子猫をいたわるジャーマンシェパード。まだ階段をうまく登れない子猫をやさしく口でくわえて運ぶ

top2


 ジャーマンシェパードは賢く、タフで忠実なだけでなく、愛情深くて思いやりがある犬としても知られている。それは異種の猫に対しても。

 ある家庭で子猫を引き取った。もともと飼われていたジャーマンシェパードのテニーはその子猫が気になって仕方がない。

 常に小さな子猫をいたわろうと、最大限の愛情で包み込もうとするのだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52259787.html

宇宙での失敗は結構悲惨。NASAの宇宙飛行士がSDカードを忘れて船外にでてしまった件

2


 たとえば小学校の頃、忘れ物に気づいて取りに帰った人はたぶん結構いるだろう。あの「あったと思ったらなかった!」と知った時の動揺や焦燥感は誰もが一度は味わっているはずだ。

 てことで、なんとISSにて船外活動中にGoProカメラを使おうとした宇宙飛行士の「うっかり」動画が話題になっている。

 いざ録画しようとした矢先、カメラの妙な警告に気づいた宇宙飛行士。あまりにありえない出来事だったのか、若干あわてて管制室にこう聞いたらしい。

「ヒューストン、"No SD"ってどういう意味?」 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260025.html

雷雨の中、「雷なんか怖くないよ!大丈夫だよ!」と犬を安心させる男の子

justastorm1


「地震・雷・火事・親父」という言葉もあるように、カミナリっていうのは怖いものの代名詞として長く通用してきた現象だと思う。避雷針があるから大丈夫、と思っていても、耳をつんざくような雷鳴にはやっぱりドキッとしちゃうしさ。

 動物たちの中にも、カミナリなんて大嫌いっていうタイプがいてもおかしくないよね。今日はそんな犬に向かって「大丈夫だよ」と声をかける2歳の幼児をご紹介するね。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260065.html

毎日飼い主の帰りを駅で待ち続ける中国のハチ公

xiongxiong


 かの有名な「忠犬ハチ公」をはじめ、飼い主に忠実な犬の話は数多く存在する。病院の前で飼い主を待つ犬や、飼い主の墓から離れようとしない犬など、とにかく犬は無償の愛で飼い主を思い続けるのだ。

 そして今回、中国の駅で飼い主の帰宅を待つ犬が話題になっている。

 飼い主が会社に出かけた日は、必ず駅まで見送り、そのまま飼い主が戻ってくるまで、駅の中でずっと待ち続けているのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52259976.html

犬ってやっぱりすごい。犬と過ごすことでチーターの緊張と恥ずかしがりが改善されるらしい。

cheetah-1_e

 
 しなやかな体、美しい毛並み、動物界でも一、二を争う俊足のチーターは食肉目ネコ科の誇り高きプレデター。なんだか「かっこよすぎて近寄りがたい」そんなイメージのチーターだが、実はとっても繊細で心配性。あまり社交性がなく、同じチーター同士でもコミュニケーションをとるのが困難なことが多く、繁殖すらままならないんだそうだ。

 アメリカにあるセントルイス動物園では、そんなチーターの恥ずかしがりを改善し、社交性を身に着けるために犬が助手としてつけられることになったんだとか。犬ってやっぱりみんなのヒーラーなところあるよね。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52259991.html

ATMをトラックで牽引し、丸ごと盗もうとした窃盗犯グループ。あまりにも仕事が雑すぎた(アメリカ)

6_e11


 アメリカ、テキサス州パサデナ裁判所にあるATM(現金自動預け払い機)を機器まるごと盗み出そうとした2人の窃盗犯グループによる犯行現場の一部始終が監視カメラに記録されていた。

 彼らはATMに紐を括り付け、それをトラックで引っ張り出そうとしたらしい。だがその犯行はあまりにも雑すぎた。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52259910.html

AIに指示する大型インコのヨウム、 アマゾンエコーのアレクサに「電気を消せ」と命令

0_e12


 このご家庭ではアマゾンエコーとグーグルホームの2つのスマートスピーカーを設置しているようだが、それらの操縦のコツを飼い主から学び取ったヨウムは、飼い主がいない間に指示出しをしていたようだ。

 ヨウムとAIの織り成すドタバタ喜劇をご覧いただこう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52259776.html

サンディエゴの海岸が青く染まる時。赤潮の発生でプランクトンが増殖。波打ち際は幻想的な青に包まれる(アメリカ)

0_e17

image credit:instagram

 2018年5月8日、アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴで赤潮が発生した。

 赤潮に含まれる発光性のプランクトンにより、夜になると海が幻想的な青色に染まっていった。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52259915.html

犬ってやっぱりすごい。犬と過ごすことでチーターの緊張と恥ずかしがりが改善されるらしい。

cheetah-1_e

 
 しなやかな体、美しい毛並み、動物界でも一、二を争う俊足のチーターは食肉目ネコ科の誇り高きプレデター。なんだか「かっこよすぎて近寄りがたい」そんなイメージのチーターだが、実はとっても繊細で心配性。あまり社交性がなく、同じチーター同士でもコミュニケーションをとるのが困難なことが多く、繁殖すらままならないんだそうだ。

 アメリカにあるセントルイス動物園では、そんなチーターの恥ずかしがりを改善し、社交性を身に着けるために犬が助手としてつけられることになったんだとか。犬ってやっぱりみんなのヒーラーなところあるよね。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52259950.html

出荷じゃ出荷じゃ~!数千機のロボットがマス目に分類された商品の上を縦横無尽に走り回る倉庫内の光景(イギリス)

no title


 倉庫内はサッカーグラウンド3個分もあるほどの広さ。その中にはマス目上に分類された商品がストックされていて、その上を数千のロボットが指定された商品を集めて回る。

 この倉庫はイギリス南部、アンドーヴァーにある、イギリスの大手オンライン小売業者「Ocado」が所有するものだ。

 2016年12月より、ロボットを利用した出荷システムを開始しているという。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52259908.html