ミヌエットのオーティスさんの愛くるキュートな瞬間を満喫しよう

dropped5

 
 マンチカンのミロさんは2017年2月に生まれた。そのモフふわっぷりもさることながら、とっても愛らしい表情も相まってインターネット上のアイドルキャットとしてぐんぐん注目を浴びている模様。その弟分として人気を集めているのがオーティスさんだ。まだまだ小さなオーティスさんはマンチカンとペルシャ猫を交配して作られたミヌエットという猫種だとか。少し短めの足ながらも一生懸命大人の階段を登っている最中のようだ。

 そんなオーティスさんの愛くるキュートネスが詰まった動画を見て、みんなもミロさんとオーティスさんのファンになっちゃえばいいじゃない。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52263548.html

なぜ消えた!?ガラス越しからマジックを見た時のヒヒの神反応

no title


 アメリカ、オハイオ州にある動物園のヒヒに対してガラス越しからマジックスタート。

 手に持っているカードを消してしまうというシンプルな技なのだが、これに対するヒヒの反応がアグレッシブすぎた。

 これはマジシャンにとっては超絶神対応。
 まずはその反応を見ていただこうか。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52263254.html

黙示録かな?高層マンションの上をぐるぐると渦巻きながら通過するUFO型の巨大な雲がロシアに出現

no title

image credit:YouTube

 ロシア・モスクワのアンドロポフ通りで、「空飛ぶ円盤」という呼び名がぴったりの不思議な形の雲が目撃されたようだ。

 ふと空を見上げた通行人の男性がそれを目にしてびっくり仰天。スマホで動画を撮影してSNSに投稿したところ騒ぎとなった。

 もしかしてエイリアンの侵略かあるいは・・・とその黙示録的なビジュアルに驚く人が続出しているという。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52263361.html

「待って、行かないで、置いてかないで!」女の子にスクールバスに乗ってほしくなかったニワトリ

frogtherooter2_e


 今年のはじめに紹介した、女の子が学校から帰ってくると、走って迎えに行くニワトリさんを覚えてくれてる人も多いと思う。あれから季節は移ったけれど、あの1人と1羽の仲良しコンビはどうしているだろうか。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52263507.html

動力は猫?猫にくっつけると起動する「ネコ駆動式ファン」

no title


 あまりにも不思議な現象である。だってさUSBに差し込むタイプじゃん。なのになぜか猫に差し込むと起動するのである。

 空を自由に飛びたいな。はい!タケコプター!
 っていうやつもそういえば猫型ロボットだったし、ここは一旦思考停止した方がいいのかしら?

 とにかくなぜか、猫に差し込むと起動するファンなのである。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52263169.html

未だに議論を呼んでいる、アメリカ・コロラド州の民家に現れた奇妙な動きをするオーブ

0_e1


 1990年代初頭、アメリカ・コロラド州ブラック・フォレストに引っ越してきたばかりの家族は様々な超常現象を体験した。

 移動させた覚えのない家具が動いていたり、奇妙な音が聞こえたり、外に人影を感じたりと、不可解な現象に見舞われていたという。

 そしてそれを決定づけるかのように、監視カメラは浮遊する人魂のような光るオーブの姿をとらえていたのだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52263425.html

不運は連鎖するが不幸中の幸い。バイクを運転していた女性、車にはねられた直後マンホールの中に落ちる(中国)

hit_circled


 「泣きっ面に蜂」という表現がある。みなさんご存知の通り、不運や悪いことが重なって起こること、という意味だ。

 類義語としては「虎口を逃れて竜穴に入る」「一難去ってまた一難」「弱り目に祟り目」といった言い回しがある。英語では「When it rains, it pours」という表現があり、「降れば土砂降り」と訳される。

 そして、中国から届いたこの動画には、新しい表現としてこのリストに付け加えられるべきであろう事態が映っている。

 その事態とは、「車に撥ねられマンホールに落ちる」だ。
  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52263396.html

南極に住むアザラシの鳴き声がシンプルに電子音だった件。

no title

image credit:johnbozinov

 南極域に住むウェッデルアザラシは、生息域にエサがふんだんにあるため、ほとんど移動することなく氷の下で過ごすという。

 彼らの移動範囲は生まれた場所から数キロメートル以内だ。

 潜水が得意で水深600メートルまで潜ることができ、45分間も海中にいることができるウェッデルアザラシは、水中で仲間とコミュニケーションのために鳴き声を発する。

 時に陸上でも鳴くことがあるそうだが、その音声を録音した貴重な動画が公開されていた。

 ウェッデルアザラシの鳴き声ってすごく電子音なのだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52263255.html

これは何?イモムシとネズミのハイブリッドみたいな謎生物の正体に衝撃!(イギリス)

creature2_e


 カワウソ×イノシシだったり(関連記事)、アジの開き状態×長毛だったり(関連記事)と、世界各国で発見されているハイブリッドな謎生物たち。

 7月25日、イギリス南部のサウサンプトンにあるベックス・ディーンさん宅の玄関にも、とっても奇妙にハイブリッドな謎生物がいたみたいなんだ。

 その謎生物は、イモムシみたいな体をしているんだけどネズミみたいな尻尾がある。

 とてもネズミには見えないけれどイモムシというには尻尾があるし・・・けっこう不気味ビジュアルなんだけどこれ、何なのか分かるかな?

 正解はこのあとすぐ! 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52263062.html

いったいどんだけ入るんだ?ハムスターの頬袋をエックス線で撮影してみたら

hamsterscheeks1


 先日のリスくんもそうだったけれど、頬袋って不思議だと思わない? なんであんなにたくさん、ほっぺたの中に入っちゃうだろう。見てると破けそうで怖かったりするんだけど、いったい限界はどのくらい?

 頬袋に食べ物を詰め込んでいる様子を、エックス線で撮影した動画を見つけたよ。BBCの短い動画だけれど、頬袋の中の様子をチラリと垣間見ることができちゃうので、ぜひ見てくれると嬉しいな。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52263422.html