“A broken heart is a broken heart. To take a measure is cruelty.”

- Scandal Season 4 Episode 2

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/171307265693

“ It’s the constitution. – Wow. – Wow. ‘We the…

スキャンダル 視聴


“ It’s the constitution.
- Wow.
- Wow.
‘We the people…’
…That’s just… That’s Just… That’s everything.

The Constitution- Scandal Episode 208 Happy Birthday Mr. President

…例によって、アマゾンでの評価は散々ですが;)
これ、めちゃくちゃ面白、と思うんですよね。。

スキャンダル
prime video
| dvd

…確かにアメリカの文化に興味がない、アメリカの政治に対して知識0、
という場合は、どこが面白いか、判りにくか、とも思うのですが。。

ヴェトナム戦争後の70年代、映画などのサブ・カルチャーで、
善悪の価値観の崩壊が描かれたとすれば、
00年代は逆に、白と黒が截然と区切られ、
100パーセントの悪との戦い、というものがしきりに描かれた。。
9/11後の対テロ戦争などの影響もあった、と思うのですが、
ミステリなどでも、敵はまったく理解不能なサイコパス、などというものが、人気を博した、
それが、ここへきて、本作では、
善と悪は再び入り混じる、というか、シームレスになっている、
善があるところから悪になり、その悪がまた、あるところから善になる、
…とでもいうような。。そのあたりが、アメリカ・ウォッチャーにはまず、興味深い。

シリーズ前半で確立される、ヒロインの、フィクサー、という仕事。
ある状況を修復するため、コラテラルに、他に害を与えてしまう、
すると今度は、その自らが害を与えた側を
捨ておかずに拾い上げ、今度はそちらの状況を修復しようとする、
プロとしてほんとうにインテグラル、というか、
しっかり1本筋が通っている、考え方として整合していくところが、
単なるやり手の大活躍、という以上の深い魅力を物語に与えているように思います。

冒頭にクリップしたのは、第2シーズン第8話の
ロマンティックな*憲法デイト*のシーン。
憲法に触って感動し、
要するに、これが全てなんだ、といっていますね。。
憲法は、理想であり、叡智であり、約束であり、夢である。。。
理想を追求する、実験国家・アメリカにとって、
文字通り、憲法は、そこに書かれていることばは、全て、な訳です。

現実に合わないから書き換えてしまおうとか、
適当に読み替えてごましてしまおうとか、
憲法をなんだか邪魔者、厄介者扱いしているかのような国の人には、
この場面が、どれほどロマンティックであるかは、ピンとこないのかもしれない、とも思います。。

合わせて読みたい;)
“The writing on the wall.”

…しかし、このごく数人のメンツによって、 日夜ホワイトハウスをめぐる陰謀が企てられ、解決されている、というドラマは、あくまでもフィクションであって、 ドラマとして楽しむのが限界、
とても現実には当てはめられない…と思っていたのですが、
どうも最近、CNNを付けるたび、

Previously on “The Trump Administration”!!…
『トランプ・イン・ホワイトハウス』、前回までのお話は…

ということばが、空耳のように聞こえてくる気がします(笑)

…だれだったか、CNNのアンカーも、毎回崖っぷちで次回に続くTVドラマが、今は現実だから。。と頭を抱えてていた;)

思えば、とくにThe X Files以降、米娯楽フィクションの世界で、
FBIを便利に判りやすい悪者にし過ぎ、
i.g. “Trust no one” ,etc., etc…
その結果がこれ、だったりしやしないか、とも思ったり;)
#deep state

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/170493201664

“ It’s the constitution. – Wow. – Wow. ‘We the…

スキャンダル 視聴


“ It’s the constitution.
- Wow.
- Wow.
‘We the people…’
…That’s just… That’s Just… That’s everything.

The Constitution- Scandal Episode 208 Happy Birthday Mr. President

…例によって、アマゾンでの評価は散々ですが;)
これ、めちゃくちゃ面白、と思うんですよね。。

スキャンダル
prime video
| dvd

…確かにアメリカの文化に興味がない、アメリカの政治に対して知識0、
という場合は、どこが面白いか、判りにくか、とも思うのですが。。

ヴェトナム戦争後の70年代、映画などのサブ・カルチャーで、
善悪の価値観の崩壊が描かれたとすれば、
00年代は逆に、白と黒が截然と区切られ、
100パーセントの悪との戦い、というものがしきりに描かれた。。
9/11後の対テロ戦争などの影響もあった、と思うのですが、
ミステリなどでも、敵はまったく理解不能なサイコパス、などというものが、人気を博した、
それが、ここへきて、本作では、
善と悪は再び入り混じる、というか、シームレスになっている、
善があるところから悪になり、その悪がまた、あるところから善になる、
…とでもいうような。。そのあたりが、アメリカ・ウォッチャーにはまず、興味深い。

シリーズ前半で確立される、ヒロインの、フィクサー、という仕事。
ある状況を修復するため、コラテラルに、他に害を与えてしまう、
すると今度は、その自らが害を与えた側を
捨ておかずに拾い上げ、今度はそちらの状況を修復しようとする、
プロとしてほんとうにインテグラル、というか、
しっかり1本筋が通っている、考え方として整合していくところが、
単なるやり手の大活躍、という以上の深い魅力を物語に与えているように思います。

冒頭にクリップしたのは、第2シーズン第8話の
ロマンティックな*憲法デイト*のシーン。
憲法に触って感動し、
要するに、これが全てなんだ、といっていますね。。
憲法は、理想であり、叡智であり、約束であり、夢である。。。
理想を追求する、実験国家・アメリカにとって、
文字通り、憲法は、そこに書かれていることばは、全て、な訳です。

現実に合わないから書き換えてしまおうとか、
適当に読み替えてごましてしまおうとか、
憲法をなんだか邪魔者、厄介者扱いしているかのような国の人には、
この場面が、どれほどロマンティックであるかは、ピンとこないのかもしれない、とも思います。。

合わせて読みたい;)
“The writing on the wall.”

…しかし、このごく数人のメンツによって、 日夜ホワイトハウスをめぐる陰謀が企てられ、解決されている、というドラマは、あくまでもフィクションであって、 ドラマとして楽しむのが限界、
とても現実には当てはめられない…と思っていたのですが、
どうも最近、CNNを付けるたび、

Previously on “The Trump Administration”!!…
『トランプ・イン・ホワイトハウス』、前回までのお話は…

ということばが、空耳のように聞こえてくる気がします(笑)

…だれだったか、CNNのアンカーも、毎回崖っぷちで次回に続くTVドラマが、今は現実だから。。と頭を抱えてていた;)

思えば、とくにThe X Files以降、米娯楽フィクションの世界で、
FBIを便利に判りやすい悪者にし過ぎ、
i.g. “Trust no one” ,etc., etc…
その結果がこれ、だったりしやしないか、とも思ったり;)
#deep state

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/170493201664

日本の無料BS、dlifeでも放送されている、米TVシリーズ、『スーツ』。 Harveyの辣腕ぶりがどう描かれるか、 Mikeの…

Meghan Markle legs


日本の無料BS、dlifeでも放送されている、米TVシリーズ、『スーツ』。

Harveyの辣腕ぶりがどう描かれるか、
Mikeの弁護士無資格問題をいかに切り抜けて行くか、
といったあたりの関心で、第1、2シーズンを上手く引っ張ったこの作品ですが、
例によって、次々と宿敵を投入して来るものの(笑)さすがにちょっとこの設定でいつまでも、というのでは無理が来たか。。
と思っていたら、第3シーズンでは、いわば友情の話、
仲間、チームワークの話にはっきりシフトしていったように思います。

もちろん、その線は第1シーズンからずっとあったのは確かですが、
ここまで徹底的な嫌われ役、見るもおぞましいくらいの(笑)憎まれ役だった、Louisまでが、
その友情の物語、という枠組みの中で、その分かえって憎めないキャラクターにシフトしている、
当初からここを狙った、とは思いませんが(笑)
いや、鮮やかなものです。

…まぁ、もちろん、HarveyやMikeなんかどうでもいい、
Rachelの脚だけ見れたらいい、という人もいたかも、とは思うのですが。。;)

ご参考までに…

第1話から見たい場合は、こちらでも(プライム無料)…


yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/167337532490