白孔雀が羽を広げる瞬間が神々しくて感動

白孔雀が羽を広げる瞬間の美しさ

白孔雀が羽を広げる瞬間の美しさ / Pixabay

 白孔雀(シロクジャク)は、インドクジャクの白変種で、インド、パキスタン、ネパールの森の開けた場所に生息し、神聖な鳥として崇められている。

 確かにオスが羽を広げたその瞬間は神々しくて神秘的で感動的なのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293635.html

1本の猫じゃらしとたくさんの猫。個性豊かな猫たちの反応

猫じゃらしと大量の猫


 とても広いお屋敷に住んでいるのは十数匹の猫。もしかしたら動画に写っていないだけでもっとたくさんいるのかもしれない。

 飼い主が1本の猫じゃらしを階段の横で振ってみたところ、猫たちはその動きを食い入るように見つめている。

 我こそはと張り切ってジャンプする猫もいれば、奥ゆかしく見守ってる猫もいて、見ていて飽きないし、個性豊かな猫たちが1つの画面で見られるなんて最高じゃん。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293588.html

猫「いっしょに子育て頑張るニャ!」親友のパグと子犬たちを労わるにゃんこの優しさよ

catnpugs0_640


 今年もお盆のシーズンとなったが、こんなご時世だし帰省も旅行もガマンガマン。おうちでまったり過ごしているお友だちも多いと思うんだ。

 そんなみんなにステキな家族を紹介しよう。お母さんになったパグを仲良しのにゃんこが労わりながら、子育てを応援している映像だよ。楽しんでね。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293683.html

猫たちの初めてのお散歩。犬のようにはいかずふりまわされる飼い主(オーストラリア)

猫たちの初めてのお散歩

猫たちの初めてのお散歩 image credit:Keith Resoort/Facebook

 室内飼いの猫が運動不足にならないように、また行方不明にならないように、海外ではリードをつけて犬のように外に散歩に出す飼い主も決して少なくない。だがそこは猫。犬のようにすんなりとはいかないようだ。

 オーストラリアに住む男性も、外に出たがっている様子の2匹の飼い猫と一緒に散歩に出かけようと、リードをつけて外に出た。

 男性の思いとは裏腹に、はじめてのお散歩は、思い通りにはいかなかったようだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293582.html

猛暑の影響か?大量発生した「蚊の竜巻」が恐ろしい(ロシア)

大量発生した蚊の竜巻スタイル

大量発生した蚊のトルネード!image credit: youtube

 気候変動に伴う異常気象の影響で、ここ10年の間に世界各地ではバッタや蚊などの昆虫が大量発生する事態が起こっている。

 特にロシアでは、夏に蚊が多く見られるのは異例のことではないようだが、今年は猛暑の影響か、大量発生した蚊が、あちこちで竜巻のように渦を巻いて舞い上がったという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293592.html

アザラシの腹の中に海鳥をたっぷり詰めて熟成発酵。イヌイットの貴重な保存食「キビヤック」

キビヤック

image by:helionews

 キビヤック(kiviaq)は何世紀もの間、冬の間は分厚い氷に閉ざされた地域に住むグリーンランドのカラーリット族やカナダのイヌイット族によって保存食として慣れ親しまれている発酵食品。漫画「もやしもん」でその存在を知った人も多いのではないだろうか?

 私も実はその一人なのだが、キビヤックは、アザラシの腹の中にアパリアスと呼ばれる小型のウミスズメ類の海鳥を大量に詰めこみ、地中に3ヶ月から長いときで18ヶ月埋めて作る。
 

続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52067636.html

犬のダンベル愛が止まらない!どこに行くにも口に咥えて持ち運ぶ

お気に入りのおもちゃはダンベルの犬

ダンベル愛が止まらない犬 image by:twitter@portugi_bruja

 犬にはそれぞれのお気に入りのおもちゃがある。ボールだったり、ぬいぐるみだったり、肌身離さず常に持ち運ぶその姿はとても愛らしい。

 ロットワイラー犬種のボンゾ(BONZO)にもお気に入りのおもちゃがある。なんとそれは人間が体を鍛える時に使用するダンベルだ。

 何故それを気に入っちゃったのかわからないが、重さ30ポンド(13.6kg)のダンベルをどこに行くにも口に咥えて持ち運んでいるそうだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293630.html

マラミュートがひとりでお留守番をしたらこうなった?ニコのやらかしトイレットペーパー疑惑

naughtynico0_640


 イギリスで暮らすアラスカン・マラミュートのフィルとニコ。同じマラミュートとは言え、2匹は性格も好みも違う。

 人懐っこいフィルくんに比べて、ニコさんはちょっと人見知り、いや犬見知り。他の犬がちょっぴり苦手なニコさんは、フィルくんとご主人一家がお友だちのわんこと遊びに出かけている間、マイロとお留守番をしていたんだ。

 そして帰ってきたご主人たちが目にした光景とは……? 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293642.html

第一次世界大戦は火星人との戦いだった?実際の大戦映像を使ってリメイクされた火星人VS地球人の戦い「The Great Martian War」

no title


 人類史上初の世界大戦である第一次世界大戦(1914年 - 1918年)から100年がたつ(2014年現在)。

 カナダのヒストリーチャンネルは、これを記念して映制作会社「PLAZMA」と共同で、HGウェルズのSF小説さながらのドキュメンタリー風フィルムを作り上げた。

 使用されているのは実際の第一次世界大戦当時の映像で、そこにCGIを駆使して火星人が参戦している。地球上で人類が火星人を相手に戦いを繰り広げるという展開だ。


続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52175691.html

高速道路の真ん中に家!立ち退きを拒否した民家の周囲に道路を建設(中国)

高速道路の中央には民家

民家の周囲に高速道路がある風景image credit: youtube

 住宅の立ち退き問題は、世界的に見ても様々なトラブルがつきものだが、時として強行される場合がある。

 中国の広東省広州市では、10年前に立ち退き計画が発足。橋となる高速道路の建設には、多くの住宅や企業が立ち退きに同意しその場を去ったが、1軒だけが拒否を続け、そこに留まった。

 その結果、高速道路のど真ん中に民家が残されることになったのである。騒音問題もさることながら、出たり入ったりするのも大変だ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293535.html