過酷な戦場で兵士たちの心の支えとなったのは、野良の子犬たちだった。アフガニスタン兵士と子犬たちのもう一つの物語

0_e13

 
 2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロの報復として開始されたアフガニスタン紛争は、その後13年以上の長きに渡って繰り広げられた。公式には2014年12月28日に終結したとはいえ、それまでにあまりにも多くの血が流された。戦死者の数は米軍では2200名、他国でも3500名に上っている。

 だが、悲しいことに最も大きな影響を受けたのはアフガニスタンで暮らす一般の人々で、21000名もの命が戦闘で失われたと推定されている。

 こうした戦争の恐怖と暴虐の最中にあって、人々の心に美と人間らしさと希望を与えてくれた存在がある。臨戦態勢にある兵士たちが心の拠り所としたのは、アフガニスタンに生きる野良犬たちだった。ここで紹介する米軍の兵士と子犬たちの写真は、人間らしい優しさで溢れている。
 
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52191057.html

耐える、耐え忍ぶ・・・世界のがんばっている犬と猫がいる光景

0_e9


 時としてペットである犬や猫は、並々ならぬ忍耐力を要せられる場合がある。そこはまあ、個体差によるものもあり、「NO」と言えないペットたちの場合には、果てしなく耐えなければならないのだ。そんなペットたちの頑張りが見て取れる画像と動画を見ていこう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52188998.html

大きくなったよ!犬の成長っぷりがわかるビフォア・アフター

1_e18


 犬の1年は人間の約4年とも言われているが、子犬は半年から1年半でほぼ大人サイズへと成長する。何度か特集している犬の成長記録。すごく大きくなったり、そうでもなかったり、みんな違ってみんないい。また新たなる画像がまとめられていたので見ていくことにしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52190602.html

今度はうぅ~、マンボウ!インドネシアで巨大なマンボウが打ち上げられる。

1_e9


 先日、チリで巨大なエイ(マンタ)が水揚げされたというニュースをお伝えしたかと思うが(関連記事)、今月28日(現地時間)、インドネシア、スラウェシ州中部のパル湾、タマンリアの海岸に巨大なマンボウが打ち上げられていたという。

 その大きさは重さ1.5トン、長さ約2メートル弱はあったそうだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52190819.html

人口爆発、乱開発など、人為的な環境破壊がわかる衝撃的な17枚の写真

20_e1


 日本にいると実感はないかもしれないが、世界人口は人口爆発と呼ぶほどに急増している。西暦1年頃には約1億人(推定)だった人口は1000年後に2倍となり、1900年には約8倍の16億5000万人に。第二次世界大戦後に加速度が増し、1950年に25億人を突破。現在は約70億人で、あと数十年以内に100億人を超えると言われている。人口増加は21世紀最大の問題となった。

 これだけの人口を支える水・食糧・エネルギー・住居問題は切実で、それに伴う人為的な環境破壊も凄まじい勢いで進んでいる。ここでは人間の手による環境破壊がよくわかる写真を見ていくことにしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52190605.html

ロックだったり、シュールだったり。ペンギンたちの羽が生え変わる時期

0_e0


 ペンギンたちは1年に1回、換羽(かんう)と呼ばれる羽が生え変わる時期がある。ペンギンの羽毛は古くなると防水効果がなくなるためで、およそ2~3週間で生え変わる。

 全部毛が生え変わらないうちに海に入ってしまうと死んでしまうので、換羽前にペンギンたちはたっぷりとエサを食べ、数週間を陸上でしのぐ。羽毛なので甲殻類のようにパカっと全とっかえするわけにはいかないので、生え変わるまではちょっとシュールでたまにクールな様相となっている。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52190656.html

3年間休まず、体に障害を持った友人をおんぶして高校に登下校していた男子学生(中国)

1_e0


 3年間休まず、体に障害を持つ友人をおんぶしながら通学し続けていた少年がいる。

 中国、江蘇省北部、徐州市の大許高校に通う謝旭くん(18歳)は、入学してすぐに張馳くん(19歳)に出会った。張馳くんは筋ジストロフィーという筋肉が萎縮し、歩行はおろか、自分の体重を支えることすら困難になってしまう病気を抱えていた。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52190658.html

3年間休まず、体に障害をのある友人をおんぶして高校に登下校していた男子学生(中国)

1_e0


 3年間休まず、体に障害を持つ友人をおんぶしながら通学し続けていた少年がいる。

 中国、江蘇省北部、徐州市の大許高校に通う謝旭くん(18歳)は、入学してすぐに張馳くん(19歳)に出会った。張馳くんは筋ジストロフィーという筋肉が萎縮し、歩行はおろか、自分の体重を支えることすら困難になってしまう病気を抱えていた。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52190658.html

完璧なる○と□。台湾で流行の兆しを見せている犬のトリミングカット術

0_e10


 モフ毛豊かな犬の場合には定期的にカットしてきれいに整える必要がある。ただカットするだけではなく、人間のように様々なヘアスタイルがあるのだが、台湾でちょっとしたブームとなっているのがこの、四角と丸。立方体、あるいは球形にトリミングするという施術なのである。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52190504.html

そんなにウルウルしないで~♪ よそ見もできなくなっちゃう。子ぎつねキュンキュン好き好き!

0_e19


 えっとタイトルは、この子ぎつねたちの写真を見たときにパルモの脳内で流れたBGMだったので、「ラムのラブソング」のメロディーをつけていただければ幸いだ。ウッフ~ン♪ てなもんだ。

 てことで、海外掲示板redditで話題となっていたのは、可愛い子ぎつねキュンキュンたちだ。米ニュージャージー州プリンストンに住む投稿者がある日裏庭で発見したそうだ。あまりのかわいさにシャッター切りまくったらしい。そりゃくぎ付けになるわ。こんなウルウルした、うる星やつらとか。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52190361.html