Michel Legrand, le 24 février 1932 – le 26 janvier…



Michel Legrand,
le 24 février 1932 - le 26 janvier 2019.

ミッシェル・ルグランは、このアルバムが出た際に、レコード店のイヴェントに見に行きTernesのfnacです;)

その時ふとRER、Châtelet - Les Halles駅で見たミュージシャンのことを思い出し、巨匠ルグランと、メトロの無名のアーティスト、という話を書いてみたい、ずっと思っていたのですが、
なかなか繊細な話でもあり、
そもそもネットに載せて読み飛ばしてもらうようなものでもないので、そのまま、書かずじまいになっていました。。

とにかくもう、どんどん人が死ぬのはやめていただきたい、
それが僕の、偽らざる、心の叫び、
少なくとも、訃報に気づくと、こうしてその日の予定は崩壊、です(笑)

…というわけで、僕の見たあの日のルグランの話など、リリカルな部分は全部諦め、最低限、このアルバムについてのコメントを何点かだけ…;)

まずは、こちらから:

Natalie DESSAY - Patricia PETIBON “Chanson des jumelles”

ご存知、Les Demoiselles de Rochfortロシュフォールの恋人たちdvd)より:

僕の世代のフランス好きの女のコたちは、みんな見てたくらいのものなので(笑)この上詳しい説明は省きますが、

カトリーヌ・ドヌーヴと本作公開年に亡くなった実姉フランソワーズ・ドルレアックの共演作。ニース国際空港へ向かうルノー10運転中の事故、といわれていますが、

この姉・弟を失う、という共通の伝記的経験が、

Elle s'appelait Françoiseに序文を寄せたノーベル賞作家パトリック・モディアノとドヌーヴの親交の基礎にあるとされています。

Catherine Deneuve et Patrick Modiano, Elle s'appelait Françoise

…いうまでもなく、ルグラン音楽ジャック・ドゥミ監督ドヌーヴ主演の大ヒット作シェルブールの雨傘dvd)に続くミュージカル作品。

このアルバムのシンガーNatalie Dessayはかつてコロラトゥーラの名手として日本でもオペラ・ファンにその名を轟かせていたし、
こちらも僕が実際に見た感じ、
またそれ以前に、フランス語が判るようになってインタヴューで話しているのを聞くとガラガラと印象が変わってしまった、といった、その辺りのことも、今回のところは措くとして;)

↑↑のデュエットで共演しているパトリシア・プティボンについてのみ付言しておくと、
自分の妹みたいなもの、とナタリー・ドゥッセもいってたくらいで、レバトワに重なるところも多く、フランスではスター、
1度バスティーユで実演も見たことがあるが、Les Contes d'Hoffmannのオランピア役で、当時妊娠中だったらしく、
そんなゴシップに疎い僕は、
。。オランピアが、妊娠。。うーむ、いったいこの演出の意図は。。??
とフロイト的な迷路を軽くさまよった記憶アリ(笑)
覚えておいていい歌手、と思う。

冒頭のヴィデオ↑↑で、6歳の頃の夢は、カトリーヌ・ドヌーヴになることだった、といっているドゥッセ。
妹分と目するプティボンとの共演では、結局姉のフランソワーズ・ドルレアックのパートを歌っているところも、ちょっと面白いですね:

さて、このアルバムには
Les Parapluies de Cherbourgほかなどからの有名な曲も収められているが、 僕としてはぜひ聴いてみてほしいのが、まず:

La valse des lilas

中間部からのスキャットシンギング。
よくフランスがステキ、パリがステキ!という人がいるけれど、
こういうのを聴くと、ああ、なるほど、
フランスがステキ!って、多分こういう感じのことをいってるのかなぁ。。
と思ったりもする(笑)

冒頭ヴィデオ↑↑のレコーディング風景からも判るように、昔ながらの1発どり式の、時代がかった豪勢な録音スタイルを取っている、と思われ
また、youtubeに数多上がっている二人共演のライヴ・ツアーなどの映像を見ても、
ルグランのスキャットは、ほんとに弾き語りで録っているのだろう。
昔のジャズのシンガー/ピアニストはよくやっていたけれど、
機械頼みの最近のミュージシャンには、まず絶対に真似できない、
本当に、飛び離れた音楽性、ミュージカリテを持つミュージシャンしかプロにはなれなかった、
もう二度と帰ることのない、往時のレヴェルのものすごさが偲ばれる。。

そして最後に、初めてこのアルバムを聴いた時、
パリ市の図書館で借りてきて、レファランスとして参考までに、ながらでざーっと聴き流すだけ、のつもりだったのに、
ガツンと掴まえられて、そこからえんえん、無限リピートに入ってしまったのがこの1曲:

Paris Violon

古今に街を歌った名曲は多いが、
その街の人々やその精神でも、
その街に生きるライフスタイルや感覚、価値観でもなく、
こんなふうに、街そのもの、それ自体に対する愛を歌い上げた曲、
というのはちょっと他にないのではないか。
やはり、パリならでは、というか、
そこに暮らす人でもないし、その街での暮らしぶりでもない。
ただ、ひたすらにパリという街それ自体に対する、説明不可能な、底知れぬ深い愛を改めてしみじみ噛みしめることができ、
思わず涙が浮かんでくる。

日本人、日本語話者に生まれて、多分いちばん素晴らしいことは、
思いやりの心やおもてなし等が判るからではなく(笑)
源氏を読むことができること。
源氏を読んでいると、そう思う。
こういうと、大げさに聞こえるかとは思うが、
それと同じような意味で、
この歌のフランス語が、自然に、順番に、
しみじみと心に入ってくる時、
ああ、本当に、フランス語を勉強して、よかったなぁ。。
と、何度聴いても、そう思う。

Michel Legrand, Natalie Dessay - Entre elle et lui

#フランス語

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。


image

…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/182421593796

[ このページを翻訳 ]

紙ストローじゃマックシェイクが飲みにくいんじゃ!マクドナルドのストローを元に戻してほしい!イギリスで署名運動が開始される

iStock-458948419_e

brittak/iStock

 英国政府は、今年4月、地球環境保護を目的としたプラスチックゴミ削減対策の一環として、プラスチック製ストローやマドラー、プラスチックを芯の原料とする綿棒の販売を禁じる方針を明らかにした。

 早けれ来年にも施行される見通しだが、それに先駆けて、ファストフードの大手「マクドナルド」がイングランドとアイルランドにある1361店舗において、プラスチック製ストローの代わりに紙ストローの導入を開始した。

 ところがである・・・

 ご存知の通りマックシェイクは吸い上げるのに少々てこずる飲み物である。そのストローが紙になったのだから、飲み終わるまでにストローの形状が保てない。

 「これじゃ飲みにくすぎる!」として元のストローに戻す署名運動が開始され、既に3万人が署名しているという。
 

続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273667.html

水原希子、成田空港の入国審査官に苦言「英語勉強して」「Press your fingerぐらい中学生でもできる」

df6
モデルで女優の水原希子(28)が、成田空港の入国審査官の対応に「英語ちょっと勉強して」と苦言を呈した。25日、インスタグラムのストーリーを更新し、成田空港の出入国審査での出来事をつづった・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10033733.html

Mujuice – Die Young!



Mujuice - Die Young!

SOURCE: https://motioncollector.com/post/184454944877

ちょっと行ってくる!セクシーなイケメン偉人たちを本堂の壁に描いた官能絵巻を公開中のお寺(新潟県・国上寺)

emaki1_e


 いつの世も女性の心をとらえて離さないもの、それはイケてるメンズである。

 例え手の届かない存在だったとしても、例えテレビの画面越しであったとしても、イケメンを眺めるのは癒やしだったり眼福だったりするわけだ。

 ってことで、イケメン目当てに参拝するのはありなのかどうか分からぬままに「イケメン官能絵巻」なる興味しか湧かない胸キュン案件が登場したようだ。

 新潟県燕市にある古刹・国上寺にて無料公開されており、セクシーに描かれた偉人たちを堪能できてしまうのである。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273625.html

勝海麻衣さんの騒動、所属事務所が謝罪文を公開 絵の構図を無断で使用したことを認める

67
勝海麻衣さんが描いた絵に盗作疑惑があがっていた件について、 所属事務所Cruva management・HelaHela代表の八谷隆晴さんと勝海さんが26日、同事務所のサイト上で元の絵の構図を無断で使用したことを認める謝罪文を発表しました・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10033790.html

【画像】 歩いてたら外国人にいきなり日本国旗を渡され・・ 詐欺告発ツイートに驚きの声

ft2
日本国旗詐欺。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10033688.html

激しい雨の中、ずぶぬれになりながら見知らぬ葬列車に敬礼を捧げるひとりの兵士の姿(アメリカ)

iStock-1098380616_e

slavemotion/iStock

 SNSの普及により、ちょっとしたことが一瞬にして世界規模で広がっていく時代となった。悪いニュースばかりに目がいきがちだが、良いニュースも同じように拡散されているのだ。

 自分が何を取捨選択するかでSNSに参加する意義は大きく変わる。

 これから紹介するのは、2年前に大きな反響を呼んだ1枚の写真である。それが再び様々なメディアで取り上げられ拡散されている。

 1人の制服を着た兵士が、激しい雨が降る中、車の側に立ち、ある方向を見つめて敬礼している。その光景を撮影し、フェイスブックに投稿したのは、偶然通りかかった地元の女性だった。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273640.html

山口達也「復帰の可能性は0%」の衝撃根拠・・ 関係者の証言に驚き

887
今年9月にデビュー25周年を迎えるTOKIO。それを機に「山口のTOKIO復帰」を報じる一部メディアもあったが、4月24日に発売された『週刊新潮』(新潮社)では「とても無理でしょう」という関係者のコメントを掲載・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10033739.html

京阪・萱島駅で人身事故 「女性が飛び込む瞬間をまともに見た」 3線運転見合わせで騒然

552
萱島駅で騒動が。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10033705.html

アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第35回:室内飼いの猫たちをお散歩させた時の反応

top3


 4月上旬は雪が降ったりしていつ春が来るだろうかと思っていたけど、ようやく暖かくなってきた。いぶり家の庭にも芝生の緑が見え始め、猫たちも心なしかソワソワしているように見える。

 普段室内飼いの猫たちだが、たまに家の庭をお散歩させてあげる。3匹いれば反応も3つ。今回は猫たちを外に出したときの反応をお伝えするよ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273646.html