地球の揺れが大きくなっている。その原因は?(NASA研究)

earth-216833_640_e


 地球は北極と南極をまっすぐに貫く地軸を中心に自転しているが、この地軸を結ぶ線は常に一定ではなく、少しずつ揺れるように動いている。

 この自転軸が地球本体に対してズレてくるような動きをのことを極運動という(なお自転軸そのもの揺れである歳差運動や章動とは異なる)。

 NASAジェット推進研究所の新しい研究によると、その揺れは過去1世紀だけでも10メートル以上もあったそうだ。

 そして、どうやらその原因は、化石燃料の燃焼が極地の氷の融解を加速させ、地球のバランスを崩していることとも関係しているらしい。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265874.html

地球の地下に存在する奇妙なゼリー状の塊。月を生み出す衝突で形成されたマグマの海が存在した可能性(米研究)

iStock-962321394


 地球のマントルに存在する謎めいたゼリー状の塊は、月を生み出すことになった衝突で形成された太古のマグマから沈殿した鉱物かもしれない。
 
 この塊の正体は、地球のコアの近くにあるマントルに存在する「超低速度層(ultralow velocity zone)」という層だ。

 ここを地震波が通過するとき、移動速度が劇的に遅くなることが知られている。このことは、この層がマントルのほかの部分とは何かが違うということだが、どう違うのか今のところ不明だ。

 最新の研究によれば、ゼリー状の塊は、フェロペリクレースという鉱物がふんだんに含まれている可能性があるという。

 仮にそうだとすれば、45億年前にマグマオーシャン(隕石の衝突で飛び散った一部が月になったという説もある)というマグマの海が存在した可能性を示唆している。

 結晶化し、沈殿したフェロペリクレースがマントルの基礎になったと考えられるからだ。 続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265856.html

ウォークマンやファミコン、ラジカセや携帯電話など。昔の電化製品の音を聞くことができるサイト「CTS」

0_e


 電化製品は驚くべき進化を遂げている。

 電話機からポケットベル経由の携帯電話、そしてスマートフォンへ、レコードからラジオカセットを経てCDへ、さらにはストリーミングやダウンロード配信へと様々な機器がアナログからデジタルへと移行していった。

 これまでは古き良きものをさす場合は「昭和レトロ」などと言っていたが、「平成レトロ」な時代もすぐに来ちゃうのかもしれない。

 2019年4月30日で平成も終わっちゃうわけだし、これからどんどん「平成最後の」って言葉を聞くことになるだろう。

 だがストライクな時代に生きようが生きまいが、古き時代の家電製品は良い味を出している。操作するときの音もその一つだ。

 電化製品の歴史をデジタルで記し、後世に伝えることも今を生きる人の重要な役割なのかもしれない。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265922.html

「猫じゃないです。キツネですから」猫が出入禁止になった島に1匹だけ猫が許可されている理由(スヴァールバル諸島)

top2


 北極圏にあり、永久凍土に覆われているノルウェー領のスヴァールバル諸島。その島は住民が死ぬことを禁じられている珍しい場所でもあるが、実は30年ほど前から猫の立ち入りも禁止されているという。

 だが現在、そこにはケシャという名の猫が1匹だけ住んでいる。いくら猫が長寿になったといってもケシャが30年近く生きているわけではない。

 住民に愛されているこの猫、ケシャだけは例外なのだ。

 その理由はなんと!

 公式には「猫じゃなくキツネ」ってことになっているのだ。ケシャは猫にとても良く似てるけどキツネだからOK。ってことになっているわけだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265869.html

アルコールが記憶に及ぼす影響。お酒を飲みすぎると記憶が飛ぶのはなぜなのか?

iStock-182068761_e


 個人差があり、全ての人がそうなるわけではないが、お酒(アルコール)を飲み、酔いが回るとそれ以降の記憶が飛ぶことがある。

 「あれ?あの後どうしたっけ?どうしてここにいるんだ?」と、酔いが完全に醒めた後でも思い出せない。飲酒は人の記憶力を大きく鈍らせるのだ。

 ではどうして酔っぱらうと記憶が飛ぶのだろう?それは、トラウマになるような強烈な経験の記憶も飛んでしまうのだろうか?
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265870.html

空港でスマホやPCのパスワードを聞かれたら拒否できない。ニュージーランドで旅行者に対する新法が制定される。

plain1_e


 10月1日、ニュージーランドで新法「Customs and Excise Act 2018(税関および消費者法2018)」が施行された。

 この中で、空港で税関職員にスマートフォンやノートパソコンのパスワードを求められたら必ず提出しなければならないとの内容が定められたようだ。

 もし拒否した場合、旅行者には最大約37万円の罰金が課され、対象となるデバイス機器を押収され、科学捜査的に調査される可能性があるのだとか。

 異国の地で自分のスマホやノートパソコンのあんなフォルダやこんなフォルダ、人に知られたくない閲覧履歴を職員にチェックされる可能性があるということだ。
  続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265841.html

イギリスの貨幣から抗生物質の効かない細菌「スーパーバグ」が発見され全英に衝撃が走る(※細菌注意)

coins-2512279_640_e


 お金を触ったら手を洗いなさい!と子どものころによくいわれたものだが、親の小言と聞き流さずリアルにお金を触ったら手を洗った方がよさそうだ。

 イギリスの金融比較ウェブサイト・マネーとロンドン・メトロポリタン大学が行なった実験によると、イギリスで一般に使用されている貨幣から人間の生命を脅かす細菌(バクテリア)が見つかったらしい。

 その原因の一部は人間がわりと良くする行為にあったようだ。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265804.html

最近気分がすぐれない?10月から11月にかけて発症するうつ病に似た「季節性情動障害(ウインターブルー)」とは?

0_e36


 「なんだか最近よく落ち込む。憂鬱な気分がする。体もだるいし疲れやすくなった。うつ病かもしれない。」そう感じている人はいないだろうか?

 ある季節にのみ発症する病気があるという。それは、ちょうどいまの時期、空がどんよりと暗くなる10月から11月にかけて発症すると言われている「季節性情動障害」である。放っておいても3月ごろに収まるというサイクルを繰り返す。その症状から別名「ウインターブルー(冬季うつ病)」とも言われている。
 

続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52176633.html

人類は火星で生き残れるのか?最大の難関は宇宙放射線。そのリスクは未知数(世界研究)

iStock-693335612_e


 近い将来、確実に有人着陸が実行されるであろう火星。

 2025年までに火星に人類初の永住地を作ることを目的にするオランダの民間非営利団体「マーズワン」はもちろん、NASA も有人火星探査を計画している。

 さて、人類が火星に到達できたとしよう。そして移住を考えたとしよう。

 火星環境において、人々が最も恐れるべき脅威とは何なのだろうか?

 それは高濃度な放射線量である。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265850.html

丁寧だけど言いたいことはきっぱりと。ネットで星1の低評価をつけられたレストランのオーナーの返答とは?

restaurant-449952_640_e


 行きたいお店を探すには?行くか行かないか決める時に何を参考にする?

 最近は、SNSやクチコミサイトのレビューや評価を見て決める人も多いだろう。星の数で示した評価や、様々な人々の意見は参考になるし、もちろん自分の意見も簡単に書き込むことができる。

 それゆえに様々な問題もはらんでいる。店側が意図的に評価を操作したり、顧客側が不当な評価をつけ営業妨害をしたりと、その手の話は事欠かない。

 ネットで一度くらい悪い評価をされたからといって、必ずしも終わりではないかもしれないが、常に顧客サービスを心掛け、高評価を得ていた店側としては心中穏やかではないだろう。

 かといって、不当な評価をつけた顧客に喧嘩腰で返答をしても、何一つ良いことはない。

 だが放っておくにはあまりにもひどすぎる場合、どうしたらよいのか?

 これから紹介するするのは、グーグルのレビューに酷評を書かれたレストランのオーナーの返答である。礼儀正しくやんわりと言いたいことを伝えている。。
続きを読む

SOURCE: http://karapaia.com/archives/52265788.html