似て非なる?犬が似ているのか、対象物が犬寄りなのか?とにかくそんな比較画像

0_e8


 トップ画はお約束のプーチンであるわけなのだが、プー様は犬好きなので、これはプーチンが歩み寄ったと言えなくもない。ということでこの世にあるものは犬と似ていることを証明したいがための比較画像がまとめられていたので早速見ていこう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52202135.html

人間には理解不能な猫の理論「猫ロジック」の法則にもとづいた猫たちの行動

0_e6


 猫は時として不可解な行動をとる。謎すぎてわけがわからなくなる。理解しようと思えば思うほど混乱してしまうわけだが、実は猫ロジックが働いているのだそうだ。人間ごときに理解できるロジックではないのだ。

 むしろわざと人間の裏をかいたりしているふしもある、猫ロジックにより行動している猫たちの様子がわかる画像をいくつか見ていくことにしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52201919.html

ここ掘れワンワンしたら出てきた。裏庭に隠されていた奇妙なもの、貴重なもの

11_e2


 子どもの頃、秘密基地を作るために掘ったり、埋蔵金を探すべく穴を掘ったり、破壊という名の捜索活動をしながら土にまみれていたものだ。セミの抜け殻すらが勲章なのだ。

 だが時たま本当に、そこにはお宝が眠っていたりもする。かつての時代の名残ともいえるべきビンテージなものや、誰かが隠していたやばいブツなんかも眠っている。ということでここでは世界各地で裏庭から出てきた面白いものを見ていくことにしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52200580.html

砂漠には鉱物の薔薇が咲く。自然が作り上げた美しい「砂漠のバラ」

20_e0


 見渡す限り砂ばかりの砂漠の中にも花が咲くことがあるようだ。「砂漠のバラ」と呼ばれる鉱物は、ある種の化合物が自然現象でバラのような形状の結晶に成長したものだ。
  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52201990.html

東洋の神秘。ネット上で拡散された「一方アジアでは」タグのついた25枚の画像

00_e


 「Meanwhile In ●●」。これは「一方●●では」という意味で、地域特産の光景が垣間見られる画像につけられるタグなのだが、そんなこんなで「一方アジアでは」というタグのもとにネット上で拡散されている画像が集められていたので確認していくことにしよう。

 海外目線でいうところの、アジアならでは、そして日本ならではと思えてくる光景なんだそうだ。さもありなん。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52201981.html

巨大化したら始末に負えなくなりそうな、狂気のモンスターじみた20の生き物(※昆虫注意)

0_e30


 またしてもインテリジェンスデザイン説を後押ししてしまうわけだが、無駄に造形が不気味だったり、暗黒の世界から誕生したような、われわれの想像を超えたモンスターめいた生物たちがこの世には存在する。

 彼らはもはや創造上の生き物で、ハリウッドの映画セットを這いずりまわっていたり、ゲーム内のダンジョンでHPごっそり削ってくるような印象を受ける。さあ、そんなホラー映画の主役級レベルの生物たちを見てみよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52201761.html

脱力&ハイテンション。創意工夫が見え隠れする手作りのハロウィンコスチューム

15_e2


 ぶっちゃけハロウィンのコスプレとかも長いこと行われてきているので、どんどん進化した結果何でもありの状態となっている。ホラーテイストはもちろん、好きなキャラクターに扮したり、なりたいものになれる、ノーリターンノーポリシー、それがハロウィンの衣装におけるコンセプトのようだ。

 てことで今年のハロウィンパーティーの参考になるかどうかはわからないが、本場海外の人々による自家製のハロウィンコスチュームとやらを見ていくことにしよう。直ぐにでも真似したい簡単なものから、直ぐにでも真似できる簡単なものだけど真似したくないものまでさまざまだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52201916.html

説得交渉の末猫と友好条約を結んだやり手のネズミ(アイルランド)

no title


 アイルランド、メイヨー州ウェストポートにてほのぼのニンマリな光景が目撃された。ポール・ミレイさんのご自宅の庭で遊んでいた飼い猫のララさん(2歳、メス)。その目の前に大胆不敵にも現れたのは1匹の野ネズミ。

 普通ならば野生の血がざわついて、猫はネズミを捕食するはずなのだがちょっと違ったようだ。ララさんの耳元でなにやらゴニョゴニョする野ネズミ。何を言っていたのかはわからないがこの2匹に友好条約が結ばれたことは確かだ。ララさんの野ネズミはお互いにじゃれ合うかのようにトム&ジェリーごっこを楽しんでいるように見えたという。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52201900.html

猫は狭いところが好きだから・・・靴下の中の子猫、靴下を履いた猫たちの面白画像

0_e14


 狭いところは好きだし、これからの季節には防寒対策にもなるし、子猫の場合には靴下はちょっとしたお布団代わりになるみたいなのだが、体にフィットする靴下は猫を猫じゃないものに変えてしまうようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52201542.html

ライフハックとは言わせない。身の回りのものを利用した脱力系問題解決法

00_e1


 確かに創意工夫が凝らされてるし、身の回りにあるものを有効活用していたり、エコロジーだったり、効率的だったりするんだけど、これをライフハックとは決して呼びたくないそんな問題解決方法がいくつかまとめられていた。

 どんな問題解決方法かというと、上の画像を見てもらえれば一目瞭然かと。確かにこうすれば穴が開いた靴下でもまだ履くことはできる。できるんだけどもまあ、問題解決になっているような、なっていないようなそれ系のものだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52201540.html