お客様、お散歩ですか?ご一緒します。オーストラリアのホテルで犬のコンシェルジュを採用

top2


 オーストラリアのメルボルンのホテルには、なんと犬のコンシェルジュがいるという。

 犬族の中でもめずらしい地位を獲得したそのわんこは、ミスター・ウォーカーと呼ばれる金色の美しい毛並みを持つ優しいラブラドールで、今年9月からホテルで公務を行っている。

 既に盲導犬のスキルを持ち、犬並み外れた社交術をもつ優秀なウォーカー氏。ホテルのスタッフはもちろん、訪れる宿泊客に笑顔をもたらす彼の仕事ぶりに、新規顧客やリピーターは急増中だ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52247335.html

ドライブ中の尿意、トイレ問題を根底から解決してくれる。ジープ乗りの男性が発明した「排尿チューブ」が画期的ぃい!

seat0


 長時間のドライブ中、たぶん多くの人が頭を悩ませたことがあるであろうトイレ問題。特に首都高とかでトイレがなかなか見つからない場合には頭と膀胱を抱えることとなるであろう。

 パンパンに膨れ上がった膀胱のケアもできぬままに微振動ドライブ。そりゃもう爆弾を抱えているようなものだ。絶望と混沌が怒涛のごとく押し寄せてくるだろう。理性と本能の戦いはクライマックスを迎えちゃうのである。

 どげんかせんといかん!そこでジープ乗りの男性は考えた。そして発明した。

 アナログながらも超画期的、しかし第三者が被災者となるであろう「排尿チューブ」をな。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52247176.html

あの著名人にあのシーン。身近に存在する黄金比6つの事例

 黄金比とは1:1:1.618、あるいはギリシャ文字のφで表される比率で、最も美しい比とされる。完璧な対称性を備えたデザインを得るため建築やアートに利用されてきた。

 黄金比の調和と比率は、古くは古代エジプトのピラミッドからアテネのパルテノン、ミケランジェロのアダムの創造、ゴッホのモナ・リザから、最近ではペプシのロゴやTwitterのロゴなどに利用されているという。

 だもんだからネット上では黄金比でおなじみのあの螺旋(らせん)曲線が様々な画像に組み合わされてそれっぽい説明がつけられていくのである。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52245603.html

ほっとけないよ~っ!ってなるからもぅ。新たなる困り顔の猫がせつなすぎてネットを席巻

no title


 人間いろいろ。動物もいろいろ。個体差があってこその多様性だぜ地球万歳!ってなわけだが、身近にいる猫はその違いが分かりやすい感じになっている。

 毛皮の模様とか目鼻立ちに特徴があるので、怒ってなくても怒りのマッドマックステイストだったり、八の字眉毛風毛並みを持つばかりに麻呂っぽかったり、絶望のオーラを身にまとっていたりと様々だ。

 そして最近、新たなる困り顔タイプの猫がネットを席巻している。その猫の名はルフさん。中国のご家庭で暮らす5歳のルフさんは、困り果てているように見える目が人気となり、ネットユーザーの注目を集めている。

 偶然にも切なさを秘めた顔立ちで生まれたルフさんの、悲しそうだけど実は楽しい日常の姿を見てみよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52246868.html

ほっとけないよ~っ!ってなるからもぅ。新たなる困り顔の猫がせつなすぎてネットを圧巻

no title


 人間いろいろ。動物もいろいろ。個体差があってこその多様性だぜ地球万歳!ってなわけだが、身近にいる猫はその違いが分かりやすい感じになっている。

 毛皮の模様とか目鼻立ちに特徴があるので、怒ってなくても怒りのマッドマックステイストだったり、八の字眉毛風毛並みを持つばかりに麻呂っぽかったり、絶望のオーラを身にまとっていたりと様々だ。

 そして最近、新たなる困り顔タイプの猫がネットを席巻している。その猫の名はルフさん。中国のご家庭で暮らす5歳のルフさんは、困り果てているように見える目が人気となり、ネットユーザーの注目を集めている。

 偶然にも切なさを秘めた顔立ちで生まれたルフさんの、悲しそうだけど実は楽しい日常の姿を見てみよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52246868.html

リアルガメラやんけ!ワニガメに関する10の真実

1_e


 ガメラのモデルとなったことで知られ、とがった甲羅や強力な顎を持つ雑食系肉食の大型カメ、ワニガメについては以前もちらっとお伝えしたが、彼らの生態にはまだ興味深い点があるようだ。

 アメリカの南東部の川や湖沼に生息しているはずが、近年では日本に愛玩用に輸入され、捨てられた個体が問題になったこともあるワニガメ。完全水棲でありながら食物連鎖の上位に数えられる亀界の猛者にズームインだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52244748.html

家のデッキでガサゴソ音。猫っぽいけど猫じゃない!オオヤマネコさん御一行が参られたんかーい!(米アラスカ)

0_e2


 アラスカ州アンカレッジに住むティム・ニュートンさんは、ある朝、自宅のデッキから聞こえる奇妙な物音で夜明け頃に目を覚ました。

 それは今までに聞いたことがないような音だった。ガサゴソと素早く動く小さな足音がデッキを駆け回っていたのだ。

 何この音?ティムさんは起き上がり、外を覗こうと北側の窓に近づきそっとカーテンを開けた。「な~んだ、猫か」と一瞬安心したのだが、よーく見るとなんか変だ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52246884.html

家のデッキでガサゴソ音。猫っぽいけど猫じゃない!オオヤマネコさん御一行がいらっしゃったんかーい!(米アラスカ)

0_e2


 アラスカ州アンカレッジに住むティム・ニュートンさんは、ある朝、自宅のデッキから聞こえる奇妙な物音で夜明け頃に目を覚ました。

 それは今までに聞いたことがないような音だった。ガサゴソと素早く動く小さな足音がデッキを駆け回っていたのだ。

 何この音?ティムさんは起き上がり、外を覗こうと北側の窓に近づきそっとカーテンを開けた。「な~んだ、猫か」と一瞬安心したのだが、よーく見るとなんか変だ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52246884.html

気を付けるべきは猫だった。「猛犬」ではなく「猛猫」注意な12の警告文

tn


 番犬という言葉が存在するように、これまで不審な侵入者から自宅を警備してくれるのは犬の役目だった。犬は家に侵入を試みる相手に対し大きな声で吠えたり威嚇してくれる。「猛犬注意」の警告メッセージがあるだけでも効果的なのだ。

 だがそんな犬にとって代わろうとする存在がいる。

 猫だ。

 猫はその柔軟な体と鋭い爪を駆使し不審者を排除するだけでなく、あざといハニートラップ技も持っている。

 ここではそんな猛猫注意な警告文を見ていくことにしよう。


 
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52247052.html

ガチでガードします!飼い主を現金強奪犯から守るATM護衛犬のいる風景

top


 日本ではあまり見かけないが、海外、特にアメリカのATMは屋外に設置されているケースがよくある。こういう場所のATMは通行人からも丸見えなため、現金強奪犯に狙われやすいのだ。

 もちろん壁には防犯カメラなどがついていたり、場所によっては武装した警備員が控える場所もあるが、それでも現場の危険は計り知れないものがある。

 こうした事情からボディガードとして愛犬を連れATMに立ち寄る人が多いそうだ。ちゃんとしつけされている犬が背後で護衛してくれれば、強奪をもくろむ悪人も物理的かつ精神的に近づきにくくなるというわけだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52246899.html