1980年代、赤の時代だったソ連(ロシア)の若者たちのロック文化に傾倒する様子がわかる写真。

24_e1


 ロシアがまだ赤の時代の社会主義国家だったころ、西側諸国の文化は禁忌とされていた。だがそれでも若者たちは、西から生まれたロック文化を吸収しようと必死だったのだ。

 情報が規制されている中、彼らがどんな手段で西側の文化を知りえたのかはわからない。だが時代の最先端を行きたかった彼らは、ソルホーズ・コルホーズといった時代にゴス・パンク・ロック・ヘヴィメタなどを吸収していったのだ。

 ここでは、ソ連崩壊前、1980年代のソ連の若者たちのロックな写真を見ていくことにしよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52238688.html

1980年代、赤の時代だったソ連(ロシア)の若者たちのロック文化に傾倒されている様子がわかる写真。

24_e1


 ロシアがまだ赤の時代の社会主義国家だったころ、西側諸国の文化は禁忌とされていた。だがそれでも若者たちは、西から生まれたロック文化を吸収しようと必死だったのだ。

 情報が規制されている中、彼らがどんな手段で西側の文化を知りえたのかはわからない。だが時代の最先端を行きたかった彼らは、ソルホーズ・コルホーズといった時代にゴス・パンク・ロック・ヘヴィメタなどを吸収していったのだ。

 ここでは、ソ連崩壊前、1980年代のソ連の若者たちのロックな写真を見ていくことにしよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52238688.html

3000年前にロケットが?オーパーツ疑惑となったロケット型の石の彫刻(トルコ)

u1_e


 ミステリアスな古代の遺物は世界でもいくつか見つかっているが、これもそのうちのひとつだろう。

 1975年にトルコのオスマニエ県トプラッカレで発掘されたロケット型の石の彫刻では、宇宙飛行士のようなものまで彫り込まれていることから「トプラッカレ・スペースシャトル」という名でよばれている。

 だが、これが宇宙船を模すなどあり得ない。というか、あってはならないことなのだ。

 なぜならこの彫刻は、かつてトルコ東部を中心に栄えた古代王国の首都だった場所から出土したもので、およそ3000年前の遺物だとみなされているからだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52241261.html

年をとっても気持ちは一緒。あの頃と同じ構図でハイチーズの友情編

tn


 ネット上で大人気の企画、昔撮った写真と同じ構図、同じポーズで撮影し、当時の写真と比較するという「あの頃と同じポーズで」シリーズ。

 主に家族がメインだったが、友情バージョンもあるようだ。とっても多感な時間を共にした友人たちは、家族同様大切な存在である。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52241256.html

無茶しやがって・・・映画「ジョーズ」のポスターをリアルに再現したくて、本物のイタチザメと超接近して撮影してみた

01_e


 スティーブン・スピルバーグ監督の映画、「ジョーズ(1975年)」は、その内容はもちろん、ポスターも印象的だった。

 写真家のマイケル・ドーネラスは、あの象徴的なポスターをどうしてもリアルなサメで再現したかったようだ。彼は、4.5メートルものイタチザメと接近し、ジョーズの構図さながらの写真を撮影した。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52241250.html

2年でこんなに美猫に。病気だった子猫を保護したら、あらびっくりゴージャスキャットに大変身

net]_e

 
 ペルーの首都リマにある公園で、テラとエド夫婦は2~3日前に発見した1匹の子猫を探していた。生まれてまもない様子の子猫で衰弱しているような子猫のことが気がかりだった夫婦は、「家に帰る前にもう一度だけ探そう。」と決め、捜索に当たった。

 二人の努力の甲斐もあり、無事に子猫を発見した夫妻はこの子猫を自分たちで引き取ることに決めた。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52241176.html

おいまてちょっとまて。うちは猫を飼ってないんはずなんだけど・・・なぜか猫に支配されている人々の日常

78_e


 猫は好きなほうだ。だが飼ってはいない。
 うん、たぶんそうなんだけど・・・

 だがNNN(ねこねこネットワーク)は常にそういった人々の監視を怠らない。階下の奇妙な物音で目を覚ました経験はあるだろうか?窓の外からニャーと聞こえて慌てて探しに行ったことは?

 それらはすべてNNNが送り込んだ猫たちである。
 猫を飼っていなくても、猫好きな人たちを彼らが見逃すはずはないのだ。

 ここに集められた画像は、猫を飼っていないにもかかわらず猫に日常を浸食されている人々の様子を映し出したものである。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52240356.html

NASAプレゼンツ、世にも美しいベストオブオーロラ写真

top


 オーロラは、地上や上空はもちろん、国際宇宙ステーションに滞在するクルーまでもが思わず見とれてしまうほど美しい大気の発光現象だ。

 この素晴らしい現象をより多くの人々に伝えるため、NASAは長年にわたって宇宙飛行士や地上の科学者、そして世界中の投稿者がとらえたオーロラの写真を多数展示している。
 
 そのなかでも特に見事な景色の一部を紹介しよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52240452.html

ヒゲの有無でどこまで変わる?男性のヒゲ剃りビフォア・アフター比較画像

beard1_e


 女性の場合はヘアスタイルを変えるとけっこう見た目が変わるのだけれども、男性の場合はヒゲのありなしでけっこう変わると思うんだ。

 いつも鼻と口の間にいるあいつ、あごと首の間いるあいつがいなくなったらどうなるのか。そんなビフォア・アフター画像をさらすのが海外のSNSとかではやっているようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52240701.html

わしゃわしゃしたくなる!愛くるしい子犬たちの画像まとめ

04_e0


 アメリカでは毎年3月23日は" 子犬の日 "(National Puppy Day)とされている。子犬はふわふわでやわらかくて、とてもかわいいものだ。だからこその子犬の日があるのである。

 海外サイトではこの日、かわいくて素通りできない、画面越しからわしゃわしゃしたくなる子犬たちの画像がまとめられていた。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52239469.html