Rita Kluge’s Distinctive Photos Capture The Humpback Whale Calving Season In The South Pacific

1
Photo by Rita Kluge/The Guardian

With the humpback calving season drawing to a close, here’s a look at some of Rita Kluge’s distinctive marine photos from the south Pacific. The Sydney-based photographer fell in love with whales after witnessing southern rights from the New South Wales coastline as they travelled to and from their feeding grounds in the Antarctic. She has since been to Tonga, where humpbacks breed and calf in winter months, to photograph them in the water.

More info: Rita Kluge, Instagram, Facebook

2
Photo by Rita Kluge/The Guardian

“To look into a whale’s eye is life-changing”, she says. “When you’re right next to dolphins, sharks, whales, turtles – (close enough) that you could reach them for a tickle – it’s not surprising that you just fall for them”.

3
Photo by Rita Kluge/The Guardian

“You’re kind of in a trance, like a dream. It’s not like the polluted or busy world we live in. It’s just pristine and quiet and pretty and still … well, not if surfing with dolphins, of course”.

4
Photo by Rita Kluge/The Guardian

“You want to get close but not that close that you lose your gear. I mean, whales know not to hit you, but calves can get very, very playful and you just need to be able to read their body language and pull back in time. When a calf is swimming straight at you, (the guides tell you) don’t move, but watch their tail as they’re still a bit clumsy”.

5
Photo by Rita Kluge/The Guardian

“Every whale is different. You get a feeling of what to do”.

6
Photo by Rita Kluge/The Guardian

“To look into a whale’s eye is life-changing and humbling. Well, it’s the same with dolphins but they are mostly very fast in the water. A whale’s eye is unexpectedly looking, just like a human eye, kinda checking you out”.

7
Photo by Rita Kluge/The Guardian

“You stop photographing and wave to them just to say thank you. It’s emotional, maybe like a blessing. I can’t explain it better, you just have to go and see yourself”.

8
Photo by Rita Kluge/The Guardian

“Looking through that wide-angle lens you get a shock or thrill to see how close you actually are. We are just little dots in the water next to a 14 metre whale which weighs about 35 to 40 tonnes”.

9
Photo by Rita Kluge/The Guardian

“I had a totally unreal moment when a 4 metre humpback calf, about 2-3 months old, was going straight towards me. I thought, wow, that’s cool! Then he stopped right in front of me and I started to giggle. He was standing upright, he looked like he was asking: ‘Hey will you play with me?”.

10
Photo by Rita Kluge/The Guardian

SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/dyt/~3/2B6JdYF2cZ0/

[ このページを翻訳 ]

ホッキョクグマの子育て風景をのぞき見。子熊たちのコロコロかわいさに胸キュン

dropped57

image credit:Instagram

 母さんが教えてくれたことって大人になっても身についていたりする。どこのご家庭のお母さんもけして完璧じゃないんだろうけど、全力なのは間違いない。動物の母さんの無償の愛には時々はっとさせられる。

 今回は、北の大地でお暮しのホッキョクグマの親子たちの子育て風景に思いをはせてみようじゃない。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292801.html

永久凍土に埋まっていた3万2000年前の植物を蘇らせることに成功。その秘密を探る研究が始まる

3万2000年前の植物を再生

3万2000年前の植物を再生 image by:A 32,000-year-old plant blooms again

 ロシア細胞生物物理学研究所の科学者らは、シベリアの永久凍土に埋まっていた32,000年前の植物の果実から、被子植物を復活させることに成功した。

 その植物は、「スガワラビランジ(学名 Silene stenophylla)」という、白い花を咲かせるシベリアの固有種だ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292726.html

【画像】 戦慄かなの、裏垢がリークされ薬物のようなものが写っている画像が晒されてしまう

e1
戦慄かなのさん、ZOC卒業をめぐり泥沼バトル勃発か。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10261381.html

東京民、静岡の温泉宿を予約したら・・ とんでもない対応に怒り 「バイ菌扱い」

ftr
バイキンマンさんも苦笑い。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10261370.html

日本最古の漫画「鳥獣人物戯画」を全身にまとったベアブリックの限定品が販売開始

00_e

image by:7net.omn

 京都市右京区の高山寺に伝わる紙本墨画の絵巻物で国宝である「鳥獣人物戯画」は、平安時代後期から鎌倉時代初期に描かれたと言われており、動物や人物を戯画的に描いたもので、日本最古の漫画とも称されている。

 特に擬人化されたウサギ・カエル・サルなどの絵柄はかわいくて、令和の世にいたってもファンが多い。

 その鳥獣人物戯画をタトゥーのように全身にプリントしたベアブリック(BE@RBRICK)が7月22日14時より数量限定で予約販売が開始されるそうだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292767.html

木下優樹菜がブチ切れ、「一般人なんで結婚させてもらう」と事務所に啖呵・・ 関係者の証言に衝撃

33
「ユッキーナは、不倫相手だった30代男性ミュージシャンAさんに対する強い想いが抑えきれなかったようです」(木下を知る関係者)・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10261485.html

島根の女子大生、クラスターの劇場で鑑賞後に感染、戻った後も通学していた キャンパス立ち入り禁止に

dee
島根県は14日、出雲市に住む県立大の10歳代の女子学生が新型コロナウイルスに感染していると確認したと発表した。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10261471.html

高齢の人ほどマスク着用などコロナ感染予防対策をしていないことが日本を含む27か国の調査で判明(英研究)

高齢者とコロナ感染予防

高齢者はコロナ感染予防に積極的ではない傾向/iStock

 世はまさにポスト・コロナ社会。感染予防のために、マスクの着用や手洗いの徹底、社会的距離の実行が望ましいという認識は、世界共通となった。

 新型コロナは軽症でも後遺症があるという研究結果も報告されており、誰にとっても危険なものであるが、特にリスクが高いとされているのが高齢者だ。発症したときに高齢者が入院・死亡する可能性は、若い年代に比べて圧倒的に高い。

 だが、高齢者がコロナ感染予防策を積極的に守っているかと言えば、そうでもないらしい。もちろん個人差はあるが、自己隔離やマスク着用の割合が低いことが、日本を含む27か国7万2000人以上を対象とした調査で明らかとなった。

  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292777.html

ムロツヨシ、黒木華との14歳差熱愛が発覚 黒木のマンションに通い愛

e2
ムロツヨシ(44)が黒木華(30)の住むマンションに通っていると発売中の「女性セブン」が報じている。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10261453.html

【画像】 ナンパ断られ女性を何度も殴り鼻を骨折、腹を蹴る 無職・松岡龍馬容疑者(38)のご尊顔が公開される

fere
池袋駅近くで声をかけた女性から断られたことに腹を立て、女性の顔を殴り、けがをさせた疑いで男が逮捕された。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10261428.html