舌を使って操作する。ハンズフリーなマウスピース型コントローラーが登場(ドイツ研究)

マウスピース型コントローラー


 タブレットでレシピを見ながらお料理中、画面をスクロールさせたいが汚れた手を一旦洗ってからでは面倒だ。

 一心不乱にピアノを弾いているとき、気がつけば電子譜面のページをめくらねばならないところまできた。両手を鍵盤の上から離すわけにはいかない。

 この「[In]Brace(インブレース)」は、そんな状況を想定して作られたマウスピース型コントローラーだ。両手がふさがっていても舌を使ってデバイスを操作することができるのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293475.html

顔認証できると話題のマスクを実際に購入した人々の反応

マスクしてても口が見える、プリントマスクが大人気

マスクしてても口が見える、プリントマスクが大人気 image credit:terri_merjano / Instagram

 コロナをきっかけに世界に認知された衛生マスクは今やすべての人に欠かせないものになった。

 だが常時マスクの弊害として、顔を覆うと作動しない顔認証システム問題も浮上、その解決に取り組む必要も生じている。

 そんな中、一躍話題になったのがデザイナーのダニエル・バスキンさんがツイッターに投稿したカスタムマスクだ。

 その是非や効果はさておき、本来なら隠される顔半分をプリントすることで一見マスク無しにみえるであろうアイデア商品は多くの人をポチらせた。

 しかしいざ実物をつけてみて通販アルアルな失敗を悟った人もいたもよう。見本通りのマスクを期待した人々の自虐を兼ねたやらかしレビューをご覧いただこう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293420.html

3分間は無敵状態をつらぬけそう。ウルトラセブン警備隊仕様のスーツやスウェットが販売開始(タケオキクチ)

ウルトラセブン警備隊スーツ

ウルトラセブン警備隊仕様のスーツが爆誕 image by:TAKEO KIKUCHI ONLINESTORE

 メンズブランド「TAKEO KIKUCHI (タケオキクチ)」が、地球の平和を守るため、ウルトラセブンと手を組んだ。

 「ウルトラセブン コレクション for TAKEO KIKUCHI」は、特撮TVシリーズ『ウルトラセブン』をモチーフに、スーツやスウェットセットアップ、シューズやバッグ、Tシャツなどをデザインしたもので、公式オンラインストアで先行予約販売中、実店舗では7月22日より展開される。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292931.html

猫の中にたくさんの小さな猫!猫を作るために猫を集める木製ジグソーパズルが販売中

猫づくしな猫型ジグソーパズル

猫づくしな猫型ジグソーパズル image by:Nervous System

 コロナの影響で外出自粛している人が多い中、おうち時間を利用したジグソーパズルの売れ行きが好評だそうだ。

 そんな中、満を持して登場したのが、猫好きの人のための猫の群れパズルである。ピースを組み合わせると巨大なレインボーカラーの猫が仕上がるのだが、その中にはいろんな形をした猫型のピースが含まれている。

 まさに猫尽くしな木製のジグソーパズルなのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292823.html

日本最古の漫画「鳥獣人物戯画」を全身にまとったベアブリックの限定品が販売開始

00_e

image by:7net.omn

 京都市右京区の高山寺に伝わる紙本墨画の絵巻物で国宝である「鳥獣人物戯画」は、平安時代後期から鎌倉時代初期に描かれたと言われており、動物や人物を戯画的に描いたもので、日本最古の漫画とも称されている。

 特に擬人化されたウサギ・カエル・サルなどの絵柄はかわいくて、令和の世にいたってもファンが多い。

 その鳥獣人物戯画をタトゥーのように全身にプリントしたベアブリック(BE@RBRICK)が7月22日14時より数量限定で予約販売が開始されるそうだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292767.html

昆虫食がさらに身近に!アーモンドを食べて更に香ばしくなった「昆虫ロースト 広島こおろぎ」が販売中(※昆虫出演中)

アーモンド風味の昆虫ロースト、広島こおろぎ


 さかのぼること7年前、国連食糧農業機関(FAO)は食糧問題の解決策のひとつとして、栄養価が高く環境への負荷も少ない昆虫食を推奨する報告書を出した。

 これをきっかけに、世界各国で昆虫をおいしく食べる試みが展開され、様々な昆虫食が登場して現在にいたるわけだ。

 日本には、伝統的に昆虫を食べる地域もあり、その調理方法やおいしく食べる工夫も一歩先を行けてる感がある。少し前に無印良品が販売した「コオロギせんべい」とか売り切れ続出だし。

 そして今回、満を持して登場したのが、アーモンドをたっぷり食べて育った広島こおろぎのローストである。形状はこおろぎそのまんまだが、アーモンドの香ばしいさが、こおろぎのうまさをさらに引き上げてくれている。  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292514.html

ちょっとそれ嗅いでみたい。宇宙の匂いの香水が開発され、販売が決定

perfume cover_e

image credit:Kickstarter

 宇宙ってどんな匂いがするのだろう? 宇宙飛行士らによると、宇宙には地球にはない”独特の匂い”があるそうで、ステーキが焼けるような、火薬のような、金属の焼けたような、それでいて果実のラズベリーのような甘い匂いが入り混じったようなものだという。

 そんなニオイを基にした香水『Eau de Space』がこのほど開発された。現在、クラウドファンディングサイト「キックスターター」で制作費用の資金提供を呼びかけられているが、既に目標金額をはるかに超えた資金が集まり、販売化は決定しているようだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292311.html

コロナ感染対策。顔を手で触ろうとすると震えるペンダントをNASAが開発

顔を触るのを防ぐ振動ペンダント


 アメリカではここ数日、1日で5万人以上が感染し、7月3日現在で285万人以上となった新型コロナウイルス患者。収まるどころかその勢いは増すばかりだ。日本でも近ごろ感染者の再急増が報じられており、まだまだ予断を許さない状況となっている。

 感染予防として、手洗い、マスクの着用などはもはや常識となっているが、人は本能的に「顔を触ってしまう」習慣があるため、気を付けていても、ウイルスが目や口に入ってしまう可能性がある。

 そこで、NASAのジェット推進研究所JPLは、ペンダント型の端末「PULSE(パルス)」を開発した。着用者の手が顔に近づくたびに振動で知らせてくれるので、うっかり顔を触ってしまうのを防ぎ、感染リスクを減らすのに役立つという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292380.html

バナナなのにバニラアイス味!未熟果は青色の「アイスクリームブルーバナナ」は日本でも育てられる

アイスクリームバナナ

アイスクリーム味のバナナ!Foody TW

 一般的なバナナの色は熟すと黄色になるが、熟す前の未熟果は緑色をしている。だがこのバナナ、熟す前の未熟果はなんと銀青色をしているという珍しいバナナだ。

 更に珍しいのはそれだけじゃない。その味はバニラアイスクリームのようだというのだ。最近はバナナジュースが流行っているので、このバナナで作ったらすごくおいしそうじゃない?

 日本では「アイスクリームバナナ」と呼ばれている「ブルー・ジャヴァ・バナナ(Blue Java Banana)」は、食用バナナの中で最も耐寒性が強く、マイナス5度程度まで耐えることができるそうで、最近海外でもジワジワ注目されているという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52275515.html

自動殺菌機能を搭載した曇らない透明マスクが誕生、FDA認証済み(アメリカ)

mask1_e

image credit:.leaf.healthcare

 コロナ危機の影響で、今や全世界でマスクやフェイスカバーは常識となっている。公共交通機関使用時には着用を義務化している国も存在する。

 これまでも、より快適かつ環境を配慮した様々なフェイスマスクやデザイン性と機能性を兼ね合わせたフェイスシールドが開発されてきたが、今回アメリカのデトロイトを本拠とする企業は、世界で初めてFDA(アメリカ食品医薬品局)により認証された軽量で独創的、高品質のマスクの開発に成功した。

 自動殺菌機能と空気ろ過機能を兼ねそろえ、尚且つ透明なので口元も見え、曇らないという。現在、クラウドファンディングサイトで資金を集めているが、目標額を大きく上回っており、商品化されることとなるだろう。『yankodesign』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52292320.html