Michel Legrand, le 24 février 1932 – le 26 janvier…



Michel Legrand,
le 24 février 1932 - le 26 janvier 2019.

ミッシェル・ルグランは、このアルバムが出た際に、レコード店のイヴェントに見に行きTernesのfnacです;)

その時ふとRER、Châtelet - Les Halles駅で見たミュージシャンのことを思い出し、巨匠ルグランと、メトロの無名のアーティスト、という話を書いてみたい、ずっと思っていたのですが、
なかなか繊細な話でもあり、
そもそもネットに載せて読み飛ばしてもらうようなものでもないので、そのまま、書かずじまいになっていました。。

とにかくもう、どんどん人が死ぬのはやめていただきたい、
それが僕の、偽らざる、心の叫び、
少なくとも、訃報に気づくと、こうしてその日の予定は崩壊、です(笑)

…というわけで、僕の見たあの日のルグランの話など、リリカルな部分は全部諦め、最低限、このアルバムについてのコメントを何点かだけ…;)

まずは、こちらから:

Natalie DESSAY - Patricia PETIBON “Chanson des jumelles”

ご存知、Les Demoiselles de Rochfortロシュフォールの恋人たちdvd)より:

僕の世代のフランス好きの女のコたちは、みんな見てたくらいのものなので(笑)この上詳しい説明は省きますが、

カトリーヌ・ドヌーヴと本作公開年に亡くなった実姉フランソワーズ・ドルレアックの共演作。ニース国際空港へ向かうルノー10運転中の事故、といわれていますが、

この姉・弟を失う、という共通の伝記的経験が、

Elle s'appelait Françoiseに序文を寄せたノーベル賞作家パトリック・モディアノとドヌーヴの親交の基礎にあるとされています。

Catherine Deneuve et Patrick Modiano, Elle s'appelait Françoise

…いうまでもなく、ルグラン音楽ジャック・ドゥミ監督ドヌーヴ主演の大ヒット作シェルブールの雨傘dvd)に続くミュージカル作品。

このアルバムのシンガーNatalie Dessayはかつてコロラトゥーラの名手として日本でもオペラ・ファンにその名を轟かせていたし、
こちらも僕が実際に見た感じ、
またそれ以前に、フランス語が判るようになってインタヴューで話しているのを聞くとガラガラと印象が変わってしまった、といった、その辺りのことも、今回のところは措くとして;)

↑↑のデュエットで共演しているパトリシア・プティボンについてのみ付言しておくと、
自分の妹みたいなもの、とナタリー・ドゥッセもいってたくらいで、レバトワに重なるところも多く、フランスではスター、
1度バスティーユで実演も見たことがあるが、Les Contes d'Hoffmannのオランピア役で、当時妊娠中だったらしく、
そんなゴシップに疎い僕は、
。。オランピアが、妊娠。。うーむ、いったいこの演出の意図は。。??
とフロイト的な迷路を軽くさまよった記憶アリ(笑)
覚えておいていい歌手、と思う。

冒頭のヴィデオ↑↑で、6歳の頃の夢は、カトリーヌ・ドヌーヴになることだった、といっているドゥッセ。
妹分と目するプティボンとの共演では、結局姉のフランソワーズ・ドルレアックのパートを歌っているところも、ちょっと面白いですね:

さて、このアルバムには
Les Parapluies de Cherbourgほかなどからの有名な曲も収められているが、 僕としてはぜひ聴いてみてほしいのが、まず:

La valse des lilas

中間部からのスキャットシンギング。
よくフランスがステキ、パリがステキ!という人がいるけれど、
こういうのを聴くと、ああ、なるほど、
フランスがステキ!って、多分こういう感じのことをいってるのかなぁ。。
と思ったりもする(笑)

冒頭ヴィデオ↑↑のレコーディング風景からも判るように、昔ながらの1発どり式の、時代がかった豪勢な録音スタイルを取っている、と思われ
また、youtubeに数多上がっている二人共演のライヴ・ツアーなどの映像を見ても、
ルグランのスキャットは、ほんとに弾き語りで録っているのだろう。
昔のジャズのシンガー/ピアニストはよくやっていたけれど、
機械頼みの最近のミュージシャンには、まず絶対に真似できない、
本当に、飛び離れた音楽性、ミュージカリテを持つミュージシャンしかプロにはなれなかった、
もう二度と帰ることのない、往時のレヴェルのものすごさが偲ばれる。。

そして最後に、初めてこのアルバムを聴いた時、
パリ市の図書館で借りてきて、レファランスとして参考までに、ながらでざーっと聴き流すだけ、のつもりだったのに、
ガツンと掴まえられて、そこからえんえん、無限リピートに入ってしまったのがこの1曲:

Paris Violon

古今に街を歌った名曲は多いが、
その街の人々やその精神でも、
その街に生きるライフスタイルや感覚、価値観でもなく、
こんなふうに、街そのもの、それ自体に対する愛を歌い上げた曲、
というのはちょっと他にないのではないか。
やはり、パリならでは、というか、
そこに暮らす人でもないし、その街での暮らしぶりでもない。
ただ、ひたすらにパリという街それ自体に対する、説明不可能な、底知れぬ深い愛を改めてしみじみ噛みしめることができ、
思わず涙が浮かんでくる。

日本人、日本語話者に生まれて、多分いちばん素晴らしいことは、
思いやりの心やおもてなし等が判るからではなく(笑)
源氏を読むことができること。
源氏を読んでいると、そう思う。
こういうと、大げさに聞こえるかとは思うが、
それと同じような意味で、
この歌のフランス語が、自然に、順番に、
しみじみと心に入ってくる時、
ああ、本当に、フランス語を勉強して、よかったなぁ。。
と、何度聴いても、そう思う。

Michel Legrand, Natalie Dessay - Entre elle et lui

#フランス語

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。


image

…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: https://yuichihiranaka.tumblr.com/post/182421593796

[ このページを翻訳 ]

Quarantine – All Against The Virus: Brazil Designer Made A Boardgame About Quarantine

During the quarantine period, imposed by the coronavirus pandemic, thousands of people are in their homes trying to make the best of time. Some are reading books, marathoning series, cooking, cleaning or having fun with video games and board games. More: Quarantine – All Against The Virus However, no matter how much we look for something to distract and calm our anxiety, the “coronavirus” issue...

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2020/04/quarantine-all-against-the-virus-brazil-designer-made-a-boardgame-about-quarantine/

【画像】 千鳥・大悟がとてもやつれていると話題に

ee3
宮川大輔さんのインスタに登場。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211087.html

Artist Re-Imagines Classic Paintings To Obey Social Distancing Rules During The Coronavirus Pandemic

People across the globe have been instructed to obey social distancing rules for the foreseeable future amid the coronavirus pandemic. And following the new legislation, German based artist Til Kolare have reimagined a series of classic paintings in accordance with the law. More:

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2020/04/artist-re-imagines-classic-paintings-to-obey-social-distancing-rules-during-the-coronavirus-pandemic/

Italian Photographer Matteo Carella Captures Urban Tokyo In Noir And Neon

Matteo Carella aka adjacent.future is a self-taught photographer from Torre Annunziata (a town near Naples, Italy) currently based in Milan. He loves capturing Tokyo pictures both in daylight and nightlight scene. More: Matteo Carella, Instagram h/t: boredpanda “I’ve travelled a lot in my life, but visiting Asia is a completely different story. I went there in 2015 for the first time...

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2020/04/italian-photographer-matteo-carella-captures-urban-tokyo-in-noir-and-neon/

【画像】 日本人さん、こんな時にコロナ撃退を祈願し神社に大集結してしまう

rfre
ウイルス撃退を祈願。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211250.html

Temporary Tattoos Are Back, And They’re Better Than Ever

If you were lucky enough to have grown up in the 90s, you probably remember transfer tattoos. Cut one, apply on clean skin, press down with a damp towel and hold for a few seconds – and there, you have a tattoo for the next seven to twelve days! They were all the rage back then, but then they sort of… vanished. These tattoos weren’t suitable for teens or adults – they were silly, childish...

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2020/04/temporary-tattoos-are-back-and-theyre-better-than-ever/

【動画】 どうしてこうなった・・ ホームから線路に車が転落、電車遅延で騒然 = JR高山線那加駅

fre
2日朝早くに岐阜県各務原市のJR高山線の駅構内に乗用車が突っ込み、そのままホームから線路に転落しました・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211293.html

異星人は地球人?かつて地球の古代生命体が彗星に乗って地球から脱出していたという説(米研究)

ufo-2147931_640_e

PhotoVision from Pixabay

 ハーバード大学(アメリカ)の研究者が興味深い仮説を提唱している。かつて地球を脱出し、別の太陽系へ飛び立った生命が存在したかもしれないというのだ。

 あり得ない説のように思えるが、これまで人類はまさかの発見を幾度もしてきた。もしそうならロマンが広がるSFみがある話じゃないか。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52289394.html

Getty Museum Challenges People To Recreate Great Works Of Art With Items And People In Their Homes

The J. Paul Getty Museum in Los Angeles challenged those who might be bored while in quarantine to recreate great works of art from the Getty online collection using three items and/or people at their home. The response to the challenge was quite overwhelming and incredibly creative. h/t: laughingsquid View this post on Instagram We challenged you to dig into Getty's online collections and...

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2020/04/getty-museum-challenges-people-to-recreate-great-works-of-art-with-items-and-people-in-their-homes/

【動画】 ガールズバー、苦肉の策でテレビ電話によるリモート営業を始めた結果ww 「何が面白いんだよそれw」「テレクラかww」

fre
まさかのリモート接客。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10211041.html