DCN Video Pick: Tom Hegen – The Greenhouse Series by Tom Hegen…



DCN Video Pick: Tom Hegen - The Greenhouse Series by Tom Hegen // According to the United Nations, the world’s population will grow from today’s 7.5 billion people to 10 billion in 2050. And as natural resources like farmland and water become scarce, feeding the world will become an even greater challenge. Researchers in the Netherlands are experimenting with one way to feed more people with using less land, by growing crops indoors. At inside temperatures above 20 degrees, constant humidity of around 80 percent time and the use of LED lighting to permit precisely cultivation, in order to produce year-round. The indoor gardens provide growing conditions for plants like tomatoes, peppers or strawberries around the clock and in every kind of weather, which doubles the average yield of an outdoor farm. The Netherlands is the globe’s number two exporter of food as measured by value, second only to the United States, which has 270 times its landmass. The Dutch have created the most advanced area in the world for controlled environment agriculture and have become world leaders in agricultural innovation. However, there are also consequences this growing method brings with it, like light pollution or growing crops out of season and ship them around the world, so people can eat strawberries year-round. Ordinances have been developed in which up to 98% of the electric lighting must be contained within a greenhouse facility by using blackout screens and curtains along the sides and roofs.

SOURCE: https://motioncollector.com/post/188523572506

[ このページを翻訳 ]

6 Feet Office: Is This What The Office Of The Future Will Look Like?

Reuters Homeworking will continue, but office life – in some form – will, too. The challenge lies in how to adapt workplaces. Global real estate company Cushman & Wakefield has risen to the challenge with a new design. More: Cushman & Wakefield, Instagram h/t: weforum Reuters It’s called the Six Feet Office. It’s a way of transforming existing offices into places where the six-feet distance rule –...

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2020/06/6-feet-office-is-this-what-the-office-of-the-future-will-look-like/

富士山で配信中に亡くなった日本人が「ダーウィン賞」を受賞 ネットでは疑問の声も

gg
不名誉な死を迎えた故人に贈られる「ダーウィン賞」の今年度の受賞者がこのほど発表され、富士山で動画配信中に滑落死した日本人男性が選ばれた。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10242330.html

地球6度目の大量絶滅の危機は現在進行中どころか加速している(国際研究)

6度目の大量絶滅

6度目の大量絶滅 underworld111/iStock

 ほんの少し前まで一緒に暮らしていた地球の仲間たちはもういない。

 今、科学者たちは第6の大量絶滅が現在進行中であるとして警鐘を鳴らしているが、事態は思った以上に深刻かもしれない。種の絶滅が加速しているというのだ。

 かつて地球では5回の大量絶滅を経験した。20世紀には数多くの脊椎動物が姿を消した。そして今回の場合、それがほんの数十年で前世紀以上の種が絶滅する可能性があるのだそうだ。

 メキシコ国立自治大学の生態学者ヘラルド・セバージョス氏やアメリカ、スタンフォード大学生物学者、ポール・エールリッヒ氏らの研究チームによれば、現在の大量絶滅は、今後20年で無数の種を破滅させるほどのものだという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52291478.html

【動画】 蓮舫氏、麻生太郎氏の“日本とは国民の民度のレベルが違う”発言に怒り 「貴方はどれだけ偉いのでしょう」

32
憲民主党の蓮舫参院議員(52)が4日、自身のツイッターを更新。麻生太郎財務相の発言に対して怒りをぶちまけた。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10242304.html

【画像】 富士山写真の最優秀賞に「合成写真だ」との指摘相次ぎ騒然 「ここで満月は撮れない」

gt
富士山など地元の景観を全国に発信しようと山梨県忍野村が1989年に始めた「富士忍野グランプリフォトコンテスト」で、今年の第30回グランプリ(最優秀)賞に輝いた作品が「合成写真だ」との指摘が相次いだ。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10242127.html

15世紀のイタリアの植物手稿「ハーバリウム」の挿絵がヴォイニッチ手稿っぽくて癖になる

15世紀の植物手稿

イタリアの植物手稿「ハーバリウム」image credit:UNIVERSITY OF PENNSYLVANIA LIBRARY / PUBLIC DOMAIN

 あのヴォイニッチ手稿っぽい?ってタッチのファンタジーな植物のイラスト。

 これはイタリアで15世紀に作られたと推測されているハーバリウム(植物標本集)の一部で、当時イタリアで使用されていたハーブなどを描いたものだ。

 およそ200点もの種を載せたこの本は完成まで50年もかかり、15世紀前半に描かれたイラストと後半の世代のイラストで構成されている。

 異なるタッチで描かれた興味深いイラスト本。その中身をのぞいてみよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52291468.html

マンションの集合ポストからアベノマスクを盗みまくる、81歳女を逮捕 自宅から布マスク78枚 = 京都

fre
新型コロナウイルス感染拡大防止のため政府が全世帯へ配る布マスクを集合ポストから盗んだとして、京都府警北署は4日、窃盗の疑いで京都市北区大宮北椿原町、無職西田優子容疑者(81)を逮捕した。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10242268.html

滋賀から愛知を目指しスケボーで湖岸道路を走行していた大学生、大型トラックにはねられ死亡

fre
4日午前0時20分ごろ、滋賀県彦根市薩摩町の湖岸道路で、大津市、大学3年の男性(21)が、大阪府摂津市、配送会社の大型トラック=運転手(64)=にはねられた。大学生は頭を強く打ち、7時間後に死亡した。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10242247.html

突如亀が飛んでいて走行中の車に衝突、フロントガラスに突き刺さるハプニングが発生(アメリカ)

カメの激突

カメが飛んできてガラスに衝突 image credit:Latonya Lark/Facebook

 車を走行中、亀に気をつけなきゃならないのは、マリオカートの世界だけではなかったようだ。現実の世界でも要注意なのかもしれない。

 アメリカのジョージア州で、どこからともなく亀が飛んできて、走行中の車に衝突、フロントガラス突き刺さるという事案が発生した。

 助手席の男性は、すんでのところで大怪我を免れたようだ。『wsav』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52291434.html

【画像】 秋葉原の路上で猛毒「フッ化水素酸」がこぼれているのが発見され騒然 「地下鉄サリン事件思い出した・・」

45
4日午前8時40分ごろ、東京都千代田区神田須田町2の路上で、通行人から「液体がこぼれていて、変な臭いがする」と110番があった。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10242225.html