Eccentric Vintage Car Ads From the 1960s and 1970s

In 20th century automobile print advertising, automakers often depicted their new models in settings that attracted the attention of potential customers and instilled a positive sentiment. Consequently, scenes from the beach, the mountains, the open road, a night out on the town, or even the driveway with the family simply admiring or washing their new pride-and-joy were a few of the popular concepts developed by the auto companies and their advertising agencies.

Many of the ads chosen for this article, however, show none of those inspiring notions. Rather, they generally took a more dramatic approach to elicit interest, with certain elements sometimes nearly overshadowing the vehicle they were attempting to sell. These types of ads were usually only a portion of a larger coordinated campaign, however, that also included a host of more conventional layouts. Nevertheless, they are intriguing.

Take a look the enclosed examples and see how many of them would have piqued your interest and motivated you to learn more about the car that was advertised.

1961 Pontiac Catalina

It’s a daring move to make the cropped photo of the cat that big and the line drawing of the 1961 Pontiac that small in this ad. Though I’d read that the Catalina was named for Santa Catalina Island (typically just called Catalina) off the California coast, and not for a feline, the comparisons are clever.

More: vintag.es

1962 Pontiac Parisienne

This pun-filled 1962 Pontiac Parisienne “recipe for zestful living” ad goes to 11—Pontiacs that is. Making the spice rack and jars so large relative to the car was a bold step, but no reader will forget the brand, as “Pontiac” is repeated on six of the eight bottles, and five more times below them.

1963 Chevrolet Corvette Sting Ray

Chevrolet did it again in 1963 with a giant dog riding shotgun in a Sting Ray. Is this supposed to be a “Made you look!” ad where the implausible attracts your eye? It made us look twice.

1964 Mercury

While many ads of the era portrayed picturesque barns in rolling pastures or as part of colorful autumn backgrounds etc., Mercury took a decidedly different direction with this 1964 ad that presents a barn on fire! Attention–grabbing? Yes. Disturbing? Also yes. Though its purpose was to highlight the adventurous-types that would be drawn to a Mercury, like volunteer firemen, still, very few car ads have shown tragedies, described here as “excitement,” in their backgrounds.

1964 Cadillac

The little girl on the swing looks like she is about to clear the roof of her parents’ 1964 Cadillac with plenty of room to spare. However, if my kid was reaching that height on a swing, I think the expression on my face would show quite a bit more concern than theirs does. (Maybe her image was superimposed onto the Cadillac photo?)

1967 Ford Mustang

It’s all hands and no car in this 1967 Mustang ad. The “Mustang Pledge” included a list of things that the owners promised to do and some they wouldn’t do. The big green hand, a veiled tie-in to the Jolly Green Giant of garden vegetables fame, seems strange today.

1970 Oldsmobile 4-4-2 W-30

The ever-popular Dr. Oldsmobile-themed ads were enjoyably offbeat already, but this one for the 1970 4-4-2 W-30 455 also includes “Elephant Engine Ernie.” Coincidentally, Ernie’s nickname—Elephant—was the same as that earned by the competing 426 Hemi that was optional in Dodges and Plymouths. Additionally, try reading the lettering on the front tire of the 4-4-2.

1970 Plymouth Road Runner

In the right places, for the right reasons. You’ll love it. Again. The loved bird.

1972 Mercury Monterey

For 1972, Mercury went for shock value again. A test to see whether or not a car explodes based on its ride smoothness certainly imparts a sense of danger, despite the fact that no potential buyers would seek out a luxury car to transport nitro carbol with a detonator attached. Additionally, no competing luxury cars were tested to see if they could accomplish the same task, so how do we know the Monterey is better than the competition in this area?

1976 Dodge Aspen R/T

Ski scenes were used in some ads of the era, but this one is “over-the-top.” Wayne Wong, “one of the world’s leading freestyle skiers” was willing to jump over his 1976 Aspen R/T for this ad. The result is a sports tie-in with a stunt component added to increase drama to great effect.

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/05/eccentric-vintage-car-ads-from-the-1960s-and-1970s/

[ このページを翻訳 ]

アメリカのほとんどの州は、大学よりも刑務所の方が多い

アメリカのほとんどの州は大学よりも刑務所の方が多い


 アメリカはとにかく囚人が多い。去年発表された調査結果によると、アメリカのは全世界の刑務所の収監者の5分の1を占めていることが明らかとなった。それは現在も変わらず、1年間に約120万人が刑務所に収監されているという。

 事実、アメリカでは、多くの州が大学の数より刑務所の数の方が多いというデータも明らかになっている。

 過去の研究からも、高度教育を受けていない人と投獄率との相関関係が示唆されているだけに、このことは、多くの懸念を引き起こしているようだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303288.html

ポテトチップスを袋ごと鍋で調理。お手軽うまい、ポテチオムレツのレシピ【ネトメシ】

top
 世界的な「#うちで過ごそう」ムーブメントにより、自宅でお料理をする人が増えている。とは言え毎回気合を入れていたらプッツリと心折れてしまうこともあるわけで、お手軽簡単なものを織り交ぜてメリハリつけていくことで、楽しめるようになるんじゃないかと思うんだ。

 と言うわけで今回は、海外のSNSで話題となっていた、ポテトチップスを袋ごと丸ごと使ったオムレツの作り方を紹介しよう。

 袋の上からポテトチップスを砕いたら、そこに卵とお好きな具材を入れて、袋ごと鍋に火をかけてたらできあがり。ポテチの味や具材を変えることで、様々なバリエーションを作ることができるよ。
  続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52290397.html

【RIP】世界で最も有名なライオン「スカーフェイス」が14歳で天命を全うする(ケニア)

世界でもっとも有名なライオンが、天命を全うしこの世を去る
 6月11日、アフリカ・ケニアのマサイマラ国立保護区で、長きにわたりプライド(ライオンの群れ)の王座に君臨し、世界で最も有名なライオンと呼ばれる「スカーフェイス」が、14歳の生涯を閉じた。

 死因は、野生のライオンには珍しい自然死だったという。誇り高く雄大なスカーフェイスの姿は、最期には痩せ細り弱っていたが、自然に生まれたスカーフェイスは、自然の中で自由に生き続け、そして自然へと還って行った。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303292.html

ダーウィンの性淘汰説に矛盾。むしろメスが多い時の方が進化が進むことが明らかに(英研究)

iStock-1214625182_e
 生物は「自然淘汰(自然選択)」によって進化すると考えたチャールズ・ダーウィンだったが、それでは説明できない事象を目の当たりにしていた。

 豪華な尾で美しく身を飾るクジャクのオスや、勇ましいツノを誇らしげに誇示するシカなど、一部の種ではなぜだかオスとメスがかなり違う特徴を備えている。

 そこで彼は、もう1つの理論として「性淘汰(性選択)」を考案した。大きなツノや牙、あるいは飾りなど、交配相手を引きつけ、子孫を残すチャンスを上げるための特徴が進化するという考えだ。

 ダーウィンの考えでは、性淘汰が進むのはオスとメスの個体数の比率が不均衡であるときだ。たとえばオス1匹に対してメスが少ない状況では、オス同士のメスをめぐる競争が激化し、それだけオスにメスを魅了するための特徴が発達することだろう。

 だが英シェフィールド大学などの研究グループが『Evolution』(5月22日付)に掲載した研究によれば、どうもダーウィンの予想とは逆であることが明らかになったそうだ。つまり、メスが多いときの方が性淘汰が目立ってくるというのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303325.html

怖い怖い、排水溝が怖い。なぜか排水溝の上を歩けない馬

排水溝が怖い馬、避けて歩く
 人にはそれぞれ怖いものがあるように、馬にもそれぞれに怖いものがあるようだ。

 で、この馬の場合、排水溝がNGのようで、どうしても尻込みしてしまう。騎乗しているお姉さんに促されても怖いものは怖いのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302910.html

都市伝説なのか?実在したのか?巨大な怪鳥「トゥームストーンの翼竜」の謎

アメリカ先住民の間に伝わる伝説の神鳥、サンダーバードは実在するのか?
 かつて銀産業で栄えたアリゾナ州のトゥームストーンという町は、巨大な未確認生物で物議をかもした場所でもある。

 1890年4月26日、地元の新聞『Tombstone Epitaph』誌に奇妙な記事が載った。ウィットストーンとワチュカ山の間の砂漠地帯で、大きな翼を持つ巨大な怪鳥が発見されたというのだ。今から約130年前のことだ。

 この怪鳥は長い尾と巨大な羽毛のないコウモリのような翼をもち、その顔はワニに似ていたという。のちに「トゥームストーンの翼竜」と名付けられたこの怪鳥は発見時、かなり衰弱していて、ほとんど飛ぶこともできなかったらしい。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303236.html

子猫のうとうとこくんがかわいくてやめられない止まらない。子猫、腕に抱かれて眠りに落ちる

dropped14
image credit:YouTube
 ストレス社会、続くパンデミック。こんな時勢を生き延びて「一週間お疲れ様」、という気持ちを込めて自分自身に癒しの時間を作ってあげるのはどうだろう?マランダーが子猫のうとうとこくん動画をお届けするよ。手のひらに乗っかった子猫は安心しているのか一日の冒険の名残か、気が付くと夢の世界に旅立ってしまうみたいだ。

続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303329.html

カリブの海賊の根城から古代エジプトの港町まで、世界8の水没都市

世界10の水没都市
 水は人類が文明を営む上でも重要な資源だ。水路としての利用価値もあるため、海岸や川沿いには歴史的に重要な都市がいくつも存在する。

 しかしときに自然は人間に牙をむく。津波や嵐、洪水などの水の襲撃がはじまれば、いかに栄えた都市であってもあっけなく水没してしまうこともある。

 水の中を覗いてみれば、失われた文明が今も当時の姿を残したまま佇んでいる。ここでは歴史に刻まれた、世界の水没都市と見ていこう。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303277.html

ゲーミングデバイスメーカーがサイバーパンクなゲーマー用スマートマスクを販売予定、LEDライト、マイク付き

ゲーマー向けのサイバーパンクなスマートマスクが販売予定
image credit:RAZER
 アメリカに拠点を置くゲーミングデバイスメーカー『Razer』が、今年1月、ゲーマー用スマートマスクのプロトタイプを発表して注目を集めていた。ついにそれが商品化され、2021年10~12月に発売予定であるという発表を行った。

 サイバーパンクなデザイン性はもちろん、換気機能、マイクやLEDライトなど、様々な機能が備わっているこのスマートマスク「Project Hazel」は、事前に発売通知を受け取る登録をした者に限定販売するという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52303260.html

いつ何が起こるかわからないので、生き残りに役立つ12のサバイバル術を覚えておこう【ライフハック】

生き残れる確率を上げるためのサバイバル・ライフハック
 人生、いつどこで何が起こるかはわからない。特にコロナのパンデミックを経験し、それを実感した人も多いのではないだろうか。

 しかしだからといって、人生を楽しむことを止めなければならないというわけではない。人生をいかに上手くコントロールできるかが重要であり、起こりうる全ての変化球に備えておく必要がある。

 最近では「備えあればうれいなし」のサバイバルスキルをSNSで伝授してくれている人も多い。今回も、知っていれば役立つ時がくるかもしれない、生き残れる確率が少しアップするサバイバル術をみていくことにしよう、そうしよう。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302977.html