あんな瞬間、こんな瞬間。ナイスタイミングな動物たちの画像集

animal-1_e

 
 動物たちは人間たちが驚くほど上手にモデル業をこなしてしまったりする。動物たちにそんな気はないのだろうが、それはドラマチックにあるいはコミカルに決定的瞬間が撮影されてしまうのだ。

 ってことで、動物たちの無防備なあんな瞬間こんな瞬間を集めた画像集が発見されたのでみんなで見てみよう。

  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52268403.html

塩振りおじさんが最後の晩餐でパラパラ。古典的名画と現代写真をマッシュアップ。いい感じのゆるさに仕上がった!

top_e


  真珠の耳飾りの少女が赤ちゃんを抱いたゴッホと登山をしていたり、最後の晩餐に塩ふりおじさんが登場したり・・・

 古典芸術と現代写真を組み合わせることで、いい感じのゆるさに仕上げているのは、はキプロス共和国のデザイナー、Hayati Evrenさん。

 目からうろこの組み合わせで、タイムスリップ感覚も楽しめるし、しゃれたユーモアも楽しめる、新感覚のコラージュだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52268252.html

またしてもあの季節がやってくる!クリスマスツリーを狙う破壊神、その名は猫なり

catsc_e0


 いよいよあの季節がやってくる。毎年毎年飽きもせずにやってくる、あのバトルのシーズンが! 今年もきっと世界中の、クリスマスを祝うお宅では、同じような惨劇が来居帰されるのであろう。

 いや、少しは学習しているのであろう、お互いに。だが敵もサルもの、毎回想定外の斜め上の攻撃を仕掛けてくるのが、あの破壊神というか猫とかいうクラッシャーたち! 今年は十分に対策を取って、クリスマスを迎えたいものである。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52268361.html

外出先で子猫にロックオンされたヒゲメン、家に連れて帰るよう強要され、どんでん返しのハッピーエンドに(アメリカ)

top


 これまでも何度か浮上してる猫のヒゲメン好き疑惑(関連記事)だが、あらたなる事例があったようだ。

 11月の初め、米ジョージア州アトランタ在住のヒゲメンが、たまたま立ち寄った駐車場で一匹の猫にナンパされた。

 声をかけられたヒゲメンの供述によると、そのオスの子猫はやたら押しが強く、家に連れてけといってきかなかったというのだが…
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52268205.html

トランプのダイヤの「8」の中に8が見えたのは何歳の時?ツイッターで呼びかけられたこの質問にユーザーたちから大反応

top


 言われてみるまで気づかない盲点にまつわる話はいつも興味深いものだが、古くからみんなに親しまれているトランプの中の1枚に、まさかの数字が隠れてたというツイートがネットを席巻しまくっている。

 それは、あの52枚のカードの中にいまさら何が?と首をひねる人が続出した意外な発見。

 あるユーザーが発した「ダイヤの8の中に8が見えたのは何歳の時?」という質問をきっかけに、何万人もの人がトランプの札を見直す現象が起きたという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52268228.html

トランプのダイヤの「8」の中に8が見えたのは何歳の時?ツイッターで呼びかけられたこの質問にユーザーたちから大反応

top


 言われてみるまで気づかない盲点にまつわる話はいつも興味深いものだが、古くからみんなに親しまれているトランプの中の1枚に、まさかの数字が隠れてたというツイートがネットを席巻しまくっている。

 それは、あの52枚のカードの中にいまさら何が?と首をひねる人が続出した意外な発見。

 あるユーザーが発した「ダイヤの8の中に8が見えたのは何歳の時?」という質問をきっかけに、何万人もの人がトランプの札を見直す現象が起きたという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52268228.html

5期連続当選!ゴールデン・レトリバーの市長がカリフォルニアで発見された

max-1

 
 何かと不透明なことの多い政治の世界、どうやら数年前からそこに動物たちがその清い心で着手を始めていたようだ。カリフォルニア州アイディルワイルドで五期連続で市長に当選したゴールデン・レトリバーのマックスさんを紹介しよう。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52268239.html

江戸時代(幕末)に描かれた日本独自の西洋世界を解釈した浮世絵書物「童絵解万国噺」

no title


 江戸時代、日本は鎖国政策をとっており、対外関係は朝鮮王朝、清(のちの中国)、オランダに限定されていた。だが、幕末になると、日本は外国にかなりの興味を持ち始める。

 東アジアの歴史学者であるニック・カプールが、最近、興味深い一連の画像をツイッターでシェアした。この時代の日本独自の西洋世界解釈を表わした、ある書物に描かれた挿絵だ。

 本来なら彫りの深いアメリカ人の顔が、日本画の日本人と同様に描かれているのは興味深い。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52268157.html

アルバムの中の想い出の写真と同じ構図でハイポーズ!ユーモアと感動あふれる家族写真のビフォア・アフター

top_e


 アルバムの中には、家族との思い出あふれる写真の数々。

 それを見ることで、脳の奥底にしまっておいた記憶が浮かび上がる。写真は記録装置であるとともに、脳の引き出しを開ける鍵でもあるのだ。

 海外の掲示板には、思い出の写真と同じ構図で今、もう一度写真を撮り、それを並べて投稿するというスレッド「Then and Now」があり、続々と投稿が続いている。

 あの頃と今、いろいろ変わってしまったけど変わらないものがある。家族の絆だけは昔も今もこれからも、ずっと変わることはないのだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52268106.html

展示品かな?IKEAの店内のあちこちに本物の犬の姿が!イタリアのある店舗で始まった野良犬の保護活動

no title

image credit:instagram

 北欧発祥の家具量販店「IKEA」は日本でも展開されている人気のブランドだ。

 大型店舗の中にはリビング、ベッドルームなど、部屋ごとに家具がディスプレイされていて、商品を実際に設置した時のイメージがしやすくなっている。

 そんなIKEAだが、イタリア、シチリア島・カターニアの店舗で、新しい試みが行われており、世界の注目を集めている。

 これは動くディスプレイかな?

 店内には、本物の犬たちがソファやベッドですやすや眠っていたりするのだ。犬たちは地域の野良犬で、店内で保護しているのだという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52267972.html