木を切ってたら猫の鳴き声が…林の中にいた子猫ズ、素敵な人のおかげで無事家族が決まる

dropped46

image credit:Reddit

 産むところ、現れるところを問わずとにかくマルチに活躍を続ける、猫による猫のための暗躍組織NNN。今の時期の弱った人の心に癒しを届けるべくちゃっかり子猫たちを然るべきところに送っていたみたい。

■NNN(ねこねこネットワーク)とは?
猫好きの人間に猫を派遣し、飼い猫として幸せに暮らせるよう暗躍している謎の組織と言われている。

優良物件(飼い主候補)として認められた人間は最高のタイミングで猫に遭遇して飼い主となる。その猫が亡くなった場合や、飼い主が多頭飼いしたいと思い始めた矢先、また新しい猫が偶然を装って派遣されてくる。

 海外掲示板Redditで「牧場の木を倒したら猫の鳴き声がしたんだけど…」という木陰に隠れていた子猫たちを発見した人が話題を呼んでいた。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293601.html

昔から猫は絵になる生き物だったわけだし。古今東西、絵画に登場する猫たち

top

image credit:facebook

 古代エジプトにおいては崇拝の対象とされ、船の守り神としても活躍してきた猫は偉大な芸術家を魅了する存在としても名高いが、猫がいる絵画をひたすらシェアするフェイスブックアカウントが話題になっている。

 古今東西の芸術作品から猫を描いた作品だけをシェアするCATS IN ARTは、人間と猫の歴史に興味を持った猫愛好家によるもの。

 アーティストの目に留まり、はからずも芸術に貢献した猫。そんな猫たちがいる作品の一部をじっくり堪能してみよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52288553.html

僕がついてるから大丈夫。雷雨におびえる猫に身を寄せて励ます猫(カナダ)

雷雨におびえる仲間の猫を慰める猫

猫の絆 image credit:emma patricia/Twitter

 血の繋がりがなくても、本当の家族やきょうだいのように労わり合い、愛情を注ぎ合う人間関係があるように、動物間にも互いの存在を大切にし合う深い絆が存在する。そして、そんなやさしい姿を垣間見た時には、思わず心がほっこりと温かくなる。

 カナダのオンタリオ州に住む女性が、飼い猫の2匹の愛らしい行為を激写し、Twitterでシェアしたところ、多くのユーザーらの心を溶かした。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293539.html

コロナだけじゃない!激動の2020年、上半期に起きたことを映画字幕風にまとめてみた

激動の2020年を字幕風にまとめてみた

激動の2020年を字幕風にまとめてみた image credit:skeeli614/imgur

 2020年起きた出来事は、まさにパニック映画の様相を呈しており、今だその渦中にある我々って、まさに激動の時代のサバイバーみたいなものだ。

 今だ体験したことのない恐怖が次々と迫りくるとか、更なる恐怖があなたを襲うとか、誰もが映画の登場人物になっている。

 前回、2020年に起きた出来事をパニック映画予告風にまとめた動画を紹介したが、今回、imgurでシェアされた「2020年前半に起こった出来事」の字幕風まとめは、読み進んでいけばいくほどそのカオスっぷりがわかるだろう。

 もともとはFacebookで拡散され話題となっていたネットミームで、imgurに投稿したユーザーは、「30年生きて来た中で、2020年は一番嫌な年。それでも、世界からの謙虚さや礼儀正しさ、団結を期待したい」と話している。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293478.html

古代の難破船の間を泳ぐことができる水中遺跡博物館がオープン(ギリシャ)

水中遺跡博物館がギリシャにオープン

水中遺跡博物館がギリシャにオープンimage credit:alfa_collection_alonissos/Instagram

 紀元前5世紀頃、ギリシャのエーゲ海アロニソス島沖で沈んだ難破船は、これまで科学者らの研究のみが許可されており、一般公開はなかった。

 しかしこのほど、2か月という期間限定で、海底に沈んだ古代の難破船を見ることができる初の「水中遺物博物館」がオープンしたそうだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293407.html

迷作揃い。2020年じゃがいも写真コンテスト、優秀作品が発表(イギリス)

2020年じゃがいも写真コンテスト

2020年じゃがいも写真コンテスト image credit:Potato Photographer of the Year/Ray Spence

 最近、イギリスでちょっぴりユーモラスな写真コンテストが開催された。その名も、「2020年 じゃがいも写真コンテスト」だ。

 このコンテストは、フードバンクの慈善団体『Trussell Trust』への資金集め目的で行われたそうだが、多くの応募者がじゃがいもをテーマとした作品を提供し、その中から特に優秀な作品と審査された10選が『The Guardian』など複数のメディアで紹介された。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293390.html

「頭はピットブル、胴体がウィンナー、足は恐竜」不思議犬が発見され、海外掲示板で話題を呼んでいた

dropped8

image credit:Reddit

 海外掲示板Redditには、毎日さまざまなニュースが取り上げられスレッド内でスレ住民が話し合いをしている。

 今回「頭はピットブル、胴体がウィンナー、足はTレックスの足を持つ不思議犬が発見された」と話題を集めていた。

続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293421.html

全身真っ白のトナカイさん!野生の白トナカイと奇跡の遭遇(ノルウェー)

白いトナカイ

希少な白のトナカイ image credit:Instagram

 ノルウェー、オスロに住むフォトグラファーのマッツ・ノーズヴェンさんは主に自然の風景や動物を撮影する写真家だ。日々InstagramなどSNSでも見つけた絶景を紹介してくれている。

 とある日も、美しい景色を探して北部の山を登って探索している時に思わぬ出会いがあったそうだ。なんと雪景色に溶け込み、一体になってしまいそうな白く美しいトナカイを発見したのである。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52290139.html

グーグルマップで発見された驚きの珍百景

グーグルマップで発見した驚きの光景

image credit:reddit

 いつどこを通るかもわからないグーグルカーにより驚くほど意外な光景が混入しがちなGoogleストリートビューがまたもネットをにぎわせている。

 今や車載カメラや衛星写真のみならず、徒歩や船や専用スマホアプリなどさまざまな手段で得た写真から成るグーグルマップやグーグルアースの膨大な景色から、海外ユーザーがうっかり発見した興味深いワンシーンを見てみよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293149.html

「これは呪いの石です」アメリカの自然公園宛てに突如届いた石と手紙

呪いの石

呪いの石が自然公園に郵送される珍事 image credit:twitter

 古代から人間をはるかに超越する存在または神として、畏敬の念を抱かれている自然。

 その一部を成す自然物も人知の及ばない何かが宿るという概念は世界各地にあるが、アメリカの公園がツイートした奇妙な郵便物が話題を呼んでいる。

 先日、コロラドの自然公園宛てに1個の石が届いた。添えられた手紙によると、その石はどこかの公園から持ち出したもので持ち主に災いをもたらすというのだ。

 のっけからつっこみどころ満載のスーパーナチュラル事案だが、この件にまつわるさまざまなコメントがネットを席巻。にわかな呪い談義を巻き起こした。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52293168.html