Selection of Finalists for Bird Photographer of the Year 2021


Brian Matthews

These are a selection of the finalists of the prestigious Bird Photographer of the Year 2021 Photo Competition. With species from around the world, the shortlist offers a stunning look at birdlife across the planet. Highlights range from a face-off between a white-tailed sea eagle and fox in Japan, to a nuthatch landing in a garden in Solihull, UK.

Will Nicholls, director – Bird Photographer of the Year, explains: “This year we saw an incredible 22,000 entries into the competition, with images coming in from all over the world. The standard of photography was incredibly high, and the diversity in different species was great to see. Now the judges are going to have a tough time deciding the winner of the competition!”

Winners are announced 1st September 2021, and the next contest opens later that month.

More: Bird Photographer of the Year, Instagram h/t: petapixel


Daniel Zhang


Li Ying Lou


Øyvind Pedersen


Terry Whittaker


Daniela Anger


Gail Bisson


Tom Schandy


Mark Sisson


Diana Schmies


Scott Suriano


Irene Waring


Fahad Alenezi


Irma Szabo


Raymond Hennessy


Brad James


Amanda Cook


Andy Parkinson


Zdeněk Jakl


James Wilcox


David White


Aguti Antonio


Gábor Li


Mark Williams


Tzahi Finkelstein


Daphne Wong


Anupam Chakraborty


Taku Ono


Thomas Vijayan


Eirik Grønningsæter


Mario Suarez Porras

SOURCE: https://designyoutrust.com/2021/04/selection-of-finalists-for-bird-photographer-of-the-year-2021/

[ このページを翻訳 ]

古代エジプトにあった3400年前の「失われた黄金都市」が発見される

古代エジプトの失われた黄金都市が発掘

credit:Ministry of Tourism and Antiquities

 エジプト、ルクソールの北側で、「失われた黄金都市」と呼ばれる3400年前の古代都市が発掘されたそうだ。

 ワインボトルの粘土製の蓋には、第18王朝のファラオ、アメンホテプ3世(在位 紀元前1386~前1353年)を表す象形文字が刻まれていたとのこと。その治世は概ね安定しており、古代エジプトの力が国際的にも最高潮に達していた時代だ。

 遺跡からはさまざまな遺物が発見されており、装飾品・家具・陶器といった品物の生産に特化していた可能性がうかがえるという。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301124.html

【画像】 東京メトロ千代田線・湯島駅で人身事故 「リュックを置いてホームドアを乗り越え」「緊急停止スイッチを押したが間に合わなかった」

57
湯島駅で事故。

続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10379114.html

【動画】 新宿区のマンション地下駐車場に6人閉じ込められ1人死亡3人重体 誤って二酸化炭素を放出

gy7
15日夕方、東京 新宿区のマンションの地下駐車場で、消火設備の点検をしていた6人が中に閉じ込められました。このうち3人が意識不明の重体だということで、警視庁などはほかにも取り残された人がいる可能性があるとみて調べています。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10379092.html

悲報。花粉症は年々酷くなっている。その意外な原因とは?(アメリカ)

花粉症は年々ひどくなっている

photo by iStock

 桜や菜の花が咲き誇り、新たに芽吹いた新緑がまぶしい春。一年で一番色彩が豊かなこの季節も、花粉症の人にとっては憂鬱な季節でしかない。

 別の意味で春の風物詩になってしまった花粉症だが、どうもそれは日本だけのことではないようだ。一口に花粉症といってもそのアレルギーを引き起こす花粉には様々な種類がある。

 アメリカでは2000年の時点で10人に3人が花粉症で苦しんでおり、しかもその人数はますます増え続けているそうだ。

 その原因の1つは地球温暖化にあるという。冬が短くなれば、植物はそれだけ長い間成長することができる。それはつまり、それだけたくさんの花粉を飛ばせるということだ。

 そしてもう1つ、アメリカでは意外な原因があるらしい。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301121.html

フジ女子アナだけじゃない・・ 大量ステマ疑惑が他局人気アナに拡大 「怪しいのがいっぱいある。番組が立ちいかなくなる」

ghjj
文春によると、事の発端は、井上清華アナの足の指がネイルサロンのサイトで公開されていることについて、ある週刊誌がフジに問い合わせたことだった。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10378987.html

【画像】 松たか子が撮影現場に本気で差し入れ ⇒ パン屋みたいになってるwwと衝撃走る

hjhyt
4月13日に放送がスタートし、話題沸騰中のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』。そんな中、SNS上では主役・大豆田とわ子を演じる松たか子さんが撮影スタジオに巻き起こした「春のパンまつり」が大きな注目を集めている。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10379000.html

女性ドライバーが縦列駐車に苦戦、見かねた女性が誘導するも衝撃の結末が待っていた!

女性ドライバーによる縦列駐車、衝撃の結末が待っていた!


 私もこれが大の苦手だ。縦列駐車をするぐらいならその用事をキャンセルするくらいには避けて通りたい駐車方法である。

 え?このスペースなら余裕でしょ、とか、モニターにライン表示されてるでしょ、と言われようとも、前後左右の空間を把握しようとすると脳の配線がキシキシゆがむんだものしょうがないじゃない。

 で、この女性も縦列駐車に苦戦していたようで、何度もトライ。それを見かねた女性が誘導をかって出てくれたようだ。ところが...

 予想の斜め上を行く衝撃の結末がまっていたのだ! 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301131.html

【画像】 ガンバレルーヤよしこ、チーママ時代の写真が公開されネット衝撃 「別人」「美人すぎ」「矢井田瞳かと・・」

gy7
吉本興業の公式インスタグラムが14日に更新され、お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしこ(30)の9年前の履歴書写真が公開された。
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10379032.html

細野豪志さん「トリチウム水毎日飲んでる」 ⇒ バカ「水道局員に謝れ」 ⇒ 元水道局員「トリチウム入ってます」

gdfyyt
細野豪志「トリチウム水毎日飲んでる」
続きを読む

SOURCE: http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10379003.html

最後の通信に思わず涙。ハイウェイ・パトロール隊員を37年間務めた男性が退職する日

パトロール隊員、最後の任務に思わず涙

image credit: youtube

 アメリカ・アリゾナ州公安局に所属し、ハイウェイ・パトロール隊員として37年間勤務してきた男性が、退職する日、最後の任務を終えた。

 彼は長きにわたり、自分の仕事に誇りをもち、日々献身的に従事してきた。今日でその仕事も終了だ。非常に感慨深いものがあっただろう。これが最後となるパトカー内からの無線連絡を、涙なしに応答することはできなかった。『az.central』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52301104.html