスとメスが共同で協力しあって餌をとったり子育てをする。

 この映像は大人のリカオンが狩りをして、捕ってきた獲物を子供たちに分け与えるところを撮影したものだ。獲物を口にくわえて持ってくるわけじゃない。独特の方法で持ち帰って来るのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304298.html

子だくさんのリカオンはどのように子供たちに餌を分け与えているのか?その瞬間をとらえた貴重な映像

リカオンが子供たちに餌を与える貴重な映像
 アフリカを代表するイヌ科の動物「リカオン」はゾウやキリン、ライオンなどに比べて知名度は低いが高度な社会性と身体能力を持つ魅力的な生き物だ。

 リカオンは複数のオスと複数のメス、その子供たちで「パック」と呼ばれる群れをつくり、オスとメスが共同で協力しあって餌をとったり子育てをする。

 この映像は大人のリカオンが狩りをして、捕ってきた獲物を子供たちに分け与えるところを撮影したものだ。獲物を口にくわえて持ってくるわけじゃない。独特の方法で持ち帰って来るのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304298.html

James Blake – Say What You Will (Official Video)



James Blake - Say What You Will (Official Video)

SOURCE: http://motioncollector.com/post/657504589200916480

「ごめんね、もう手遅れなの」コロナ感染し重症になった若者が最後に医師に懇願すること「今からワクチンを打ってください」

コロナを信じていなかった若者、重症になると「ワクチンを接種してください」と医師に懇願
 アメリカでは、インドで見つかったデルタ変異株により、コロナ感染者数が再び増加中だ。そんな中、アラバマ州の病院に勤める女性医師が治療に当たっている重症の感染者たちとのやり取りをFacebookに投稿し注目を集めた。

 アラバマ州では、ワクチン接種者の割合が国内で最も低く、若い世代の感染者が急増している。その背景にはコロナやワクチンに対する誤った噂を信じ込んでいる人が多いことも関係しているという。

 その医師が受け持った若い患者たちも、コロナはただの風邪だと思い込み、ワクチン接種を拒んでいた。ところが実際にコロナ感染し、重篤な症状に陥り気管挿管をする直前に、決まって言う言葉があるという。「お願いです、ワクチンを接種してください」

 だが医師がその願いは叶えてあげることはできない。今更ワクチンを打ったところでもう手遅れなのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304299.html