道路にいた迷い犬がドライバーたちの連携プレイで飼い主の手に戻るまで(やさしい世界)

0_e


 アメリカ、バージニア州に住むジョスマール・カスティージョさんは、ある日車を走らせていた所、道路脇で、リードだけを手に持つ男性に遭遇した。

 リードは犬を散歩させるときに使うものである。なぜそこに犬がいなかったのだろう?カスティージョさんは不思議に思いながら車を走らせていた所、交差点で青い車がハザードランプを付けて停止していた。

 道路上で首輪をつけた犬がうろちょろしていたのだ。青い車の運転手女性は、この犬を保護しようとしていたようだ。カスティージョさんはピンときた。

 見知らぬ2人のドライバーが迷い犬を救うため、連携プレイで飼い主へ引き渡すまでの一部始終が、カスティージョさんの車載カメラにとらえられていた。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52286806.html

未来のドローンは鳥型になるかも?鳩の翼を持ち機敏に空を飛び回れるハトボット(PigeonBot)

0_e3

Lentink Lab/Stanford Univ.

 地球に住む生物たちは、生き残るためその構造や機能を特化させてきた。人間がそこから着想を得て新しい科学技術を開発することを「バイオミメティクス」と言う。

 そして今回、新世代の飛行マシンのモデルが開発されたようだ。

 鳥は空を飛ぶときに、翼を広げたり、閉じたりしながら、その形を変えている。ガチッとしたボディのドローンよりも機敏に飛び回れるのは、こうした可変翼があるおかげだ。

 アメリカ・スタンフォード大学の研究グループは、翼の開閉を制御するハトの関節を真似してみることにした。こうして誕生したのが「ハトボット(PigeonBot)」である。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52286898.html

研究者もびっくり!狼の子供も犬と同じように「取ってこい」遊びができる(スウェーデン研究)

iStock-904358900_e

Dee Carpenter Photography/iStock

 犬は、ボールや木の棒などを投げるとそれを口にくわえて持ってくる。これは「取ってこい(もってこい)」遊びと呼ばれているが、なんと狼の子もできるのだそうだ。

 生後8週の狼の子供を対象にした実験では、見知らぬ人間に対しても「取ってこい」ができる個体がいたという。これには研究者も驚きを隠せなかったそうだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52286895.html

おまえらは絶対に守る!車が近づいた瞬間、完全防御体勢に入った猫のにゃんぱらりん

0_e


 これは確実に守ってるっぽいように見えるな。母親と娘の後方からついてくる猫は2人の頼もしいボディーガードのようだ。

 車が走る音が聞こえたその瞬間、咄嗟に完全防御体勢に入ったのだ。この動きは素人には無理なんだぜ。

 まずは映像を見ていこう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52286736.html

タコとイカがお得意の擬態能力を駆使してかくれんぼを楽しむ

octo6_e

image credit: youtube

 最近の研究により、その驚くべき知能とポテンシャルが次々と明らかになっている頭足類のタコとイカ。これまで、コウイカは眠るとき夢を見ることで知られている唯一の頭足類だったが、タコも夢を見ている可能性も浮上してきた。

 まだまだ多くの謎に包まれている頭足類の魅力に取りつかれている科学者も多いという。

 Youtubeチャンネル『Octolab.TV』は、海洋生物学者を含む節足類マニアによって結成された研究組織で、様々な実験動画が公開されているが、最近公開された動画は、タコとイカがかくれんぼをプレイするというものだ。

 映像を見ると彼らは仲良く遊んでいるように見え、自らの擬態能力を駆使し、かくれんぼを楽しんでいるように見える。やっぱりすごいやつらなのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52286726.html

世界珍百景。鳥2羽にリードを付けて散歩させる男性が目撃される(アメリカ)

cover_e1

image credit:johann/Twitter

 人は、時に珍妙な光景に遭遇することがある。アメリカのカリフォルニア州の路上で鳥を散歩させている男性が目撃され、その姿がTwitterでシェアされるとたちまち拡散した。

 どうやらこの男性、近所住民らには“バードマン”として知られており、数年前からコンゴウインコなどを散歩させている姿を目撃されていたようだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52286861.html

尻尾ふりふり、お腹丸出し。撫でて撫でてと甘えてくる人懐っこいキツネたち(アメリカ)

1


 キツネだって甘えたいのだ。猫と犬の両方のかわいさを兼ねそろえているところのあるキツネたちだが、人懐っこさも犬猫級だった。

 雪の中、外で遊んでいたキツネたちだったが、保護施設のスタッフがくると大喜び。尻尾をフリフリしながら、撫でて撫でてとお腹をだすのだ。
  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52286114.html

効いてる効いてる!ウサギを起こすために野菜魔法陣を敷いてみた

dill0_640


 先日は大好きなニンジンの魔法陣に囲まれて、ハッピーな魔法にかかっていたピプキンくんだったが、今日飼い主さんがまたしても大好物の魔法陣を作ってくれたみたいなんだ。幸せそうなピプキンくんの様子を見ているだけで、満たされた気分になれちゃうよ!
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52286891.html

猫さん行くよ!雪上を走る犬ぞり、運ぶのは箱に入れた猫

no title


 「雪やこんこ(ん)」ルールにのっとると、犬は庭駆け回り、猫はこたつで丸くなるのが相場だが、多様化も進んでいる昨今は、犬が”そり”を引いてくれるのならとりあえずOKな猫もいるようだ。

 猫専用の箱型のそりに鎮座する猫を引くのはゴールデンレトリバー。猫は自ら動かずしてそり遊びを楽しむことができたようだ。楽しんでいるのかどうかはちょっとよくわからないけどもだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52286809.html

柴犬の困惑。くしゃみが出そうででない柴犬、むずむずが止まらない

dropped4

image credit:YouTube

 風邪の流行る時期がやってきた。電車や道端ではみんな風邪予防にマスクを着用している姿が目立つよね。くしゃみというのは風邪の前兆だったりするのだけど、犬たちにとっては興奮をおさえるために発することもあるという。

 こちらの柴犬が風邪をひいているのかそれとも興奮をおさえたかったのかは不明だけれど、黒柴のくしゃみが出たいのにでない…という何ともスッキリしない表情をおさえた動画が発見されたよ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52286858.html