DCN Pick: Vertigo Title Sequence Homage by Chris Caswell //…



DCN Pick: Vertigo Title Sequence Homage by Chris Caswell // Combining my love for title design with one of my favourite films, here is my latest solo project, Vertigo title sequence. Being fascinated with the way Hitchcock used the colours red and green in the film to convey the relationship between two characters. I wanted to combine this with the psychological mystery aspect of the film. Along with taking the word vertigo for what it is, I decided to focus the story of the title sequence on the main character, Scottie, falling in abyss in an abstract world where significant objects relating to the film are larger than life. By combing these aspects I believe that this piece sits alone as a title sequence, but if you have seen the film before you would get a lot more understanding from it and realise how it all links together with the film. This project came about as I wanted to work on a personal project along side work and develop my 3D motion skills. This project took me 6+ months to create. Having a full time job I didn’t have much spare time to work on this, so I utilised my time the best I could by getting into work early everyday as well as using the limited spare time I had outside of work. Links: Behance - https://www.behance.net/fauxpia Instagram - https://www.instagram.com/fauxpia Website - https://www.fauxpia.com Credits: Title sequence created by Chris Caswell Music created by Audio Network Software: After Effects - Compositing & Animating Cinema 4D - Modeling & Animating Renderer - Native C4D Render

SOURCE: http://motioncollector.com/post/170622833930

[ このページを翻訳 ]

【動画】 インドネシアのシナブン山が最大規模の爆発、噴煙がヤバいことになっていると衝撃走る

777
インドネシア・スマトラ島北部のシナブン山(2460メートル)が19日、噴火した。 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9771280.html

One day that yawn will be fierce. (Source:…



One day that yawn will be fierce. (Source: http://ift.tt/2EB0zNN)

SOURCE: http://awwww-cute.tumblr.com/post/171047476731

これがリアルな「極寒」ってやつか。冬が寒くて相当すごいことになっている20枚の日常写真

0_e0


 今朝起きたらマイナス7度だった。2月も後半に入ろうとしてるのに、一応北だけど関東(宇都宮)なのにまだこんなに寒いのかよ!

 っと思ったが、本気の極寒ってこんなもんじゃないんだね。まず雪がないだけマシなのだろう。冬がヤバイ感じになっている世界の写真が集められていたのだが、それを見たら寒さくらいでヒーヒー言ってる場合じゃないなって思っちゃったよ。

 日本は積雪量でいったら、世界ランキングベスト3を独占してしまうほどの豪雪地帯があるわけだし、いやほんと大変なのだね。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52253975.html

GF and I adopted this dude from the shelter yesterday. He…



GF and I adopted this dude from the shelter yesterday. He follows her everywhere and does this when she sits down. (Source: http://ift.tt/2BBlfCJ)

SOURCE: http://awwww-cute.tumblr.com/post/171046870178

小平奈緒「私を朝日新聞で雇ってください このままじゃニートスケーターで・・」

9771105
長野・エムウェーブでの練習の帰りだった。バンクーバー五輪を1シーズン後に控えた2008年12月。駐車場を歩きながら、小平奈緒が少しおどけて切り出した。 「朝日新聞で雇ってください。このままじゃ、ニートスケーターで……」・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9771105.html

「イッテQ」 放送開始から11年、ついにタイトルを回収したwwと話題に

9771053
ここでタイトル回収。 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9771053.html

夢や目標を達成するために克服しなければならない5つの恐怖

iStock-615421092_e


 恐怖は誰にでもあるごく普通の感情だ。恐怖は防衛本能の1種であり、未然に危機から救ってくれることもある。だが時に恐怖は根拠のない不安をいざない、思考を停止させ、前に進む勇気を取り去ってしまう。

 夢や人生の目標の達成から私たちを遠ざけてしまうのはこうした恐怖だ。不合理的でまったく必要のない恐怖が行く手を阻んでしまうのだ。

 自分の気持ちと前向きに向き合い、人生の成功に集中させておくには、恐怖の本質をはっきりさせ、立ち向かわねばならない。

 ここでは克服すべき5つの恐怖を見ていこう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52253913.html

小平奈緒があの芸人に似てる!と話題にww 「私も金メダルを取った気分・・」

9771035
平昌五輪フィギュアスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(31)と顔が似ているといわれる、お笑いコンビ「おかずクラブ」のオカリナ(33)も快挙を喜んだ。日刊スポーツの取材に対し、関係者を通じてコメントした・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9771035.html

鳥越俊太郎氏、小平奈緒への「獣のよう」インタビューに怒り! 「明らかに不適切な表現・・」

9771177
鳥越俊太郎氏(77)が18日夜、自身のブログを更新。小平奈緒(31)=相沢病院=への優勝インタビューで、TBSの石井大裕アナウンサー(32)が「獣のような滑り」と表現したことについて「明らかに不適切な表現である」と見解を示した・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9771177.html

どうしても荷物を盗まれたくない。手荷物検査時に自らもX線検査機に入り込みばっちり全身スキャンされた女性(中国)

woman1_e


 中国南部の東莞市(とうかんし)にある東莞東駅で2月11日、旧正月(春節)のため帰省する女性が防犯意識高め(?)な行動をしたようだ。

 中国の鉄道では乗車前に保安検査が行われるらしく、空港よりも簡単ながらX線検査機に荷物を通さなければならない。

 たくさんの現金をバッグに入れていたとされるこの女性は、X線検査機を通る一瞬の隙にそれを盗まれるのを恐れた。

 だから絶対に安全だけども人々の記憶に鮮明に残る衝撃的な方法で保安検査をやりすごすことにしたんだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52253890.html