動物の同性愛に遺伝的な利点、仲間の繁殖力が強化されることが判明(スウェーデン研究)

00_e3


 鳥やミツバチ、ペンギン、ライオンやキリンなど、自然界では同性愛が普通に存在する。なぜ動物に同性愛が存在するのか?その理由は進化上の謎とされてきた。だが、最近の研究で同性愛行為に遺伝的な利点があることが明らかになったそうだ。

 かのチャールズ・ダーウィンは、動物の性衝動は生殖を促すようできており、それゆえに必ず異性愛になると考えた。しかし、自然界にはかつて専門家が一部の例外として否定してきた同性愛が、それまで考えられていた以上に普通に存在することが明らかとなりつつある。エミュー、鶏、コアラ、サケ、猫、フクロウ、イルカなど、自然界の同性愛は1,500種で目撃されており、そのうち3分の1できちんと信頼の置ける記録が取られている。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52217867.html

解剖学がなかった時代、昔の人が人体に住んでいると考えていた10の奇妙なモノ

0_e9


 ヒトのゲノムの全塩基配列を解析するヒトゲノム計画は2003年に完了し、今その解明に全力が注がれているが、人体についての不思議と謎はまだ多く残されている。

 科学で身近ではなかった時代、解剖学的な知識を持ち合わせていなかった昔の人は奇妙で、おぞましくものが体の中に住んでいると考えていたようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52218183.html

辛い境遇を背負い保護施設に収容された犬たちの為に1年以上本の読み聞かせを続けている6歳の自閉症を抱えた少年(アメリカ)

0_e20


 アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスにある動物保護施設、カールソン・アニマルシェルターに収容されている犬たちには、なぜ、ここに連れてこられて冷たい檻の中に入れられるはめになったのか、それぞれの悲しいストーリーがある。

 彼らの過去を変えることはできないが、未来に希望を与えることはできる。自らも自閉症と戦っている6歳のジェイコブくんは、一年以上ここに通い、ゲージの前に座り犬たちに本の読み聞かせを続けている。自分の心をずっと閉ざしていたジェイコブくんだが、犬たちと心を通わせることで、共に明るい未来が来ると信じている。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52218363.html

人の鼻の幅や高さは4つのDNAによって決まることが判明(英研究)

1_e19


 つんと高い鼻、わし鼻、だんご鼻。鼻は顔の中でひときわ目を引くパーツであり、ひとそれぞれである。最新の研究によると、人の鼻の形の特徴を決める遺伝子が発見されたそうだ。 
  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52218293.html

明日の暮らしの役に立つ、かもしれない指紋に関する15の豆知識

1_e10


 産まれる前から切っても切れない体についているもの。それこそが指紋・掌紋・足紋だ。指紋は人それぞれ違うし、なんなら占いもできる。っということは皆知っているかと思うが、他にはどんなことを知っている?ここでは指紋に関する15の雑学を学んでいくことにしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52218187.html

10点!10点!10ニャン点!トリプルアクセルとか余裕っぽい。極上のフィギアスケーターとしての猫

0_e14

image credit:twitter ccchisa76

 ニャリンピックがあるのならフィギアスケート部門で優勝候補間違い猫が世界中を震撼させている。ツイッターユーザー、瀬戸にゃん ちささんのお宅の家族である ミルコさんである。

 海外メディアなどでも多数報じられるその美しい姿。トリプルアクセルとか、イナバウワーとか、もろもろの技を完璧に決めているようにしか見えないのである。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52218255.html

なぜ親しい人の名前を間違って呼んでしまうのか?(米研究)

1_e18


 例えば自分の親が自分の名前を別の兄弟や親の兄弟の名前で呼んだりしたことはないだろうか?自分も親しい友人なのにうっかり別の名前で呼んだりしたことはないだろうか?

 実はこれ、誰にでもある認知のミスなのだそうだ。その原因は必ずしも脳の老化にあるわけではないことが、最新の研究で明らかになった。

 ではなぜ人は、親しい人の名前を間違って呼んでしまうのだろう?
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52218292.html

撤退中のイラク兵を狙い民間人もろとも集中爆撃。イラク「死のハイウェイ」を記録した写真と映像

0_e0


 25年前、戦争史上最悪の大虐殺のひとつと言われているのが、クウェートの町から32キロ西にあるイラクのハイウェイ80で起きた奇襲攻撃である。多国籍軍が数キロの長さに渡って渋滞に掴まった車両を軍民問わずに爆撃したこの道路は後に「死のハイウェイ」称された。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52217809.html

生き別れとなっても第二の人生。片方になった靴下の15の再利用法(ライフハック)

1_e18


 前回、靴下の片方だけがなくなってしまうミステリーに関しての記事をお伝えしたが、相方を亡くしたぼっち靴下は、再び巡り合うことなく闇に葬り去れてしまうことも多い。

 しかし、靴下が片方なくなったからといって、もう片方まで捨てることはない。今回は、相方をなくした靴下でも再び活躍できる場が用意されているのだ。ここでは片方の靴下の再利用方法を15ほど見ていくことにしよう。そうしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52217977.html

子猫が仲間になりたそうにこちらを見ているそのポーズがせつなすぎて拒否権なし。瞬速お持ち帰りしました。

no title


 ある男性が、トラックの下にいる野良の子猫を発見した。子猫の母親はここに子猫を残したまま素早く立ち去ってしまったという。しばらく母猫や兄弟猫たちを探し回ったがどこにも見当たらない。

 しばらく様子を見ていたがこの子猫はトラックのタイヤにしがみついたまま動こうとしなかった。その姿があまりにもせつなそうで、心細そうで、いてもたってもいられなくなってしまった男性は、子猫をスマホで撮影しこんなメッセ―ジと共に妻に送信した。「お持ち帰りしてもいい?」

 まっすぐにカメラをみる切なそうな顔。この写真を見てしまったからには「ダメ!」と言えるわけがない。妻は子猫が家族になることを了承したという。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52218230.html