Codpiece Was a Weird Renaissance Fashion Trend

The codpiece as a feature of male dress dates to the 15th and 16th centuries during the renaissance. Designed to cover the gap between the two legs of men’s hose, it is packed and shaped to emphasize rather than disguise the genital area.

h/t: sadanduseless

The origins of the codpiece lie in the triangle of fabric used to join the two separate hose legs in the late 15th century when doublets shortened. Soon padding was added and ended up as the codpiece–a prominent, suggestive shape filling the gap between the legs of the breeches.

It soon became a normal part of male clothing, in style across many countless and social levels until the end of the 1500s. Tailors became as creative with codpiece shapes as with other clothing details. The codpiece could hide a pocket or even be used as a pincushion.

With great size comes great decorative responsibility, and men of means rose to the occasion. They brocaded, damasked, bejewelled, embroidered, tasseled, tinseled, and otherwise ornamented their codpieces until they became like walking Christmas trees. Puberty was no prerequisite: boys as young as seven could engorge themselves with silk and satin.

Codpiece even found its way to warfare: suit of the king’s armor, boasting a bulbous codpiece weighing more than two and a half pounds, is still on display at the Tower.


By the close of the sixteenth century, the codpiece had become a canker-blossom on the male form, and it declined as suddenly as it had ascended.

If you enjoyed this educational post, you should will also take a look at violent rabbits depicted in medieval manuscripts and badly painted babies in renaissance art.

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/01/codpiece-was-a-weird-renaissance-fashion-trend/

[ このページを翻訳 ]

「映画秘宝」編集部の奈良夏子さんが告発 町山智浩さんらに悪質なパワハラを受けたか

fsdhy
謝罪文掲載でトラブル。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10359475.html

迷い羊が巨大毛玉化、35kg分の羊毛が刈り落とされたらすっきりスリムに!(オーストラリア)

迷い羊が巨大毛玉化。毛刈りをされてすっきりスリムに

credit:edgarsmission

 オーストラリアのビクトリア州にある森で、巨大な毛玉が発見された。よく見るとそれは1匹の羊だった。

 羊は5年近く毛刈りを行っていなかったようで、汚れた毛は泥や汚れで固まってしまい、とても歩きにくそうだったという。

 保護された羊は35kg分もの羊毛が刈り落とされ、すっきりスリムな普通の羊となった。そのビフォア・アフターの様子がSNSでシェアされると大きな注目を浴びたようだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52299654.html

「石原さとみ」と「上野樹里」は共演NG 関係者が明かした裏事情に驚き

gf66
石原と上野は17年間に渡って一度も共演していない。最初で最後の共演作は2人の出世作でもあるNHK連続テレビ小説「てるてる家族」(2003年度下半期)。このドラマで“何か”があったようだ。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10359445.html

【動画】 捜査員が突入すると父親が飛び降り 部屋に2児の遺体、虐待で児相が見守り中も男児死亡

77
福岡県警は26日、同県飯塚市伊川の県営団地の一室で、男児が倒れて死亡しているのが見つかったと発表した。県警が同居の父親を捜していたところ、鹿児島市のホテルで発見したが、逃げようと飛び降りて負傷し、病院に搬送された。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10359428.html

井上尚弥の弟・拓真のドロ沼不倫、テレビのワイドショーがほとんど報じない驚きの裏事情

666
なぜ拓真の不倫はワイドショーなどで取り上げられなかったか。ひとつには兄に比べて知名度が低いというのもあるが、もうひとつ決定的な理由がある、と情報番組のディレクターを20年以上やっているテレビマンが語る。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10359420.html

【動画】 公衆の面前で女に体を弄られ、フルおっきを晒す男が現れる

mmj
パパ活じゃん。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10359320.html

ホムンクルスかな。人工培養したミニ脳を約1年で乳児の脳に成長させることに成功

人工培養されたミニ脳を乳児の脳に成長させることに成功iStock-1001487780_e

iStock

 iPS細胞などから試験管内で人工培養して作られる「オルガノイド」というミニチュア臓器がある。ほんの数ミリメートルしかない細胞の集合体だが、拡大してみると本物の内蔵そっくりの3次元構造を持っている。

 「人間の脳のオルガノイドを作る」ことも可能で、空恐ろしいことに脳波すら検出されるほど本物に近いのだが、実際にこれをどこまで研究に利用できるのかはっきりしない部分があった。なぜなら、胎児の脳が中後期に示す発達まできちんと再現されるのかよく分からなかったからだ。

 しかし最新の研究によれば、十分な時間をかけることで、オルガノイドのミニ脳は人間の胎児と同じような発達をし、乳児の脳にまで成長することが明らかになったという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52299664.html

【画像】 深田恭子(38)の最新写真に「違和感がある」と話題に 「やり過ぎて改造感」「不自然なシワが怖い・・」

y7
女優の深田恭子が自身のインスタグラムを更新。野外での撮影の様子を明かしたのだが、「顔に違和感がある」などとネット上で話題になっている。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10356766.html

【動画】 激かわ陸上JD「たとええっちな目でも、応援してもらえるとうれしい・・」

gy77
これは応援する。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10359328.html

【画像】 「おとうさんにもらったやさしいうそ」 小1男児の受賞作品にネット民の涙止まらず

g66
一年分泣いた。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10359224.html