Enormous Vulva Sculpture in Brazil Sparks Conservative Outrage

The prize for 2021’s most controversial public sculpture might have already been claimed by a newly installed 33m-high concrete crimson vulva in Brazil, which has sparked fierce online debate.

More: Facebook h/t: theartnewspaper

Recessed onto a hillside within a sculpture park in the northeastern state of Pernambuco, Diva, by the Brazilian artist Juliana Notari, intends to question the “problematisation of gender” and change perspectives on human relationships that create an “unequal and catastrophic world”, Notari states in a Facebook post.

She adds that these issues are “increasingly urgent”, referring to the country’s political climate under the leadership of President Jair Bolsonaro. Last week, following Argentina’s decision to legalise abortion, Bolsonaro expressed sympathies via Twitter for the lives of Argentine children “now subject to being cut in their mothers’ wombs with state consent” and vowed to never approve abortion in Brazil.






SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/01/enormous-vulva-sculpture-in-brazil-sparks-conservative-outrage/

[ このページを翻訳 ]

Russian Duo Makes Amazing Magic Rolling Pins for A Beautiful Cookies

Utterly obsessed with embossed rolling pins from PippaWoodCraft. This small boutique was founded by Vasili and Anna, an artist duo vrom Rostov-on-Don, Russia.

More: Instagram, Etsy
































































SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/01/russian-duo-makes-amazing-magic-rolling-pins-for-a-beautiful-cookies/

Stunning Figurative Oil Paintings by American Artist Malcolm Liepke

Malcolm T. Liepke is a contemporary American painter known for his loosely brushed yet nimbly executed depictions of figures in interior settings.

Influenced by John Singer Sargent and Diego Velázquez, Liepke employs a limited palette applied wet-into-wet to retain the lush texture and spontaneity of the paint. Culling from drawings of models, photographs, and his imagination, Liepke’s works often evoke bygone eras.

More: Instagram

Born in 1953 in Minneapolis, MN, he attended the Art Center College of Design in Pasadena, before dropping out after a year and a half. Moving to New York, Liepke worked as a commercial illustrator for publications such as Time, Forbes, and Newsweek, before growing disappointed with his career and dedicating himself to painting during the mid-1980s.

Liepke currently lives and works in his hometown of Minneapolis, MN. Today, his works are held in the collections of the Brooklyn Museum and the Smithsonian Museum of American Art in Washington, D.C.
























































































SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/01/stunning-figurative-oil-paintings-by-american-artist-malcolm-liepke/

“The Never Remembered”: The Superb Surreal Melted Portraits of Pop Icons by Anthony Rondinone

Homer Melt

Anthony Rondinone is an artist born and raised in the Bronx. He works with multiple different mediums two of the main ones being Oil and Ink.

More: Anthony Rondinone, Instagram

Homer on Meth

Stunned

HAHAHAHAHAHA

Special Occasion

Business, in Technicolor

The Addicted

ButtHead

Happenstance

My Clothes Don’t Fit Anymore

Please

The aCount

I was Just Scared

Mona

#41

Spring Time in NYC 2020

Torn Apart

Over Exposed

Low Society, High Collars

Corporate Seduction

Dreaming Asleep

Fame3

Fame1

Athena

Christmas Morning 2020

Take Me Home

It Girl

How Can I help You?

Say Something

Fun

Where Do We Go From Here

Watch me Unwravel

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/01/the-never-remembered-the-superb-surreal-melted-portraits-of-pop-icons-by-anthony-rondinone/

「私、セガ『サンダーフォース5』の開発に関わってたんです!」 ⇒ ガチの関係者が登場し嘘松を指摘、フルボッコにされる

gy90
虚言癖。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10347954.html

夫のスマホに若い女性の写真が!嫉妬に狂った妻がナイフで刺すも、その女性は若い頃の自分だった(メキシコ)

iStock-1214652781_e

若い女性の写真に嫉妬した妻、その女性は自分の若い頃だった/iStock

 愛する人のスマホの中身はパンドラの箱のようなもの。開けてしまうと思いもよらない災いが降りかかってくるものだ。

 夫のスマホを見てしまった妻は、そこに若い女性の写真が保存してあることを発見。逆上して夫をナイフで刺してしまった。

 だが保存されていた写真の女性は、今では面影がすっかり消えてしまった若かりし頃の自分の写真だったのである。『La Prensa』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52298746.html

時短営業の「協力金186万円」もらいながら「隠れ営業」するバー「お客さんが来てくれるというなら、店を閉める選択肢はない」

hyt
午後8時までの時短営業要請を受け、小規模なバーは休業を選ぶ店も多いが、Tさんは店を開け続けている。 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10347805.html

日立製作所の企画本部長を逮捕 女子高生に下半身を露出し「何点?」などと尋ねた疑い

gfy
逮捕されたのは、日立製作所で企画本部長を務め、東京・稲城市に住む矢加部太郎容疑者(52)で、警察によりますと去年11月、横須賀市の駐車場で下半身を露出したとして公然わいせつの疑いが持たれています。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10347967.html

野生の生き物に「そこ入っちゃダメ!触っちゃダメ!」と言っても無駄だった…やらかし保護動物たち

doingbad1_640


 通常野生の生き物たちを、家で飼育することは勧められない。野生動物はペットとして飼いならされてきた生き物たちとは全く違うわけだし、そもそも彼らの飼育は違法であることも多い。

 だが時として一時的に保護したり、ケガや病気の手当が必要だったりなどの理由で、専門の資格を持ったプロのおうちに彼らが引き取られるケースがある。

 野生での生活と同じ環境を用意できるわけでもなく、その専門家たちにも日々の暮らしがあるわけで…。今日はそんなプロたちのお宅で、保護動物たちが引き起こすあれやこれやのやらかしシーンを見てみよう。

 生き物なので当然なのだが、彼らのやらかしにはトイレも含まれるわけなので、そこんとこはちょっと注意してみてくれると嬉しいな。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52298789.html

西野亮廣、今度は岡田斗司夫氏に噛みつく 「プペルの二次創作なんて大量にある」 ⇐ 二次創作って知ってる?と物議

njkj
吉本興業からの退社を検討している「キングコング」西野亮廣(40)が28日、ブログを更新し、自身の映画「えんとつ町のプペル」を批判した評論家に反論した。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10347936.html

死者の声を聞くことができる人の特徴を科学で紐解く試み(英研究)

 死者の声が聞こえる人の特徴を科学で紐解く

死者の声が聞こえる人の特徴を科学で紐解くく/iStock

 死者の声が「聞こえる」と主張する人は確かに存在する。そうした傾向のある人の特徴を、研究者たちが特定した。

 新たな研究によると、霊の声が聞こえると自称する人たちは、一般の人よりも物事に集中し、非常にのめり込みやすく、子供の頃に異様な聴覚体験をしたことがあり、幻聴に対する感受性が強い傾向にあるという。

 この発見により、統合失調症のような精神疾患に伴う不可解な幻聴について、より理解することができるようになるかもしれない。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52298757.html