“Liberté d’importuner” : Catherine Deneuve s’excuse…



“Liberté d'importuner” : Catherine Deneuve s'excuse auprès des victimes de viol

#MeToo ムーヴメントに対するフランスの反応へのコメントが難しい理由 - *ここ*も勘定に入れて下さい;)

これ、どうしようかなー、めんどくさいなー、ややこしいなー、
と思い、パスしようか、と思ったのですが。。(笑)

ワインスタイン以降のハリウッド女優たちからの反セクシャル・ハラスメント・ムーヴメントに対する、フランスの反応は、
すでに日本でも様々に伝えられていると思いますが、
問題のLe Monde紙のtribuneがこちら:

« Nous défendons une liberté d’importuner, indispensable à la liberté sexuelle »

この論説に賛同署名者として名を連ねたことへの批判に対するCatherine Deneuveの弁明が↑↑のリベラシオン紙、なのですが。。

アメリカ側から、Salma HayekのNYTへの寄稿を紹介した経緯から、一応、クリップはしておきますが、
僕としては、まぁ、フランス語が読める人は、自分で読んでみて下さい、というにとどめたいです。。(笑)

というと、露骨に無責任、逃げの一手、というのがもう、見え見えですが(笑)
これは、なかなか、難しい。

タイトルになっているとおり、
つきまとって困らせる自由、
いい寄られてこそ、初めてNonという自由もあるのである、
などと、糾弾される男性側に一見都合の良さそうなことを、いろいろっているのも確か、です:
レイプは犯罪だが、しつこいナンパや不器用さは罪ではない;
男たちはただ、膝がしらを触ってしまったり、キスを奪おうとしたり、*親密な*話をしようとしてしまっただけなのだ。
プロジェクト・チームを率いたと同じ日に、女性は男性の性の対象となる喜びを味わうことができる。
自立した女性は、電車の中で触られたくらいで傷ついたりしない、とまでいっている…
…と、こういう風に、こういうとこだけ全文から切り抜いて並べると、いかにも都合が良さそうなのですが(笑)

とにかく強い論調で、激烈、といっていい個所も多々あります;
現在の反セクシャル・ハラスメント・ムーヴメントを全体主義に擬してさえいますね。。
論点も、様々、あれもこれも、これでもか、と出してくる。
この議論を、をひとつひとつ精査して、点検していくのは、大変です。

。。つまりね、これは、フランスの女のひとの大変さ、なんですよね…(笑)
で、フランス語がちゃんと読めれば、たとえフランス人の女の子とあまりデイトしたことがなくても、
うーむ、こりゃあ、大変だな。。
という感じは、ひしひしと伝わってくるんじゃないか、と思うんです(笑)

だから、確かに、一見男に都合の良さげなことはいろいろといっている、
しかし、それをいっているのが、フランス人の女性である、ということを勘定に入れなくてはいけない(笑)

フランスの女性は、強いんです。もちろん、比較の問題ですけど、
パリで日本人の女性が、あれほどモテるのはなぜか。
7つくらいパッと理由が浮かびますが(笑)
そのうちのひとつが、とにかく日本人の女の子はあたりがソフト、
もちろん、本当の意味での強さは判りませんよ、
でも、あたりからいえば、フランス人の女のひとに馴れているパリジャンから見れば、
日本人の女の子たちっていうのは、もう、とろけるように優しくて、可愛いんじゃないでしょうか(笑)

そしてこのあたりを勘定に入れると、
この論説に安易にコメントすることは、難しい、、、
というのが、とりあえずの感想です;)

参考までに、以下は上に引いた、一見男側に都合の良さげなことの一部、原文ですが、文中に戻してみると:

Surtout, nous sommes conscientes que la personne humaine n’est pas monolithe : une femme peut, dans la même journée, diriger une équipe professionnelle et jouir d’être l’objet sexuel d’un homme, sans être une « salope » ni une vile complice du patriarcat. Elle peut veiller à ce que son salaire soit égal à celui d’un homme, mais ne pas se sentir traumatisée à jamais par un frotteur dans le métro, même si cela est considéré comme un délit. Elle peut même l’envisager comme l’expression d’une grande misère sexuelle, voire comme un non-événement.
En savoir plus sur http://www.lemonde.fr/idees/article/2018/01/09/nous-defendons-une-liberte-d-importuner-indispensable-a-la-liberte-sexuelle_5239134_3232.html#kGvLrtq0IAuu2Y0e.99

…フランスにホモの男性が多くなってしまったのは、女性の権利が強くなった、当然の代償だ、
といい切ったパリジェンヌがいたのですが、こういうのを読むと、
一理あるかも。。と思ってしまいます;)

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。


image
…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/169997366132

[ このページを翻訳 ]

誰も連絡先を知らない井川慶の現在・・ テレビ独占取材で衝撃の告白

55
元阪神、ヤンキースで投手として活躍した井川慶氏(39)が、22日放送のフジテレビ系ニチファミ!「特捜!激撮!張り込みマネースコープ」(午後7時57分)の独占取材に応えた・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9876330.html

The markings on our snow bengal over time (x-post /r/BengalCats)…



The markings on our snow bengal over time (x-post /r/BengalCats) (Source: https://ift.tt/2LqaacX)

SOURCE: http://awwww-cute.tumblr.com/post/176147998430

あの巨大な黒い石棺の蓋がついに開けられる。中に眠っていたものとは?(※開放注意)

0_e

image credit:Courtesy Egypt's Ministry of Antiquities

 先日お伝えした2000年以上前のものと思われるエジプト、アレクサンドリアで発見された巨大な黒の石棺だが(関連記事)ついにその蓋が開かれた。

 石棺の発見が発表された当時、蓋を開けると呪いが解き放たれるのでは?という噂が流れた。中にはアレクサンドロスの遺体が眠っているのでは?という噂もあった。

 そんな噂をよそに、着々と開放作業が行われ、ついにその中身が暴かれた。

 それが呪いなのかどうかはわからないが、作業員たちに一種の苦しみがもたらされたことは確かだ。
 
 中に入っていた赤黒く濁った汚水が、とてつもない悪臭を放ったからだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52262698.html

This cow (Source: https://ift.tt/2O51nf4)



This cow (Source: https://ift.tt/2O51nf4)

SOURCE: http://awwww-cute.tumblr.com/post/176147061473

電車リュックのマナーは東高西低 なぜ関西人は前抱えをしないのか?

44
関東では電車内のリュックの前抱えはかなり浸透していたが、関西ではめったに見ない。なぜ関西人はリュックの前抱えをしたがらないのか―。大津市の59歳男性から質問が寄せられた・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9876371.html

通販の配達「玄関前に置くだけ」 日本郵便が来春から本格開始

44
日本郵便は、通信販売会社や百貨店などを対象に商品を宅配先の玄関前に置くだけで配達を完了するサービスを来春から本格的に始める。荷物の増加に対して人手不足の解消が進まない中、不在時の再配達を抑え、コストを削減する狙いがある・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9876368.html

野性味ゼロのわがままボディ。もはや「太った大型猫」状態のシベリアトラ(中国)

tiger1

image credit:Weibo

 昨年2月初旬、中国のSNS上で拡散されたのをきっかけに、その後もしばしば海外ネット民の間で話題になるシベリアトラの写真がある。

 上位捕食者であるトラの勇猛でかっこいい姿かと思いきや、もはや「太った大型猫」という方がぴったりの状態で横たわっている姿が写し出されている。

 拡散され始めた当初、春節(中国の旧正月)の時期だったこともあり、「春節でご馳走を食べすぎたんじゃないか?」と冗談をいう中国人が続出したほどのわがままボディだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52262589.html

Big crash in bedroom…. (Source: https://ift.tt/2uMFnNc)



Big crash in bedroom…. (Source: https://ift.tt/2uMFnNc)

SOURCE: http://awwww-cute.tumblr.com/post/176143081290

Girlfriend really wanted a cat, but i was adamant against…



Girlfriend really wanted a cat, but i was adamant against getting one, so we compromised. Here’s Zuzu (Source: https://ift.tt/2LcLmGh)

SOURCE: http://awwww-cute.tumblr.com/post/176142101674

園子温監督、ハリウッドへ 「日本のプロセスに飽き飽きした・・」

66
数々の国際映画祭で受賞し、全くの無名だった吉高由里子をはじめ、満島ひかりといった埋もれていた才能をも次々に開花させていった鬼才・園子温監督。ハリウッドにおけるデビューを明かした園監督がこのほど、自由について縦横無尽に語り尽くした『獣でなぜ悪い』を上梓した・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9876316.html