ベイダーが脱いだ!スターウォーズの面々がギリシャ彫刻となって復活

0_e42


 待ち遠しいのは12月18日の金曜日18時30分。待望のスターウォーズ最新作、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がの全世界同時刻一斉公開となり、世界中がざわめきだっている中、一足先に復活したのはギリシャ彫刻化したメンバーたちだった。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52204640.html

秋色を身に纏った動物たちが、おとぎの国へといざなってくれる。

1_e41


 秋の景色を身に纏った動物たちの写真がまとめられていた。美しい赤・オレンジ・黄色のグラデーションの背景にたたずむ動物たちは、新たなるおとぎの世界の物語を我々に届けてくれる。

 寒い冬が来る前の、実りの秋をかみしめながら、動物たちと一緒に新たなる季節に出会えた喜びを堪能しよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52204498.html

動物と同じ環境で育った13人の子供たちのリアルな物語とそれをイメージした写真「野生児たち(Feral Children)」

0_e7


 ドイツ生まれで、ロンドンを拠点に活動している写真家、ジュリア・フラートン=バテンによる最新フォトプロジェクト「野生児たち」は、野生という特殊な環境下で育った子供たちの実話にもとづいて、そのイメージを写真で表現したシリーズだ。

 ジュリアは、野生児だった本人が執筆した『失われた名前』に刺激されて、ほかの野生児のケースをもっと掘り下げてみたいと思った。野生児になるケースは結構あるようだ。子どもたちが野生動物にさらわれて行方不明になっても、親がなにもしなかったために、野生児になってしまうケースもあり、ほぼ全世界的にこうした事件は記録されている。

 ここでは13人の動物に育てられたり、動物と同じ環境で育った子供たちのリアルな物語とそれをイメージしたジュリアの写真を見ていくことにしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52204338.html

君は魚雷型フクロウを見たことがあるか?オナガフクロウ先輩の華麗なる飛行【コラじゃないっすよ】※動画追加

no title


 一般的にフクロウは夜行性が多く、その華麗なる飛行シーンはめったに見られないものなのだが、北アメリカ大陸の北部やユーラシア大陸の北部に生息するオナガフクロウは、昼間が絶好の狩りタイムとなる。

 チャンスに恵まれると、オナガフクロウの華麗なる飛行スタイルが見られるわけだが、フィンランドの森の近くで、ヤニ・イカンガス39歳さんは絶好のチャンスを得た。

 その姿はまさに魚雷、ちょっとした弾丸、はたまたステルス戦闘機のよう。心なしかこっちを向いてドヤっとしているようにも見える。さすが我らが猛禽類。ちょーかっこいいっす!オナガフクロウ先輩!

続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52204416.html

君は魚雷型フクロウを見たことがあるか?オナガフクロウ先輩の華麗なる飛行【コラじゃないっすよ】

no title


 一般的にフクロウは夜行性が多く、その華麗なる飛行シーンはめったに見られないものなのだが、北アメリカ大陸の北部やユーラシア大陸の北部に生息するオナガフクロウは、昼間が絶好の狩りタイムとなる。

 チャンスに恵まれると、オナガフクロウの華麗なる飛行スタイルが見られるわけだが、フィンランドの森の近くで、ヤニ・イカンガス39歳さんは絶好のチャンスを得た。

 その姿はまさに魚雷、ちょっとした弾丸、はたまたステルス戦闘機のよう。心なしかこっちを向いてドヤっとしているようにも見える。さすが我らが猛禽類。ちょーかっこいいっす!オナガフクロウ先輩!

続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52204416.html

裏庭の木からアライグマの赤ちゃんが落ちてきた。保護したところ2匹の犬と仲良くなって犬化が進む(バハマ)

0_e27


 昨年の暮れ、バハマの首都ナッソーで暮らす、ロージー・ケンプさんの裏庭にある木から珍しいものが落ちてきた。なんとそれば生後1か月ほどのアライグマの赤ちゃんだった。

 赤ちゃんはひどく衰弱しており後ろ足を骨折していた。ケンプさんは母親が現れるのを待っていたが、母親は一向に姿を見せない。そこでケンプさん一家で面倒をみる事にした。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52204211.html

専門家も識別不能。イルカみたいなワニみたいな謎のクリーチャーが出現、いったいこれは?(ギリシャ)

no title


 ギリシャ、ケルキラ島を訪れていたスコット人観光客、ハーヴェイ・ロバートソン(52)は家族と共にボートで海の洞窟を撮影した。ところが彼が撮っていたのはお目当ての洞窟だけではなかった。そこにはイルカのような質感で、ワニのように口の長いクリーチャーが水中に潜んでいる様子が写りこんでいたのだ。

続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52204174.html

水と大気を隔てるもの。水面ギリギリから見えるダブルビジョン

0_e


 陸上と水中の生態系は全く違う。その境界線ともいえる水面ギリギリの世界にはいったい何が見えるのだろう?オーストラリアの写真家、マティ・スミスはダイビングしながら水面から見える驚きの世界を撮影し続けている。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52194212.html

アンタッチャブル!鳩に餌を与えるときにはそれなりの覚悟をもって・・・

no title


 ノアの洪水のとき、ノアが放った鳩がオリーブの若葉を持ちかえり、これによって洪水が終わったことされることから、平和の象徴とされる鳩だが、それ以前にも、群れをなし、強い生命力を持つことから、古代ギリシャ・ローマ時代から鳩は、平和の象徴とされていたそうだ。

 ああだけど、そんな鳩が平和の象徴でなくなる場合もある。人間によって餌付けされた鳩たちは、その高い知能から時に、「ちょうーだい攻撃」が加速する場合もあるのだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52144708.html

ネット上では勢いあるけど実際こうだろ?インターネットのおまえらとリアルのおまえらを比較した画像まとめ

2_e33


 海外サイトにてまとめられていたインターネットのおまえらとリアルなおまえらの比較画像。ネタ元の出所はどう考えても日本以外には考えられないわけだが、ネット上では虚勢を張ってしまうのは世界共通だったようで、まんまと共感が得られたようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52202531.html