“Me & My TRS-80”: Kids And Their Computers In The 1980s

I don’t know about you, but nothing warms my heart more than the sight of a photograph of kid at a personal computer in the 1980s. A pleasant whiff of nostalgia mixed with interesting paleo-technology, makes for a great image. Let’s have a look at a handful of images of kids and families as history was being made: when computers first entered our schools and homes…

On the old Radio Shack display: “Marvin couldn’t understand Earth people very well. That’s why Marvin came to me. He knew that I was Computer Charlie. He knew that I was one of the biggest brains around.”

h/t: flashbak

From Kilobaud Microcomputing magazine, 1979.

(L) From a 1981 Radio Shack catalog, (R) from a 1988 issue of Računari.

From a 1988 Radio Shack catalog.

1987 Teenagers who could really have used wireless keyboards.

I can’t quite tell what this boy is doing on the computer – I just know he’s loving every minute of it.

(L) From the cover of the Apple II reference manual, (R) This kid is “EXCITED!” by his school’s new TRS-80.

From the 1983 book: How to Feel at Home with a Home Computer.

From New York magazine, January 1984.

Radio Shack 1981.

Run magazine, March 1985.

From Family Computing magazine, October 1983.


From the cover of Kilobaud Microcomputing magazine, June 1980.

From the cover of The Home Computer Course 5: Mastering Your Home Computer in 24 Weeks.

From the book, Living with Computers by Patrick G. Mckeown.

From the cover of Creative Computing magazine, March 1980.

TRS-80 Microcomputer News, July 1983.

Detail from a 1985 Datasouth advertisement.

From Family Computing magazine, September 1983.

Detail from a 1985 Tandy 1000 advertisement.


Ad from Family Computing magazine, September 1983.

The post “Me & My TRS-80”: Kids And Their Computers In The 1980s appeared first on Design You Trust.

SOURCE: https://designyoutrust.com/2018/05/me-my-trs-80-kids-and-their-computers-in-the-1980s/

[ このページを翻訳 ]

前澤友作氏、東スポの「前澤社長が月旅行キャンセル」報道に怒りのツイート 「言ったもん書いたもん勝ちのこのメディア・・」

34
事実無根。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10047435.html

「焼肉にレモンが付いてくる本当の理由は、これ」 投稿ツイートが物議

332
今日からあなたも焼肉通。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10047576.html

つい物事を先延ばしにしてしまう人。その習慣はマインドフルネスで改善することができるという研究結果

peace-of-mind-349815_640_e

PublicDomainArchive / Pixabay

 最近では「マインドフルネス」に語られる記事やニュースが増えている。これは、今現在起きている経験をあるがままに受け入れ、心を健全な状態に保つことを意味する。

 マインドフルネスは瞑想などの訓練をすることで得られるものなのだが、ストレスの多い現代社会において、心を病む人が急増しているのも注目されている理由の1つだろう。の健康が重要視されていることを象徴しているのだろう。

 最近の研究によると、マインドフルネスは、やらなければならないことを先延ばしにしてしまう習慣がある人にも効果があるそうだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52274557.html

【動画】 照強、関取史上初の珍手「送り掛け」で勝利し場内騒然ww

334
照強が01年初場所で決まり手として導入されてからは、十両以上で初めてとなる「送り掛け」を決め4勝目を挙げた・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10047544.html

【動画】 寝屋川中1男女殺害事件、山田浩二被告の死刑が確定 控訴を取り下げ

21
大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を殺害したとして殺人罪に問われた山田浩二被告(49)が18日付で控訴を取り下げ、求刑通り死刑を言い渡した昨年12月19日の大阪地裁判決が確定したことがわかった・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10047584.html

人がすれ違えないほど狭いので信号が設置された、チェコ・プラハで一番細い道

no title


 チェコ・プラハ旧市街の中心地、マラー・ストラナ地区には、中世の街並みをそのまま残した歴史的建造物も多く、どこへ行っても石畳の狭い路地にぶつかるが、その中でも特に細い道がある。

 どうがんばっても大人がすれ違うことができないくらいその狭い通りは「ヴィナルナ・チェルトフカ(Vinarna Certovka)」と呼ばれている。

 その幅はわずか50センチほど(70センチという説もあり)、カレル橋に近いいくつかの建物の間を抜けて、およそ10メートルほど続いていて、ウ・ルジツケーホ・セミナージェ通りからチェルトフカ運河のほとりにあるレストランまで石段になっている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52274441.html

【動画】 ミスド門司駅前店でとんでもない動画が流出しネット騒然 チョコレートを指でなめ・・

frt
ダスキンが展開する「ミスタードーナツ」の門司駅前店(北九州市)で、元アルバイトの男性が調理場に立ち入り、ドーナツを作る器具や食材に触れる様子を動画に撮影していたことが21日、分かった・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10047537.html

NGT加藤美南、話題の不適切投稿を認め研究生降格処分 「間違えて全ての人に公開してしまった・・」

54
NGT48の公式サイトが21日、更新され、同グループのチームN3でリーダーを務めていた加藤美南(20)について、SNSに不適切な投稿があったとして研究生降格処分とすると発表・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10047529.html

【画像】 新橋でトラックが歩行者を相次いではね観光バスなどに衝突 「バーン!って音がして人が吹っ飛んだ」

554
21日午前9時45分ごろ、東京都港区新橋4丁目の交差点で、トラックなど3台が絡む事故があった・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10047464.html

口角がきゅんっと上がって極上のキャットスマイル。笑顔が魅力の保護猫「チューリップ」の物語(カナダ)

dropped27

image credit:Instagram

 感情や表情はその場にいる人々に感染する。ネガティブなものばかりに目を向けていると、こちらの心も曇ってくるし、その逆にハッピーなオーラを持った人といると、こちらもいつの間にか笑顔になってくるってもんだ。

 カナダのオンタリオの路上で生後2週間くらいの幼い子猫が保護された。

 チューリップと名付けられたその猫は、生まれつき口角が上がっていて、いつも笑顔をたたえているかのような表情を持つ不思議な子猫だった。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52274505.html