“ It’s the constitution. – Wow. – Wow. ‘We the…



“ It’s the constitution.
- Wow.
- Wow.
‘We the people…’
…That’s just… That’s Just… That’s everything.

The Constitution- Scandal Episode 208 Happy Birthday Mr. President

…例によって、アマゾンでの評価は散々ですが;)
これ、めちゃくちゃ面白、と思うんですよね。。

スキャンダル 視聴

スキャンダル
prime video
| dvd

…確かにアメリカの文化に興味がない、アメリカの政治に対して知識0、
という場合は、どこが面白いか、判りにくか、とも思うのですが。。

ヴェトナム戦争後の70年代、映画などのサブ・カルチャーで、
善悪の価値観の崩壊が描かれたとすれば、
00年代は逆に、白と黒が截然と区切られ、
100パーセントの悪との戦い、というものがしきりに描かれた。。
9/11後の対テロ戦争などの影響もあった、と思うのですが、
ミステリなどでも、敵はまったく理解不能なサイコパス、などというものが、人気を博した、
それが、ここへきて、本作では、
善と悪は再び入り混じる、というか、シームレスになっている、
善があるところから悪になり、その悪がまた、あるところから善になる、
…とでもいうような。。そのあたりが、アメリカ・ウォッチャーにはまず、興味深い。

シリーズ前半で確立される、ヒロインの、フィクサー、という仕事。
ある状況を修復するため、コラテラルに、他に害を与えてしまう、
すると今度は、その自らが害を与えた側を
捨ておかずに拾い上げ、今度はそちらの状況を修復しようとする、
プロとしてほんとうにインテグラル、というか、
しっかり1本筋が通っている、考え方として整合していくところが、
単なるやり手の大活躍、という以上の深い魅力を物語に与えているように思います。

冒頭にクリップしたのは、第2シーズン第8話の
ロマンティックな*憲法デイト*のシーン。
憲法に触って感動し、
要するに、これが全てなんだ、といっていますね。。
憲法は、理想であり、叡智であり、約束であり、夢である。。。
理想を追求する、実験国家・アメリカにとって、
文字通り、憲法は、そこに書かれていることばは、全て、な訳です。

現実に合わないから書き換えてしまおうとか、
適当に読み替えてごましてしまおうとか、
憲法をなんだか邪魔者、厄介者扱いしているかのような国の人には、
この場面が、どれほどロマンティックであるかは、ピンとこないのかもしれない、とも思います。。

The writing on the wall合わせて読みたい;)
“The writing on the wall.”

…しかし、このごく数人のメンツによって、 日夜ホワイトハウスをめぐる陰謀が企てられ、解決されている、というドラマは、あくまでもフィクションであって、 ドラマとして楽しむのが限界、
とても現実には当てはめられない…と思っていたのですが、
どうも最近、CNNを付けるたび、

Previously on “The Trump Administration”!!…
『トランプ・イン・ホワイトハウス』、前回までのお話は…

ということばが、空耳のように聞こえてくる気がします(笑)

…だれだったか、CNNのアンカーも、毎回崖っぷちで次回に続くTVドラマが、今は現実だから。。と頭を抱えてていた;)

思えば、とくにThe X Files以降、米娯楽フィクションの世界で、
FBIを便利に判りやすい悪者にし過ぎ、
i.g. “Trust no one” ,etc., etc…
その結果がこれ、だったりしやしないか、とも思ったり;)
#deep state

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。


image
…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/170493201664

[ このページを翻訳 ]

巨大タコ?クジラ?浜辺に打ち上げられた謎の巨大肉塊「グロブスター」の正体をめぐる研究者たちの物語(アメリカ・1896年)

0_e0


 今から123年前のことだ。1896年11月30日、アメリカ・フロリダ州セント・オーガスティンにほど近いアナスタシア島の海岸を自転車で走っていたハーバート・コールズとダナム・コレッターという2人の少年が、砂に半分埋もれた、謎の巨大な肉塊を発見した。

 それはどうやら海から浜に打ち上げられたらしかった。少年たちはクジラではないかと思い、地元で医師をやっていたデウィット・ウェッブに報告した。

 翌日、ウェッブはその死骸を検査しに向かった。だがなかなか手がかりがつかめず、ミステリーは高まった。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52271023.html

フランス、同性婚家族の差別をなくすため学校での「お父さん・お母さん」を廃止し「親1・親2」と呼ぶ法案が通過

ds6
昔ママと呼ばれていた人。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9995902.html

【動画】 ロコソラーレ藤沢五月、試合中にブラシが折れて転倒 メンバー爆笑ww

77
平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)女子銅メダルのロコ・ソラーレが、北海道銀行との準決勝、3-3の同点とした第4エンド(E)途中でアクシデントが起きた。スキップ藤沢五月(27)のブラシが折れた・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9995693.html

スポーツカーとバイクが融合した近未来感。3輪の電動自動車「Model SONDORS」が今年販売予定(アメリカ)

top


 環境への負担が少ない自動車の人気が高まる中、今年4月にアメリカの電動自転車メーカーSONDORS(ソンダース)が販売するEV車が話題になっている。

 クリーンな交通手段を目指すSONDORSが開発した「Model SONDORS(モデル ソンダース)」は、100%電気で動く三輪自動車だ。

 日本ではかつて、1930年代から1950年代に「オート三輪」なる三輪自動車が隆盛を極めたそうだが、昭和レトロなあの形状とはまったく違う、近未来感を感じさせるボディだ。

 一見スポーツカーなのにバイクっぽくもあるユニークな車。現代のニーズに合わせたというコンパクトで低価格のゼロエミッションカーなのだ。

続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52271129.html

【動画】 犬を車で引きずり散歩させる飼い主・・ 告発動画に衝撃走る

dsr
排気ガスわんこ。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9995559.html

尾崎豊の「盗んだバイクで走り出す」が今さら物議ww 「歌詞を文字通りにしか読めないのか・・」

fd6
はてな匿名ダイアリーに2月11日、「『盗んだバイクで走り出す』に熱狂していた若者」との投稿があり注目を集めた・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9995714.html

自然が魔法を使ってきたぞ?リンゴの木の枝になっていたのは、氷でできたリンゴそっくりの実!!(アメリカ)

apple1

image credit:Facebook

 2019年、今年の冬、アメリカ中西部は記録的な寒波に見舞われて広い範囲で異常な寒さとなった(関連記事)。

 お湯が一瞬で粉雪になるというマジカルな実験が流行したりもしたが(関連記事)、ミシガン州ケント郡では、自然が魔法を使ったかのような、珍しい現象が確認されたようだ。

 2月7日早朝のこと、アンドルー・シエットスマさんはリンゴの木を剪定しようと外に出た。するとそこには・・・
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52271143.html

【動画】 松本人志、桜田五輪相の問題に「一部を切り取って上げ足を取るマスコミの報道にも問題は大分あります」

fg6
松本人志(55)が17日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演。白血病を患っていることを公表した競泳の女子エース・池江璃花子(18)=ルネサンス=について桜田義孝五輪担当相(69)が「がっかりしている」などと発言した問題に言及した・・

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9995670.html

【動画】 阪神高速で逆走車と車が正面衝突し4人ケガ 加害者から基準値を超えるアルコール検出

dsr
酒気帯び運転などの疑いで逮捕されたのは、大阪市福島区の会社員・柏木孝之容疑者(36)です・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9995720.html

家計を助ける為、雪道をひたすら歩き続ける少年に訪れた奇跡の出会い(アメリカ)

iStock-921559792_e


 どこにチャンスが落ちているのかわからない。だが、ひたむきな努力と前向きな姿勢を保ち続けていると、思わぬチャンスが舞い込んでくる場合もあるようだ。

 雇い主は、素晴らしい従業員を探すため、常日頃から目を光らせているという。面接での態度はもちろん、誰も見ていない時の振舞いも見ているのだ。

 あるレストランのオーナーは、雪深いある日、偶然10代の若者と出会った。

 その若者は仕事の面接を受けるために、雪の中を16キロも歩くつもりだったという。このことに大いに感心したオーナーは、彼を自身の会社で採用することにしたのだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52271078.html