Michel Legrand, le 24 février 1932 – le 26 janvier…



Michel Legrand,
le 24 février 1932 - le 26 janvier 2019.

ミッシェル・ルグランは、このアルバムが出た際に、レコード店のイヴェントに見に行きTernesのfnacです;)

その時ふとRER、Châtelet - Les Halles駅で見たミュージシャンのことを思い出し、巨匠ルグランと、メトロの無名のアーティスト、という話を書いてみたい、ずっと思っていたのですが、
なかなか繊細な話でもあり、
そもそもネットに載せて読み飛ばしてもらうようなものでもないので、そのまま、書かずじまいになっていました。。

とにかくもう、どんどん人が死ぬのはやめていただきたい、
それが僕の、偽らざる、心の叫び、
少なくとも、訃報に気づくと、こうしてその日の予定は崩壊、です(笑)

…というわけで、僕の見たあの日のルグランの話など、リリカルな部分は全部諦め、最低限、このアルバムについてのコメントを何点かだけ…;)

まずは、こちらから:

Natalie DESSAY - Patricia PETIBON “Chanson des jumelles”

ご存知、Les Demoiselles de Rochfortロシュフォールの恋人たちdvd)より:

僕の世代のフランス好きの女のコたちは、みんな見てたくらいのものなので(笑)この上詳しい説明は省きますが、

カトリーヌ・ドヌーヴと本作公開年に亡くなった実姉フランソワーズ・ドルレアックの共演作。ニース国際空港へ向かうルノー10運転中の事故、といわれていますが、

この姉・弟を失う、という共通の伝記的経験が、

Elle s'appelait Françoiseに序文を寄せたノーベル賞作家パトリック・モディアノとドヌーヴの親交の基礎にあるとされています。

Catherine Deneuve et Patrick Modiano, Elle s'appelait Françoise

…いうまでもなく、ルグラン音楽ジャック・ドゥミ監督ドヌーヴ主演の大ヒット作シェルブールの雨傘dvd)に続くミュージカル作品。

このアルバムのシンガーNatalie Dessayはかつてコロラトゥーラの名手として日本でもオペラ・ファンにその名を轟かせていたし、
こちらも僕が実際に見た感じ、
またそれ以前に、フランス語が判るようになってインタヴューで話しているのを聞くとガラガラと印象が変わってしまった、といった、その辺りのことも、今回のところは措くとして;)

↑↑のデュエットで共演しているパトリシア・プティボンについてのみ付言しておくと、
自分の妹みたいなもの、とナタリー・ドゥッセもいってたくらいで、レバトワに重なるところも多く、フランスではスター、
1度バスティーユで実演も見たことがあるが、Les Contes d'Hoffmannのオランピア役で、当時妊娠中だったらしく、
そんなゴシップに疎い僕は、
。。オランピアが、妊娠。。うーむ、いったいこの演出の意図は。。??
とフロイト的な迷路を軽くさまよった記憶アリ(笑)
覚えておいていい歌手、と思う。

冒頭のヴィデオ↑↑で、6歳の頃の夢は、カトリーヌ・ドヌーヴになることだった、といっているドゥッセ。
妹分と目するプティボンとの共演では、結局姉のフランソワーズ・ドルレアックのパートを歌っているところも、ちょっと面白いですね:

さて、このアルバムには
Les Parapluies de Cherbourgほかなどからの有名な曲も収められているが、 僕としてはぜひ聴いてみてほしいのが、まず:

La valse des lilas

中間部からのスキャットシンギング。
よくフランスがステキ、パリがステキ!という人がいるけれど、
こういうのを聴くと、ああ、なるほど、
フランスがステキ!って、多分こういう感じのことをいってるのかなぁ。。
と思ったりもする(笑)

冒頭ヴィデオ↑↑のレコーディング風景からも判るように、昔ながらの1発どり式の、時代がかった豪勢な録音スタイルを取っている、と思われ
また、youtubeに数多上がっている二人共演のライヴ・ツアーなどの映像を見ても、
ルグランのスキャットは、ほんとに弾き語りで録っているのだろう。
昔のジャズのシンガー/ピアニストはよくやっていたけれど、
機械頼みの最近のミュージシャンには、まず絶対に真似できない、
本当に、飛び離れた音楽性、ミュージカリテを持つミュージシャンしかプロにはなれなかった、
もう二度と帰ることのない、往時のレヴェルのものすごさが偲ばれる。。

そして最後に、初めてこのアルバムを聴いた時、
パリ市の図書館で借りてきて、レファランスとして参考までに、ながらでざーっと聴き流すだけ、のつもりだったのに、
ガツンと掴まえられて、そこからえんえん、無限リピートに入ってしまったのがこの1曲:

Paris Violon

古今に街を歌った名曲は多いが、
その街の人々やその精神でも、
その街に生きるライフスタイルや感覚、価値観でもなく、
こんなふうに、街そのもの、それ自体に対する愛を歌い上げた曲、
というのはちょっと他にないのではないか。
やはり、パリならでは、というか、
そこに暮らす人でもないし、その街での暮らしぶりでもない。
ただ、ひたすらにパリという街それ自体に対する、説明不可能な、底知れぬ深い愛を改めてしみじみ噛みしめることができ、
思わず涙が浮かんでくる。

日本人、日本語話者に生まれて、多分いちばん素晴らしいことは、
思いやりの心やおもてなし等が判るからではなく(笑)
源氏を読むことができること。
源氏を読んでいると、そう思う。
こういうと、大げさに聞こえるかとは思うが、
それと同じような意味で、
この歌のフランス語が、自然に、順番に、
しみじみと心に入ってくる時、
ああ、本当に、フランス語を勉強して、よかったなぁ。。
と、何度聴いても、そう思う。

Michel Legrand, Natalie Dessay - Entre elle et lui

#フランス語

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/182421593796

Catherine Deneuve et Patrick Modiano, Elle s’appelait Françoise



Catherine Deneuve et Patrick Modiano, Elle s'appelait Françoise

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/182408535361

N’écoutez les conseils de personne, sinon le bruit du vent qui…



N'écoutez les conseils de personne, sinon le bruit du vent qui passe et nous raconte l'histoire du monde.

- Claude Debyssy

誰のことばにも、耳を貸すな。
ただ、ざわめき、風のわたりゆき、語る世界の物語の他は。
- クロード・ドビュッシー

Claude Debussy à Pourville, 1904 © akg-images
via https://www.operadeparis.fr/magazine/le-theatre-de-claude-debussy

yuihcihiranaka.com 特集ページ:
2018年、ドビュッシー・イヤーをふりかえる。

« Je ne révolutionne rien ; je ne démolis rien. Je vais tranquillement mon chemin, sans faire la moindre propagande pour mes idées, ce qui est le propre du révolutionnaire. Je ne suis pas non plus un adversaire de Wagner. Wagner est un génie ; mais un génie peut se tromper, il se prononce pour la loi de l’harmonie ; je suis pour la liberté. Tous les bruits qui se font entendre autour de vous peuvent être rendus. On peut représenter musicalement tout ce qu’une oreille fine perçoit dans le rythme du monde environnant. Certaines personnes veulent tout d’abord se conformer aux règles ; je veux, moi, ne rendre que ce que j’entends. Il n’y a pas d’école Debussy. Je n’ai pas de disciples. Je suis moi. Voyez comme on se trompe, les uns voient en moi un homme du Nord mélancolique, d’autres me donnent comme un représentant du Midi, la Provence, Daudet, tirili, tirila ! Je suis tout bonnement de Saint-Germain, à une demiheure de Paris. »
- Claude Debyssy via Scène Nationale d'Albi 2018-2019 - BEAU SOIR - Albilletterie

* * * *

没後100周年記念、命日のfrancemusique終日特集より:

Journée spéciale Claude Debussy Dimanche 25 mars 2018 Debusswing Par Jérôme Badini

ドビュッシーがジャズに与えた影響、全音音階を中心に。。;)

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/181373714866

フランスより〜猫が健康にいことは、科学的に証明されている。

Voici pourquoi les chats sont bons pour votre santé 表題の通りですが(笑)。 猫健康法〜猫を飼うと健康になる...

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/180031434133

Francis Lai, le 26 avril 1932 – le 7 novembre 2018. R.I.P….



Francis Lai, le 26 avril 1932 - le 7 novembre 2018.

R.I.P.

Un homme et une femme -> http://amzn.to/2QrDejG

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/180059834761

チッコリーニ、語る チッコリーニといえば、当時はまだブームになっていなかったエリック・サティの全集を録音したことで初めて知った、…



チッコリーニ、語る

チッコリーニといえば、当時はまだブームになっていなかったエリック・サティの全集を録音したことで初めて知った、という感じですが、特にサティのスペシャリスト、というわけではなく、忘れられた過去の音楽を網羅的に録音するのが好きだったようです。

こちらはどうしてショパンを長い間弾かなかったのか、と訊かれたチッコリーニの答え。
コルトーの引用を含めた最後のところがなかなか厳しいので、クリップしておきます:

Je l'ai simplement moins joué en récital. Le public s'est fait une idée stéréotypée de ce compositeur, modèle du romantique phtisique portant son coeur en bandoulière, avec des langueurs et des poussées de fièvre nationaliste. J'ai eu peur à mon tour de tomber dans cette caricature, de l'exposer à cette déformation tentante, puisqu'un interprète peut projeter dans cette musique toutes ses angoisses : à mon âge, en faire une sorte de confesseur ne m'intéresse pas. A ce propos, Alfred Cortot avait une phrase très juste, qui sonne comme un avertissement : « La musique n'est pas une poubelle dans laquelle on jette impunément ses échecs personnels. »

– Aldo Ciccolini https://www.telerama.fr/musique/entretien-avec-le-pianiste-italien-aldo-ciccolini-le-public-applaudit-a-n-importe-quoi,122348.php

曰く、ショパンの音楽には演奏者の苦悩をみんな投影することができる。 
この歳になると、汚れた魂を告白することに興味はない。
コルトーの警告した通りだよ:音楽は、ゴミ箱じゃない。罰を受けることなくそこに個人的な失敗を抛りこめるものじゃない。

…チッコリーニの晩年のショパンがYouTubenにあったので、これもクリップしておきます:

CHOPIN Nocturnes op.62 n.1 et n.2

…びっくりするくらい、遅い(笑)

しかしチッコリーニにいわせると、interprétation、解釈、演奏者の自由、とは、

Q: Où est, alors, la liberté de l'interprète?

Dans sa liberté d'exister tel que la nature l'a fait ou comme l'homme qu'il a voulu devenir. Si l'on demandait à dix pianistes d'interpréter les mêmes dix mesures en tenant compte de tous les signes, pas un ne jouerait de la même manière. Parce que ma pulsation cardiaque est différente de la vôtre, et votre circulation sanguine différente de la mienne. Et je ne parle pas de notre état psychologique.

http://www.lefigaro.fr/musique/2013/02/08/03006-20130208ARTFIG00471-aldo-ciccolini-la-musique-est-un-jeu.php

人により、心臓の鼓動の打ち方のような生理的な条件は違う、それが演奏に反映されるもので、心理的なものではない
…つまり、あくまでも身体性によるもので、精神の問題ではない、という立場ですね;)

これを読んで、ふと思いついて調べてみたのですが、やはり、安部公房は1924年生まれでした。
そしてチッコリーニは1925年生まれ。
どうも僕は子どもの頃、この世代のインテリの考えに、かなり影響を受けたようです:
安部公房の演劇論を読んだのは多分1979年前後だと思いますが、とにかく人物を演じる時に、その人物の心理を想像し、共感し、そこに感情移入して演じる、というような方法論を、徹頭徹尾否定しているのが安部公房のメソッドで、当時は真面目に芝居をやっていたこともあり、感情を作って演じる、ということを当たり前に考えていた、むしろそれ以外に道があるとは考えていなかったために、価値観を全否定されるようなインパクトがありました。

例えば音楽でも、文学でも、情緒や共感に頼って作品を捉えよう、ということに、僕が非常に懐疑的なのは、
一つには、日本の国語教育が、文学教育ではなく、
そんなのそっちのけで、
文章の書き手の意図を想像する訓練を通じて、人の気持ちを思いやることのできる日本人の情操を育てよう、という一種の国民化教育、実用教育を行ってきたこと、

今日の多様化する価値観を、消費促進の見地から否定はせず、
しかしその結果生まれてくる様々な問題には、
具体的な解決策を与えることなく、

ただひたすら共感力をブクブクにフォアグラ化させて、
その非言語的、非論理的、非科学的な、
つまり客観的には説明不可能な力=オカルト的な力によって対処しろ、という。
*思い*(ということばが、今の日本では異様に連発されますが…;)の力で 一念岩をも通せ、とでもいうような、精神論で解決しろ、というようなことになっている。
こういうことには、どこまでも異を唱えるほかない、ということもありますが、
その一枚下、大元には、
このチッコリーニの世代の人たちの、非常に厳しい考え方の影響があったんだなぁ。。と改めて思いました。

チッコリーニの考えでいくと、さらにはこうなります:

« Un artiste ne doit pas avoir de personnalité, provoque-t-il dans un sourire. Comme un acteur qui un soir incarne Othello et le lendemain Armand Duval, le musicien est un transformiste. Et certainement pas une superstar ! »

https://www.la-croix.com/Archives/2009-12-18/Aldo-Ciccolini-flamboyant-doyen-du-clavier-_NP_-2009-12-18-360354

アーティスト(演奏者)というのは、パーソナリティ、個性など持ってはいけないもなのだ、と。
今日の日本の教育を受けて来た人には、これもまた、ほとんど価値観をひっくり返されるようなようなことば、かもしれませんね。。;)

アルド・チッコリーニの芸術(8CD) amazon | 輸入元情報 hmv.co.jp
〜入手困難となっていた晩年の録音を中心としたボックス・セット。

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/179514909639

シャルル・アズナブールがどれほど偉大か、ということは、パリに住まなければ、おそらく一生判らなかっただろう、と思います。 日本では…

zaz


シャルル・アズナブールがどれほど偉大か、ということは、パリに住まなければ、おそらく一生判らなかっただろう、と思います。

日本では、トリュフォーがかっこいい、という世代には有名でしょうが、それ以降の一般的な音楽リスナーには、ほとんど顧みられていないのでは?;)
…それでも、最後となったコンサートは、東京、大阪でのものだったそうですが!

前にも書いたかもしれませんが、僕の場合、フランスの音楽といって、ドビュッシーやフォレは昔から大好きですが、
所謂ヴァリエテ、日本語でいうところの*シャンソン*については、
(フランス語ではシャンソンは歌、「日本のシャンソン」「ビートルズのシャンソン」というのは、フランス語ではもちろんふつう、です!)
まったくなんの関心もありませんでした(笑)

しかし、もう引っ越した最初の年には、このアズナブールという人がもしTVに出ていたら絶対に見なくてはいけない…と思うようになりました;)

もう、本当に、何が起こるかわからない、という感じ、
その当時、TVで見たものがどういうものだったのか、はっきりとは覚えていませんが、例えば、おそらく、このあたり…
まぁ、ちょっと、見てみてください:

Charles Aznavour & Cyril Cinélu - Comme ils disent ( Live at Star Academy 6 - 2006)

…どうでしょう。
アメリカン・アイドル系の、新人発掘番組の本戦ゲスト、だと思いますが、
新人相手に、もう、まったく容赦も呵責もない、手に汗握る、このパフォーマンス(笑)
打ち合わせ済み、のはずですが、オケもついて行くのにやや必死の観が…;)

この曲は特に、フランス語が聞き取れる人が初めて聴くと(レア・ケース、とは思いますが;)
もう、衝撃的、といいますか、'72年の曲のようですが、いま聴いても、え、こんなこと、歌っていいわけ??みたいな、
いや、僕はわが耳というか、自分のフランス語力を、聞き間違えでは…と疑いましたね。。(笑)

今回、改めて検索をしてみると、新しいところだと、Zazとのデュオもありました:

J'aime Paris au mois de mai (en duo avec Charles Aznavour) mp3 prime 無料 | CD

元はダイアン・リーヴスとのデュエットのようです:

Jazznavour mp3 | CD

…他にも皆さん、よくご存知のところなら:

She - Charles Aznavour (Notting Hill).avi
(映画のOSTに使われたのはカヴァー、こちらがオリジナル、です;)

…というわけで、こんなポストでアズナブールの偉大さをお伝えすることは到底不可能、なわけですが(笑)

とりあえず、取り急ぎ、今回のところは、この曲でしみじみお別れしたい、と思います…:

Nous Nous Reverrons Un Jour Ou L'Autre - Aznavour

・ ・ ・

Charles Aznavour

le 22 mai 1924 - le 1er octobre 2018 R.I.P.

さらに聴くなら… アズナヴール・ベスト40 CD

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/178664313990

“Jimmy, je sais que je n’ai pas toujours été très bon de Mozart, mais Mozart, lui, est toujours très bon avec moi.”

- Birgit Nilsson sur Mozart, vu par Emilie Munera sur l'antenne de France Musique,...

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/175106047519

“C’était bien plus intéressant que d’être une bête à concours et de jouer brillamment. Il fallait vraiment entrer dans la musique, expliquer pourquoi on ressentait telle chose, comment la traduire en musique et avec quelle technique.”

- Colette Maze Une méthode que elle a reçu d’Alfred Cortot… Rencontre avec Colette Maze, pianiste...

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/175105792336

どうしてWeekendのI Feel It Comingはふつうにクールなのに、フランス語版になると、みんなNon…



どうしてWeekendのI Feel It Comingはふつうにクールなのに、
フランス語版になると、みんなNon !といい出すのか?(Mika談)

The voiceフランス版でjuryのMikaから、タイトルのような質問があり、↑↑
面白かったのでメモしておきます;)

Mikaは、フランス語もナチュラルに話しますが、フランス人ではなく、ロンドン在住ということで、フランス語のちょっと不自由な人(知らない単語や表現が時々出てくる)という、
コスモポリットなフランスでは珍しいキャラでTF1、The Voiceでは活躍しております;)

そこで、まずはフランス語版の作者、Juliette Armanetのテイクを聴いてみてください:

Juliette Armanet - Je te sens venir (LIVE) Le Grand Studio RTL

↓↓のテイクの方が、さらにはっきりする、かもしれませんが。。

Juliette Armanet - I feel it coming (The Weeknd cover) sur RFM

如何でしょうか?
フランス語を齧ったことのあるひとなら、すでに、むむむー(笑)という感じではないでしょうか?;)

…こちらにクリップしたテイクでは、このセクシャルな歌詞を、司会の男性の目を見て歌いかける格好になってしまったことで、出だし、思わず弾き間違えたりするなどもしていますね;)

次に*ふつうにクール*な原曲、
The Weeknd ft. Daft Punk版を聴いてみてください:

The Weeknd - I Feel It Coming ft. Daft Punk

…如何でしょうか?(笑)

ジュリエット・アルマネはユーモアを含んで歌っており、
Weekendはひたすら*かっこよく*歌っている、
しかしアルマネ版にはある種の緊張感があり、
Weekend版にはデタント感、リラックス感がある、
というあたりは、たとえ歌詞が聞き取れなくても、なんとなく伝わるのではないのでしょうか?

さて、この違いがどこからくるか…なのですが。。
もちろんweekend版にも、
I can feel the heat between your legs、みたいな、あけすけなことばも聞こえてきます。
しかし、これはRnB、ブラコンの黄金時代の定番だった、
愛撫させてよ、髪をほどいて、フックを外し…
的な、お口説きソングの形をそのまま踏襲している、
つまり、よくある、おなじみのパターン、なわけですね;)

一方、確かにArmanet版は、歌詞にもある通り、さらに直裁に、
セックス自体にがつん、と入っていきます;)
けれどそれ以上に、歌い手、発話の出所が女性である、
女性が積極的に、主体的に、セックスを求める歌である、
ということが、明らかに、ここにはある、
やはり、ここには、ふつうに、ジェンダー・イシューがある、という気はします。

…ノン・コミュニケイション理論の見地からいえば、タイトルおよびルフランの、原詞で客観的、物語的なitが、仏訳では、直示的、コミュニケーション的なte(あなた)に変えられている、ということも大きく、見過ごすことはできませんが。。

Weekend版にはないユーモアがArmanet版にはある・必要とされるのも、あるいはその辺りに由来するものかもしれませんが、

こういってはあれですけども(笑)今はなき、「パンプキン・パイとシナモン・ティー」「雨宿り」当時の(!)のさだまさしをちょっと思い起こさせるようなユーモア、かもしれません(笑)

しかし、それにしても、このルフランの前の

Sous la pluie, mon cœur coule tout contre ton corps
Et nos destins s'enroulent
Non, j'en veux encore

Sous la pluie, mon corps roule tout contre ton cœur
Oui, nos destins s'enroulent
Non, non, n'aie pas peur

この雨のイマージュ、表現、修辞は、
定番通り、オリジナルなものではないかもしれませんが、
やはり、たいへん美しい…。

ちゃんとした訳、さらには歌える訳、というのは、到底こんな、鼻歌書きのポスト(笑)では、つけることはできませんが、
まぁ、大体、

雨の中、私の心はみんなあなたの体に流れ落ち、
そして(そう)互いの運命はひとつに絡み合う、

それが2回繰り返され、各々

だめ、私はもっと欲しいのよ / だめ、だめ、恐がらないで

と結ばれる。。
…いや、こう訳しては、ちょっと残念な感じですが、、w

なお、土曜のThe Voiceでこの歌を歌った子は、落選してしまったのですが、、このヴィデオもクリップしておきます:

Juliette Armanet (Je te sens venir) | Zoé Mansion | The Voice France 2018 | Blind Audition

みていると、フランス人のjuryが、歌詞を聴き進めていくにつれて、 クスクス笑っています。
特に、1カ所、Oh là làと入れているところ。
これは、19歳というこの子自身のアイディア、表現だと思いますが、
ここに象徴されるように、
juryたちが何度も口にしている通り、charmante、
とてもチャーミングな解釈、インタープリテーションだった、と思います。

yuichihiranaka:
この記事は面白かったですか? ソーシャルメディアでも更新をフォローして下さい。



…あの夏、ベルリン。。
2014年、ベルリン。文学、そして旅の記憶のラビリンス…。
ようこそ、旅行記と文学論の、ナラティヴな“街の迷路”へ。

『ベルリン日和』
“A moment.” …それは《気づき》の時。

作品についてのコメントはこちら

SOURCE: http://yuichihiranaka.tumblr.com/post/172237860296