脳を食らう殺人アメーバ「フォーラーネグレリア」に関する6つの知識

iStock-892853672_e


 脳を食う殺人アメーバ。SF作品の中のフィクションではない。実際に存在する「フォーラーネグレリア」のことである。

 フォーラーネグレリアに感染することは稀ではあるが、ときおり生じていることも事実である。

 つい先月も米テキサス州に住んでいた29歳の男性が、これによって命を落とした。犠牲者とならないために、ここで彼らについて知識を得ておくといい。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52266117.html

生徒たちに喜んでほしくて…3年かけて教室まるごとピンク色のキティパラダイスにした先生。全部自腹(フィリピン)

00


 世界中で愛され続けている日本のキャラクターたち。ハローキティも根強い人気を持つキャラクターの1種だ。その愛の深さはとどまるところを知らない。

 フィリピンのマスベイト・シティにある小学校の先生である、セイムリン・ラフエンテさんは3年間かけて、自身の教室を大変身させることに成功した。

 先生は、無味乾燥だった教室を夢とメルヘンとピンク色がたくさん詰まった、ハローキティパラダイスに大改造してしまったのである。

 もちろん全部自腹である。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265963.html

グアテマラのジャングルの下に隠れていたマヤ文明の巨大都市が発見される(米研究)

1_e


 巨大なピラミッドから戸建ての家にいたるまで、6万1000以上もの古代マヤの建造物が、グアテマラのうっそうとしたジャングルの下に潜んでいた。

 古代文化の農業、インフラ、政治、経済などの手がかりを示してくれるこうした遺跡の存在は、ライダー(LIDAR)と呼ばれる光を使った検知測定技術などで明らかになったものだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265991.html

相手を議論で打ち負かそうとする人が良く使う20の誤まった論法(誤謬:ごびゅう)

no title


 人は自分が議論に負けそうになると、誤謬(ごびゅう)と呼ばれる間違った論証を持ち出して屁理屈をこねる。

 意図的であれ、無意識であれ、これをやると論理的な議論がただの幼稚な口喧嘩に変わってしまう。ネット上では、誤謬に凝り固まっている人たちがその自覚のないままに、喧嘩をふっかけたり、コメントを書き込んでくることが多い。

 もし自分がそうした議論をふっかけられた時の対処法として、一般的に使われる論理の誤りを知っておくといい。

 サンフランシスコを拠点とするイラストレーター、ローガン・マーフィーは、誤謬に対抗する対策として、わかりやすい20のイラストを作成した。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265999.html

脳じゃないから、腸だから!ハロウィンレシピ。ホットケーキミックスで作る腸シナモンロールの作り方【ネトメシ】

21


 さて今年もハロウィンの足音が聞こえ始める時期となった。

 オレンジ色のパンプキンや、紫色の夜空を飛ぶかわいらしいコウモリや魔女だけがハロウィンやないんやで。本場のハロウィンはもっとドス黒いものなんや。

 てことで、毎年恒例のハロウィンレシピ。脳みそ系はやりつくした感があるので、今回は腸で攻めていこうと思うんだ。だってほら、腸は第二の脳っていうじゃない。

 ハロウィン仕様の脳レシピは日本でも数多くあるけども、腸はまだ見当たらなかったようなので、先陣を切ってやってみよう。

 もちろんおいしくなきゃ意味がないし、簡単にできなきゃやる気も起きないだろう。そこで市販のホットケーキミックスを利用したおいしいシナモンロールで小細工してみたよ。

 トップ画像がぼかしてあるのは、予想しうるリスクに備えるためだよ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265961.html

フェイクニュースや意見の偏りがあるウェブサイトを見破るAIが開発される(米研究)

iStock-957627892_e


 ネットメディアで事実確認をする作業はたいへんだ。

 記載されている距離や数が正しい数値かどうか? きちんと引用されているかどうか? あるいは政府の出した声明の内容と一致しているだろうか?

 無数に存在する似たようなサイトをくまなくチェックし、書かれていることが正しいかどうかをすべて確かめねばならないからだ。

  こうした作業はこれまでも非常に重要であったが、フェイクニュースがそこかしこで伝えられている現在、その重要性はますます高まっている。

 この難題を支援するために、米マサチューセッツ工科大学(MIT)ならびにカタールとブルガリアの研究所が共同して、事実確認の担当者を手助けするAIを開発した。

 研究者によると、これはさまざまなニュースサイトで述べられている内容が正しいのかどうか自動的に確認するAIの開発へ向けた、大切な一歩だという。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52266019.html

月面着陸は捏造だった? 陰謀論者たちがざわついたアームストロング船長のブーツと月の足跡が一致しない件を検証

0_e3


 これまで、数々の科学的根拠が提示され、月面の有人着陸が真実であることを裏付けているが、今だに月面着陸は捏造だったと主張する者が数多く存在する。

 まあそれはしょうがない。人は信じたいものしか信じない。自分の説に有利な情報ばかりを集め、反証は集めようとしないどころか無視する生き物だ。確証バイヤスが働いちゃうのだ。

 そんな月面着陸捏造説を唱える人から、新たなる証拠物件が提示された。

 ニール・アームストロング船長が着ていたアポロ11号の宇宙服の靴底の模様と彼が月に残した足跡の模様が一致しないというものだ。

 いったいどういうことなのか?
 この件について検証してみよう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52266026.html

メガネをかけるとディスプレイの画面だけが真っ黒で見えなくなる!ドラえもんの道具みたいなサングラスが誕生

no title


 最近では街や施設の広告も、ディスプレイ表示のものが増えてきた。

 定期的に貼り替えなければならない紙媒体の広告より、自動的に広告を切り替えられ、なおかつ動きがあり映像が使えるディスプレイ媒体が使用されるのは必然的な流れだろう。

 すでにディスプレイ広告は世界規模で広がりを見せている。

 だがこれがエスカレートすると、眼精疲労を患ったり、映像がストレスになったりと、テクノロジーによる弊害が出てくるかもしれない。

 その対策として、かけるだけで視界に入るディスプレイ画面をブロックできるサングラスが開発され反響を呼んでいる。

 アメリカの発明家が開発した「スクリーンブロックグラス」は、80年代のSF映画「ゼイリブ」から着想を得たもので、液晶やLEDの画面を真っ黒にするのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265899.html

おやすみ、ケプラー!太陽系外惑星を観測し続けていたケプラーがスリープモードに突入。燃料が底をつき最後の眠りへ

5_e1


 ケプラー探査機(宇宙機)のミッションは終わりを迎えようとしている。

 太陽系外惑星や他の太陽系に関する理解を大きく変えた探査機には、もうほとんど燃料が残されていない。

 現在、ケプラーはスリープモードに移行。残された燃料を、最後となるかもしれないデータを地球に送信するためにとっておくためだ。

 それは10月10日に予定されている。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52266017.html

サイコパスについてあなたが知らないであろう5つのこと

eery-1648250_640_e


 最近ではサイコパスという言葉も浸透してきている。映画やドラマはもちろんのこと、ネットやテレビで頻繁に特集されているので、そのイメージも連想しやすいだろう。

 サイコパス(サイコパシー)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語で、ざっくりいうと、良心を持たず、罪悪感も一切持たず、他者への共感力が欠如している人のことである。

 この言葉がひとり歩きした結果、気に入らない人を非難するときに使用する例も見受けられるが、巧妙なサイコパスほど自分をうまく偽っているし、人を欺くのに長けている。

 一言でサイコパスといっても、犯罪を引き起こす深刻なものから、ごく軽度のものまで様々だ。男女による性差もある。

 ここではサイコパスについて、まだあなたが知らないであろう5つの事実を見ていこう。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265994.html