DCN Pick: When Objects Dream by ECAL // Do objects sometimes…



DCN Pick: When Objects Dream by ECAL // Do objects sometimes dream about themselves? What if we could enter their dreams? Virtual reality? Connected objects? On the occasion of the Milan International Furniture Fair 2016, from 12th to 17th April at the Spazio Orso 16, ECAL/University of Art and Design Lausanne presents a collection of interactive experiments developed by Bachelor Media and Interaction Design students. Ever since they appeared, we have been worshipping the objects around us while being extremely demanding of them. What if the roles were reversed for once? Instead of asking objects to make us dream, why don’t we consider their own dreams? Premonitory dreams that anticipate a possible future of objects? In this exhibition presented by the Bachelor Media & Interaction Design students of ECAL, a series of objects offers visitors a rather unsettling experience. In order to uncover its subtleties they will have to learn to adjust to the objects on display so as to perceive each piece’s personality. In a certain way, this project as a whole leads us to question the future of familiar objects. How does our relationship to them changes as they become capable of making a statement about their own existence, interact by using onboard sensors and grow increasingly connected to our communication networks? Do I see my toothbrush differently knowing that it records each movement in my mouth and therefore displays a form of consciousness? As part of the experiments developed for this exhibition, the students created two families of objects. The first integrates a virtual reality principle which allows you to literally look inside the objects, to immerse yourself for a time into a parallel reality which objects let you glimpse at. The second is made up of objects whose basic function is augmented or transformed through activity sensors. This is their way of making us reflect on the future of so-called smart or connected objects. The objects on display, whose function is but fiction, tell their own story, encouraging us to see and use them differently. In a playful manner, they lead us to rethink some of our distrust in the face of change and as regards, their future. Press preview Monday 11 April, 4 pm – 6 pm Cocktail Tuesday 12 April, 4.30 pm – 9 pm Opening hours Tuesday –  Sunday, 11 am – 8 pm Spazio Orso 16 Via dell’Orso 16, 20121 Milan www.orso16.com www.ecal.ch

SOURCE: http://motioncollector.com/post/169980376016

[ このページを翻訳 ]

カーシェアリングで貸し出した外国車を無断売却、大阪市内で被害相次ぐ

ttty
個人が所有する車を別の人に貸す「個人間カーシェアリング」で、貸し出した外国車が売却されたり、返却されなかったりするトラブルが大阪市内で相次いでいることが15日、関係者への取材で分かった・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10129696.html

食文化の違い。アメリカ人は大好きだけど、他国にとっては奇妙な11の食べ物

800px-Peanut_Butter_and_Strawberry_Jam_sand_e

image credit:Wikimedia Commons

 食文化は、国によって実に様々であり、異国の食べ物は実に興味深い。さて、アメリカの食べ物と言えば何を思い浮かべるだろうか。

 ハンバーガーやフライドポテト、ピザなどのファストフードメニューのような手軽に口にできる食べ物が一般的のようだが、それ以外にもアメリカ人が日常よく口にする食品はもちろんある。

 そしてそれらのほとんどは、スーパーで手軽に買えるものだったり、アメリカならではの食材の組み合わせにより成り立っている。

 今回、他国の人にとっては「奇妙な」に思える、アメリカ人が愛する11の食べ物を見ていこう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52283490.html

今年の紅白歌合戦、異例の「ジャニー喜多川氏の追悼企画」検討との情報

hhji
大みそかに放送される「第70回NHK紅白歌合戦」で、今年7月に亡くなったジャニーズ事務所前社長、ジャニー喜多川氏(享年87)を追悼する企画が検討されていることが14日、分かった・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10129720.html

【動画】 何か足りんな・・ 気付いて「腰抜けた」 台風19号で灯台が丸ごと無くなる = 紀北町

hhj
五十鈴川の穏やかな流れを一変させた台風19号。被害は紀北町の海でも・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10129705.html

アメリカで導入されたロボット警官「ロボコップ」、助けを求めた女性を無視して「邪魔だからどいてください」

robocop3_e

image credit: youtube

 技術の進歩により、これまで人間が行っていた業務をロボットが代行する時代は既に始まっている。アメリカ・カリフォルニア州の都市ハンティントン・パークでは、今年6月からロボット警察官「ロボコップ」が導入され、地域をパトロールしているそうだ。

 まだ試験中の段階なのだが、このロボコップに欠陥が見つかった。緊急時にロボコップから警察に通報ができないという肝心な機能が抜けていたのだ。

 それを知らずに助けを求めた女性は、ロボコップに無視され、パトロールを邪魔したと言わんばかりに、「行く手を遮らないでください」とロボコップから注意勧告を受けてしまったという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52283495.html

物音がしない・・ 30代息子の部屋に行った69歳父親、死後1か月以上経った遺体を発見

hhy
14日午後7時すぎ、愛知県西尾市一色町の男性会社員(69)の住宅で、「息子の部屋に行ったら死んでいる」と110番通報がありました・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10129701.html

天皇陛下即位に伴う恩赦、55万人程度に適用される見込み 18日に閣議決定

bdd
政府は15日の自民党総務会で、天皇陛下即位を受けた恩赦について、55万人程度が見込まれると報告した・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10129719.html

【画像】 武蔵小杉駅が大混雑・・ 改札まで30分、ビル半周の列で騒然

gg77
台風19号による大雨の影響で、横須賀線ホームのエスカレーターやエレベーターが故障したJR武蔵小杉駅(川崎市中原区)では、15日午前7時半ごろから改札内への入場が規制され、長い行列ができた・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10129692.html

心臓発作で倒れ、2匹の愛犬と引き離された男性。見知らぬ人々の尽力で再び愛犬を取り戻す(アメリカ)

cover_e1

image credit:WTHR-TV/Facebook

 激しい心臓発作を起こして倒れた後、大切に育ててきた愛犬2匹と離れ離れになってしまった元海軍獣医男性は、回復中もずっと2匹のことを気にかけていた。

 しかし、動物管理局に引き取られれていた犬たちは、自動的に養子縁組の手続きをされ、果てはどこかのペットショップへ行きついたようだ。

 だがその約3か月後、見知らぬ人々の善意により、飼い主男性は愛犬との再会が叶い、自分のもとへ取り戻すことができた。

 大好きな犬たちともう二度と会えないかもしれないと思っていただけに、再会の喜びは大きく、溢れる涙を抑えきれない男性の姿を見た周りの人たちもまた、感動に包まれ、涙した。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52283534.html

【画像】 武蔵境駅で人身事故 「みえちゃいけない物が見えてる」 三鷹駅・立川駅大混雑で喧嘩勃発の地獄絵図

mm
武蔵境駅で騒動が。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10129662.html