Photographers Capture 25 Examples of Animals Staying Warm in Unusual Ways

Bird Staying Warm Laptop

Spring may already be here, but when the sun is out, or a toasty laptop is nearby, be on the lookout for random animals trying to keep warm. Above, we have a bird who has found the perfect spot on a laptop and couldn't be more satisfied. On a related note, did you know that birds tend to get puffier in winter, just like the coats people wear? A bird's body heat warms the air between its feathers, so they fluff up in the cold to trap as much air in their feathers as possible. The more trapped air, the warmer the bird. Continue reading for more.

SOURCE:

[ このページを翻訳 ]

太陽の250万倍明るい「巨星」が忽然と消失する謎の現象が観測

巨大な変光星の消失

巨星が跡形もなく消えるミステリー image by:ESO

 謎に満ちた宇宙でまたも新たなミステリーが観測されたようだ。太陽の250万倍も明るかった巨大な星が、忽然として姿を消してしまったのだ。

 『Monthly Notices of the Royal Astronomical Society』(6月30日付)に掲載された研究では、この失踪事件の謎について推理が展開されている。

 はっきりしたことは分からない。だが可能性の1つとして、その星が死んだとき、超新星になることなくブラックホールになってしまったという線が考えられるそうだ。

 仮にこれが正しいのだとすれば、「このようにして生涯を終えた怪物のような星の姿を初めて直接検出した」事例になると、アンドリュー・アラン氏(アイルランド、ダブリン大学トリニティ・カレッジ)は声明の中で述べている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292404.html

【画像】 「駐輪場の自動精算機から、とんでもない硬貨が出てきたんだが・・」 どうしてこれが機械の中に??

fre
「駐輪場で500円払ったらお釣りで5元出てきたんだがwwwwwwガチワロタ」とツイートしたのはこんすら(@Konsura77)さん。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10256158.html

コロナ感染対策。顔を手で触ろうとすると震えるペンダントをNASAが開発

顔を触るのを防ぐ振動ペンダント


 アメリカではここ数日、1日で5万人以上が感染し、7月3日現在で285万人以上となった新型コロナウイルス患者。収まるどころかその勢いは増すばかりだ。日本でも近ごろ感染者の再急増が報じられており、まだまだ予断を許さない状況となっている。

 感染予防として、手洗い、マスクの着用などはもはや常識となっているが、人は本能的に「顔を触ってしまう」習慣があるため、気を付けていても、ウイルスが目や口に入ってしまう可能性がある。

 そこで、NASAのジェット推進研究所JPLは、ペンダント型の端末「PULSE(パルス)」を開発した。着用者の手が顔に近づくたびに振動で知らせてくれるので、うっかり顔を触ってしまうのを防ぎ、感染リスクを減らすのに役立つという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292380.html

電通が「アマビエ」を商標登録出願したことが判明しネット騒然 「なんでも金に持っていく」「のまネコ騒動再来か」

yt
色々商品展開の予感。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10256299.html

【画像】 熊本の老人ホーム千寿園で14人が心肺停止、3人が低体温症

ggtr
記録的な大雨で球磨川が氾濫した熊本県球磨村ではあふれた水につかった特別養護老人ホームで合わせて14人が心肺停止となっています。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10256285.html

どこの国のを食べてみたい?世界14か国のミリメシ(戦闘糧食)をプレートに乗せてセッティング

14か国の戦闘糧食

世界の戦闘糧食 image credit:U.S. MRE (Menu 10 - Chili & Macaroni)

 軍隊や自衛隊で支給される戦闘糧食(レーション)として知られるミリメシは、保存性・携帯性に優れ、すぐに食べられることから特にアメリカではMRE(Meal Ready-to-eat)とも呼ばれている。

 辛い任務の間、食べることを娯楽としている兵士たちにとって、栄養面でも量でも満足できるよう常に改良がなされているというミリメシは、クラッカー、缶詰のパスタ、シチュー、パテ、チョコレートなど世界によってその中身が異なる。

 SNSでのアカウント名“Alduin Hearth”を持つフィリピン人YouTuberデイヴィッド・ホンさん(30歳)は、世界14か国のミリメシをYouTubeで紹介しているが、それぞれのミリメシにお国柄が反映されたりなんかして、ちょっと興味深い。早速、見てみよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292345.html

コロナ感染が判明した大物配信者、容態が急変して救急搬送される

fr4
肺と心臓がいたい。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10256270.html

人気VTuberが活動休止を発表 「出会い系サクラ」の過去明かし批判殺到で炎上 

rg
バーチャルユーチューバー(VTuber)グループ「にじさんじ」を運営する「いちから」(東京都)は、所属するVTuber「夢追翔(ゆめおいかける)」が活動を休止すると2020年7月3日に発表した。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10256251.html

継父は思わず涙ぐむ。父の日に受け取ったのは、娘が大切に保管していた大量の付箋。それは見覚えのある…

父の日のプレゼントに涙


 先月21日は父の日だったが、アメリカで父の日に合わせて大好きな継父に最高のプレゼントをした女性のツイートが人々の心を揺さぶっている。

 その女性は21歳のソフィアさん。プレゼントを受け取ったのは彼女の継父のブライアンさんだ。

 愛する娘からもらった包みを大喜びで開けたブライアンさん。ところが中から現れた見覚えある黄色いメモに感極まってしまう。
 
 額の中にきれいに並べてある大量の付箋。なんとそれらは中学校時代にうつ病などを患っていたソフィアさんのために、ブライアンさんが毎日欠かさず書いていた励ましのメッセージだったのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292353.html

西日本新聞「コロナで死亡(977人)する可能性よりも、インフルエンザ(3571人)や交通事故(4295人)で死亡する確率の方がはるかに高い」

r6
東京都の新規感染者が107人に上った2日夕、安倍晋三首相は官邸で日本医師会の中川俊男会長と会った。「ワクチン開発が予想以上に早く進んでいますね」と自ら話題を振った首相。「夜の街」「昼カラオケ」など対策強化の必要性に触れたが、それ以上の言質は与えなかった。


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10256229.html