Michel Legrand, le 24 février 1932 – le 26 janvier…



Michel Legrand,
le 24 février 1932 - le 26 janvier 2019.

ミッシェル・ルグランは、このアルバムが出た際に、レコード店のイヴェントに見に行きTernesのfnacです;)

その時ふとRER、Châtelet - Les Halles駅で見たミュージシャンのことを思い出し、巨匠ルグランと、メトロの無名のアーティスト、という話を書いてみたい、ずっと思っていたのですが、
なかなか繊細な話でもあり、
そもそもネットに載せて読み飛ばしてもらうようなものでもないので、そのまま、書かずじまいになっていました。。

とにかくもう、どんどん人が死ぬのはやめていただきたい、
それが僕の、偽らざる、心の叫び、
少なくとも、訃報に気づくと、こうしてその日の予定は崩壊、です(笑)

…というわけで、僕の見たあの日のルグランの話など、リリカルな部分は全部諦め、最低限、このアルバムについてのコメントを何点かだけ…;)

まずは、こちらから:

Natalie DESSAY - Patricia PETIBON “Chanson des jumelles”

ご存知、Les Demoiselles de Rochfortロシュフォールの恋人たちdvd)より:

僕の世代のフランス好きの女のコたちは、みんな見てたくらいのものなので(笑)この上詳しい説明は省きますが、

カトリーヌ・ドヌーヴと本作公開年に亡くなった実姉フランソワーズ・ドルレアックの共演作。ニース国際空港へ向かうルノー10運転中の事故、といわれていますが、

この姉・弟を失う、という共通の伝記的経験が、

Elle s'appelait Françoiseに序文を寄せたノーベル賞作家パトリック・モディアノとドヌーヴの親交の基礎にあるとされています。

Catherine Deneuve et Patrick Modiano, Elle s'appelait Françoise

…いうまでもなく、ルグラン音楽ジャック・ドゥミ監督ドヌーヴ主演の大ヒット作シェルブールの雨傘dvd)に続くミュージカル作品。

このアルバムのシンガーNatalie Dessayはかつてコロラトゥーラの名手として日本でもオペラ・ファンにその名を轟かせていたし、
こちらも僕が実際に見た感じ、
またそれ以前に、フランス語が判るようになってインタヴューで話しているのを聞くとガラガラと印象が変わってしまった、といった、その辺りのことも、今回のところは措くとして;)

↑↑のデュエットで共演しているパトリシア・プティボンについてのみ付言しておくと、
自分の妹みたいなもの、とナタリー・ドゥッセもいってたくらいで、レバトワに重なるところも多く、フランスではスター、
1度バスティーユで実演も見たことがあるが、Les Contes d'Hoffmannのオランピア役で、当時妊娠中だったらしく、
そんなゴシップに疎い僕は、
。。オランピアが、妊娠。。うーむ、いったいこの演出の意図は。。??
とフロイト的な迷路を軽くさまよった記憶アリ(笑)
覚えておいていい歌手、と思う。

冒頭のヴィデオ↑↑で、6歳の頃の夢は、カトリーヌ・ドヌーヴになることだった、といっているドゥッセ。
妹分と目するプティボンとの共演では、結局姉のフランソワーズ・ドルレアックのパートを歌っているところも、ちょっと面白いですね:

さて、このアルバムには
Les Parapluies de Cherbourgほかなどからの有名な曲も収められているが、 僕としてはぜひ聴いてみてほしいのが、まず:

La valse des lilas

中間部からのスキャットシンギング。
よくフランスがステキ、パリがステキ!という人がいるけれど、
こういうのを聴くと、ああ、なるほど、
フランスがステキ!って、多分こういう感じのことをいってるのかなぁ。。
と思ったりもする(笑)

冒頭ヴィデオ↑↑のレコーディング風景からも判るように、昔ながらの1発どり式の、時代がかった豪勢な録音スタイルを取っている、と思われ
また、youtubeに数多上がっている二人共演のライヴ・ツアーなどの映像を見ても、
ルグランのスキャットは、ほんとに弾き語りで録っているのだろう。
昔のジャズのシンガー/ピアニストはよくやっていたけれど、
機械頼みの最近のミュージシャンには、まず絶対に真似できない、
本当に、飛び離れた音楽性、ミュージカリテを持つミュージシャンしかプロにはなれなかった、
もう二度と帰ることのない、往時のレヴェルのものすごさが偲ばれる。。

そして最後に、初めてこのアルバムを聴いた時、
パリ市の図書館で借りてきて、レファランスとして参考までに、ながらでざーっと聴き流すだけ、のつもりだったのに、
ガツンと掴まえられて、そこからえんえん、無限リピートに入ってしまったのがこの1曲:

Paris Violon

古今に街を歌った名曲は多いが、
その街の人々やその精神でも、
その街に生きるライフスタイルや感覚、価値観でもなく、
こんなふうに、街そのもの、それ自体に対する愛を歌い上げた曲、
というのはちょっと他にないのではないか。
やはり、パリならでは、というか、
そこに暮らす人でもないし、その街での暮らしぶりでもない。
ただ、ひたすらにパリという街それ自体に対する、説明不可能な、底知れぬ深い愛を改めてしみじみ噛みしめることができ、
思わず涙が浮かんでくる。

日本人、日本語話者に生まれて、多分いちばん素晴らしいことは、
思いやりの心やおもてなし等が判るからではなく(笑)
源氏を読むことができること。
源氏を読んでいると、そう思う。
こういうと、大げさに聞こえるかとは思うが、
それと同じような意味で、
この歌のフランス語が、自然に、順番に、
しみじみと心に入ってくる時、
ああ、本当に、フランス語を勉強して、よかったなぁ。。
と、何度聴いても、そう思う。

Michel Legrand, Natalie Dessay - Entre elle et lui

#フランス語

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。


image

…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/182421593796

[ このページを翻訳 ]

京アニ事件で全焼した第1スタジオ、取り壊して碑などがある公園に

551
京都アニメーションの八田英明社長は20日、放火され、全焼した第1スタジオの建物を取り壊し、公園を整備する方針を明らかにした。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10082896.html

宮迫博之と田村亮がTwitterを更新、今日15時から会見へ

tt6
きのう19日に吉本興業との契約を解消となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と20日、ツイッターで謝罪し、きょう午後3時からロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と共に会見を行うと発表した・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10082872.html

寒さに震える野良犬たちの為、バス停の待合所にタイヤのベッドとブランケットを用意した地元の人々(ブラジル)

top

image credit:facebook

 一年で最も寒い冬は誰もが暖かく過ごそうとする季節だ。その一方で行き場のない多くの人や動物たちが凍えながら命を落とす時期でもある。

 この悲しい現実に心を痛めている人の行動が反響を呼んでいる。

 ブラジルのバス停で、冬の寒さに震える野良犬たちがいた。その様子を見過ごせなかったやさしい地元の人々が、彼らのために温かいベッドを用意したのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52277052.html

宮迫博之、引退会見ドタキャンの真相に驚き・・ 吉本と信頼関係崩壊、宮迫は弁護士を立て・・

tt6
謹慎処分となっていた、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)のマネジメント契約を解消したと発表した。宮迫は一度は引退を申し出て、引退会見の会場まで同社が押さえたが、寸前で自ら「契約解消でいい」と告げたという。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10082846.html

国民民主党・平野幹事長、京アニの火災に触れライターを見せ「皆さんの心を燃やしたい 京都みたいになったら困る」

335
国民民主党の平野博文幹事長が19日、滋賀県栗東市で開かれた参院選候補者の個人演説会で、34人の死者を出した「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の火災に触れ、ライターを聴衆に示し「皆さんの心を燃やしたい、という思いで買ってきたが、これを燃やしたら京都みたいになったら困るので、今日は使わない」と発言した。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10082834.html

DCN Video Pick: Korn – YNFM by Andzej Gavriss // Written and…



DCN Video Pick: Korn - YNFM by Andzej Gavriss // Written and Directed by Andzej Gavriss Production Co - Cardel EP - Carla Mooney & Delwyn Ó'Maonaigh Producer - Jared Lundy Service Co - Checkmate Films DP - Nicholas Wiesnet Production Designer - Julija Fricsone-Gavriss 1st AC - Jared Wennberg 2nd AC - Colleen Haley Steadicam - Niels Lindelien Gaffer - Will Ender BBE - Charlie Hayes Key Grip - Tyler Johnson Williams BBG - Andy Grishikian SFX Make up - Dan Gilbert, Nik Derosa Wardrobe Stylist - Paula Tabalipa Edit - Niles Howard Color - Matt Osbourne // The Mill LA VFX by CGF

SOURCE: https://motioncollector.com/post/186411523526

夢を見たい?ならば室温を調節しよう。夢と部屋の温度の以外な関係(スイス研究)

woman-2714174_640_e

Leandro De Carvalho / Pixabay

 あなたは夢をよく見るほうだろうか? あまり見ないほうだろうか?

 基本的にあまり夢を見ないという人は、寝室が寒すぎたり、暑くて寝苦しかったりする場合が多いという。

 スイス、ベルン大学の神経科学者によれば、脳は夢を見ることよりも、まずは体温調整を優先するらしいのだ。だから、夢を見るには、ある程度快適な温度の中で眠らなければならない。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52276002.html

【動画】 「Dragon Ash」の金子賢輔、「Char」の息子らを大麻取締法違反で逮捕

443
 東京都内などの自宅で大麻を所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課は19日、大麻取締法違反容疑で、人気ロックバンド「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」のメンバー、金子賢輔容疑者(33)=京都市下京区=と、「JESSE(ジェシー)」の名前で音楽活動をしている米国籍のマック・ファーデン・ジェシー・ソラト容疑者(38)=東京都品川区戸越=、金子容疑者の知人で岡山県在住の無職の女(25)の3人を現行犯逮捕した。




続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10082818.html

【画像】 ゆきぽよ、超ミニスカのテレビ出演で中身が・・ 「これ放送していいの?」と視聴者騒然

g77
『ゆきぽよ』の愛称でブレイク中のギャル系モデル・木村有希が、7月14日に放送された『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)に出演。推定膝上30cmの〝超ミニスカート〟でひな壇に座り、ギリギリショット連発で視聴者を興奮の渦に巻き込んだ・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10082506.html

【画像】 娘の口の中に謎の「黒い痣」が・・ 母親は心配で涙するも意外な結末

445
アメリカ在住のダリアン・デプレタさん(Darian Depreta)は、最近やっと歯が生え始めたばかりの幼い娘イザベラちゃん(Isabella)の母親だ。ある日のこと、イザベラちゃんと遊んでいると口の中に黒いものが見えた・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10082580.html