Catipilla – A Cat Climbing Frame Designed For Cats

Meet Catipilla – the innovative new way to build a cat tree that blends seamlessly into your home. Sleek and versatile, Catipilla can be used both indoors and outdoors and its array of health benefits make it the perfect fit for every cat.

Catipilla was inspired by Smudge, an 18-year-old house cat who was struggling to clamber into a ground floor window. Her owners, The Sutton Family, sort out a creative solution to help her get in and out home after refusing to drill holes in their door for a cat flap.

From wood and nails, the first Catipilla concept was born. The wooden platforms have since evolved into a durable, wall-mounted structure that encou- rages cats to climb naturally while saving space in the home. The Catipilla Pro and the Catipilla Mini feature high-quality, UK-manufactured pillars and adjustable tread plates that can be tailo- red to every cat’s needs. Catipilla’s range also includes an adjustable high plate and cat ham- mock, perfect for bird watching and catnaps.

More info: Catipilla, Instagram












The post Catipilla – A Cat Climbing Frame Designed For Cats appeared first on Design You Trust.

SOURCE: https://designyoutrust.com/2018/04/catipilla-a-cat-climbing-frame-designed-for-cats/

[ このページを翻訳 ]

マイクロソフト「4年前のPC利用は約35万円の損失」「最新PC買った方が得」が話題にww

dws43
「購入から4年以上経過したPC1台当たり、約35万円の損失が発生している」――日本マイクロソフトは10月17日、現状の「Windows 7」や「Office 2010」から最新のクラウド環境への移行に関する記者説明会で、PCを長く使うデメリットについてそう説明した・・

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9925852.html

地面師55億円事件、容疑者が本人確認で「干支」を間違うも取引が成立していた

ds55
積水ハウスが西五反田の旅館跡地の取引を巡って約55億円をだまし取られた事件で、所有者になりすましていたとされる羽毛田正美容疑者が積水ハウスとの取引中に本人確認された際、えとを聞かれ間違えて答えていたことが捜査関係者への取材で明らかになった・・

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9925954.html

DCN Pick: Shredding the Girl and Balloon – The Director’s Cut

SOURCE: http://motioncollector.com/post/179183521338

デヴィ夫人、古市憲寿氏に怒り! 「彼の暴言は許されるものではありません」

fed6
タレント、デヴィ夫人(78)が17日、自身のブログを更新。自身が主催したパーティーについてコメントした社会学者の古市憲寿氏(33)に対し「彼の暴言は許されるものではありません」と怒りをあらわにした・・

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9925845.html

トライバルな要素に異文化や生物を融合させ新たなる文脈を作り上げたレザーマスクアート作品「Tribal Remix」

0_e


 日本のレザーマスクアーティスト、masksmith氏は、「身につけられるアート作品」をコンセプトにヌメ革を使用し、手染め、手縫いで実際に装着できる革マスクを作り上げている。

 ​作品のテーマ主題は「Tribal Remix(トライバル・ミックス)」

 古今東西の様々な民族、部族的要素と他の様々な要素をリミックスすることで、新たなる文脈を持ったマスクが誕生するのだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52266376.html

究極のインプリンティング(刷り込み)効果か?どこにいってもパタパタついてくる。21羽の鳥を我が子として育てる男性

2


 鳥、特にカモなどのヒナが、卵から孵化して最初に見た「動くもの」を「親」であると認識し、その後ろをついて歩く。みなさんよくご存知の刷り込み(インプリンティング)という現象だ。

 通常なら、ヒナが最初にその姿を目にし、その声を耳にするのは実際の「親」だ。そこで、子育て中の鳥の一家は母鳥の後ろを行列をつくって必死についていくことになる。

 また、何らかの理由で「親」がいない場合などには、種が異なっても刷り込みは起こるようだ。例えばそれがとかでもね。

 では、例えば最初に見たものが人間だったら?

 それでもやはり刷り込みは起こるのである。なんと21羽ものヒナの親代わりとなったおじさん。おじさんが歩くとヒナたちも一斉についてくるのだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265744.html

【動画】 「30歳でぬいぐるみはヤバい・・」 女子アナの趣味を番組が批判、「胸糞悪い」と怒りの声

sd56
『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)にて、フリーアナウンサーの寺田ちひろアナが、ぬいぐるみに囲まれた独特な私生活を明かし、インターネット上で波紋を広げている・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9926213.html

ミスター慶応逮捕余波、イケメンエリート集団芋づる式摘発も 暴行映像や画像を仲間とLINEで共有か

dw47
2016年のミスター慶応コンテストのファイナリスト。一方で大学の同級生は「単位を取得できていなかった」と明かした。また現役大学生による恋愛リアリティーウェブ番組「恋愛学部交流会 ラブキャンパス」に出演し「自称Sっ気あり?」と紹介されていた・・

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9926182.html

Nose Warmers Exist For Anyone With A Face That Is Always Cold

A UK based company called, aptly, The Nose Warmer Company is producing nosewarmers in a variety of styles and colors, and it might just become the essential accessory for this winter. “I got the idea in 2009 when I had a genuine cold nose,” founder of the company Sally Steel-Jones. “It looks a bit silly,” you say? So do Christmas jumpers and bobble hats, but plenty of people wear those.

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2018/10/nose-warmers-exist-for-anyone-with-a-face-that-is-always-cold/

死後10分以上脳が活動している人がいる。死後体験には個人差があることが脳波検査で判明(カナダ研究)

0_e4


 カナダの集中治療室で働く医師たちは、昨年とても変わった事例に遭遇した。

 末期の患者4名の生命維持装置を外したとき、そのうちの1名で、臨床的に死が診断されたというのに脳がまだ活動していることが確認されたのだ。

 ウェストオンタリオ大学の医師チームによれば、脈拍の消失や瞳孔の散大などによって患者の死を診断してから10分以上にもわたり、深い眠りにあるときに生じるものと同じ脳波(デルタ波)の群発が観察されたのだそうだ。

 また死が個人個人でそれぞれ異なる体験である可能性も明らかになった。

 生命維持装置を外された4名の患者の死亡診断前後の脳を脳波測定(EEG)で観察したところ、類似点がほとんどなかったからだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52266110.html