神の使いか?5本角の羊がイスラム教の祭日の前夜、市場に現れる

5本角の羊が市場に登場
 イスラム教の祭日「イード・アル=アドハー」準備の為、ナイジェリア、ラゴスで開かれた市場で、多くの買い物客の注目を集めていたのは、5本の角をもつオスの羊だ。

 まるで王冠を被って見えることから、自由の女神を連想する人や、予言者アブラハムの息子、イスマーイールの生まれ変わりを信じる者もいた。

  続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52304362.html

パンダのようなツートンカラーの珍しいリスが発見される(アメリカ)

アメリカ、コロラド州で発見された2色使いのリス


 アメリカ、コロラド州デンバー近くの木で、珍しいツートンカラーのリスが発見されたそうだ。そのリスは胴体は白色、尻尾と耳、目の周りと胴体内側は茶色をしており、リス界のパンダ的な模様をしている。

 リスと言われなければわからないほどには、カスタマイズされたかわいらしい個体なのだ。 続きを読む

SOURCE: https://karapaia.com/archives/52302511.html

世界初、極端に脚の短いのキリンが発見されていた(アフリカ)

0_e9

足の短いキリンが発見される Giraffe Conservation Foundation/Facebook

 アフリカのウガンダとナミビアで極端に脚の短いキリンが発見されていたた。 

 このほど2015年と2018年に発見された、脚の短い2頭のキリンについての論文が、昨年12月の学術雑誌『BMC Research Notes』に掲載された。

 研究者によると、このキリンは遺伝子異常により骨格異形成となった「ドワーフィズム(小人症)」を発症している可能性が高いということで、野生生物では非常に希少な症例であり、世界初ではないかと言われている。『Live Science』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52298277.html

世界初、極端に脚の短いのキリンが発見されていた(アフリカ):追記あり

0_e9

足の短いキリンが発見される Giraffe Conservation Foundation/Facebook

 アフリカのウガンダとナミビアで極端に脚の短いキリンが発見されていたた。 

 このほど2015年と2018年に発見された、脚の短い2頭のキリンについての論文が、昨年12月の学術雑誌『BMC Research Notes』に掲載された。

 研究者によると、このキリンは遺伝子異常により骨格異形成となった「ドワーフィズム(小人症)」を発症している可能性が高いということで、野生生物では非常に希少な症例であり、世界初ではないかと言われている。『Live Science』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52298277.html

単眼でアルビノの白いサメの赤ちゃんが発見される(インドネシア)※閲覧注意

単眼でアルビノの白いサメの子供をインドネシアで発見

単眼でアルビノの白いサメの子供をインドネシアで発見/iStock

 インドネシア、マルク州の沖合で漁師たちが網にかかった魚を引き上げていたところ、成体のサメのお腹の中に、単眼でアルビノのサメの赤ちゃんを発見した。

 このサメは胎生で、漁師たちが成体のメスのサメをさばいていたところ3匹の赤ちゃんが出てきたそうで、2匹は普通だけだったが、1匹だけ一つ目で乳白色をしていたという。このサメはすでに死んでいたそうだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295776.html

植物の発芽パワーの凄さがわかる果物や野菜の12の画像

トマトの発芽パワーぱねぇ!

トマトの発芽パワーぱねぇ! image by:reddit

 芽が出て膨らんで~花が咲いたら じゃんけんぽん!などと言ってる場合ではないのだ。花が咲いたら実がなり、その実の種はまた芽となるサイクルを繰り返すのが植物という生き物だ。

 我々人間は果物や野菜の”実”の部分をおいしく食べるけど、その実は発芽したがってるのだ。放置していると、爆発的に発芽しちゃう場合だってあるのだ。

 時にパワー全開過ぎて、ありえない発芽パターンになることもあるけれど、その生命力の強さは信頼の証。植物があるから動物は生きていける。

 感謝の気持ちを込めながら、その驚異的発芽パワーを見ていこう。
  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52294763.html