France 24 スペイン語版放送開始に思うこと。 France…



France 24 スペイン語版放送開始に思うこと。

France 24に新しくスペイン語版が加わるそうです。
France 24は、簡単にいうと、フランスが国策として、CNNに対抗して作った国際ニュース局で(笑)
そこには「このままでは世界中がアメリカのものの見方で世界を見てしまう!」というたいへんな危機感、そして、
それとは異なる「フランスからの視点を世界に提供しなければならない!」 というまぁ、大きな“野望”(笑)がその背後には、あるわけです。

これまではフランス語放送と英語放送、アラビア語放送がありした。
そこに今回、スペイン語版が加わるわけですが、
話者数からいえば、スペイン語は中国語に次いで、世界で2番目に多く話されている言語、ではないでしょうか?

しかし「CNNには負けないぞ!!」とかいっても、
ちょっと無理がアリアリ、という気がします(笑)
一体どうしてフランス、そしてFrance 24は、そんな*だいそれた*野望を抱いているのでしょう??;)

世界のフランコフォニーと、フランス語の影響力(現在と未来)。

近著『ベルリン日和』の中でも書きましたが;)
実は世界にはかなり大きなフランス語圏、所謂フランコフォニーというものがあります。
話者数ではなく、国際公用語としての、
国際的な影響力からいえば英語に次ぐ第2位。
France 24の番組参照 http://bit.ly/2wIXSW4

共通語としての勢力拡大はこれまでのところ、英語には、明らかに戦略的に負けている、という観が強いですが、その理由はいくつもあって、
そもそも英語は文法的に非常にシンプルで、短い文をどんどんブロック式に積み上げていけばいいこと、
さらには正しいフランス語(モリエールの言語・笑)を守ろうというフランス語の場合と違いどこまででもブロークンな英語になることを許容する、etc., etc. と、ぱっと考えても出てきます;)

しかし、今世紀中のアフリカの発展…経済的にばかりでなく、人口の爆発的な増加、ということを考えると、
今後フランス語の重要性は、いまの中国語のように高まってくるやもしれません。
フランス語圏、フランス語話者の人口は、いまでもアフリカがもっとも多いし、
この先数十年の間にフランス語ほど爆発的に話者の数が増える言語はない、と考えられています;)
しかも、中国語話者が多いのは、中国人がそれだけ多いに過ぎない、という点を考えると(笑)
フランス語はむしろ非フランス人によってより多く話されている。
観点によってははるかに国際的な言語だ、ともいえるでしょう;)

とはいえ現在のフランスは、フランス語を一概に共通語として世界に押し付けよう、という戦略をとっていません。
現にFrance 24も、多局多言語、フランス語以外の放送に力を入れています。
? まぁね。確かにいまさら英語には勝てない、というのはあるかも、ですね(笑)
しかしそれだけのこと、ではないのです。。;)

アメリカの“グローバリズム”とEUの“多文化主義”。

英語と違うもうひとつの点が、英語圏から始まった所謂グローバリズムに対し、
冷戦の崩壊後、アメリカの一極化、『歴史の終わり』などというデマゴジーまで流布された状況の中で生まれたEUは
グローバリズムとは異なる価値観である多文化主義を掲げ、
アメリカの一極支配に対抗する、という戦略が当初からありました。
これも『ベルリン日和』中に書きましたが、
“グローバリズム”といえば聞こえはいいが、その実質は、アメリカのスタンダードを世界のスタンダードにする、ということで、
アメリカにとっていちばん有利なゲームでした。
…そのいちばん有利なはずのアメリカでさえ、グローバリズムは得にならない、という意見がかなり前から大きくなってきている点は、考慮の必要あり、でしょう(トランプ時代も、その流れの中にあります)。。

共通言語は当然英語。みんなが必要最低限、この言語を話せるようになればいい、という考えです;)

それに対してEUの多文化主義は、多言語主義をとり、
フランス語でもなく、ドイツ語でもなく、どれかひとつの言語を全体に押し付けるかわりに、
みんなが3、4カ国語を勉強して、お互いの話せる言語の中で、いちばん都合がいいもので話せばいい、という考え方です。
…だから、91年に僕が初めてパリに旅行に行った時、フランス人はだれも英語を話してくれなかったのに、いまではどんどん英語で話そうとしていますね;)

France 24の“思想”

France 24の“野望”も、そして“戦略”も、要するにこのような世界理解から生まれています:
英語放送のCNNが事実上世界ニュースのスタンダードになる、というのはグローバリズム、アメリカ一極主義の英語支配とまさに一体、です。

それに対抗し、異なった価値観を体現しようとするFrance 24は、
フランス語放送だけでなく、英語放送、地中海の向こうで話されるアラビア語放送、そして今回スペイン語放送も始める、というわけです。

同じニュースを違う言語の複数の局で放送する、というのは何ともまどろっこしいやり方のような気もします。
判り易さや効率からいえば、アメリカのグローバリズムのほうが、よほどすっきりとして見えるかもしれません;)
もちろんそれでもフランスの視点で捉えた世界の姿を発信し続けている、という点で、
英訳した日本のローカルニュースと、あとは単に「外電」を流してる(!)、まったく意味不明のNHK Worldよりは・る・かにマシで(笑)国民の財産をドブに捨てているようなもの…というわけではありません;)

事実国際語としての勢力も、これまでのところ一方的に
アメリカに水を開けられ続けているわけで、
フランスの戦略は上手く機能していないように見えます。
フランス外務省の機関であるアリアンス・フランセーズなどが、これまた国策的に、世界各国各地に正統なフランス文化・フランス語を広めよう、とはしているのですが。。
教育を国の基幹産業として、全世界の学生を集めては、英語話者・英米シンパni仕立て上げて母国に送り返す…という英語圏の“戦略”が、圧倒的に優位に立っていますね;)

さらに多文化主義自体も、特に2015年パリ、1月、11月のふたつのISテロ以降、ひとつの危機に瀕しています。
アイデンティティの問題から容易く宗教原理主義に染まる、たとえば移民の第三世代の存在。これが多文化主義から生まれた政策と関係がないのか、
関係があるとすれば、どう手を打てばいいのか、どう政策を変えていけばいいのか。これが危急の問題になっています。

しかし、いま、アメリカはトランプ政権。
仮にこれが2期8年続いてしまったら、アメリカの自由主義社会の盟主としての地位は、ほとんどがたがたになってしまうでしょう(笑)

そうなれば、これまでのところ、無理がアリアリ、と感じられた(笑)
仏独を中心としたEUをひとつの要とした自由主義社会のあり方も、にわかに現実味を帯びて来るのではないでしょうか;)

現代アメリカ英語は独特の軽味のある楽しい言語ですが、
フランス語、あるいはドイツ語を勉強する、というのは意外にこれから、ポスト・中国語ブームとして、
いい目の付けどころ、かもしれないですね…;)



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。
作品についてのコメントはこちら

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/165221917824

[ このページを翻訳 ]

自動運転車に必要なのは利己的・利他的な人間の思考だった(米研究)

iStock-864462128_e

Image by metamorworks/iStock

 交通量の多い道路で右折するときのことを想像してほしい。

 対向車線からは車がびゅんびゅん飛んできて、なかなか曲がれずイライラする。しばらくすると親切なドライバーが減速してくれそうな雰囲気を出している。安全を確認し、ようやく右折することができた。
 
 路上ではこんな状況がいく度となく繰り返されているのだが、これは人間同士ドライバーが心をくみ取っているからだ。人によっては利己的な運転をし、人によっては利他的な運転をする。その空気を読みながら運転をしているのだ。

 だが残念なことに自動運転車だとこうはいかない。そこで研究者は、自動運転車に人間の心の理論を教え込むことにした。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52284874.html

【動画】 「上京ガール」に登場した18歳ももかさんが「めちゃめちゃかわいい」「アイドルよりかわいい」と騒然ww

gr
広島県から上京し専門学校に進学予定のももかさん。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148939.html

【動画】 30年間タバコを吸い続けた男性の肺が「凄まじい黒さ」で医師も驚愕・・ 移植が急遽中止に

rft
22歳でタバコを始め、30年間ヘビースモーカーだった中国在住の52歳の男性が脳死し、移植待機患者のために肺が摘出された。しかし男性の肺は、健康なピンク色とは程遠く黒ずんでおり、医師らは移植を中止した・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148854.html

【画像】 あの伝説のマラソン美少女が20歳になり、さらにめっちゃ可愛くなってるwwと話題に

dsf
城西大学の女子駅伝部。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148839.html

【動画】 「ドッキリGP」気絶ドッキリに批判噴出で炎上 「悪質すぎ」「まじで笑えん」「人間性を疑う・・」

12
問題となったのは、昨年大ヒットした映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が考案した〝気絶演技ドッキリ〟・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10149038.html

超人気恋愛リアリティ番組の「女性タレントX」に薬物疑惑浮上・・ 沢尻の次に逮捕の可能性

ew
マトリや警視庁組対五課は次にどんな大物芸能人を狙っているのだろうか。 「あるモデルが薬物に依存していると噂ですよ。マトリや組対五課はこれから時間を掛けてその人物の行動確認をする様子です」(大手全国紙記者)・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148646.html

「SASUKE」収録でジャニーズタレント負傷、「一発勝負」が嘘だったと判明しネット震撼 「ジャニーズ特権か・・」

few
TBSは21日、「SASUKE2019 大晦日」(12月31日、後7・00)に出演予定のジャニーズWEST・濱田崇裕(30)がけがをしたと発表した・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10149102.html

Faith in yourself and MOVE MOUNTAINS.The way to the top is long…



Faith in yourself and MOVE MOUNTAINS.

The way to the top is long and arduous. Most give up early, others are forced to retreat later. Only the best hold out to the end and overcome all obstacles.

The cineastic homage to the power of will shows in a spectacular way how the exceptional athlete fights his weaker self, defies all injuries and adversities and fights until he finally arrives at his destination: at the start of the most demanding downhills in the world.

Written & Directed by Fabian Weber
Cinematography by Jan Mettler

SOURCE: https://motioncollector.com/post/189215333332

【画像】 カルビーのポテチがついに「50グラム」になったとネット震撼 「お手軽サイズ」とかぬかして・・

21
近い将来、内容量0グラムに。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10149088.html

【動画】 これは避けられない・・ 逆走トラックに激しくぶつけられる衝撃ドラレコ動画が話題に

dsfsd
衝撃もらい事故。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148048.html