DUCATI SCRAMBLER DESERT SLED FASTHOUSE



Ducati have introduced a special version of their popular Scrambler Desert Sled, the enduro bike inspired by the world of off-road motorcycles that made history in the United States during the 60s and 70s. The Ducati Scrambler Desert Sled Fasthouse is a limited edition (just 800 units will be made) inspired by Jordan Graham?s victory at the 2020 Mint 400 desert race. Each bike is individually numbered and shares the same red frame and livery as the racebike, and you will also find many of the same parts on the winning bike, including the Kayaba suspension, homologated grille, and skid plate. It is powered by a classic 803cc air-cooled engine that produces 73 hp and 49 pound-feet of torque. watch the video below

SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/BlessThisStuff/~3/Nb1Fl3YJsg8/

[ このページを翻訳 ]

ベルギーで警察が押収した22000丁の銃を溶かし金属にリサイクル

ベルギーで銃を回収、22000丁を溶かしその金属をリサイクル


 家庭での発砲事件や学校での銃乱射事件がたびたび発生するアメリカとは対照的に、銃規制を積極的に勧めるベルギーで行われている一石二鳥の取り組みがネットで話題になっている。

 先日ベルギーで、警察が集めた22,000丁もの銃を溶かして使用可能な金属にするリサイクルが行われた。

 大手鉄鋼メーカーの工場に運ばれた大量の銃は、3日間で60トンの鋼材に生まれ変わったという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301956.html

広告メールで大坂なおみさんのインタヴューが送られてきて、 サイトからinstapaperに保存して後で読もうと思ったけど、 ブロッ…



広告メールで大坂なおみさんのインタヴューが送られてきて、
サイトからinstapaperに保存して後で読もうと思ったけど、
ブロックが掛かっているのか、上手くクリップできないので、
こちらに手動で保存しておきました。*ふーっ*

* * *

毎日、自分自身を試す

「今は辛くても、将来はよくなる」
困難に直面したとき、大坂なおみ選手は、自らにそう語りかけて前を向くという。
2020年の全豪オープン。前年覇者として連覇を期待される立場で、多大なプレッシャーを感じていた。そんな中、負けたくなかった15歳の新鋭に敗れ3回戦で姿を消すことになる。二度と同じ思いをしたくないと感じるほどの辛い敗戦だったと振り返る。しかし、それが負けず嫌いの大坂選手が、負けることも認めないといけないと思うきっかけにもなった。
それまでは、敗けたら人の見る目も変わって、人生も変わってしまうのではないか…。そう考えていたが、ベストを尽くして戦ったならば、「次の大会はやってくるし、自分が成長するチャンスもある」と考えられるようになった。

「明日がもたらすものは、何をするかで変わります。だから毎日自分自身を試すことが大切。人生はそうしたテストだと感じ、それを見るのが楽しいのです」

via ana.co.jp/ja/jp/promotion/ready-for-take-off/osaka-naomi/part1/

他人と比べない


「自分は自分にしかなれないし、自分の代わりをしてくれる人はいません。自分の道を進めばいい。他の人が何をしているかなんて気にしなくていいのです」
大坂なおみ選手は他人と比べないことを大切にしているという。そのためには自分自身に集中し、より自分が良くなる方法を見つけ出すことが大切だと語る。
そんな彼女の活躍の場はテニスコートの中だけではない。テニスコートの外でも自分の主張を発信、数々のブランドとコラボしたり、ロールモデルとして育成プログラムに関わったりと活動の幅を広げている。コロナ禍における自主隔離生活のなかでも自分がより良くなるためにすべきことを探し続けていた。そういったコート内外の経験の全てが自身の学びに繋がっている。

「毎年学び続けたいです。自分が情熱を持ってやりたいと思っていることの情報と知識を得て、自分にとって大切だと思うことを学びたいと思います。」

via ana.co.jp/ja/jp/promotion/ready-for-take-off/osaka-naomi/part2/

* * *

この人のインタヴューは、全米オープン初勝利の際のなんとも愛らしいインタヴューがCNNで流た時から見ていますが、
Esquire, July 1, 2020のOP edに自分でも書いている通り、ほんとにévoluéeしている、成長しているのが傍目にも判り、人間的にもとても興味深い。

ほんとにcovidのロックダウンをプラスに転じることのできた、ひとつの幸運な実例だなぁ…と思います。

このインタヴューも、コマーシャルなかたち、広告代理店の社員が「一般に受け入れられる」といかにも考えていそうなかたちにまとめられてしまっており、
全体を起こせば、もっと、いくらでも興味深いことをいっていそうで、イライラしますが(笑)

そもそもテニスは、個人の孤独な格闘技であり、マインド・ゲームであり、誰にでも非常に判りやすいかたちで、ナラティヴなスポーツだと思います。
時間があれば、何か少し、書き残しておきたいですね。。;)

#体育会系
#hero

SOURCE: https://yuichihiranaka.tumblr.com/post/650958487004839936

【ライフハック】1日のうちで一番クリエイティブになれる時間帯はいつか?

一日のうちで一番創造力が高い時間帯は?

photo by Pixabay

 心身の状態は朝起きてから寝るまで一定しているわけではなく、バイオリズムというものがあると言われている。

 体調にもよるし、人にもよるだろうが、仕事がサクサクと進み、自分の能力を最大限に発揮できる時間帯があるようだ。

 一般的に、創造力を最大限に発揮したいなら朝が最適と言われている。実際、独創的な仕事をするために早朝から仕事を始めるというクリエーターもいるようで、例えば作家の村上春樹は朝4時に起きて、午前中に仕事をしているという。

 だが朝はどうにも苦手という人だっているだろう。そんな夜型人間はクリエイティブな仕事を諦めねばならないのだろうか?

 そんなことはない。『Academy of Management Journal』(20年12月22日付)に掲載された研究によると、創造力を発揮してオリジナリティ溢れる仕事をするために大事なことは、いつやるかよりも、むしろ自分にあった時間にやることであるそうだ。
続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301930.html

民家の裏庭で保護されたぼっちの子猫、里親先の犬を慕い、深い友情を育む(アメリカ)

cover_e0

image credit:jinsbottlebabies/Instagram

 ある日、民家の裏庭で1匹の子猫が発見された。親切な住民によって地元の保護施設へと運ばれた子猫は、ノミだらけで痩せ細り、とても小さかった。

 地域の野良猫たちの世話を献身的に行っている施設創設者の女性が仮里親になり、自宅へ子猫を連れ帰ると、子猫は女性の飼い犬とたちまち強い絆を育み始めたという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301931.html

ミツバチに新型コロナウイルスの匂いを嗅ぎ分けられる能力があることが判明。検査の強力な助っ人になる可能性

ミツバチを訓練すると新型コロナウイルスを嗅ぎ分けられるという研究結果

photo by Pixabay

 ミツバチは、数キロ先の花を見つけられるくらい嗅覚が鋭い生き物だ。しかもほんの数分訓練すれば、特定の揮発性物質や臭いを学習することができる。

 そこでオランダの科学者たちは、ミツバチを訓練して新型コロナウイルスを嗅ぎ分けられるようになるか試してみた。

 その結果、予想通りミツバチは直ぐにその匂いを覚え、感染したサンプルを数秒で検知するようになったという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301960.html

大分県は、アジア初の宇宙港になる!?

本日も最新衛星ニュース!

空港“再浮上”の一手を模索、小型衛星の打ち上げ拠点化も 大分県が米企業と提携「宇宙港化」計画


続きをみる

SOURCE: https://note.com/team_building/n/n96bc1f00f94f

犬というより熊!重さ136キロのチベタン・マスティフは車に乗り込むのも一苦労

巨大なチベタン・マスティフ、重さ136キロで熊のよう


 チベタン・マスティフはチベット高原を原産地とする超大型犬だ。一般的なチベタン・マスティフの体重は約80キロ前後もある。

 だが、その中でも特大サイズなのがTikTokユーザー、エイドンコールさんの飼っている犬で、重さは136キロもある。

 だから車に乗り込むのも一苦労。飼い主のアシストがないとすんなりとはいかないようだ。ていうか後ろ姿、熊かと思ったわ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301935.html

“So Many Tons of Democracy Waiting to Get Delivered”: The Superb Sci-Fi Concept Artworks of Ronan Le Fur

Ronan Le Fur aka Dofresh, is freelance concept artist and illustrator currently based in Rennes, France.

“I used 3ds Max for the modelling and V-Ray for the rendering. A bit of ZBrush for some creatures. There was also a massive use of Photoshop in order to get the final result. I did not face any particular difficulty during the process. It allowed me to concentrate on lighting, composition and colors,” he said.

More: Instagram, Artstation, Twitter








































































































SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/so-many-tons-of-democracy-waiting-to-get-delivered-the-superb-sci-fi-concept-artworks-of-ronan-le-fur/

“One Day with Salvador Dalí”: A Surreal Photo Shoot of Salvador Dalì in His Seaside Villa, 1955


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images

In 1955, photographer Charles Hewitt visited Salvador Dalí and his wife (and muse) Gala at their home to shoot photos for a British editorial magazine called Picture Post. The famous artist posed up showing his surreal personality and didn’t miss this opportunity to shock his audience. Hewitt ended up titling the photoshoot simply as “One day with Salvador Dalí”.

h/t: rarehistoricalphotos


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images

In 1930, a few months after his father threw him out of the house, unable to stand his strange personality, Salvador Dalí purchased a former fisherman’s shack. The property was paid with some of the 20,000 francs that the Viscount of Noailles had given him as an advance for a painting that would later become The Old Age of William Tell.


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images

Dalí lived and worked in this house starting in 1930 and until Gala’s death in 1982. Since then the house has become a museum and everything kept just as it was when the couple lived there, complete with its phallic-shaped swimming pool and yellow Sempervivum adornments, Gala’s favorite flowers.


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images


Charles Hewitt/Picture Post/Hulton Archive/Getty Images

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/one-day-with-salvador-dali-a-surreal-photo-shoot-of-salvador-dali-in-his-seaside-villa-1955/

伝説のUMA、スキンウォーカーがカナダに出現か!?SNSに投稿された暗闇に出現する謎の人影

伝説のUMA、スカイウォーカーらしき人型物体の映像が波紋を呼ぶ

pixabay

 TikTokで、暗闇の中を歩く謎の二足歩行の生命体らしきものの動画が複数投稿され話題となっている。

 カナダで撮影されたというそれらの映像の詳細がは明らかにされていないが、アメリカ先住民の間に伝わるUMA「スキンウォーカー」ではないか?という声も上がっている。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301925.html