アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第32回:猫飼ってる人って外泊するときどうすんの?

ib32top3


 もうすぐゴールデンウィークだ。今年は即位の日とその前後も合わせて最大10連休にもなる人もいるようだ。お家でのんびりする人、お出かけの予定の人、連休だからこそお仕事の人もいるだろうか。

 いぶり家はあまり家を空けないけれど、帰省の為に外泊することもある。その時気になるのはやっぱりお留守番させる猫たちのことだ。

 猫の場合、一緒に連れていくとストレスをかけてしまうこともあるので、どうしても置いていかなければならない。今回は猫を置いてお出かけするときの準備についてお伝えしよう。

 あくまでもうちの場合なので、1例として見てほしい。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273231.html

カラスの恩返し。子ガラスを助け、一家に餌を与えていた男性にカラスからのサプライズギフト!(アメリカ)

raven-3620687_640_e


 頭が良く、高度な社会性を持つことで知られるカラスは、情にも熱い。一度でも敵認証されたら、仲間にそれを伝え、末代までロックオンされるというが、その逆もしかり。愛情をもってやさしく接すると、感謝の気持ちを持ち続けるようになる。

 カラス情味にあふれる生き物なのだ。

 これまでも、カラスにやさしくしたら、カラス式の恩返しをしてもらったという話をお伝えしているが(該当記事)、アメリカに住む男性が、カラス一家を助けた所、感動のサプライズギフトをもらったのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273235.html

猫のことかと思ったら・・・「固体」であり「液体」である、物質の新たな状態があることを発見(英研究)

4_e

image credit:Potassium in paraffin oil (Jurii/Wikimedia Commons, CC BY 3.0)

 固体でありながら液体である?それって猫のこと?

 「猫は個体と液体、両方になりうるか?」を流動学で説明し、2017年にイグノーベル物理学賞を受賞したあの話かと思ったら、今回は全く別の話だ。

 物質には3つの基本的な状態がある。固体、液体、気体(これにプラズマを加えることもある)だ。んな常識を打ち破り、固体であり、それでいて液体でもあるという新しい状態が発見されたそうだ。

 改めて言うが猫のことではない。

 それは金属カリウムを超高圧と超高温にさらすことで出現するという。 このときのカリウムは固体でありながら、解けているのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273241.html

第一次世界大戦時、弾丸から兵士の命を守った奇跡のコイン(イギリス)

0_e1

image credit:HANSONS AUCTIONEERS AND VALUERS LTD

 1889年に発行されたこのペニー硬貨には銃弾の跡が残っている。これは第一次世界大戦時、イギリスの兵士、トリケット・ジョンが身に着けていたもので、彼はこの硬貨により命を救われることとなる。

 ジョンは3兄弟で、全員がイングランド東部リンカンシア州の実家を後にして、戦地へ向かったが、生きて帰ってきたのはジョンだけだった。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52272849.html

脳に電気ショックを与えることで高齢者の記憶力を20代まで回復させたという実験結果が報告される(米研究)

iStock-881350654_e


 雷が頭に直撃したら、急に天才になっちゃった――。 

 このマンガのような話は、完全な与太話でもないのかもしれない。実際に脳に損傷してから天才になったというアーティストや学者も存在する。

 今回発表された研究によると、脳に電気刺激を流すことで、高齢者の作業記憶を若い頃と同じくらいまで回復させることに成功したという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273192.html

運転中、車内でクモがいるのを発見した女性。パニックに陥り衝突事故。車を大破させる(アメリカ)

facebook1

image credit:Facebook

 世の中には実に数多くの“恐怖の対象”が存在する(関連記事)。それは動物だったり行為だったりとさまざまで、人の数だけあるといえるのかもしれない。

 とはいえ、病的な恐怖を持つ“恐怖症”となれば話は別だ(関連記事)。その恐怖心は日常生活に支障をきたすほどで、ときとしてパニックやひどい不安に陥ってしまう。

 ではもし、「世界で最も多い恐怖症」といわれるクモ恐怖症(Arachnophobia)の女性が運転中に狭い車内でクモを発見してしまったらどうなるだろう・・・? 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273141.html

ちょい足しテクでプロの仕上がり!ゼラチンを混ぜるだけでパラパラになる極上チャーハンのレシピ【ネトメシ】

top


 プロが作るチャーハンはご飯がパラパラしてて香ばしいものだ。家で作るとどうしてもベタつきがちなチャーハンだが、ある食品を加えるだけでプロ級のパラパラな仕上がりになるという。

 その食品はゼラチンだ。ゼリーなどのスイーツを作るときに使用するものだが、これをご飯、具材と一緒に炒めるだけでおいしいチャーハンになるという。

 これはかつて「NHK ガッテン!」で紹介されていたアイディアだが、クマ姉さんに試してもらったところ、結果は大成功!

 今回は、あの便利な調味料を使用することで、味付けも簡単で失敗しないようにした。パラパラでおいしいチャーハンがご家庭で簡単に再現できるよ! 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52272937.html

1匹の野良猫と遭遇した2人の兄弟。辛抱強く世話を続けて数か月後、5匹の分身を連れてやってきた!

top

image credit:imgur

 外暮らしの猫にとって、食糧調達は最重要課題だ。特に寒さが厳しくなれば水も凍ってしまい、体温を奪われながらの餌探しに繰り出すほかない。
 
 そんな厳しい寒さの中、動物好きな2人の兄弟は1匹の野良猫と出会った。

 飢えた猫をそのまま見過ごすことはできない。でも捕まえられない。そこで彼らは、警戒心が強い彼女にしんぼう強く餌をやり、距離を縮める努力を続けた。
 
 その数か月後、彼らは予想外の光景に驚愕する。
 その猫が、かわいらしい5匹の子猫を連れてやってきたのだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273147.html

フッサフサでハンサムか?アレの巨大さか?霊長類のオスが直面する「どっちかしか選べない問題」

animal-17474_640_e


 霊長類には多様な分類があるが、いずれも遺伝子を残すために競争するという点では一致している。

 はっきりと目立つ鼻を持つテングザルから大きな睾丸を持つチンパンジーまで、霊長類ならば決まってできる限り交尾のチャンスをものにして、遺伝子を拡散させようとする。

 新たに発表された研究レポートによれば、彼らはこのような同じ目標を持ちながらも、それぞれ違う特徴を進化させたそうだ。

 このプロセスの奇妙な帰結として、見目麗しいハンサムなサルほど、睾丸が小さくなったという。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273187.html

墓地の管理人や火葬場の職員が語る、10の背筋がゾクっとする怖い体験談

moonlight-703554_640_e


 死者が眠る墓場や火葬場には、独特の怖さがある。それは世界共通の認識である。墓場から死者が蘇るとか、ゾンビになって人々を襲うといった話は、いつの時代にも存在する都市伝説であり、例え作り話とわかっていても恐ろしいものだ。

 海外で、墓地を管理人やや火葬場に携わっている職員が経験した怖い話が海外掲示板に集められていた。

 奇妙な光景や不気味なものを見た、説明のつかない出来事を体験したなど、現場で働く人ならではのゾクっとする恐怖体験をしているようだ。

続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52273150.html