えらいこっちゃえらいこっちゃ!冬将軍が車にアート作品を作り上げていったわい。

0_e0


 溶かしてしまうにはあまりにも惜しすぎる、冬将軍が車に残していった様々なアート作品。うまい具合に凍り付いて、偶然出来上がった氷の幾何学模様や鳥の羽のような模様はこの世に一つだけしか存在しない芸術品だ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183478.html

動物愛護が叫ばれる前、西洋では動物のはく製を利用して作った家具が人気を博していた。「動物はく製家具カタログ」

0_e


 ハンターの家には、よく壁に仕留めた獲物の剥製が飾られていたりするが、1860年代の西洋の裕福なハンターたちは、自分の戦利品に手を加え、様々な細工を施し、家具に加工するのが流行していたようだ。

 動物を家具にするアイデアは別のトレンドから始まった。当時は動物愛護の概念がなく、ご婦人方がライチョウやキジを丸ごと身につけるというおぞましいファッションが流行っていた時代だった。1860年代、こうした流行が爆発的になり、剥製師たちの供給が追いつかなくなっていた。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183974.html

一人よりも二人、二人よりも1人と一匹。自撮りは動物との2ショットに進化した

0_e24


 世界的に自撮り(セルフィ)が浸透しているが、どうせ撮るなら1人より2人、2人より1匹と1人のほうが全然楽しそうだ。撮らせてくれそうな動物たちを見かけたら、積極的に一緒に写るように撮影することを試みるのも悪くないのかもしれない。だってこんなに楽しそう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183824.html

一枚のGIF画像:空腹時にはもってこいの無限地獄、「エターナルパーペチュアルピザ」

tumblr_nj05guob9O1qzfsnio1_400


 深夜にこんなもんみたら、お腹がすいちゃうじゃないか。でも安心してほしい、このエターナルパーペチュアルピザは無限の世界へと広がっている。どんなに食べても減ることはないだろう。食べることはできないんだけどもね。これを現実のものにするには、ドラえもんの協力を仰ぐしかなさそうだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183948.html

人間と同じ体積になったら確実にやばいヤツだ。10倍以上でかい芋虫を顎で軽く持ち上げちゃう小さきパワーリフター、「ツムギアリ」

0_e2


 オーストラリアやアジアの一部に生息するというツムギアリは、体長1センチほど。樹上性で、幼虫が吐き出す糸で葉を紡いで巣を作ることでしられている。

 また、ツムギアリは屈強な顎を持つことでも有名だ。写真はインドネシアで偶然目撃された、1匹のツムギアリが自分の体重の10倍以上はあるであろう芋虫を顎で持ち上げている場面である。

 1匹だけでこの強さ。その上に社会性が高く、仲間とのチームワークプレイもお手の物だというのだから、こいつらが人間と同じ体積、いや人間の10分の1くらいの体積でも、確実にうちら、やられちゃうだろ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183918.html

犬派とか猫派とか、そんな垣根いらないっしょ。だって犬と猫、こんなに仲良しなんだもの

0_e25


 犬好き・好き、犬派・猫派、そんな人間の派閥関係を全く無視して、犬と猫、仲良く共存しているケースは少なくない。飼い主が愛情をもって育てれば、家族の一員であるペットたちは種の違いを超えて、結構仲良くなれるようだ。

 犬には犬の良さが、猫には猫の良さがある。そして犬と猫は、お互いが敵でないことがわかればこんなにも仲良くなれるのだ。なんか欲張りなようだけど、ネット上には犬と猫を共にペットとし、うまくやっているケースがたくさんあるようだよ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183827.html

高まってきた!世界10都市の禁断の地下施設、立ち入り禁止ゾーン

0_e20


 都市には普段は目に付かない部分がある。日常生活の中で我々が見るその姿は、全体の極わずかな断層に過ぎない。タマネギのように、上水、下水、電気ケーブル、地下鉄など、都市は幾層もの階層から成り立っているのだ。ある都市は古代文明の遺跡を覆い、またある都市では防空壕、貯蔵庫、地下基地といった比較的新しい建造物を隠している。10ヶ所の都市から、そんな地下の秘密を暴き出してみよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183736.html

外科医が医療用メスやナイフで彫り上げた超絶、本の彫刻

0_e


 米ジョージア州アトランタ在住の外科医、、ブライアン・デットマーは、医療用のメスやナイフ、ピンセットなどを使用して、アンティークな医療本、百科事典、辞書、イラストブックなどに細工を施し、素晴らしい本の彫刻を作り上げた。

 本のデザインを生かしながら、まるで飛び出す絵本のような立体感溢れる作品に仕上がっている。かなり細かい作業が必要だっただろうが、そこは外科医、かなり手先が器用なようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183396.html

あっ!溶けた!!フクロウが直射日光に当たりすぎるとどうなるのか?液化する。

00_e1


 フクロウが溶けだした!と話題となっていた4コマ漫画風4コマフクロウ写真。夜行性で森の賢者として知られているフクロウだが、太陽にはむっちゃ弱いようだ。

 日中はうとうと眠っていることが多いのだが、太陽の光を浴びてウトウトしていたところ溶けだしてしまったようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183770.html

何なの?もう何なの?殺す気?っていうくらいかわいいキツネたちを鑑賞するの会

0_e21


 猫と犬の両方の特性を併せ持つキツネ。そのかわいさったら罪作り。特に冬のキツネは冬毛がふっくらしてて極上の愛されモード。ネット上にはキツネを飼っていたり保護したりしている画像で溢れている。一度キツネと接した人はみんなもうメロメロとなってしまうようだ。

 てことで、目尻がデローンとなってしまう、かわいらしいキツネの画像がまとめられていたので見ていくことにしよう。そうしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183740.html