ミニチマすごい!巨大貨物船が狭い港に入稿するまでをタイムラプスで

no title

 
 アイルランド西部ゴールウェイの港に入港してくる巨大貨物船を上空から撮影したライムラプス映像が凄かった。貨物船の大きさは、行きかう車の大きさから推測できるだろう。めいっぱいぎりぎりの水路を通り抜ける巨大貨物船が、ぬるりと通り抜けていく様は必見だ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52199484.html

ミニチマすごい!巨大貨物船が狭い港に入港するまでをタイムラプスで

no title

 
 アイルランド西部ゴールウェイの港に入港してくる巨大貨物船を上空から撮影したライムラプス映像が凄かった。貨物船の大きさは、行きかう車の大きさから推測できるだろう。めいっぱいぎりぎりの水路を通り抜ける巨大貨物船が、ぬるりと通り抜けていく様は必見だ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52199484.html

「まあ大変!」子猫の鳴き声がするバースデーカードに母性が炸裂したメス猫のとった行動は?

no title


 カードを開くと音が聞こえてくるタイプのバースデーカード。子猫たちがニャンニャン声ではっぴバースデーを歌う。そのサウンドを聞きつけたメスの猫。思わぬ母性が炸裂したようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52200985.html

記録破りのループ、300工程で風船を割るピタゴラ超複雑系装置「ルーブ・ゴールドバーグ・マシン」

ピタゴラス


 その工程数は300。これまでの仕掛け型機械の最高記録244を塗り替えた究極のピタゴラスイッチ(ルーブ・ゴールドバーグ・マシン)は、2012年に米インディアナ州パーデュー大学で作成されたもの。最終目的の「風船を割る」だけのために遊び心満載でその仕掛けをくみ上げていったんだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52078046.html

でかっ!オーストラリアに生息するスズメガの仲間が大きすぎてコウモリれべる(昆虫閲覧注意)

no title


 スズメガ科に属するコエビガラスズメ は日本にも生息する羽を広げて10cm弱ほどの蛾なのだが、南半球、オーストラリア産となるとスズメガの仲間でもそのサイズも特大レベルとなってくる。体長が20cm近くはあるんじゃないのこれ?羽を広げたらもっと大きくなるわけで、わりとモフっとしているので遠巻きで見たら鳥かなんかと間違えそうだわ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52200901.html

植物すげぇ!!木々の葉がお互いに譲り合った結果、空が割れたように見える「クラウン・シャイネス」現象とは?

0_e35


 高くそびえたつ密集した木々の葉が重ならずにまるで空が割れが起きたかのように見えるこの現象は「クラウン・シャイネス」と呼ばれている。

 これは樹冠が重なり合うことなく、空間を分け合う、多くの樹木が同時に成長した時にのみ起こる現象だそうだ。お互いの葉が重ならないように、「どうぞ、どうぞどうぞ」と譲り合いながら成長していく。

 この現象は1920年代から科学者により議論されていたが、いまだその理由は十分に解き明かされていない。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52200866.html

ごめポヨ・・・飼い主に許しを請う犬の仕草がかわいすぎて無理おこ。

no title


 いったい何をしでかして怒られたのかはわからないが、イタリア、トスカーナ州に住む男性が、ソファに座ってゴールデン、ではなくラブラドールレトリバーをしつけている。

 最初はじっと座って聞いていたのだが、途中から飼い主の胸元に頭を押し付け、無限大の反省する姿を見せ始めた。この仕草があまりにもグっとくるとして、フェイスブックでは2600万回を超える「いいね!」が。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52200978.html

寿命は100年以上、大きさは2メートルを越えるものも。光を食べる巨大な貝「オオシャコガイ」の神秘に迫る!

1_e51


 殻長2m、重量は220kgを越えるものも存在するシャコガイの仲間「オオシャコガイ」は100年以上の寿命を持つ二枚貝の最大種である。殻を完全に閉じずに常にヒダヒダ(外套膜)が常にはみ出しちゃっているのも特徴的である。

 南太平洋やインド洋の暖かい浅海のサンゴ礁に生息するのだが、あまりにも大きすぎるため、うっかり泳いできた人間を待ち構えて丸のみにするという都市伝説すら存在する。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52200967.html

近づくと中身が透けて見える!シースルーな冷蔵庫が2016年販売予定

no title


 今や白物家電ブランドマーケットシェアで世界第1位を誇る中国の家電メーカー、ハイアール社が、ドアを開けることなく近づくだけで中身が見える冷蔵庫を開発したそうだ。

 近未来型家電の1つといったところだろう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52200862.html

モールス信号?いや違った。アライグマがご飯を請求中の音だった。

no title


 何やらベランダの方で音がする。っと窓際にいってみるそそこにはアライグマが小石を持ち窓ガラスをたたく姿が!なんとこのアライグマ、餌がないとこうやって音を出し催促することを学習してしまったようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52200861.html