“Compliments of Chicago”: Gang Business Cards from the 1970s and 1980s

In the 1970s and 1980s, gangs in Chicago advertised their presence and membership on business cards. This was criminality with a dash of style and wit. Meet the Almighty Playboys, the Royal Capris, The Almighty Hells Devils and the Almighty Playboys. Or rather, you’ve been met by them, their signature calling card tucked into their victim’s pocket.

Brandon Johnson has compiled gang cards many from his collection into a book Thee Almighty & Insane: Chicago Gang Business Cards From the 1960s & 1970s.

“Back due to popular demand, another volume — Thee Almighty & Insane: Chicago Gang Business Cards from the 1960s & 1970s. Same format, but with all new content including a selection of older and rarer Chicago gang compliment cards from the North and West Sides made during the 1960s & (mostly) 1970s. This book documents a collection of historical ephemera from a period of time in which city-orchestrated displacement, the loss of industry, and racial antagonism created socioeconomic conditions that led to the formation and expansion of gangs in the streets, parks, and schools of Chicago. Once again, 70+ enlarged reproductions of original compliment cards listing members, territories, slogans, and declarations of loyalty/animosity, are brought to the forefront for examination and interpretation.”

Akso, check previous post illustrated business cards of the real street gangs from all around the world.

More: Thee Almighty & Insane: Chicago Gang Business Cards from the 1960s & 1970s h/t: flashbak















SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/compliments-of-chicago-gang-business-cards-from-the-1970s-and-1980s/

[ このページを翻訳 ]

イギリスで、全ての動物が感覚と感情を持つ「衆生」であることを認める法案が可決される

イギリスで動物を物ではなく人と同様の生き物であることを認める法案が可決される

photo by Pixabay

 「衆生」とは、”命ある者”、”心をもつ者” を意味するサンスクリット語の訳語であり、生きとし生けるもの(生類)のことだ。

 これまで、動物は法律上「器物」として扱われていたが、このほどイギリスで、動物を正式に衆生として認める条項が、動物福祉法にくわえられることになった。『iflscience』や『Lad Bible』などが伝えている。
続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302129.html

人馴れしたチンパンジーを野生に戻すため、無人島の森に6年住み続け、仲間の元に帰した女性の物語(アフリカ)

人馴れしたチンパンジーを野生に戻すため、無人島で6年かけて野生化に成功させた女性の物語cover_e

image credit:Daily Mirror

 1970年~80年代にかけて、アフリカのガンビアにある無人島で、チンパンジーと6年以上暮らした女性がいる。

 その女性は、人馴れしすぎてしまったチンパンジーを野生にするため、森で共に生活し、少しずつ野生での暮らし方を覚えさせていったのだ。

 6年もの月日がかかってしまったが、ようやく仲間のチンパンジーたちのもとへ戻すことに成功したという。

 これは、チンパンジーのルーシーと深い絆を築き、長きにわたりルーシーに人生を捧げた女性、ジャニス・カーターさんの物語である。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302136.html

【続報】アメリカで行方不明となっていたトラ、1週間後にようやく発見される

top


 先日アメリカで、「ペットのトラが住宅地で逃走、現在も行方不明」という仰天ニュースをお伝えしたばかりだが、そのトラが無傷で見つかったという続報が入った。

 トラは生後9カ月で、今月9日にテキサス州の住宅街でうろつく姿が目撃されたのち、殺人容疑のある保釈中の男性に連れ去られた後に行方不明になっていた。
 
 それからおよそ1週間後、この逃走事件は意外な形で解決した。住民の不安の種だったトラはやはり、連れ去った男性が飼い主だったようで、その妻により無事に引き渡されたという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302156.html

So You Can Now Buy a Crochet Penis Blanket…

Cozy up next to the fire pit with a warm, cuddly… cock and balls? This handmade Crochet Penis Blanket will make you snug as a bug – perfect for cool summer evenings and Netflix & chill nights on the couch.

Which you’ll probably be doing alone, because the blanket is made mummy-style, with a shaft big enough for just one, and we’re not sure if anyone, dude or lady, no matter how well you know them, is going to be down for hangin’ with you all cocooned up inside a giant boner.

More: Etsy h/t: sadanduseless







SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/so-you-can-now-buy-a-crochet-penis-blanket/

“Retric Dreams”: The Superb Synthwave Inspired Artworks in Dark Neon by Maximilian Auer

According to Maximilian: “This is my personal exploration in digital art. Heavily inspired by synthwwave & music in general, I aim to capture fleeting, somewhat dreamlike, nighttime moments, which could be just around the corner but still feel miles away.

Transporting emotions of nostalgia and longing for something distant and yet close, like a memory that comes back up to your mind, is at the core of what I try to achieve with every new artwork I create.

I am excited to take on new challenges and create unique, meaningful worlds & visuals. Let it be graphics, animations, shortfilms or music videos.”

More: Maximilian Auer, Retric Dreams, Instagram, SuperRare, MakersPlace








































SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/retric-dreams-the-superb-synthwave-inspired-artworks-in-dark-neon-by-maximilian-auer/

数字でコミュニケーションをとる。

ボクの仲間がどういう数字を創り出しているのか、不定期で書きます。

司馬遼太郎氏が
【人間の能力は、それが属している社会の質に影響される】
と、おっしゃっていたらしい。
社会に良い影響を与えることができるよう、仲間と共に努力を続けます。
以下、仲間のメールから引用。
↓↓↓


続きをみる

SOURCE: https://note.com/team_building/n/naf104e552518

Photos Show What Life of American Teenagers Looked Like in the 1980s

The 1980s may feel like yesterday, but the teenagers of the 1980s are now unfortunately distinctly middle-aged. If you’ve tried to explain to a modern child the significance of a pencil to a cassette tape, and they don’t even have a clue what a cassette is, then welcome home.

More: Flickr h/t: vintag.es
























SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/photos-show-what-life-of-american-teenagers-looked-like-in-the-1980s/

これはかわいい場外乱闘。ライオンハートを持つ子猫たちのレスリング

場外乱闘ありの子猫レスリング


 小さくてもネコ科、心の中にはライオンハートが眠っているであろう子猫たちのレスリングが開催された。

 リングに上がったり、上がらなかったりする子猫たちは、プロレスさながらの技やパフォーマンスを見せてくれるのだからたまらない。

 最後は驚くべき展開へと発展したようだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302138.html

映画の小道具に使われていた人間の「干し首」が本物であることが判明

映画「Wise Blood」に使用されていた干し首が本物だったことが判明

photo by Pixabay

 フラナリー・オコナーのゴシック小説を原作とするアメリカ映画『Wise Blood』(1979年)には、不気味な干し首が登場する。

 『Heritage Science』(5月11日付)に掲載された鑑定結果によれば、なんとそれは映画用につくられた小道具ではなく、アマゾンの首狩り族が1世紀ほど前に人間の首からつくった本物の干し首であることが判明したそうだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302130.html

猫の窃盗常習犯「ご主人へのプレゼントにゃ!」とお隣から物品を運び続ける

stealing0_640
 今年の初め、カラパイアで紹介した窃盗猫のチャイナさんの記事を見てくれたお友だちはいるだろうか。



 そのチャイナさんのストーリーが動画にまとめられていたので、改めてマランダーでも紹介するよ!

続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302146.html