駐車場のラインを思いっきり無視して番長止めしていた車に対し2台のジープがお仕置き決行(アメリカ)

no title


 車を運転するドライバーなら一度は見かけたことがあるであろう、駐車場での迷惑駐車。

 駐車場には区画線が引いてあるのが一般的で、線と線の間に車を駐車させるようになっている。

 ところがたまに、線にまたがって2台分、あるいはそれ以上のスペースを占有している車がある。その行為は番長止めとも言われている。

 心に余裕があるときなら苦笑い程度で済むが、混んでいるときやイライラしているときにマナー違反の迷惑駐車している車を見かけると、人はその怒りを抑えきれなくなる。

 で、実力行使にでるわけだ。

 アメリカ・オレゴン州で、番長止めをしている車に対し、2台のジープがこんな方法でお仕置きをした。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52266028.html

道路脇で不審な青年を目撃した警察官。事案発生かと思いきや、小さなリスを救うための心やさしき行動だった。

00


 山や森の中にある道路では、動物たちがひょっこりと顔を出し、自動車を運転中に遭遇することがある。

 19歳の青年、フェリックスさんは、車を運転して自宅に帰る途中、ミネソタ州ミネアポリス郊外にあるブルックリンパーク付近の道路で1匹のリスを目撃した。

 そのリスは道路を横切ろうとフェリックスさんの車の前に飛び出したのだ。

 これはやばい!そう思ったフェリックスさんは、慌てて車を路上に止め、リスの方へとかけよった。リスは道にぐったりと倒れ込んでいた。

 何とか助けなきゃ。彼はリスを道路脇の草むらに運び救護活動を開始した。

 そこにパトカーが通りかかった。だが、路上に投げ捨ててある車。草むらで何やらあやしい行動をしている青年。

 どう見ても不審者事案に警察官が近づいてきた。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52266042.html

「それ違う!それやめ~や!」飼い主の遠吠えに困惑するフレンチブルドッグの子犬

dropped56

 
 最近マランダーで時々話題を呼んでいるフレンチブルドッグ。

 今回もまた個性豊かでかわいい子が発見された模様。こちらのお宅のフレンチブルドッグの子犬は、飼い主さんが鳴きまねするのが何だか気に入らないようなんだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52266050.html

エスカレーターでスーツケースを運ぶのは危険。ましてや手を離すと大変なことに!

no title


 小さめのスーツケースならエスカレーターで運ぶことも可能だが、きちんと持っていないと大変なことになる。

 この女性、エスカレーターに乗せたスーツケースからうっかり手を放してしまった。嫌な予感しかしないだろう。その予感は的中するのだが、犠牲者を作ってしまったようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52264456.html

愛犬との別れがつらすぎて、お棺の中の犬から離れられない若き男性(フィリピン)

dog-5 [www.imagesplitter.net] (1)

 
 ペットを飼っている人々の多くがペットを深く愛し、深い信頼関係を築き合う。家族であり、友として唯一無二の存在として時を共に過ごすのだ。

 しかし深く愛せば愛すほど別れの時がつらくなる。そのつらさは文字通り肉体的痛みのように我々の心に突き刺さる。

 インターネット社会に生きるマーヴさんは、先日最愛の犬を失い、お葬式の際の自分の様子を包み隠さず自身のFacebookに投稿した。

 その姿がペットの大切さを思い返させてくれるということで世界中の人々の涙を呼んでいる。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265826.html

口笛を吹くと、「呼んだ?呼んだ?」と大急ぎで飼い主の元に走ってくる赤ちゃんフクロウのかわいさよ

no title


 飼い主もイケメンなので一粒で二度おいしい系の動画なのかもしれない。

 飼い主男性がピュゥ、ピュゥピュゥ~!っと口笛を吹くと、大急ぎで男性の元に走ってくる赤ちゃんフクロウ。

 羽を広げながらパタパタと走っていくその姿はかわいいことこの上ない。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265697.html

Hope For Paws~「もう大丈夫だよ、いっしょに行こう!」飼い主が亡くなって野良犬となってしまった犬の保護作戦

homelessdog8_e


 ペットたちはその生活、いやそのいのちを飼い主に依存して生きている。食べ物、住む場所、安全、健康への気遣い。すべて飼い主が責任をもって、与えなければならないもの。だがその飼い主に何かあったら?

 先日は突然入院した飼い主と犬の物語をお伝えしたけれど、今回は飼い主の死で野良犬となってしまっていた犬を、保護したお話をご紹介しよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52266011.html

ゼラチンの原料って何でできてるか知ってる?製造過程を逆再生すると登場するのはあの動物

gumee10_e


 果汁などをゼラチンで固めたグミは、日本でも愛されているお菓子のひとつだ。海外製のものと日本製のもので食感は異なる場合もあるが、様々なタイプのグミが登場している。

 さて、そんなグミはどのように作られているのだろうか?

 グミを食べるところからゼラチンの製造方法まで戻っていく、逆再生映像が公開されていた。

 知っている人は知っていると思うけど、グミの原料であるゼラチンには、あの動物が使用されていたんだね。ちょっとびっくり!
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265531.html

テーブルの中からファイアー!内蔵スピーカーから流れる音に反応して炎が上がるそ

top


 炎と音楽といえば、人間の奥底にある本能的な何かを揺さぶる効果がある気がするのだが、アメリカにてその2つが融合したアイテムが話題になっている。

 これはなんと音に合わせて炎が踊るアメージングファイヤーなテーブルで、内蔵スピーカーから好みの音楽を流しながらエネルギッシュな炎を堪能できる。

 ヒャッハーな気分にひたったり、個性的な音楽体験を求めがちな人にはもってこいの音響アイテム。まずはその動きをご覧いただこう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265830.html

「先日遊んでいただいたアザラシです」前に一度だけ遊んだことがあるアザラシが、ダイバーに近づきギュっと抱きしめる

no title


 イギリス、ノーサンバーランドの沖にあるファーン諸島は数多くのハイイロアザラシが暮らしている。

 医師でありダイバーであるベン・バーヴィルさんは最近この島でダイビングを楽しんだ。その時知り合った1頭のハイイロアザラシと共に踊り、そして遊び、1時間以上の楽しい時を共にしたのだ。

 それから2週間後、バーヴィルさんは再びこの島を訪れた。海に潜って10分くらい経ったところ、なにやら1頭のアザラシが近づいてくる。

 そしてムギュッ!とバーヴィルさんに抱き着いてきたのだ。

 なんと・・・ そのアザラシは一緒に遊んだアザラシだったのだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265916.html