Michel Legrand, le 24 février 1932 – le 26 janvier…



Michel Legrand,
le 24 février 1932 - le 26 janvier 2019.

ミッシェル・ルグランは、このアルバムが出た際に、レコード店のイヴェントに見に行きTernesのfnacです;)

その時ふとRER、Châtelet - Les Halles駅で見たミュージシャンのことを思い出し、巨匠ルグランと、メトロの無名のアーティスト、という話を書いてみたい、ずっと思っていたのですが、
なかなか繊細な話でもあり、
そもそもネットに載せて読み飛ばしてもらうようなものでもないので、そのまま、書かずじまいになっていました。。

とにかくもう、どんどん人が死ぬのはやめていただきたい、
それが僕の、偽らざる、心の叫び、
少なくとも、訃報に気づくと、こうしてその日の予定は崩壊、です(笑)

…というわけで、僕の見たあの日のルグランの話など、リリカルな部分は全部諦め、最低限、このアルバムについてのコメントを何点かだけ…;)

まずは、こちらから:

Natalie DESSAY - Patricia PETIBON “Chanson des jumelles”

ご存知、Les Demoiselles de Rochfortロシュフォールの恋人たちdvd)より:

僕の世代のフランス好きの女のコたちは、みんな見てたくらいのものなので(笑)この上詳しい説明は省きますが、

カトリーヌ・ドヌーヴと本作公開年に亡くなった実姉フランソワーズ・ドルレアックの共演作。ニース国際空港へ向かうルノー10運転中の事故、といわれていますが、

この姉・弟を失う、という共通の伝記的経験が、

Elle s'appelait Françoiseに序文を寄せたノーベル賞作家パトリック・モディアノとドヌーヴの親交の基礎にあるとされています。

Catherine Deneuve et Patrick Modiano, Elle s'appelait Françoise

…いうまでもなく、ルグラン音楽ジャック・ドゥミ監督ドヌーヴ主演の大ヒット作シェルブールの雨傘dvd)に続くミュージカル作品。

このアルバムのシンガーNatalie Dessayはかつてコロラトゥーラの名手として日本でもオペラ・ファンにその名を轟かせていたし、
こちらも僕が実際に見た感じ、
またそれ以前に、フランス語が判るようになってインタヴューで話しているのを聞くとガラガラと印象が変わってしまった、といった、その辺りのことも、今回のところは措くとして;)

↑↑のデュエットで共演しているパトリシア・プティボンについてのみ付言しておくと、
自分の妹みたいなもの、とナタリー・ドゥッセもいってたくらいで、レバトワに重なるところも多く、フランスではスター、
1度バスティーユで実演も見たことがあるが、Les Contes d'Hoffmannのオランピア役で、当時妊娠中だったらしく、
そんなゴシップに疎い僕は、
。。オランピアが、妊娠。。うーむ、いったいこの演出の意図は。。??
とフロイト的な迷路を軽くさまよった記憶アリ(笑)
覚えておいていい歌手、と思う。

冒頭のヴィデオ↑↑で、6歳の頃の夢は、カトリーヌ・ドヌーヴになることだった、といっているドゥッセ。
妹分と目するプティボンとの共演では、結局姉のフランソワーズ・ドルレアックのパートを歌っているところも、ちょっと面白いですね:

さて、このアルバムには
Les Parapluies de Cherbourgほかなどからの有名な曲も収められているが、 僕としてはぜひ聴いてみてほしいのが、まず:

La valse des lilas

中間部からのスキャットシンギング。
よくフランスがステキ、パリがステキ!という人がいるけれど、
こういうのを聴くと、ああ、なるほど、
フランスがステキ!って、多分こういう感じのことをいってるのかなぁ。。
と思ったりもする(笑)

冒頭ヴィデオ↑↑のレコーディング風景からも判るように、昔ながらの1発どり式の、時代がかった豪勢な録音スタイルを取っている、と思われ
また、youtubeに数多上がっている二人共演のライヴ・ツアーなどの映像を見ても、
ルグランのスキャットは、ほんとに弾き語りで録っているのだろう。
昔のジャズのシンガー/ピアニストはよくやっていたけれど、
機械頼みの最近のミュージシャンには、まず絶対に真似できない、
本当に、飛び離れた音楽性、ミュージカリテを持つミュージシャンしかプロにはなれなかった、
もう二度と帰ることのない、往時のレヴェルのものすごさが偲ばれる。。

そして最後に、初めてこのアルバムを聴いた時、
パリ市の図書館で借りてきて、レファランスとして参考までに、ながらでざーっと聴き流すだけ、のつもりだったのに、
ガツンと掴まえられて、そこからえんえん、無限リピートに入ってしまったのがこの1曲:

Paris Violon

古今に街を歌った名曲は多いが、
その街の人々やその精神でも、
その街に生きるライフスタイルや感覚、価値観でもなく、
こんなふうに、街そのもの、それ自体に対する愛を歌い上げた曲、
というのはちょっと他にないのではないか。
やはり、パリならでは、というか、
そこに暮らす人でもないし、その街での暮らしぶりでもない。
ただ、ひたすらにパリという街それ自体に対する、説明不可能な、底知れぬ深い愛を改めてしみじみ噛みしめることができ、
思わず涙が浮かんでくる。

日本人、日本語話者に生まれて、多分いちばん素晴らしいことは、
思いやりの心やおもてなし等が判るからではなく(笑)
源氏を読むことができること。
源氏を読んでいると、そう思う。
こういうと、大げさに聞こえるかとは思うが、
それと同じような意味で、
この歌のフランス語が、自然に、順番に、
しみじみと心に入ってくる時、
ああ、本当に、フランス語を勉強して、よかったなぁ。。
と、何度聴いても、そう思う。

Michel Legrand, Natalie Dessay - Entre elle et lui

#フランス語

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。


image

…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/182421593796

[ このページを翻訳 ]

【画像】 テレビで紹介された「コンセントの豆知識」が間違っているのではないかと話題に

ftr
プラスとマイナスの概念。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10238836.html

これがあれば身体検査されても秘密がバレない。CIAが開発したスパイ用フェイクふぐり(アメリカ)

0_e21

image by:Tina Krohn for the International Spy Museum

 大事なものは大事なところに隠すのが一番だ。というわけで、1960年代末にCIAの変装担当者トニー・メンデスによって開発されたのが、このフェイク”ふぐり”である。

 ワシントンにある国際スパイ博物館(International Spy Museum)に展示されているこのフェイクふぐりは、中に発信器を隠しておけるようになっている。そして、発信器入りのそれを男性のリアルふぐりにノリ付けする。

 こうしておけば、CIAの諜報員が服を脱がされて、所持品の検査をされたとしても、発信器はバレない。まさかふぐりの中に発信器が仕込まれているなど相手は夢にも思うまい。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52291317.html

This Unbelievable 1959 Curtiss-Wright Model 2500 Air-Car

The Army Transportation Research Command purchased two Curtiss-Wright Model 2500 Air Car ground effects machines (gem) in early 1960. The purchases were for engineering and operational evaluation as part of an ongoing investigation into vehicles for use in the military. h/t: vintag.es Curtiss-Wright had developed the Air Car as a four-passenger commercial vehicle and hoped that it would be...

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2020/05/this-unbelievable-1959-curtiss-wright-model-2500-air-car/

「水800円」で炎上した川越達也シェフ、明かされた意外な生い立ちに驚きの声

9514624
それゆえ、週刊誌でこんな反論もした。「レストランという娯楽の中で、少しでも現実を忘れてほしい」「水がいつも飲んでいる水道水ではさめてしまう」などなど・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10239021.html

КИНО — Мама, мы все тяжело больны Live 2020 via…



КИНО — Мама, мы все тяжело больны Live 2020 via https://www.youtube.com/watch?v=4P8-00Jepps // Концерты группы КИНО в 2020 году: 31.10.2020 Ледовый дворец, Санкт-Петербург https://spb.ponominalu.ru/event/gruppa-kino 1.11.2020 Ледовый дворец, Санкт-Петербург https://spb.ponominalu.ru/event/kino-2020/01.11/19:00 7.11.2020 Минск-арена, Минск 11.11.2020 Арена Рига, Рига https://smartevents.lv/event/19 21.11.2020 ВТБ Арена, Москва https://ponominalu.ru/event/gruppa-kino 22.11.2020 ВТБ Арена, Москва https://ponominalu.ru/event/gruppa-kino/22.11/20:30 Сайт группы: http://kino.band Участники: Александр Титов, Игорь Тихомиров, Юрий Каспарян, Олег Шунцов, Дмитрий Кежватов, Игорь Вдовин Снято и записано на студии Добролёт: http://dobroletstudio.ru/ Режиссер: Даниил Сальхов Продюсер: Кирилл Фролов Оператор-постановщик: Алексей Елагин Операторы: Константин Мордвинов, Людмила Шамраева, Алексей Елагин, Даниил Сальхов, Кирилл Фролов Монтаж: Александр Мухин, Даниил Сальхов Концепты: Паша Хо Анимация: Александр Гомзиков, Михаил Карпов Супервайзер VFX: Михаил Дмитриев Продюсер VFX: Михаил Грушенков (wireframe) Цветокоррекция: Илья Гумеров Дизайн: Иван Макаров Производство Firecat Films: https://www.firecatfilms.ru/

SOURCE: https://motioncollector.com/post/619453951775997952

How Pripyat Would Look If Chernobyl Nuclear Disaster Never Happened

The explosion at the Chernobyl Nuclear Power Plant happened in the early hours of 26 April 1986. Since then, nearly 3,000 square miles of territory in northern Ukraine and parts of Belarus have been depopulated, with 1,000 square miles considered an exclusion zone due to elevated levels of radiation. More: Instagram, Youtube h/t: sputniknews Once populated by more than 47,000 people...

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2020/05/how-pripyat-would-look-if-chernobyl-nuclear-disaster-never-happened/

【画像】 35歳男性と駆け落ちした13歳少女、父親に鎌で斬首される = イラン

66
ロミナさん(13歳)は35歳の男性との結婚を父親に許可してもらえず、駆け落ち同然で自宅から逃げ出した・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10238768.html

子猫からの「今日も1日お疲れさま!」マンチカンの赤ちゃんに笑顔をもらっちゃおう

munchkinkitten6_640


 緊急事態宣言の解除を受けて、各地で少しずつ日常の風景が取り戻されつつある今日この頃。久しぶりの通勤通学に、ちょっぴりお疲れ気味のお友だちも多いのではないだろうか。

 そんなみんなに「お疲れさま!」を言いたくて、ココロ癒される動画をプレゼント。眠りに落ちる前のひと時に、リラックスタイムのお供にも、ぜひまったりゆったり楽しんでほしいな。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52291337.html

Brooklyn-Based Photographer Hannah La Follette Ryan Has, For The Past 5 Years, Captured The Hands Of Passengers On The NYC Subway

In the days leading up to lockdown, she saw a lot of “hand sanitiser, disaster shopping and anxiety. When I took these photos, the public didn’t have much information about Covid-19 and you can see a fear of the unknown.” Shot discreetly, mostly on an iPhone, the prints are being sold to support NYC Health + Hospitals. More: Instagram h/t:

Source

SOURCE: https://designyoutrust.com/2020/05/brooklyn-based-photographer-hannah-la-follette-ryan-has-for-the-past-5-years-captured-the-hands-of-passengers-on-the-nyc-subway/

【動画】 近畿大学で衝撃事件発生 これは助かるのか??

rrr
レスキューを待つ。




続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10239012.html