これは確実に殺ってる顔ですわー。シロフクロウの狩りの瞬間をとらえた超絶写真

0_e8


 まるで雪のような純白を身にまとった美しいシロフクロウが、獲物目掛けて滑空するその瞬間をカメラが捉えた。カナダに広がるオタワの雪原に黄色い眼光だけが鋭く浮かび上がる。

 さすが捕食者の上位ランクなだけのことはある。この顔、確実に何匹か殺ってる顔だわ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52188233.html

飛べないモンスターはスパゲッティ・モンスターじゃない?全身がスパゲッティに覆われた大男の憂鬱

no title


 全身がスパゲッティで覆われた大男。これは、世界をまたにかけて活躍中のフランス人アーティスト、テオ・メルシエ氏による作品だ。

 スパゲッティ・モンスターには違いないのだが、空飛ぶスパゲッティ・モンスター教のモンスターのように空を飛べるわけではない。それゆえの憂鬱なのだろうか。肩を落とし椅子に腰かけるその姿がアンニュイこの上ない。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52187377.html

飛べないモンスターはスパゲッティ・モンスターじゃない?全身がスパゲッティに覆われた大男の憂鬱「す

no title


 全身がスパゲッティで覆われた大男。これは、世界をまたにかけて活躍中のフランス人アーティスト、テオ・メルシエ氏による作品だ。

 スパゲッティ・モンスターには違いないのだが、空飛ぶスパゲッティ・モンスター教のモンスターのように空を飛べるわけではない。それゆえの憂鬱なのだろうか。肩を落とし椅子に腰かけるその姿がアンニュイこの上ない。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52187377.html

これぞ九死に一生。人間の手により救出された猫たちのビフォア・アフター(閲覧注意)

00_e


 猫の命は9つあると言われている。その命のほとんどを費やして死の瀬戸際から生還した猫がいる。そこには猫たちをなんとか助けたい人間の尽力がある。だがその尊い命が消えかけた原因も人間である場合も多い。

 猫の数だけドラマがある。無事に助け出された猫もいれば、人知れず命の炎が消えていった猫。その違いはどこにあるのかわからない。いう間でもなく助からない命の方の方がはるかに多いだろう。だが、ひん死の重傷を負っても持ち前の生命力でここまで元気に育った猫たちを見れば、生きることを決して諦めない猫たちから多くの勇気をもらえることだろう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52188102.html

パンダよりかわいいじゃないか。テディベアみたいな新種のウサギ「イリナキウサギ」が20年ぶりに発見される(中国)

00_e0


 つぶらなひとみ、テディベアのような顔、絶妙な長さの耳。この愛らしさ炸裂の動物はイリナキウサギ(学名:Ochotona iliensis)という。

 中国北西部、ウイグル自治区とキルギスとの国境に近い天山山脈の岩場に生息するナキウサギの1種で、1983年に中国の研究者、リー・ウェイドン氏によって偶然発見され新種と認定された。以来ほとんど目撃例がないことから、2008年、国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定した。昨年2014年の夏、ウェイドン氏によって約20年ぶりにその姿が発見されたという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52188156.html

本にはジェットコースターより怖い橋がある。海外で拡散され続けている「ベタ踏み坂」とは?

1_e11


 なんという急勾配。アクセルをベタ踏みしなきゃ上がれない「ベタ踏み坂」として話題となったのは、鳥取県と島根県にかかる「江島大橋」である。

 2013年12月、ダイハツのCMに登場し、日本でも撮影の名所となったようだが、海外では1年以上の時を経て、その写真が未だに拡散され続けている。この写真だけ見ると「マジかよ?ジェットコースターかよ?CGかよ?」って色めき立つよなそりゃ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52188086.html

日本にはジェットコースターより怖い橋がある?海外で拡散され続けている「ベタ踏み坂」とは?

1_e11


 なんという急勾配。アクセルをベタ踏みしなきゃ上がれない「ベタ踏み坂」として話題となったのは、鳥取県と島根県にかかる「江島大橋」である。

 2013年12月、ダイハツのCMに登場し、日本でも撮影の名所となったようだが、海外では1年以上の時を経て、その写真が未だに拡散され続けている。この写真だけ見ると「マジかよ?ジェットコースターかよ?CGかよ?」って色めき立つよなそりゃ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52188086.html

嫌な予感しかしない。決定的瞬間をとらえたこの後すぐ!!の不吉写真

00


 十中八九嫌な予感しかしない。今はよくてもいつかきっと何かが起こりそう、そんな不吉な瞬間をとらえた写真が特集されていた。というか既に何パターンかはよからぬことが起きていることは確定だなこりゃ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52188031.html

マンボウって人なつこい!水面近くにお散歩しに来たマンボウが「あそぼ!あそぼ!」とダイバーに近づいてきた。

0_e


 日本でも先日、愛知県名古屋市の柳橋中央市場に、体長2メートル、重さ590キロ、厚さ80センチの大型のマンボウが入荷されたとして話題となっていたが、マンボウって本当にとぼけた風貌をしてて大きくて、かわいいったらありゃしない。だがその生態はまだ完全には解明されていないという。

 そんな不思議ちゃんのマンボウが、米カリフォルニア州サンディエゴの海の水面近くにお散歩していたという。水中写真家でありダイバーであるダニエル・ボトロさんはその姿を写真に収めた。ボトロさんによると、マンボウはとても人懐っこく、そのうちの1匹は、犬のようにずっとボトロさんの後をひっついてきたという。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52187962.html

日々進化する猫たちの擬態レベルにはびっくりだよもう。

0_e3


 猫たちはさらに擬態の腕を上げたようだ。体色や質感を生かし巧妙にカモフラージュするもの、そこにあるものを有効活用し、全く別の個体になるもの。猫にはほんと驚かされっぱなしだよ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52187399.html