もし火星に人類が到達したら是非調査してほしい場所。Google Marsで発見された奇妙な地下基地への入り口

0_e


 ご家庭で手軽に火星探査ができる「Google Mars」は、火星の衛星写真や赤外線画像、標高などを提供するサービスである。

 未知との遭遇の第一発見者となるべく、Google Mars上で怪しい物体を探すことが日課となっている人もいる。

 そうやって今回探し出されたのが、なんとも怪しげな空洞なのだ。まるで地下基地への入り口のようにぽっかりとそこだけ穴が開いているという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52275310.html

56年前の日本。外国人写真家が撮影した1963年の日本人の生活や文化・産業を記録した動画

no title


 1963年(昭和38年)、それは東京オリンピックが開催される前の年であった。2020年にもまた東京オリンピックが開催され、今年はその前の年にあたることから、興味深い映像である。

 今から56年前の日本はどうだったのだろう?今とどれくらい違うのか?オランダ人の写真家であるマイケル・ロゲ氏が記録した、1963年当時の映像が残されていた。

 四半世紀以上前の昭和の東京の人々の暮らし、産業などがよくわかる貴重な映像である。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52274545.html

列車と車が同じ道を通るだと!?信号機も遮断機もなし、車と列車が共有する一車線通行の橋(ニュージーランド)

0_e3


 一般的に、列車は線路、車は道路を走るものだ。路面列車は一部例外としても、線路と道路はそれぞれの乗り物の為に使用されている。

 だが、ニュージーランド南島にある小さな村ヒンドンでは、目を疑うような光景をまのあたりにすることになる。

 電車と車が、一車線通行の橋を共用しているのだ。しかもその橋には信号機や遮断機といったものは一切存在しないのだ。

 後ろからあおられてるな、と思ったらそれが車じゃなくて列車だったりするのだから驚きだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52275522.html

こうやれば魚群リーチよ!子供に狩りのやり方を教える母イルカ(アメリカ)

top

image credit:facebook

 人間と同じように一部の水生生物にもある育児。そのやり方は種によって異なるが、野生のイルカの子育てはこんな感じで行われるようだ。

 今年4月アメリカのフロリダ州の海岸で、透明カヌーに乗った男性が生後まもない赤ちゃんと泳ぐ母親イルカを発見。
 
 母親は小さな赤ちゃんに狩りをレクチャーするかのように、お腹を見せてひっくり返りながら魚の群れを追いかけていた。

 ジャンプしたり、くっついたり。幸せそうに泳ぐ親子の映像がこちらだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52275128.html

ちょっとそのスピードにはついていけなかったっす!イワトビペンギンにロボットカメラが密着取材した結果

penguincam1_640


 目の上あたりにぴょこんと生えた飾り羽がキュートなイワトビペンギン。日本でもファンが多いこのペンギンに、スパイカメラが密着するよ。

 これまでもペンギンとスパイカメラは相性よさげな感じだったけど、イワトビペンギンたちはどうだろう。ロボットペンギンを受け入れてくれるのかな。早速その映像を見てみよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52275512.html

弾丸が木っ端微塵に砕け散る。軽量の発泡素材が開発される(米研究)

no title


 新開発の中空の金属球で作られた軽量発泡素材――これを使えば、機関銃やスナイパーライフルに使われる50口径の弾丸すら太刀打ちできない。

 ノースカロライナ州立大学の研究者が15年前から開発を進めている新素材は「合成金属発泡体(CMF/Composite Metal Foam)」といい、戦車などに利用される従来の均質圧延鋼装甲と同じ防護性能を半分の重量で実現してしまう。

 つまり戦車の装甲をこいつに換装するだけで、防護性能を落とすことなく、車体を軽量化し、機動性と燃費を向上させられるのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52275286.html

がっつりみられてますけど?なぜか自分にステルス機能が搭載されていると思い込んでいる子犬の親犬に対する近づき方

1



 抜き足差し足忍び足・・・

 そろり、そろりと、親犬に近づいてくる子犬。親犬はその一部始終を「んじ~っ!」と見つめ続けているわけだけど、子犬は自分は見られていないと信じ込んでいるっぽい。自分がステルス状態にいると勘違いしているかのようだ。

 そして最後にそうきたか! 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52275304.html

何この小さな謎生物。防犯カメラがとらえた『ハリーポッター』のドビーに激似な動的物体の正体は?

0_e0

Vivian Gomez/Facebook

 とある民家の玄関先に設置されたCCTV(防犯カメラ)に、映画『ハリーポッター』シリーズのキャラクターとして知られる屋敷の妖精“ドビー”に似た謎生物が映り込んでいた。

 日本の都市伝説なら「小さいおじさん」と言ったところだろうか?

 最初、この映像はフェイスブックに投稿されたが、続いて米メディアがツイッターに投稿したことで、ますます注目を浴びるところとなった。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52275457.html

何この小さな謎生物。防犯カメラがとらえた『ハリーポッター』のトビーに激似な動的物体の正体は?

0_e0

Vivian Gomez/Facebook

 とある民家の玄関先に設置されたCCTV(防犯カメラ)に、映画『ハリーポッター』シリーズのキャラクターとして知られる屋敷の妖精“ドビー”に似た謎生物が映り込んでいた。

 日本の都市伝説なら「小さいおじさん」と言ったところだろうか?

 最初、この映像はフェイスブックに投稿されたが、続いて米メディアがツイッターに投稿したことで、ますます注目を浴びるところとなった。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52275457.html

死にかけの子犬を拾ったら、チンパンジーも世話してくれた。愛と奇跡の物語

1906snf03

image credit:YouTube

 西アフリカ・リベリアで、ペット用の不法売買から救ったチンパンジーを保護する施設を運営しているジェニー。彼女は11月のある日、道路の片すみで1匹の子犬をみつけた。

 虫におおわれ、目は感染症にかかり、今にも死にそうにやせ細った子犬。彼女は、スタッフの反対を押し切って、その子犬を連れ帰ったんだ。

 スナフー(Snafu:安定のめちゃくちゃ)と名づけられた子犬に訪れた、運命の奇跡を見てみよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52275471.html