「地震なんかないよ!」で話題になった東森美和さん、炎上がきっかけで解雇されていた

8699994
昨年、NHKの中継映像に泥酔状態で映りこみ「地震なんかないよ!」と連呼したことで話題になった東森美和さんが、30日深夜放送の「有吉ジャポン」に出演。あの騒動による意外な顛末を告白・・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/8699994.html

【車載映像】 怪しい検挙をしようとした婦警、ドラレコの存在を告げたら態度が急変

8699557
交差点を左折しようとした時、停車しているタクシーを避け黄線をまたいで通過。すると待ってましたとばかりに婦警が飛び出してくる。婦警は一方的に検挙しようとするが、ドラレコの存在を告げると態度が軟化。ドラレコは必要だなあと実感できる動画です・・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/8699557.html

映画裏事情:本当は死ぬはずだったが、諸事情により生きながらえた14の登場人物

0_e19


 映画において、脚本段階では死ぬはずだった登場人物が生きながらえるというケースがある。感情移入した登場人物が死なれたら、そりゃもう後味悪いだろうし、ハッピーエンドが好まれるハリウッド映画界においてはことさらだ。

 あたしだって漫画”ワンピース”でエースが死んじゃった時、「うそでしょ?生き返るよね?白ひげは百歩譲ってしょうがないとしても、エースだけは生き返ってくれなきゃやだ、絶対!」と思って、エースが死んだ回以降、生き返るまでは読まないと心に決めちゃったくらいだ。

 でもって、いまだに続きを読んでいないのでどんな展開になっているのかまったくわからないわけだが、映画業界の場合、いろんな人が絡んで来たり、続編の関係があったり、大人の事情があったりで、死ぬはずの人が死なない場合があるのだ。ってことで、ここでは本当は死ぬ設定だった14の映画の登場人物たちを見ていくことにしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183732.html

柔道の小川直也氏、道場の子どもに暴力か。 陳述書に「中学生に絞め技で気絶、口に氷を詰める」

8699429
柔道五輪銀メダリストの小川直也氏が道場長を務める小川道場で、小川氏が継続的に暴力をふるっていたとする陳述書が、指導料の支払いを巡る訴訟の中で被告側の元道場生の親から出されていることが明らかに。 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/8699429.html

ぎゃ、逆に?「私は毛虫です。鳥のヒナとかじゃありません」。毒毛虫に成りすますハイイロモンキタイランチョウのヒナ

0_e1


 動物の擬態ってやつは実に面白い。身を守るため、あるいは捕食活動の為にほかの動物たちの目をうまく欺く。アマゾンに住むハイイロモンキタイランチョウのヒナは、毛むくじゃらな毒毛虫に擬態するという。上の写真を見る限り、確かにオレンジ色した毛虫にしか見えないね。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183505.html

「パチンコ換金は非合法」 東証、ホール業者の上場認めず

8699459
パチンコ業界が行っている出玉景品の換金行為は、刑法の賭博禁止に抵触する法令違反の疑いがあるとして、東京証券取引所がパチンコホール業者の新規上場を受け付けない方針であることが明らかに。業界は資金獲得や信用強化のため株式の上場を狙ってきたが・・
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/8699459.html

Bob Eggleton – Aliens with big heads



Bob Eggleton - Aliens with big heads

SOURCE: http://sciencefictiongallery.tumblr.com/post/109654608313

偉人たちもこんなにお茶目だった。10人の偉人たちがしでかした、いたずらエピソード

0_e0


 ノーベル賞を受賞した初めての女性はそう、マリー・キュリーのである。我々が良く目にする。まじめくさったフランクリン・D・ルーズベルトもそうとうやんちゃだったらしい。彼らの成し遂げた偉業からは想像もつかな、いたずらエピソードが特集されていた。真面目一辺倒だと思われていた歴史上の人物が、こんないたずらをしていたというのだから逆に親近感がもてるね。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183513.html

Armand, 1950s.



Armand, 1950s.

SOURCE: http://sciencefictiongallery.tumblr.com/post/109653631758

黒煙を上げて飛ぶ中国ステルス機、海外メディアが驚く

8699522
中国が開発している国産次世代ステルス機・FC-31(殲-31)が航空ショーで披露された際に、黒煙を上げて飛ぶ姿に海外メディアが驚きをもって伝える。 「ステルス性に影響はないのだろうか」「機動性不足の感が否めない」・・・ 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/8699522.html