お礼を伝えたくて?山火事の消火活動を行っていたヘリコプターの中にフクロウが来訪する奇跡(アメリカ)

消火活動中のヘリコプターの中にフクロウがやってきた

消火活動中のヘリコプターにフクロウがやってきた image credit:Sky Aviation/Facebook

 今年9月4日から発生しているカリフォルニア州の森林火災『クリーク・ファイア(Creek Fire)』は、200万エーカー(約81万ヘクタール)という過去33年間で最大の焼失面積を記録し、多くの住民らがその激しい炎により避難を余儀なくさている他、野生生物が危機に瀕している。

 この山火事を鎮火するため多数の消防士が奔走しているが、このほどヘリコプター操縦士が上空からの消火活動中、1羽のフクロウと巡り合う奇跡的かつ不思議な経験をした。『abc30』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295727.html

運勢を変えるため、手相を変えるタトゥーを入れるタイの人々

運勢を変えるため手相をタトゥーで変えるタイの人々

運勢を変えるため手相をタトゥーで変えるタイの人々 image credit:Facebook

 「運は自分自身で切り開くもの」とはよく言われるが、それでも生きていれば迷いが生じてくるし、うまくいかないときもある。そんな時は占いを頼る人も多い。

 占いの盛んなタイでは手相占いが人気なようで、自分の手相によって運勢が決まると思っている人も少なくない。

 そこであるタトゥーショップが、より良い運を導くため、手相を変えるタトゥーのメニューを取り入れたところ、これが人気となり、実際に運勢が良くなったと喜びの声を上げる顧客も少なくないそうだ。『vietthaitoday』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295696.html

ミュージシャンと観客が巨大バルーンに!ヘッドウォーキング余裕、ライブ会場のコロナ感染対策(アメリカ)

感染予防にウォーターバルーンでライブ

ウォーターバルーンに入ってライブ演奏 image credit:waynecoyne5/Instagram

 ウィズコロナの今、これまで普通にしてきたことが容易にできなくなってしまった。観客の前で披露するライブやコンサート、演劇なども、その1つだろう。

 そこで、アメリカのロックバンド『ザ・フレーミング・リップス』はこんなユニークなアイデアでライブを敢行した。

 メンバー、観客共に、主に水の上で遊ぶウォーターバルーン(アクアバルーン)の中に入り、出身地であるオクラホマシティで、本格的な公開ライブを行ったのだ。『futurism』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295686.html

ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

コツメカワウソの赤ちゃんが生まれたよ

コツメカワウソの赤ちゃんが生まれたよ image credit:Auckland Zoo/Facebook

 イタチ科の哺乳類コツメカワウソは、現在ICUN(国際自然保護連合)のレッドリストでは絶滅危惧種に指定されており、世界中の動物園ではその保護に力を入れている。

 ニュージーランドのオークランド動物園もその1つで、最近生まれたコツメカワウソの赤ちゃん5匹が初めて健康診断を受けた様子をFacebookでシェアしたのだが、洗面器の中に入ったコツメカワウソの赤ちゃんはちっちゃくてかわいくて、もうどうしようっていうくらいくぁわいいのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295706.html

犬、猫、鳥、モルモットの異種間家族。みんなで集まってぽかぽかなひと時

dropped

image credit:Instagram

 ペットたちがみんなで寄り添っている様子って、飼い主にとっては心温まる素敵なひと時だ。本来なら、同じ家に集うことがなかったかもしれない動物たちが仲良く過ごしているって思うと胸がぐっとくるものがあるよね。

 犬と猫とモルモット、そしてインコが集うその瞬間を撮影した動画が見つかった。ほのぼのゆったりとした時間を見てみてほしいよ。
 
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295643.html

対人間用かな?人が捕まえられるほど巨大な蜘蛛の巣が発見される(アメリカ)※蜘蛛出演中

人間が捕まえられるほど巨大な蜘蛛の巣が発見される

人間捕獲用の蜘蛛の巣? image credit:Missouri Dept. of Conservation/Facebook

 もうすぐハロウィーン。ということで、タイムリー(?)ともいえるニュースがアメリカのミズーリ州から届いた。

 同州自然保護局スタッフが森の奥深くで、人間が捕まえられるほどの大きな蜘蛛の巣を発見。これは、オーヴウィーバー(Orbweavers)と呼ばれるコガネグモ科のクモの巣だという。『UNILAD』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295517.html

消防士に保護された子猫、飼い犬に囲まれ育ち犬化が加速(ベルギー)

保護猫が犬化するまで

護猫が犬化するまで image credit:Doudouisawesome/Reddit

 数年前、瀕死の状態だった1匹の子猫は、消防士家族に助けられ、その後家族として迎え入れられた。その家にいた飼い犬たちに愛され、お世話を受けて育ったその猫は、大きくなっても自分のことをすっかり「犬」だと思い込むようになった。

 犬2匹と特別な絆を育み、一緒に遊んだり散歩に出かけたりしている姿を飼い主がRedditに投稿すると、そのキュートさに多くのユーザーらは心をくすぐられたようだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295556.html

きっちりですっきり!整理整頓好きな人のアイデア収納術【ライフハック】

 width=
整理整頓好きな人のアイデア収納術" hspace="5" class="pict" />
整理整頓好きな人のアイデア収納術 image credit:reddit

 部屋の掃除はしてるけど整理整頓はどうも苦手。いざ断捨離を思い立っても、なぜか捨てられないモノや分類できないモノが詰まった引き出しなどと対峙したまま日が暮れる。

 さて今日はこれぐらいにしてやるか…(そっ閉じからの先送りエンドレス)

 そんなもやもや経験あるあるの整頓下手はあなただけではない。特にコロナで外出を控えがちな今、より片付いた部屋を熱望する人がどんどん増えている。
 
 おなじみ海外掲示板でも、無駄なスペースやモノを探す時間を減らせるライフハックが大人気。すっきり空間のヒントになりそうな事例をいくつか紹介しよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295532.html

病気で動けなくなった愛犬をワゴンに乗せ、毎日散歩に連れていく男性(カナダ)

cover1_e

image credit:Bryan Thompson/Facebook

 人と犬の絆はとても強い。特に「犬は男性の親友」と言われるほどだ。長く一緒に暮らしていく中で、飼っている愛犬が年老いてきても、できる限り快適な日々を送れるようにと、献身的な愛情を注ぐ飼い主は数多く存在することだろう。

 カナダのノバスコシア州にも、そんな飼い主がいた。彼は、病気で動けなくなった愛犬を毎日欠かさずワゴンに乗せて、散歩に連れて出ているという。

 その光景を目撃した男性は感動し、Facebookでシェアした。『Go Animals』などが伝えている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295521.html

虎だって熊だってナマケモノだって!お腹を撫でられるのが大好きな動物大集合

撫でられるの大好き動物大集合


 そこに信頼関係があるのなら、動物は弱点であるはずのお腹を差し出し、思う存分撫でさせてくれる。ヘソ天で無防備な状態で、その体を差し出してくれる。それほどまでにモフられるのは大好きなのだ。

 ここでは、様々な動物たちが、うれしそうな顔で人間に撫でられている姿を集めてみた。自分が撫でたり撫でられている気分になって幸せを感じてみよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52295491.html