あのプーさんが初の実写映画化。ふわもこで超かわいい「プーと大人になった僕」は9月14日より全国ロードショー!

pooh1

image credit:YouTube

 100エーカーの森に住む、ハチミツが大好きなくまのぬいぐるみといえば「くまのプーさん」だ。

 親友のクリストファー・ロビンやピグレット、ティガーといった仲間たちも楽しい、大人気のディズニーキャラクターである。

 そんなプーさんの初めての実写映画「プーと大人になった僕(原題:クリストファー・ロビン)」が、9月14日より全国で公開されるようだ。

 実写化ということでどういうことになっているのか若干ドキドキしながらトレーラー映像を見ると、ほのぼの癒しオーラがものすごいことになっていたよ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260692.html

こんな歯医者さんなら子どもも怖くない!子どもの緊張をほぐすため手品を学び、それで和ます歯科医(アメリカ)

top


 悪い歯を治すんだよ、といわれても、歯科医院はイヤ!という子どもは多い。大人だって苦手な人がいるくらいだもの。

 だけどこんなに楽しい歯医者さんがいるなら、子どもたちもまた行きたい!って思うかもしれない。

 それは小さな患者たちを楽しませようと、ミニライトのマジックを披露するアメリカの小児歯科医の姿だ。

 大人も魅入ってしまうほど見事なテクニックで、子どもを笑顔にする歯医者さん。そのほほえましい様子はツイッターで120万超もの良いねを獲得している。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260705.html

病に苦しむゴールデンレトリバー、最後の散歩。愛犬に飼い主女性が手紙を残した

dropped99_e


 15歳のゴールデン・レトリバーのプリンは骨棘という、同じ場所に繰り返し炎症が生じることによって骨が増殖する病により苦しんでいた。

 大好きな散歩もままならないままこの世を去ってしまうのはあまりにも忍びない。飼い主たちは、プリンさんを散歩に連れ出すことにした。ほんの少しでもプリンさんに外の空気のさわやかさ美しさを再確認してほしいという願いからである。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260753.html

うっかりってレベルじゃない!高層ビル47階の屋上から窓ガラスを落としてしまうという大惨事勃発(ロシア)

top


 ロシア・モスクワの高層ビルで、窓ガラスの交換作業が行われていた。分厚く巨大な1枚のガラスを、吸盤のついたワイヤーで47階建ての屋上まで引き上げていく。

 屋上に到着し、作業員が受け取ろうとしたその時!

 ワイヤーが外れ、ガラスは一気に地上まで落下しするという悲劇が勃発してしまった。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260671.html

いったいなぜ?バス停の青い壁を見つめ続けている犬(ブラジル)

top


 動物は時として人間には理解できないふるまいを見せることがある。

 アルゼンチンのヘネラル・ロカ市にてバス停の待合所の青い壁を見つめる犬がいた。

 このバス停で一日の大半をすごすこの犬は、町の人がとりあえず「チーチョ」と名付けたラブラドールレトリーバーだ。

 チーチョを観察していた獣医によると、3日に渡り、尻尾を振りながら壁を見つめていたという。ときに尻尾を振りながら...

 人間が見ると青い壁だけで他に何もない。いったいなぜ壁を見つめいるのだろう?この動画がシェアされてから、さまざまな憶測を呼んでいる。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260720.html

いったいなぜ?バス停の青い壁を見つめ続けている犬(アルゼンチン)

top


 動物は時として人間には理解できないふるまいを見せることがある。

 アルゼンチンのヘネラル・ロカ市にてバス停の待合所の青い壁を見つめる犬がいた。

 このバス停で一日の大半をすごすこの犬は、町の人がとりあえず「チーチョ」と名付けたラブラドールレトリーバーだ。

 チーチョを観察していた獣医によると、3日に渡り、尻尾を振りながら壁を見つめていたという。ときに尻尾を振りながら...

 人間が見ると青い壁だけで他に何もない。いったいなぜ壁を見つめいるのだろう?この動画がシェアされてから、さまざまな憶測を呼んでいる。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260720.html

いったいなぜ?バス停の青い壁を見つめ続けている犬(アルゼンチン)

top


 動物は時として人間には理解できないふるまいを見せることがある。

 アルゼンチンのヘネラル・ロカ市にてバス停の待合所の青い壁を見つめる犬がいた。

 このバス停で一日の大半をすごすこの犬は、町の人がとりあえず「チーチョ」と名付けたラブラドールレトリーバーだ。

 チーチョを観察していた獣医によると、3日に渡り、尻尾を振りながら壁を見つめていたという。ときに尻尾を振りながら...

 人間が見ると青い壁だけで他に何もない。いったいなぜ壁を見つめいるのだろう?この動画がシェアされてから、さまざまな憶測を呼んでいる。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260720.html

適応進化?同調圧力?フラミンゴの群れの中にいたガチョウ、片足をあげがちになる件

no title


 フラミンゴと言えば一本足で立つことが知られている鳥だ。足を交互に取り換えながら1本足で眠ることすらできる。

 その理由はいまだ完全に解明されておらず、「片足を休めることで天敵に襲われた時に素早く動きだせるから」や、「片足だけを水につけることで体温が奪われるのを防ぐため」、「足の筋肉の疲労を減少させるため」など諸説ある。

 何らかの理由あっての一本足立ちなのだが、周りがみんなそんなだと、自分もそういなければという同調圧力なのか、それとも環境に適応してしまったのか、その群れにまじったガチョウの場合には、片足をあげがちになるようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260718.html

適応進化?同調圧力?フラミンゴの群れの中にいたアヒル、片足をあげがちになる件

no title


 フラミンゴと言えば一本足で立つことが知られている鳥だ。足を交互に取り換えながら1本足で眠ることすらできる。

 その理由はいまだ完全に解明されておらず、「片足を休めることで天敵に襲われた時に素早く動きだせるから」や、「片足だけを水につけることで体温が奪われるのを防ぐため」、「足の筋肉の疲労を減少させるため」など諸説ある。

 何らかの理由あっての一本足立ちなのだが、周りがみんなそんなだと、自分もそういなければという同調圧力なのか、それとも環境に適応してしまったのか、その群れにまじったアヒルの場合には、片足をあげがちになるようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260718.html

宇宙に咲く薔薇のよう。渦巻銀河「NGC 3256」を撮影した驚くべき写真

スクリーンショット-(1446)


 人類にとって宇宙は死をもたらす罠でもある。一度かかったら最後、私たちの脆弱な肉体は無数のブラックホールと有毒ガス渦巻く嵐に切り裂かれてミンチにされそうだ。

 しかもその工程時間は光速よりも短い時間で済むかもしれない。

 だが先月末、そんな恐怖すらどうでもよくなるほど美しい銀河、 ほ座(Vela)にある渦巻銀河「NGC 3256」の画像が科学者によってもたらされた。

 比類なき「宇宙のバラ」と称されネットを駆け巡る魅惑の銀河。ハッブル望遠鏡がとらえたその姿にズームインだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52260681.html