記憶を消去し、病気と闘ってくれる脳チップ—15年後、超人類誕生の予感。

1_e4


 脳にマイクロチップを移植することで人体の潜在能力を一気に解き放つ――まるでSF映画のような話だ。だが、こうした技術を研究しているカーネル社の創業者ブライアン・ジョンソン氏によると、この夢のテクノロジーは15年以内に実現するかもしれないそうだ。

 先日ポルトガル・リスボンで開催されたウェブサミットに登壇したジョンソン氏は、心の潜在能力を解き放つことは、人類史上「最も偉大な達成」と発言した。
  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52249150.html

記憶を消去し、病気と闘ってくれる脳チップ。15年後、超人類誕生の予感。

1_e4


 脳にマイクロチップを移植することで人体の潜在能力を一気に解き放つ――まるでSF映画のような話だ。だが、こうした技術を研究しているカーネル社の創業者ブライアン・ジョンソン氏によると、この夢のテクノロジーは15年以内に実現するかもしれないそうだ。

 先日ポルトガル・リスボンで開催されたウェブサミットに登壇したジョンソン氏は、心の潜在能力を解き放つことは、人類史上「最も偉大な達成」と発言した。
  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52249150.html

17歳の兄が3歳の弟にピエロメイクを施した。すごくホラーになった…

net]


 1990年に映画が公開されたスティーブン・キングの小説「IT(イット)」だが、現在はリメイク版がスタートしており、すでに殺人ピエロの恐ろしさを味わった人たちもいることだろう。

 そんな中、ピエロ恐怖症に加速をかけるかのような恐怖写真をアメリカ、ミシシッピ州に住む兄弟がこの世に投下してしまったようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52248814.html

最も一般的な10の恐怖症とその心理学的原因

0_e3


 恐怖症に関しては何度か取り上げているが、ただ怖いというだけではなく、特定の対象に遭遇すると、尋常ではない不安と恐怖にさいなまれ、吐き気やめまい、場合によってはパニック発作を起こすほどの症状が出るものだ。

 その恐怖対象は様々だが、自分でも、どうしてこんな些細なものが怖いんだろう?と不合理に思うこともあるだろう。

 その原因についてきちんと説明されている恐怖症もある。一方でさっぱり分からないものもある。また正式には恐怖症と認められていないものもある。

 その集計方法や場所、時期により何恐怖症が一番多いのかは常に変動しているが、ここでは2088人の成人を対象としたYouGovの数年前の調査結果をもとに、最も一般的な恐怖症を紹介しよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52249076.html

いたるところに巨大猫の彫像が。マレーシアにある猫の町「クチン」

7


 マレーシア、ボルネオ島北西部にあるサラワク州の州都クチンは「猫の町」として知られている。

 ただし、クチンで出会えるのは、本物の猫よりも彫像の猫の方が多いかもしれない。クチンには猫博物館があり、毎年8月には猫祭りも開催される。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52244594.html

赤ワインやチョコレートに含まれる化学物質、レスベラトロール類似体が細胞を若返らせる可能性(英研究)

0_e4


 年をとっても健康でいたい人には朗報なのかもしれない。チョコレートや赤ワインに含まれる化合物が細胞の若返りを助けることが判明したそうだ。

 英エクセター大学とブライトン大学の研究チームの発見は、細胞を見た目も振る舞いも若い細胞と同じにしてしまうというのだ。

 彼らが培養された細胞に使用したものはレスベラトロール類似体と呼ばれ、赤ワイン、チョコレート、ぶどう、ブルーベリーなどに含まれる物質を基にした化学物質だ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52249143.html

「自分の前世は火星人」と主張し続ける男性。火星人は地下に住み二酸化炭素で呼吸するなどその詳細を語る(ロシア)

mars1_e


 世の中には前世の記憶がある子どもなんかが存在するが、これはかなりのレアケースである。

 ロシア・ヴォルゴグラードに住むボリス・キプリアノヴィッチさん(21歳)は前世の記憶をクリアに持っているようなんだけども、どうやら火星人だったらしい。

 子どものころから「地球人として生まれ変わる前、僕は火星人だった」と一貫して主張していて宇宙関係の専門家たちを困惑させ続けている。

 でも最近、異星人は天体の地下にある海に住んでいると唱える学者なんかもいたりするので、ひょっとしてもしかするともしかするん?
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52248956.html

羊は人の顔を識別できる。顔写真を使った実験で判明(英研究)

8_e


 カラスが人の顔を認識できるのは良く知られていることだ。犬も嗅覚だけでなく、視覚を使って飼い主を認識しているといわれている。では羊はどうなんだろう?人の姿をどの程度認識しているのだろうか?

 新しい研究によると、訓練された羊は人の顔を認識できるという。その結果、4人の有名人の顔を見分けることができたそうだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52249018.html

目的も起源も謎につつまれた、中世の教会や修道院の建物に刻み込まれた股を広げた女性の彫刻「シーラ・ナ・ギグ」

0_e


 イギリス、ヘレフォードシア州キルペックにある聖母マリアと聖デイヴィッド教区教会(別名キルペック教会)は、のたうつヘビや謎めいた獣などの北欧風彫刻で有名だ。だがその中でももっとも異様なものはシーラ・ナ・ギグだろう。

 シーラ・ナ・ギグは、女性が足を広げて娘フラワーを露出している中世の石像である。彼女は両手を使って足を広げ、自分の娘フラワーを誇らしげに見せびらかしている。

 戸惑いを隠せないのは、厳粛な場にはそぐわないように思えるこうした像が、おもに教会や修道院など、中世の宗教関係の建物に刻み込まれている点だ。

 大部分は城、聖なる井戸、橋、暗渠、柱などに見られる。その背景とは、なんの結びつきも見つからない。その起源や意味は謎のままだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52248917.html

不眠症と思い込むことは実際の不眠症よりも有害であるという研究結果(米研究)

0_e4


 「眠れない。ああ眠れない。自分は不眠症かもしれない」そう思えば思うほどにますます眠れなくなってくる。不眠症の特徴は、定期的に起こる日常生活に影響するような不眠だ。

 不眠症を訴える人の多くは、客観的に測定できるような形できちんと眠れておらず、それについて不満を持っているということだ。

 ところが、本当は不眠症だが、そのことに不満を持たない睡眠不足の人は、日常的な疲労や不安による悪影響は出ていないという。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52248955.html