RIVIAN R1S ELECTRIC SUV



After capturing our attention with their spectacular R1T Electric Truck, Michigan-based Rivian have blown our mind once again with their seven-seat electric SUV - the R1S. Clearly picking up design cues off a Range Rover, the all-electric family SUV is built on the same platform as the pickup, and other than its shape, the R1S mostly matches the R1T pickup truck blow for blow. Like the R1T, Rivian plans to offer the R1S with either a 136 kWh or 180 kWh battery pack (700 horsepower and 826 pound-feet of torque) that can reach 400 miles on a single charge and will hit 80 percent battery power in under an hour using DC fast charge. Zero to 60 mph arrives in a ridiculous three seconds. The interior features lots of wood elements mixed with sturdy fabric, plus several high-tech features including several touchscreens. The R1S will also be outfitted with sensors capable of allowing the SUV to drive itself in certain situations.

SOURCE: http://feedproxy.google.com/~r/BlessThisStuff/~3/RCXNH-DOOQs/

[ このページを翻訳 ]

なぜピザで事故るのか?アメリカでピザ関連の事故が急増している件

pizza-1209748_640_e

Free-Photos/pixabay

 アメリカ人が大のピザ好きであることはこれまでにもカラパイアで伝えて来た。ピザの自販機が大学構内に設置されたかと思えば、本物のピザをアクリル樹脂に詰め込んだオブジェが販売されるなど、アメリカ人のピザ愛は止まらない。

 アメリカ人は現金報酬よりもピザで報酬を払ってもらった方がやる気が出て効果的という研究結果も報告されている。

 そんなピザ大好きアメリカ人がピザを消費する量は、年間にして恐らく相当なものといえるはず。しかし、それに乗じてピザ関連の事故も増加しているようなのだ。

 って、ピザでどんな事故発生!? 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52287770.html

【動画】 倖田來未、「スッキリ」でまさかのやらかしで騒然ww 「生でやり直す倖田來未」

57
倖田來未さん、やらかす。




続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10191435.html

クルーズ船の岩田健太郎氏を追い出した人物、厚生労働副大臣だった 告発内容には触れず勝手に侵入したと釈明

33
丁寧に船舶からご退去をいただきました。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10191477.html

籠池泰典被告に懲役5年の実刑判決 妻の諄子被告に懲役3年執行猶予5年

re
学校法人・森友学園をめぐる補助金詐欺事件で、詐欺罪などに問われた前理事長の籠池泰典被告に対して大阪地裁は懲役5年の実刑判決、妻の諄子被告に対して懲役3年執行猶予5年の判決を言い渡しました・・


続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10191458.html

施設で出会った歩けないチワワと飛べない鳩がベストフレンドになるまでの物語(アメリカ)

cover_e12

image credit:The Mia Foundation - Love For Mia/Facebook

 ブリーダーのもとで障害を持って生まれてきた犬猫などの動物は、安楽死させられるケースが多いという悲しい事実がある。しかし、そうした動物たちを救おうと日々を捧げる人たちもまた存在する。

 アメリカのニューヨークにある非営利の財団では、障碍を持って生まれてきた動物たちを積極的に引き取り、特別なケアを行いながら、可能な限り引き取り先を見つけようと尽力している。

 その財団が運営する救済施設に、脚が不自由な1匹のチワワがやって来た。チワワに、施設の永住者となっている鳩と引き合わせたところ、出会ってすぐに意気投合し、両者は強い絆を育むようになったそうだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52288008.html

【画像】 京浜東北線・蕨駅で乗客がホームで倒れAED救護と非常停止ボタン祭りで地獄絵図

47
急病人の乗客、ホームで倒れていた 続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10191427.html

【画像】 西武池袋線で人身事故 「女性が遮断機を跨いで線路内に侵入」 3線運転見合わせで大混雑

drt
西武池袋線で騒動が。



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10191416.html

【動画】 岩田健太郎氏、クルーズ船内部の劣悪な状況を告発 「日本の感染対策はアフリカより劣悪、内部はCOVID-19製造機」

33
おそろしい情報が流れてきました。岩田先生のダイヤモンド・プリンセスにおける感染対策を告発する動画です・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10191396.html

採血の失敗から解放されるかも。一発で決めてくれる採血上手なロボットが誕生(米研究)

iStock-1184804468_e

Madrolly/iStock

 病院での採血は基本的に医師か看護師、臨床検査技師などが行っているが、時に失敗が生じることがある。特に患者の血管が細かったり固かったり、皮下脂肪が多かったりする場合に起こりやすいのだが、何度もグリグリ針を刺されるのはちょっとうんざりだ。

 なるべく経験豊かで上手な人にお願いしたいのだが状況的にそれが許されない場合もある。だがこの問題が解決する未来が来るかもしれない。

 将来的に、ロボットが安全確実に一発であなたの血管から血を抜き取ってくれるようになるかもしれないのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52288012.html

【画像】 「麒麟がくる」まさかの艶シーンに視聴者騒然ww 「伊平次が自然現象www」

ty
第5話では、同局のゴールデンタイムドラマとしては珍しい“艶っぽいシーン”が放送され、話題を集めたという・・



続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10191254.html