これまでで最も古い銀河を発見。新しい天体観測技法によって(米ハワイ・ジェミニ天文台)

00_e


 「おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ」ドイツの哲学者、フリードリヒ・ニーチェのこの言葉がうっかり思い浮かんでしまったわけだが、全く関係ないかもしれない。
 
 宇宙望遠鏡の設置以来、専門家はこれまでになかったほど宇宙の深淵(深奥)を覗き込めるようになった。彼らが遠くを見つめるほどに、そこに映る景色は古い時代のものへと遡ることになる。数十億年前の宇宙の姿を目撃することもできるのだ。

 最近、ハワイのジェミニ天文台を使う国際的研究チームが、110億光年先にある渦巻銀河の発見に成功した。
 

続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52249015.html

別れた恋人からもらったもの、どうしてる?ベトナムで元恋人との思い出の品を売り買いできるフリーマーケットがオープン

5_e0


 誕生日のプレゼント、クリスマスのプレゼント、熱いラブレターや写真など、元カレ、元カノの残していったさまざまな思い出に囲まれて、苦しみにのたうちまわるのは辛い。

 そこで、ベトナム、ハノイに住む若き企業家ディン・サンは、別れたカップルたちを救済するための妙案を思いついた。

 彼らの切ないロマンスの残骸を箱詰めにして値札をつけ、興味のある第三者に売って、きれいさっぱりしてしまう場をつくろうというのだ。2017年2月、サンは「失恋マーケット」なるものを立ち上げた。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52249019.html

そして刺繍は新時代へ。粘土と組み合わせて立体感を出した3D刺繍

no title


 布地にチクチクと色とりどりの糸を縫い付けていく刺繍は昔ながらの伝統手芸だ。だが手芸だって進化する。時代は3D、立体化へと導かれつつある。

 ポーランド、シュチェチン在住の刺繍アーティスト、Justyna Wolodkiewiczは、ポリマー樹脂の粘土を利用して刺繍を新たなる領域へと昇華させた。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52241886.html

AIの専門家が殺人ロボットの開発を禁止するよう政府に訴え

0_e0


 「殺人ロボット(キラー・ロボット)」という用語が定着しているほどにAIを搭載した武器の開発は進められている。かねてからスティーブン・ホーキング博士やイーロン・マスク氏やその危険性を訴えていた。

 最近、オーストラリアとカナダの大勢のAIの専門家が、AIの武器化を止めるよう政府に訴えた。彼らは、今行動しなければ、いずれ機械に生殺与奪の権利を与えることになると警告している。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52248939.html

いびきが治る?爪がはがれる?宇宙空間で人体に起こる9のこと

0_e3


 さて先日、長期間宇宙で過ごすと脳に変化が起きるというニュースをお伝えしたかと思うが(関連記事)、重力のない、ましてや大気もない場所で人間が適応していくには、かなり長期間な進化が必要となってくるだろう。

 それでも我々は、そう遠くない未来に宇宙旅行に行ける目途が立ってきた。今後の研究で地球になじんじゃった人類が宇宙で快適に暮らせるような技術が開発されていくことを期待されつつ、予備知識として、宇宙空間で我々の体はどんな変化が起きるのかを学んでおくことにしよう。そうしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52248944.html

アメリカ人によるアメリカ人の為の海外移住におすすめの9ヶ国

0_e1


 日本からも世界各地に移住をしている人は結構いる。例えば芸能人なら元野球選手の新庄剛志はバリ島に移住したし、YOSHIKIはロサンゼルス在住だし、梨花はハワイに住んでいる。仕事の都合や結婚を機にという場合もあるが、住みやすさを求めて移住する場合もある。
 
 長年暮らしていた母国を離れ、全く違った環境で過ごしてみたい。そんな想いにかられることもあるだろう。だが現実問題となると、予算、タイムゾーン、各種手続きや、ちょっとした未練や不安など、なかなか前に進めない。

 アメリカ系のサイトでは、そんなアメリカ人の為に、比較的簡単に移住できる国を紹介していた。

 ”簡単” の基準は、英語圏、移民文化、西洋文化との親和性といった点だ。また、外国人が1年以上その国に滞在するにあたっての入国管理制度も考慮している。

 チョイスされた9か国の中には日本も含まれていたよ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52248941.html

ハリーポッターのダンブルドアが愛したイスラエルのふんわりチョコレートお菓子「クレンボ」の作り方【ネトメシ】

38a6050f


 一説によるとヘブライ語版の「ハリーポッター」ではダンブルドアの好物として登場したというイスラエルで人気の冬のお菓子「クレンボ」。

 これは、ビスケットの上にメレンゲクリームを乗せてチョコレートでコーティングしたお菓子だ。冷凍してもそのままおいしく食べられる。

 メレンゲのふわっと軽い食感が、パリっとチョコレートの中で見事に調和する。オーブンも使わず手軽につくれるし、冷凍庫で保存もできる。

 今回この「クレンボ」の作り方を教えてほしいというリクエストをいただいたので、簡単でおいしい作り方をクマ姉さんに伝授してもらおう。そうしよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52248908.html

木は言葉を話し、私たちはそれを学習することができる(生物学者)

0_e14


 木はおしゃべりだ。ひっそりと静かではあるが、音、匂い、信号、振動を使って会話を交わす。あらゆるものとつながるネットワークを形成する性質があり、その中には人間であるあなたも含まれているのだ。

 生物学、生態学、林業、博物学など、こうした分野に携わる専門家はこれまでにも増して木々が会話をしていると論じるようになっており、しかも人間はその言葉を聞くことができるとまで主張している。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52248874.html

美しすぎる暗殺者。クリスタルブルーな電気クラゲ「カツオノエボシ」が大量漂着地獄だっちゃ!(オーストラリア)

jelly4_e


 まるでガラス細工のような繊細なる美しさも持ちながら、触るな危険の猛毒性も兼ね備えているカツオノエボシ。1体でも怖いのに、それがもう地面を覆いつくすほど大量に漂着したという。

 場所はオーストラリア・ニューサウスウェールズ州にあるバーリングス・ビーチである。

 10月27日、第一発見者のブレット・ウォレンスキーさんがビーチを歩いていると、衝撃的な光景が目に飛び込んできた。

 そこにはまるで誰かが敷き詰めたかのようにカツオノエボシがギッシリと密集していたのである。

 そのビジュアルから「ブルーボトル」とも呼ばれるカツオノエボシがこれだけ集まると、ちょっとアートなインスタレーションって感じなんだけど、その危険度も相当アップするってわけだ。きれいだけど怖い。怖いけどきれい...
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52248906.html

かつてのアメリカの船乗りたちが彫っていたタトゥーの絵柄とその裏に隠された意味

12_e1


 日本ではタトゥーと言うと犯罪組織めいた入れ墨のイメージがあるため、最近ではファッションとして受け入れられつつあるも、入浴禁止などの制限も多い。

 だが、米軍の兵士がタトゥーを入れるのはごく一般的なことで、ユニフォーム的なものの一環として、各部門それぞれ独自のやり方があるという。

 アメリカでは昔からタトゥーの長い歴史がある。ここではかつての船乗りたちが彫っていた伝統的なタトゥーの絵柄とその裏に隠された意味を見ていこう。

続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52248409.html